ファンディーナ騎手未定2番人気!優駿牝馬オークス2017予想オッズ・出走予定馬

優駿牝馬オークス2017出走予定馬・予想オッズ

東京競馬場 日程:2017.5.21 出走馬可能頭数:18頭
予想
オッズ
馬名 騎手 厩舎 血統(父馬) 前走成績 出走権 出走予定
前哨戦
3.9 ソウルスターリング ルメール 安田 フランケル 阪神JF1 チューリップ
4.0 ファンディーナ 高野 ディープインパクト ターフ つばき1 78.0
4.1 リスグラシュー 武豊 矢作 ハーツクライ 阪神JF2 チューリップ
5.0 アドマイヤミヤビ ルメール 友道 ハーツクライ クイーンC1 クイーンC
8.0 ミスエルテ 川田 池江 フランケル 朝日杯4 桜花賞直行
9.6 アエロリット 横山 菊沢 クロフネ クイーンC2 クイーンC
13.4 フローレスマジック 戸崎 木村 ディープインパクト クイーンC3 ボーダー クイーンC
16.9 レーヌミノル 浜中 本田 ダイワメジャー クイーンC4 フィリーズ
18.7 ハナレイムーン 石橋 石坂 ディープインパクト クイーンC5 クイーンC
21.3 ライジングリーズン 丸田 奥村 ブラックタイド フェアリー1 確定 アネモネS
24.5 ディーパワンサ 松下 ディープブリランテ 阪神JF4 ボーダー フラワーC
25.0 ヴゼットジョリー 和田 中内田 ローエングリン 阪神JF5 アーリントン
34.7 サロニカ 角居 ディープインパクト エルフィン1 ボーダー 直行
37.7 アロンザモナ 西浦 ストリートセンス 紅梅S1 ボーダー チューリップ
39.8 リエノテソーロ 吉田 武井 speightstown 全日本1 確定 アネモネS
42.5 ジューヌエコール 福永 安田 クロフネ 阪神JF11 フィリーズ
52.2 アリンナ 田辺 松元 マツリダゴッホ 阪神JF8
60.2 ゴールドケープ 丸山 荒川 ワークフォース 阪神JF6
61.3 カラクレナイ 松下 ローエングリン 万両賞1 フィリーズ
62.9 サトノアリシア 池添 平田 ハービンジャー 阪神JF7 チューリップ
132.0 ショーウェイ 松若 斉藤 メイショウボーラー 阪神JF13 アネモネS
260.9 クインズサリナ 亀田 ダノンシャンティ 阪神JF15 ボーダー フィリーズ
 2016年暮れを騒がせたのが2頭のフランケル産駒2歳馬。結果的に阪神ジュベナイルはソウルスターリングが勝ち、朝日杯で牡馬に挑んだミスエルテは4着に沈み明暗を分けた。
 ソウルスターリングは内をロスなく回る競馬で、これをどう評価するか。出遅れて大外を回ってきたリスグラシューの方が内容的には強いように見えた。この2頭がまた同コースのチューリップ賞で再戦するということで目が離せない。
 ミスエルテは使うごとにコントロールが利かなくなってきているとのことで、レース前に消耗してしまっていたようで、精神面の課題が露呈した。桜花賞への直行もあるかもしれない。
 別路線では新馬を33.7の豪脚で制したハナレイムーン。堀厩舎のディープインパクトで、伸びしろが大きそう。
 リエノテソーロがダート2歳の頂点全日本2歳優駿で牡馬を下し圧勝で4戦4勝。芝にも北海道で実績があり、まだ底は見せていない。
 さらには長距離で勝ち上がっていてオークス一本に絞ると噂されていたアドマイヤミヤビまで桜花賞路線への参戦を表明し、さらにレベルが上がりそう。
 今年は牡馬に比べて牝馬戦線のレベルが非常に高いと評判。場合によっては、また牝馬が皐月賞や日本ダービーに回るという可能性までありそうで、2017年の注目のひとつになりそうだ。


若駒専門予想家スカイポット氏驚愕の指数を叩き出したつばき賞のファンディーナ

 昨日のつばき賞は、この若駒世代のレースの中で最高指数を叩き出す衝撃的なレースとなりました。超スローペースリスクが付くので指数の精度は落ちますが、現状、71.3で決めてみました(65~73の間になる可能性が高いです)。

 この指数は1800mではリスグラシューの64.7を遥かに上回りますし、昨年のマカヒキの弥生賞の65.7(66.2相当)も上回り、ディープインパクトの指数2000m73(現在の計算では67~68程度)も上回ってしまったというなかなか凄いものです。インウィスパーズの指数を前走レベルで固定したとしてもファンディーナの指数は65となり、これらと同等クラスとなります。

 普通に考えて、上がり2ハロン10.7-11.0というラップを残り600mで0.9秒差ある位置から差し切るなど尋常ではありません。私に、他にこれをできるイメージが湧くのはディープインパクトだけです。

 ファンディーナは今回のレースで走法にエアも加え(抜く時の浮遊感です)、ギアとストライドも兼ねた優秀な評価になりました。ギアの鋭さはディープインパクト程ではありませんが、彼よりも重厚なのは良い点でもあります。厳しい流れになった場合はどうか、という不安材料もあるにはありますが、やはり2月8日の調教の52.7-23.9-11.9がありますから、それなりには対応できると思います。

 今後のローテーションはフラワーカップを予定していたと思いますが、ここでも敵はいないと思いますので、しっかり賞金を稼いでクラシックに乗り込んでいけば良いでしょう。クラシック登録は桜花賞オークスダービーのようなので、選択肢は色々と。強力なメンバーがいる桜花賞で勝てば逃げたと言われずにダービーへ挑戦できますし、毎日杯またはNHKマイルCからダービーという道もありそうですね。

 ファンディーナはタイ語で「良い夢を」という意味ですが、文字通り今後期待できそうな逸材であることを証明する衝撃的なレースになりました。

 2着馬のタガノアスワドも0.3秒差なら強いと思われそうですが、指数は58台なので条件戦からOPクラスという程度。ただし、展開利を受けられれば重賞も好走できる水準です。今回は完全な勝ちパターンでしたが、相手が悪かったですね。

 3着のインウィスパーズは指数56台。前走は引っかかった影響が思った以上にあったと考えています。条件戦なら今後も侮れません。

オークス 2017の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >