合成オッズ

勝負師と申します、初投稿です、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ご存知の方も非常に多いとは思いますが、今回は回収率向上的購入を意識する、という観点で記事にしてみたいと思います。

出走メンバーを見渡して、勝てそうな馬をPickupする、対抗できる馬をPickupするそして、いわゆる買い目というヤツが登場する

例えば、

自分自身では外してしまったが、一例として先日のローズSをサンプルとしたいと考えます

仮に、一番人気ホエールキャプチャを軸に指名したとして、単勝を買うなら2.8倍、複勝なら1.3倍である

ホエールキャプチャから連複を購入しようとした場合、Pickupした相手馬に流すという買い方がオーソドックスであると思うが、その際にいちいち合成オッズを意識しているだろうか?

念のため合成オッズについておさらいしておくと

数点の馬券で、的中した際にどの馬券が的中しても、必ず同額の払い戻しになるように、均等配分する買い方で、総投資額に対する任意の馬券の配当の割合

分かりやすい例を挙げると、A馬から、B馬C馬D馬へ流す、それぞれオッズが2倍・6倍・10倍だったとする、予算は10000円

2.0 ×6,600円 = 13,200円

6.0 ×2,200円 = 13,200円

10.0×1,400円 = 14,000円

※端数は無視してください

 

この場合の合成オッズは、1.3倍という事になる

仮に、A馬の複勝が1.5倍であった場合、連複総流しで的中させるより ゛回収率向上的購入゛ となるのである、4頭立てで複勝は2着払い、どのみち3着以下なら不的中という条件は連複も複勝も同じである

 

ローズSの場合の、ホエールキャプチャを軸にしての馬連総流しの合成オッズは??

1.49倍である

複勝オッズと大差の無い結果となるのである

 

この合成オッズは、ハカセ式投資法というサイトで、簡単に利用する事が出来るので、一度試してみると良いと思う

馬券で勝てない人の多くは、全く当たらないのではなくて、かなりの確率で買い方に問題がある場合が多い、過去の買い目の合成オッズを算出してみると、1.0倍台の馬券が多いのではないだろうか?

1.0倍台という事は、相当の的中率を心掛けなければ、すぐに不的中タームによる利ザヤ損が訪れる、当然の事なので説明するまでもないが、1.0倍台の単勝馬券のみを購入して、馬券で勝とうと考える方が無理な注文である事が分かる

 

蛇足ながら、当該ホエールキャプチャの3連単1着固定総流し馬券の合成オッズは?

2.67倍

 

これならば、単勝だけを購入する方が、より回収率向上につながる手法であると言える

 

馬連にしてもそうだし、3連単などは特にそうだが

購入者に、より多くのカネを使わせるべく登場した馬券種なのだ

 

3連単を5万6万と購入する度胸と、単勝に6万を突っ込む度胸

試してみると分かると思う、単勝の方が・・・・ホントにシビレるよぉ~

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >