社台G、ワークフォース購入のニュースにつれづれ考える。

ハービンジャーの場合は安かったから買ったというところだと思うんですが、ワークフォースは本当に欲しかったんだと思いますね。

というのは、キングカメハメハの成功で、サンデー系との最高のニックスはキングマンボ系と結論付けることができる(社台Gが結論付けている)とすると、その最高峰が西のキングスベスト、東のキングカメハメハとなるわけで、さすがにキングスベストを買うことはできない。その代表産駒であるワークフォースをとなるのは肯けるところです。

 

キングカメハメハとワークフォースでキングマンボ系のツートップができれば、極めて強力ですからね。

 

願わくば、「日本は種牡馬の墓場」とならないことを。ここから世界へ羽ばたく産駒が出てこなければさびしいことになる。

 

もう一つ、最近感じていることですが、よく、いくら社台が大きいといってもダーレーやクールモアには到底かなわない、というようなことがいわれます。清水成駿なども、そういうことを吠えていましたがね。

私はちょっと違う見方をしていて、今、ヨーロッパの馬産は相当やばいことになっていて、今後はさらにやばくなってくる。競馬産業自体がじり貧の中で、今回の経済危機ですから。

 

一方、アラブ勢も、まぁ、資金力は豊富なんでしょうが、ハード=施設に膨大な金を使って、ソフト=馬に回す資金が乏しい状態なのではないか。アメリカのダーレーの種牡馬体制も強力とはいえないと、吉田直哉氏が書いていましたし、日本のダーレーを見ても、あの状態ですからね。

 

今、右から左へ動かせる資金が豊富なのは社台Gなのではないか。

今後、世界レベルで馬の価格が暴落することになると、一番困るのは社台Gなわけで(なぜなら今世界一のマーケットブリーダーは社台Gのはずなので)、その豊富な資金を使って、どのような戦略を立ててくるのか、外野席から見ていよう、まぁ、そんなことをつれづれ考えているわけです。

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >