過去のサイアーランキング表をながめながら当時を懐かしむ(1)

JBISのサイアーランキングの一番古いのが1974年。小生がかなり競馬に夢中になっていたころですね。

 

ランキング1位はチャイナロック。ハイセイコー5歳の時です。2位、テスコボーイ、3位ネヴァービートの順。当時の感覚では、チャイナロック、ネヴァービートは旧勢力、テスコボーイが新しい日本の夜明けを開く新種牡馬という感じでしたか。

 

4位、パーソロン、5位ダイハードの順。

パーソロンは、タケフブキ、ナスノチグサ、トウコウエルザと続くオークス3連覇の最後の年。翌年はテスコガビーで以降、パーソロンとテスコボーイの時代が続く。

 

9位にシンザンが入っているのはさすが。当時は、なぜかマイラー、重からっ下手という評価。初期の代表産駒スガノホマレのイメージが強かったからか。

 

2歳は、テスコボーイ、リマンド、ファバージ、フォルティノ、ハードリドンの順。代表馬を見ると、今と違って、早熟の馬ばかりで、クラシックとのつながりはあまり見えず。

 

翌年のダービー、皐月賞はカブラヤオー、オークス、桜花賞はテスコガビー。

 

わがH一族も、輝いていた時代で、関係馬は、種牡馬では、ファバージ、サミーディビス(B級スプリンター)、菊花賞馬のコクサイプリンスなど。

 

 

Top10

【全体】

チヤイナロツク(GB)

スコボーイ(GB)

ネヴアービート(GB)

パーソロン(IRE)

ダイハード(GB)

テユーダーペリオツド(GB)

オンリーフオアライフ(GB)

セダン(FR)

シンザン

ダラノーア(FR)

 

2歳】

テスコボーイ(GB)

リマンド(GB)

フアバージ(FR)

フオルテイノ(FR)

ハードリドン(GB)

テユーダーペリオツド(GB)

フイダルゴ(GB)

ネプテユーヌス(FR)

サウンドトラツク(IRE)

ミンシオ(FR)

 

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >