アナタは・・・・的中率重視派? 回収率重視派?

世の中には的中する事だけにやっきになる御仁も多く見られる

的中率を上げる事は、それほど難しい事では無いのに、ギラギラ血走った目で予想する

 

わたし勝負師は、主催者側の巻き上げに協力する気は一切無いから買わないが、昨今巷で評判のウイン5とかいうヤツ

 

あれだって、16×16×16×16×16=1048576

1048576×100円=104,857,600円

16頭立てのレースが続いた場合で、1億485万7600円購入すれば、確実に絶対に的中する

 

昨日のスプリンターズSの3連単だって、2730点買えば絶対に的中するのだ、絶対に!!

また、単勝一番人気で150円以下の馬の複勝を買い続ければ、92.0%程度の確率で的中する

 

 

 

的中させることなど簡単な事なのだ

しかし、上記購入方法では ゛結局負ける゛ (胴元の勝利) という事を多くの馬券購入者は知っている

だから、そうは購入しない

 

したがって、何より重要な事は ゛回収率゛ である事は絶対的事実なのである

 

10000円で馬連を10点購入して、仮に買い目の中の40倍が的中しても、40000円の払い戻し

400円の単勝を1点買いして的中させても40000円の払い戻し

 

多くの馬券購入者は、合成オッズや還元率など眼中に非ず、高配当のみに酔いしれる

これこそ、愚の骨頂、胴元の思うツボである

 

 

そこで、アナタが的中依存症患者なのか??回収率向上志向患者なのか??

メディカル・チェーーーーーーーーーーーーーーーーーーック!!!

 

 

【1】
3・3・1・7  という成績の馬を買う場合?
(A) 果敢に単勝に決まってる
(B) 複勝圏率が5割に近いので、複で勝負

※この馬を軸に3連単マルチとか、トーシローな考えはデリートです



【2】
当該レースはダートのレースである
(A) 前走芝で惨敗している馬を買う
(B) 前走ダートで好走している馬を買う

※そもそもダートは買わないとか、言うのはナシです



【3】
当該レースはダートのレースである
(A) 休み明けの前走を芝で惨敗している馬を買う
(B) 休み明け初戦のダート馬を買う



【4】
当該レースはダートの1200mである
(A) 前走ダート1700mで1.6秒の大敗馬を買う
(B) 前走ダート1200mで0.5秒以内の馬を買う



【5】
当該レースはダートの1200mである
(A) 前走芝の1200mで通過順 1-1-1 で惨敗した馬を買う
(B) 前走ダートの1700mで通過順 10-12-12 で掲示板に載った馬を買う



【6】
(A) 前走大敗の休養明け初戦馬を買う
(B) 前走僅差好走の連闘馬を買う



【7】
当該レースはダートの1800mである
(A) 前走1200mで 1-1-1 で惨敗した馬を買う
(B) 前走2400mで 10-12-12 で掲示板した馬を買う

 

 

 

どうだろうか?
貴馬券師殿はを選択した数が多いだろうか?それともを選択した数が多いだろうか??




的中するのは時の運であり、様々なファクターによって左右するが、少なくともBを選択した馬券師は的中重視派で、Aを選択した馬券師は回収重視派である

特に【5】と【7】は、勘とかそういうレベルでは無く非常に重要なキチンとした論理的裏づけがあるのだ


芝の1200mでハナを切れるというのは、テンの、いわゆる行き脚力が申し分無い事を証明している、芝のハイスピード行き脚較べで息が入らず惨敗した馬が、ダートのユルイ行き脚較べを楽に制して、タップリ息を入れて楽勝するといったケースが多いのだ
少なくともダートで距離短縮してきた差し馬(行き脚力に劣る馬)を買うよりは、確実に回収率向上へつながる


同様の意味合いで、ダートの1200mでハナを切った馬は、テンが緩くなる1800mに変わって、途端に60%ぐらいの力でハナを取れる訳で、同じく道中タップリ息を入れて大楽勝というケースも多い、したがって前走から距離短縮で挑む差し馬を買うよりは、圧倒的に回収率向上的考え方なのである



しかし、馬券師の中には、ガミりながらも的中を拾つつ、スタンスや長打力を微妙に修正して、回収率を向上させるテクニシャンも居るので、一概に ゛コレ゛ という事は言えないが

わたしの理念と信念に於いては、上記Aを選択する馬券師が優秀な馬券師であると認定します

 

麻雀に於いて ゛負けは実力、勝ちはツキ゛ という言葉があるが

馬券に於いては ゛不的中は実力・分析不足、的中は運゛ である




念のため・・・・・・・・
上記買い方理論は、芝の中・長距離や、上級グレードレース、またはクラシックには全く通用しません
主に、500万平場、または未勝利戦(明け三歳を除く)をターゲットとした考え方です
これから始まる連続GⅠで応用しようとしても、何の役にも立ちませんので、あしからず

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >