2走ボケについて

 

一般に言われる2走ボケは、休み明けでカラダができてないのに負荷の大きいレースをしたときに起こります。

それを見定めるのは難しく、調教師や担当厩務員でもよくわからないようです。

人でいうところの久々の町内の運動会に出た疲労が、なかなか抜けないのと同じような・・・

筋肉の疲労や内臓面の判断は容易にはいきませんから、まずはどんなレースだったかを見るのが良いかと。

 

この前のヤマニンキングリーの凡走がそうじゃないかなあ~と思います。

新潟記念では好位追走も前半のペースはスロー。

脚をムダに使うような入りじゃなく、それでも4角では置かれぎみ。

直線でも失速まではいかなくても伸びない末脚。

 

タイプから言えば、追い出すとクビが高くなって推進力が失われがち。

長い直線には対応が難しいと考えられるか。

前走の小倉記念は前半3ハロンが33秒台と速く、それに乗っていって踏ん張り通す内容。

最初から最後まで負荷の大きいレースだったと思われます。

休み明けで7~8分のデキでしょうか・・・

そんななかでの好走による次走への好評価は自然です。

 

河内調教師も不安のない様子でしたし、むしろ上積みを口にするほど。

結果、惨敗。

では小倉記念での他の先行馬はいうと、エーシンジーライン、リクエストソングは次走も好走。

ヤマニンキングリーがあそこまでの着順は悪る過ぎと思います。

俗に言う2走ボケの疑いを持ちました。

 

さて今週の朝日CCへ中1週での出走。

カラダの疲労による敗因だとしたら、この間隔での出走はいい選択でしょうか。

相手をみても十分にやれるはずですが、短い期間でリフレッシュされているかは気になります。

 

今回は内回りの2000mなので、条件はいいでしょう。

でもローテには疑問に思います。

その河内教師師の今年の成績は昨年からかなり低迷しています。

今現在、リーディング100位以下。

ヤマニンキングリーは看板馬で、稼ぎ頭。

成績に目が行ってるなら、焦りのある出走とも感じます。

ここはもう少し間隔を置いて、まずはリフレッシュがと素人なりに思いますがどうでしょうか?

力は通用しますから、この少頭数なので切り捨てには困るところ。

 

未だはっきりとしない休み明け2走目の動向に、プロの声さえ聞いてはいけないのですから。

朝日CCではその2走目となるのに、レディアルバローザとホクトスルタンがいます。

どうなるでしょうか?

 

 

 

 

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >