6/22 6/23
6/15 6/16
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【宝塚記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想日本ダービー2019予想一覧夏影の予想

東京11R 日本ダービー 2019年5月26日(日)
芝2400 3歳GI 晴良 平均レースレベル3.3

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番

























































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3性齢
57 57 57 57 5757 57 57 57 57 5757 57 57 57 57 5757斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順
××

BC爺

ぐつん

クライスト

index

編集長おく自信度C 0
サラブレッドの頂点を決めるダービーだけに、
これは各馬絶好に仕上げてきているだろうから、調教診断といっても、高評価ばかりになってしまうんだろうなあ、、
と覚悟して調教映像を見てみたのですが、ちょっと拍子抜けしました。

ルーラーシップ産駒のリオンリオンが変わってきていると怖いなと思ったのですが、
これは見た目には特に変化を感じませんでした。いつものリオンリオンで、特にトビも大きくなく。

サートゥルナーリアも、最後の1ハロンはさすがに素晴らしい動きでしたが、もともとこういうレベルの馬ですので。
今更どうこうということもありません。


馬名 調教採点
サートゥルナーリア A
南川麒伊知「史上稀に見るハイレベルな日本ダービー」自信度S 0
去年は南川的指数の1位だった89のエタリオウが惜しい4着だった。2位が85のワグネリアンが1着、3位が83のダノンプレミアムという結果だった。今年の1位がサートゥルナーリアという馬。
簡単にざっくりと説明させていただきます。
父ロードカナロア(アーモンドアイと同)母シーザリオ(アメリカンオークスとオークスのダブルオークス制覇)兄弟は、半兄に朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬リオンディーズと菊花賞の勝ち馬エピファネイアがいる。(共に父シンボリクリスエス)
ここからが本題。
新馬戦は、スローペースで36.9-34.5で制覇。萩ステークスは、ミドルペースで36.6-35.5で制覇。ホープルフルステークス…
ま。ゼミ塾自信度C 2
◎ヴェロックス
枠もそとめで上手くいい位置を取りに行けそう。騎手も積極的に動いてくれそうなので。

○ダノンキングリー
共同通信杯の内容から。ロスなくスムーズに運べればここでも上位。

▲サトノルークス
芝のレースで母父サドラーやロベルトなど重めの血統がよく馬券になっている。内枠、血統と穴で期待。
ムトト自信度C 0
◎クラージュゲリエ
デビューから+体重で出続けていて、未だ成長途中。皐月賞は3強にこそ届かないものの5着に入線。瞬発力より持続力に富み、キンカメ×BT由来の底力もある。ここはロジャーバローズやリオンリオンがひっぱってある程度淀みない展開になりそうで、スタミナの要求される展開になれば出番が来る。昨年はワグネリアンに大穴コズミックフォースがキンカメ持ち。血統的相性も良い。

○ニシノデイジー
東京コースで変わり身の可能性大。
もはやハービンジャーはダービーでもありに。

▲ダノンキングリー
オークスはディープ×ストームキャット系のワンツー。勝つなら3強ではこれでは?…
ハショタ「皐月賞組順当か⁉」自信度B 8
競馬の祭典、第86回東京優駿(日本ダービー)

今年は皐月賞の上位3頭が強い競馬をしてきて万全の体勢でここへ挑む。過去の傾向からも、前哨戦で強い競馬ををしてきた馬が人気を背負い、人気通りの決着で決まることが多いため、この3頭で決まる可能性は高いが、何か別路線組で面白い穴馬を探してみたい。

◎サートゥルナーリア
皐月賞、ホープフルSと人気に違わず強さを見せつけてくれた。距離が伸びて失速するタイプにはみえないだけにここでもその強さを証明してほしところ。欠点を探すなら、馬より騎手。人気を背負ってダービーを簡単に勝てるだろうか?不安が残る。角居厩舎も、飲酒運転で捕まった調教師がその年に…
××ゼータ「展開は速く、これに対応できるか」自信度C 2
事前情報の通り、リオンリオンが逃げ宣言。おそらく単騎マイペースで進むはず。間の空いた二番手集団が一団を形成し、直線ではそこから粘れる馬が展開的には有利。また3着までに入るには、その後ろの差し馬一団までで、それより後ろに位置する馬は差し届かないと見る。もしリオンリオンがハナに立ってレースを展開するなら、この馬による影響が大きく、どのくらいのペースで行くかがとても重要となる。果たして。。。

◎ヴェロックス
外枠よりだが、東京経験、鞍上、能力を考えるとサートゥルナーリアよりも軸には向いている。2番手集団もしくはその後の集団に位置を取り、3着までには入る公算。

〇ランフォザローゼス
Apoll「ダービーに一番向いている血統」自信度B 0
ダービーを一番勝っている血統は、もちろん日本の主流であるSS系。

では、SS系以外では何か?となると、筆頭はやはりキングマンボ。キングカメハメハ、エイシンフラッシュ、ドゥラメンテ、レイデオロ、ワグネリアン(母父)。


ちなみに平均人気/平均着順の数値を見ると、SS系よりも圧倒的にキングマンボ系が優秀です(統計的な補正後の値・近10年)


父SS系      平均人気6.2/平均着順8.1
父キングマンボ系  平均人気6.3/平均着順5.9


馬券は父キングマンボ系から。

本命はサートゥルナーリア。皐月賞があまりに余裕の勝ちっぷりで、ダービーでの大崩れが想像できません。母はオークス馬…
××「コース替わりは歓迎」自信度S 20
本命はダノンキングリー

前走皐月賞3~5着馬は過去10年で23頭出走して[4-2-0-17]、12頭が6着以内、人気より着順がよかったのは10頭、高い勝率を誇り期待値は高い
連対した6頭の内5頭は前走5番人気以内、前走5番人気以内馬15頭は[3-2-0-10]、8頭が6着以内、15頭の内10頭はG1で上がり2位以内または2000mの重賞で上がり1位経験、または東京または京都1800mの重賞で上がり1位で0.5秒差1着の実績があった、該当馬12頭(ステルヴィオ・キタノコマンドール・レイデオロ・サトノダイヤモンド・エアスピネル・リオンディーズ・ワンアンドオンリー・ディープブリランテ・デボネア・エイシンフラッシュ・ローズキングダム・セイウンワンダー)は[4-2-0-6]、8頭が掲示板を確保
蓄積疲労・活性化不安に注意、徹底先行馬はイ…

タイム 2:22.6 4F 48.1 3F 35.9
単勝1番9310円(12人気)
複勝1番930円(9人気)7番210円(3人気)13番190円(2人気)

夏影<14期 東十両十枚目>
「大胆に3強切り?(長文注意)」
レッドジェニアル8着/11人気
○クラージュゲリエ▲シュヴァルツリーゼ△ヴィント
×タガノディアマンテ×ヴェロックス
517
4拍手

今年の皐月賞のレースを見てまずは真っ先に心配した事は…

「上位3頭のレース後の反動」

…である。
最後の直線走路で3頭が馬体を合わせた途端に後続を突き離し、激しいデッドヒートと化した。

叩き合いというのは、かなり心身の負荷が掛かる。
5年前の菊花賞。
神戸新聞杯の激しいデッドヒートを演じた事で反動が出ると予見し、1番人気のワンアンドオンリーを軽視した事を思い出す。
実際9着に沈み、その後スランプに陥った。
あのナリタブライアンですら、阪神大賞典でマヤノトップガンと叩き合った結果、本番の天皇賞(春)で反動を見せた。
そういった話から、皐月賞上位馬3頭をちょっと不安視している。

オークスの勝馬ラヴズオンリーユーの前走はOP特別。
弱い馬相手に楽勝でダメージ皆無。
ヴィクトリアマイルの勝馬ノームコアの前走は、中山牝馬Sで7着と凡走。
あっさり競馬を投げたので、ダメージ皆無。
…というように、ここ2週は前走で全くダメージを残さなかった馬が勝利を収めている事も見逃せない事実。
ここ2戦のG1はG1らしい激ペースになっている事もあり、かなり前走のダメージの有無がキーポイントになっているようにも思える。



話は変わって、先週のオークスも速い時計での決着。
そこで、近年好時計となったダービーをピックアップしてみる。

・2018年 ワグネリアン
12.8→11.0 48.4→1.35.2(2.23.6 34.6) ⑤⑥④(34.3)
・2016年 マカヒキ
12.6→11.1 47.7→1.36.3(2.24.0 34.2)
⑧⑧⑧(33.3)
・2015年 ドゥラメンテ
12.7→10.9 47.1→1.36. 1(2.23.2 34.6) ⑧⑧⑦(33.9)
・2013年 キズナ
12.3→10.5 47.5→1.36.8(2.24.3 35.2) ⑮⑭⑭(33.5)
・2012年 ディープブリランテ
12.8→10.8 47.3→1.36.5(2.23.8 36.1)
④④③(34.5)

数字は、1ハロン目→2ハロン目のラップ、前半4ハロンなのラップ→後半1マイルのラップ、(勝ち時計、レース上がり)、勝馬位置取り(勝馬上がり)である。

ポジションを決定付ける2ハロン。
その2ハロン目のラップは遅くとも11.1。
流石に10.5と激しさを増すと、キズナのように4角10番手以下の位置取りであってもしっかり差しが決まるようだが、他の4例は全て10番手以内、俗に言うダービーポジションと言われる位置取りをした馬が優勝している。

2012年のように上がりが掛かった前例もある。
時計は大した事なかったが、2017のレイデオロのようにバックストレッチで捲るような競馬も罷り通るのが最近のダービーの特徴で、スピード一辺倒という訳ではなく、体力勝負が通用する余地を十分に残しているように思える。
しかし高速決着になれば、勝馬の上がりは全て34.5以下の時計で、やはり、キレのある馬が有利である事には間違いなさそうだ。



まずは、今回は久しぶりに、"切り" の対象馬から。

・タガノディアマンテ
リズムが明らかに均衡って感じで。
・ヴェロックス
勝ち鞍は全て小回りであるように、力量勝負タイプの馬。
力量勝負向きの皐月賞で勝ち切れず、適性志向が異なるダービーでパフォーマンスを上げろというのは無理がある。
勝ちに行く競馬から、サートゥルナーリアに最後まで抵抗を見せた競馬は非常に立派だったが、おそらくは一番ダメージが残ったようにも思える。



おそらく、スタート時の1ハロンで前に出るのはロジャーバローズと見る。
前走の2ハロンが、12.6→ 10.5。
ポジション争いで、かなり速い脚を使っていたが、それでも2着に粘り込めた。
更にはオークスの時計がべらぼうに速かった事からも、おかしな細工をせず前走同等のリズムで競馬をさせてくると見る。

2番ヴィントも先行馬。
鞍上の竹之下ジョッキーは、苦節22年でやっと掴んだダービー出場。
"悔いを残さない思いきった騎乗" という考えもあるが、苦労して手に入れたチャンスであるなら、"悔いを残さないよう、考え抜いた騎乗" を予想している。
無理に競りかけて末を無くす競馬ではなく、好枠を生かした省エネ競馬で、この馬の持ち味であるしぶとさを最大に生かす競馬で1つでも上の着順を目指せば自ずと良い結果は出せるのではと思っている。

むしろペースの鍵になりそうなのは、若手鞍上のリオンリオン。
若さゆえに "悔いを残さない思いきった騎乗" をしてくるのは、むしろこちらの方が高いと見ている。
外から切れ込んで、前目のポジションを奪いに行くとなると、無理なリズムで走らせる事にもなり兼ねず、結果レースのペース上げる要因にもなる。



…で結論。
ペースは遅くは成らないと見る。
リオンリオンの出方次第では乱ペースもあり。
ストレスを抱えた馬には、辛い競馬となると見る。

皐月賞で反動を残すか?残さないか?のボーダーラインはおそらく、大きく開いた3-4着の間にあるのでは?と見ている。
実際に4着馬アドマイヤマーズは、その後反動を見せずNHKマイルCを優勝。
高速マイルに対する適性すら見せた。
皐月賞組で面白いのは4着以下だった馬。
後は別路線組に注目。

◎レッドジェニアル
前走京都新聞杯は、スタート2ハロンが12.6→10.5で、前半4ハロンが47.6とほぼプレ高速ダービーのラップを体験し、しっかりクリア出来た事を評価したい。
4角の位置取りはギリギリも、他馬とは次元の違うキレ味を見せた。
とにかく飛びのきれいな馬で、いかにも高速馬場に向きそうなタイプ。

Mの法則的にも非常に解り安いタイプで、「前走10頭立て→14頭立て」、「スロー→平均」のステップで未勝利勝ち。
「14頭立て→9頭立て」、「2000㍍→2400㍍」でパフォーマンスを落とすも、「500万万下→G3」、「9頭立て→14頭立て」、「2400→2200」とレースの流れや条件が厳しくなるタイミングでパフォーマンスをあげているところもミソだ。
今回は「G3→G1」に加え、「14頭立て→18頭立て」となる。

物理的にも精神的にも、今回ダービーへのステップ非常にマッチしていると感じているので、今回はこの馬を今年のダービー本命にしたい。
馬体減りが続いているので、ダービー後はじっくり休養して欲しい。

○クラージュゲリエ。
札幌2歳S、皐月賞では、力勝負に付き合わされ負けはしたが、崩れていないところにむしろこの馬の能力を感じている。
末のスピード争いになった京都2歳Sでしっかりパフォーマンスアップを見せている事から、ダービーの物理志向の方がこの馬に向くのではないか?…と思わせる。

▲シュヴァルツリーゼ
とにかく揉まれ弱い馬、スムーズに自分の競馬が出来ないと、皐月賞のようにあっさりレースを投げるのもこの馬の特徴。
ダメージ皆無な上に大外枠を引き当て、流れに巻き込まれずに競馬が出来そうだ。
忙しい皐月賞よりは、のびのび走れるダービー向き、道中のんびり構えられる菊花賞は更に向く。
今後のパフォーマンスアップに期待したい。

△ヴィント
突き抜るようなキレが無いだけに勝ち切るまでにはいかないとは思うが、とにかく「しつこい」て「しぶとい」走りをするのが印象的だ。
父が見慣れない種牡馬だったので、ちょっと血統を調べてみるとビックリ。
ミスプロ系ながらもノーザンダンサー系とミルリーフ系のスタミナ色の強い血統構成。
そこにちょいとターントゥ系を添えたような感じ。
意外だったのは、時計の掛かる馬場では勝ち切れず、逆にラップ12.0平均を切るような前走や前々走でしっかり勝利をモノにしている事である。
ターントゥ系やミスプロ系の決定隠し味がしっかり効いているように思える。
前走のスタート2ハロン、12.8→11.2でハナを奪えるのであれば、ダービーで好位~中段より前目に控える競馬は十分可能だ。
内枠を生かした省エネ競馬で、この馬の最大の持ち味である「しぶとさ」が生かせれば、あっと驚くような好走も期待出来ると見る。
ちょっと複勝馬券で狙ってみたい1頭だ。



最後に、サートゥルナーリアの評価。

4年前の共同通信杯の予想で、私はドゥラメンテを「三冠しても何らおかしくない馬」と豪語して評価した記憶がある。
その共同通信杯は2着に敗れたが、休み明けの皐月賞で目の覚めるような豪脚を繰り出し、ダービーでは横綱相撲…
時を経るに連れ、他馬との能力差を確実に広げていった。

サートゥルナーリアはというと、ホープフルSまでの競馬を見ていると、常に「完成度が違う」という印象が常に付きまとっていた。
特にホープフルSは、ゴール前で抑える余裕すらあり、他馬との完成度は歴然だった。
それから3ヶ月の時が経ち、休み明けで挑んだ皐月賞。
馬体を4㎏減らして、完全に仕上げたものの、ヴェロックスやダノンキングリーらの抵抗を受け、「何とか勝利出来た」という内容。
他馬との能力差が縮まった印象を受けた。
休み明けに余裕を残さず仕上げ、最後まで抵抗される厳しい競馬を強いられ、少なからず心身にダメージを残した状態。
皐月賞以上のパフォーマンスを求めるのはちょっと厳しく気もするが、3強の中ではやはり力量的には1番、スピード色はむしろダノンキングリーといった評価。
スローの流れなら、前走のダメージも影響少なくなりサートゥ、ダノン2頭の好走も可能となるが…

母が日米のオークスを制したシーザリオで、父がアーモンドアイを輩出したロードカナロア。
馬体も素晴らしくデビュー前から、とにかく評価の高かった馬でPOGでも圧倒的1番人気。
そういった事も相まって、過剰人気になり過ぎている感も強い。

それゆえに、今年のダービーは連単系の馬券に妙味があるのではないか?…と見ているが果たして?
05/24 22:38

■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪3歳ダート戦も自信アリ!≫

▼▼▼今週はコレで勝負▼▼▼
―――――――――――――――――――――――――
ユニコーンS『3連単勝負馬券』
無料で教えます!


■■■■■■■■■■■■■■■■■


≪昨年の2歳戦線からダートでも万馬券的中多数≫


【沈丁花賞】  3万0810円【的中】

【わらび賞】  2万2710円【的中】

【青竜S】  1万8200円【的中】

【プラタナス賞】 1万5730円【的中】

―――――――――――――――――
馬連7950円的中の昨年よりも自信アリ!!
―――――――――――――――――

ユニコーンS『3連単勝負馬券』
無料で教えます!






夏影

予想歴36年
回収率%
予想のベースになっているのは、今井雅宏氏考案の『Mの法則』。 総拍手獲得数:794
過去のベスト予想
 毎日王冠2014

◎サンレイレーザー○ディサイファ
23拍手

4,260

コメント1件

編集長おくりばんと 2019年05月22日09時42分
面白い観点ですね! JCでオルフェーヴルとジェンティルドンナが叩き合ったときも、トウカイテイオーとナチュラリズムが叩き合ったときも反動きましたね


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
雨龍泥舟
06/16 18:24

ユキノアイオロスの消し材料は…

クライスト教授
06/15 18:28

禁止薬物混入で大量除外では手の打ちよう無し。競馬は出来ても予想に成らない!(怒)

クライスト教授
06/06 17:12

プロディガルサンの買い材料は…レーン!

クライスト教授
06/06 17:11

レイエンダの消し材料は…復活好走がなければ普通に走る気が失せたと言う証拠。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

のび犬>>

>>アキ


06/17 07:09

だるま>>

>>だるま


06/02 20:56

だるま>>

>>だるま


06/02 20:51

編集長おくりばんと>>

>>だるま


06/02 18:43

クライスト教授>>

>>だるま


06/02 17:33



10
函館SS
◎カイザーメランジェ
○アスターペガサス
馬単10-11番
3,900円 的中

ムトト
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社