宝塚記念2017展開型予想:競馬ナンデ予想家朝霧博人氏本命キタサンブラック「競走馬の総合力が抜けている」

◎キタサンブラック
天皇賞(春)の疲れがなければ、ここは連対はするだろう。
何度も書いているが、競走馬としての総合力(スタート、ポジション取り、スピード、スタミナ、気性、展開をつくれるなど)が高く、今回のメンバーレベルからすれば抜けていると思う。

〇シュヴァルグラン
距離は少し短いかもしれないが、去年からジャパンカップ~今年の天皇賞(春)までで能力はある。
ただ、シュバルグランにとって天皇賞(春)の舞台が一番向いておりそこに馬を仕上げてきていたのと思うので、これもキタサンブラック同様に疲労が心配。

▲ミッキークイーン
前走は度外視して、去年の有馬記念の内容を評価。
去年の有馬記念の上位三頭のキタサンブラック、サトノダイヤモンド、ゴールドアクターは別にしても、ヤマカツエース、シュヴァルグランと全く差のないレースをした。

△サトノクラウン
持続ラップバランス、重馬場、荒馬場が得意で、良馬場の瞬発力勝負には分が悪い。
デムーロ騎手は「阪神のコースは合っていない」といったそうだが、私的にはそうは思えない。

穴候補としてはレインボーラインを推したい。
能力的には全然足りると思うのだが、どこで走るのかわからない。
人気は落としているので、ここでも少額は購入予定。

消しゴールドアクター
日経賞の内容が不満、天皇賞(春)は出遅れを考えても負けすぎ。
馬自身が体調を崩しているようにみえ、ローテーションも不満。
宝塚記念 2017の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >