コパノリッキーJRA史上初同一G1三勝へ5番人気!フェブラリーステークス2017予想オッズ・出走予定馬

第34回フェブラリーステークス2017出走予定馬・予想オッズ

日程:2017.2.19 賞金順出走馬可能頭数:16頭
場所:東京競馬場ダ1600 レコード:1:34.0(モーニン)
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 馬主 前走成績 脚質
4.7 サウンドトゥルー 高木 フレンチデピュティ 山田弘 川崎記2 追込
5.0 カフジテイク 津村 湯窪 プリサイスエンド 加藤守 根岸S1 追込
5.6 ノンコノユメ ルメール 加藤 トワイニング 山田和 東京大4 差し
6.0 モーニン ムーア 石坂 ヘニーヒューズ 馬場幸 チャンピオ7 先行
6.5 コパノリッキー 武豊 村山 ゴールドアリュール 小林祥 東京大5 先行
6.8 ベストウォーリア 戸崎 石坂 マジェスティクウォリア 馬場幸 根岸S2 好位
18.7 ケイティブレイブ 目野 アドマイヤマックス 滝本和 川崎記5 先行
18.8 ゴールドドリーム デムーロ 平田 ゴールドアリュール 吉田勝 チャンピオ12 差し
28.8 エイシンバッケン 岩田 中尾 ヨハネスブルク 栄進堂 根岸S3 差し
30.8 ホワイトフーガ 蛯名 高木 クロフネ 西森鶴 TCK3 好位
35.8 ピオネロ 松永 ネオユニヴァース キャロット 東海S6 先行
44.4 ニシケンモノノフ 横山 庄野 メイショウボーラー 西森鶴 根岸S5 先行
44.8 デニムアンドルビー 内田 角居 ディープインパクト 金子真 有馬記9 追込
51.1 アスカノロマン 和田 川村 アグネスデジタル 豊田智 東海S8 先行
51.6 キングズガード 藤岡佑 寺島 シニスターミニスター 日進牧 根岸S4 追込
94.4 インカンテーション 藤岡康 羽月 シニスターミニスター ターフ 東海S12 自在
98.6 ブライトライン 石川 鮫島 フジキセキ ノースヒル 根岸S7 先行
 1番人気予想はサウンドトゥルー。チャンピオンズカップでは目の覚める豪脚で、あの脚は府中のより長い直線で活きそう。ただ不安点は騎手とコース適性。19戦連続で騎乗していた大野騎手が騎乗停止。東京コースは芝部分がスタートのため、ダッシュがつきにくい可能性も。
 カフジテイクも鋭い末脚が武器。ただこちらも福永騎手がケガで乗れず。追い込み一辺倒の脚質だけに信頼はしにくい。
 となると、前に行ける前年王者モーニンや2回制しているコパノリッキーも怖い。モーニンはムーア騎手とのコンビで万全。コパノリッキーも最近調子を崩しているが、武豊騎手とのコンビ復活で怖い存在に。

出走予定馬①カフジテイク・福永祐一騎手

戦歴:3歳時からダート馬にしては珍しく鋭い末脚は持っていた馬で、2連勝しオープン入りした。しかしそこから勝ちきれず1000万条件に。地道に条件戦で走り続け、やっと再度オープン入りしたのは4歳夏、昨年7月のことだ。地道に力をつけて、チャンピオンズカップでは11番人気の低評価を覆し大外一気に4着まで食い込んだ。それでもまだフロックとの評価もあったが、根岸ステークスでは再度大外一気に差し切り勝ちし、本物であることを証明。今回は堂々一番人気の可能性もある。

・脚質:追い込み 柔軟性はなく追い込み一辺倒の馬で、展開に左右されるところはあるだろう。ただ、東京1600は末脚をフルに活かすには最も適したコースか。

・東京1600適性:武蔵野ステークスで3着があり特に問題はないだろう。

・騎手:これまでは幸騎手、秋山騎手、津村騎手などがコロコロと変わってきた。そして根岸ステークスでは福永祐一騎手と初コンビ。前走は末脚をフルに活かす競馬で、相性は悪くなさそう。

・血統:プリサイスエンドの代表産駒としてグロリアスノアがいる。実はこれもカフジテイク同様に素晴らしい追い込みで根岸ステークスを勝ってフェブラリーステークスに出走した過去がある。そのときは6番人気5着。ただ、エスポワールシチー、テスタマッタ、サクセスブロッケンなど相手が強すぎた感があり、東京ダート1600自体は非常に得意とした馬だった。

・距離適性:1400~1600


出走予定馬②ノンコノユメ・Cルメール騎手

・脚質:差し・追い込み かつては追い込み一辺倒だったが、前走は4番手につけるなど、それなりに位置が取れるようになっている。このあたりは去勢をして折り合いがつきやすくなった効果か。

・コース適性:東京1600は昨年フェブラリーステークス2着した舞台で、末脚が活かせるため得意。

・騎手:基本的にはルメール騎手がずっと手綱を取っている。日本のトップジョッキーが手の内に入れており何ら問題ない。

・血統:トワイニング産駒は地味に活躍する馬を量産しているものの、底力がないのか大物が出ていなく、この馬以外にG1馬を出せていないのは気がかり。この馬もJDD以来いま一歩のところでタイトルに手が届いていないのは血統の呪縛か。

・距離適性:1600~2000


出走予定馬③モーニン・Rムーア騎手

・脚質:先行 昨年も速いペースを追走して押し切るなどスピード馬。ただ、ここ数戦若干行きっぷりが悪く好位置からの競馬を強いられているのは気がかり。

・コース適性:昨年の勝ち馬で全く問題なし。

・騎手:テン乗りだが世界のトップジョッキーライアンムーア騎手なので問題なはない。ただ、ソフトに乗るタイプだけに、闘志に火をつけられるのかどうか。

・血統:ヘニーヒューズ産駒はアジアエクスプレスやヘニーハウンドなど、早熟気味のタイプが多い。この馬もここのところ不振のため、このまましぼんでしまわなければよいが、、。

・距離適性:1400~1600


出走予定馬④デニムアンドルビー・内田博之騎手

・例年話題をさらう芝からの転戦組だが、うまくいった例はほとんどない。そもそも、初ダートでの重賞勝利を果たした馬というのはヤマニンキングリーのシリウスステークスの1回だけ。フェブラリーステークスで初ダートの馬の再先着はトゥザヴィクトリーの3着。ただ、この馬はその後にドバイワールドカップで2着するほどの適性の高さのある馬だった。データ的には非常に厳しい。

・脚質:追い込み
・血統:ディープインパクト産駒は基本的に芝で切れ味を活かすタイプが多く、この馬もこれまでの走りからはその典型。ダート向きとは思いにくい。
・距離適性:1800~2400


出走予定馬⑤コパノリッキー・武豊騎手

・騎手:武豊騎手が戻ってきた。JBCで5着に敗れた際、小林オーナーが、「武豊騎手を敵に回すと怖い。馬に悪いことをした」とコメント。この馬にはどうしても武豊騎手が合うという考えのようだ。JBCとチャンピオンズカップで武豊騎手はアウォーディーを選択したが、念願の鞍上復帰が決定。このコンビとなると怖い。

・コース適性:フェブラリーステークスは2勝しており、適性は抜群。
・脚質:逃げ先行
・距離適性:1600~2000


フェブラリーステークス 2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >