ノーザンホースパークに漂う哀愁

苫小牧(ほぼ千歳)のノーザンホースパークに行ってきました。
とても静かでほのぼのした場所で何というか、癒されて来ました。

大活躍!というほどでもない馬が入っている厩舎に行ったらびっくり。

タップダンスシチー
デルタブルース
ザッツザプレンティ
ツルマルボーイ
アドマイヤジュピタ
アルナスライン

などなど

十分いいお馬さんたちに会うことができました。

馬の写真は檻のせいで上手く撮ることができなかったのでこれを見ていただきたいのだけど・・・









お気づきだろうか。感のいい人はノーザンホースパークの時点でお気づきだと思うんですけど、

全部セン馬!

種牡馬引退したとはいえ全部セン馬とは・・・
しかもダンスインザダーク率(菊花賞馬率)の高さね。アドマイヤジュピタは天皇賞春だけど・・・
ホント哀愁が漂っていましたよ。

「どうせ僕らの子孫はいらないんでしょ?」

そんな言葉を背中で語っていたような気がしたタップダンスシチーの後ろ姿でお別れしたいと思います。







また、会いに行くさ。

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >