脱ギャンブルスポーツの薦め

腐敗しきった国営競馬
棺桶に足が入っている公営競馬

特に国営競馬の腐敗退廃政策・無策には呆れる

何がって、ココ10年で総売上が4兆円あったのが
今や2兆円を割ろうか?って話である。
こんな事が世間一般企業だったらありえない話である。

そこで売り上げuPが出来ないのなら
せめて不必要な出費を抑えるなどの政策をしても良いのだが
そんな素振りもなく
誰得?って言う政策で
JCの賞金吊り上げとか
900万下条件がいつの間にか1000万下条件とか・・・
無駄にGⅠの乱立とか・・・


さて、ここからが本題で








ギャンブルスポーツとして
四半世紀日本の経済を支えてきた競馬だが
既にその役目を終え
今では衰退の一途である競馬
その競馬をギャンブルスポーツから
エンターティーメントスポーツに変えてはどうだろうか?

言うなればかつての職業野球の様に
魅せる見せるでお客から金を取ってたように

競馬も魅せる見せるでお金を取る
否、お客同士でお金を獲り合うのだ^^


どうすればエンターティーメントになれるか?


それは競艇のように番組マンを使う事だ。

現在の国内競馬に番組マンを使っているトコロは皆無


ちなみに競艇の番組マンとか何か?
ソレはレースの枠順の配置を決める人。
簡単に言えば
どの枠に誰を入れたらレースが面白くなるか決める人
もちろん、作る人の好みで面白かったりツマラナかったりする。
競艇ではこの番組マンのセンスで売り上げが変わると云う・・・・



つまり競馬で
この番組マンを使えば
限りなく面白くなる事は間違いないと思う。

現在の様に機械で抽選して枠順を決めるのではなく
生きた人間のセンスで枠順を決めたら面白いと思う。



例えば
今週行われるスプリンターズSで云えば

番組マンの予想で恐らく
この順番で人気するだろうなっと云う順番に
テキトーに内枠から配置するだけで実は面白くなる可能性もある。

つまり
番組マンが枠順を決めているって云うだけで
予想以前に
自分だったら、この配置にするのにセンスがないなとか
ナイス番組マンっ!とか思ったりして面白いのではないか?

これがエンターティーメントギャンブルである。



実はコレ、枠順だけでなく
ジョッキーの配置も番組マンにさせるだけで
実は競艇のシード戦が限りなく可能になる。





例えば、とある開催の1Rで



1枠に出走メンバーで一番強力なと思われる馬に
「武豊」を乗せて


残りの枠は


黛JK
梶JK
大江原JK
国分優JKなどで固めれば
誰が見ても1枠の武豊から購入したくなるだろ?

つまり競艇のシード戦とはココまで露骨に1枠を勝たせ
お客様に還元するのだ
ソレを見習うくらいでなければ国営は衰退を止めれない

 

注:先週記載分(自ブログより)



の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >