マイルチャンピオンシップ2016netkeibaオッズ診断・サトノアラジン3.3倍は過剰人気?出走登録馬のオッズ妙味判定

人気 馬名 予想オッズ
1 サトノアラジン 3.3
2 イスラボニータ 4.4
3 ヤングマンパワー 6.3
4 ミッキーアイル 7.1
5 ロードクエスト 9.3
6 フィエロ 10.4
7 ネオリアリズム 11.3
8 マジックタイム 14.7
9 ガリバルディ 17.9
10 サトノルパン 22.9
11 ディサイファ 43.2
12 スノードラゴン 80.4
13 ウインプリメーラ 98.7
14 ダノンシャーク 152.1
15 サンライズメジャー 181.8
16 クラレント 192.5
17 ダコール 365.2
18 テイエムタイホー 640.7
 
 ここのところのnetkeibaの予想オッズは、人気馬はより人気に、不人気馬はより不人気に、オッズが極端に出やすい傾向にある。先週のマリアライトは2.5倍予想だったが実際は3.1、プリメラアスールは290倍予想だったが、実際は103倍。
 マイルチャンピオンシップもサトノアラジン3.3倍よりはオッズは高くなるだろう。イスラボニータも4.4倍ではなく5倍台のはず。人気馬は大体1を足したくらいの数字に落ち着くのではないか。
 ただ、ネオリアリズムはムーア騎手の人気、別路線組の未知の魅力もあって10倍を切る可能性もありそう。ディサイファも武豊騎手の人気は根強い。エリザベス女王杯でも格下のマキシマムドパリがまさかの28倍と穴人気。ディサイファも30倍台にはなってくるだろう。
 スノードラゴン以下はすべて7掛けしたくらいのオッズに落ち着くと予想する。特にダノンシャークは一昨年の勝馬で、春も大崩れしていないことから100倍を超えるとは考えにくい。
マイルチャンピオンシップ2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >