10/31 11/1
10/24 10/25
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【天皇賞秋2020】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想NHKマイルC2020予想一覧夏影の予想

3連複 3-6-11番:19,620円的中

東京11R NHKマイルC 2020年5月10日(日)
芝1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル3.5

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番
























































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牝3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牝3 牝3 牡3牝3 牡3 牡3性齢
57 57 57 57 57 57 5557 57 57 57 5755 55 5755 57 57斤量







































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

FUNNY

編集長おく自信度C 0
91 サクセッション
90 レシステンシア
89 ギルデッドミラー
89? ラウダシオン
88 サトノインプレッサ
88 ストーンリッジ
87 タイセイビジョン
87 ルフトシュトローム
86 シャインガーネット
86 ラインベック
85 ウイングレイテスト
85 プリンスリターン
82 ハーモニーマゼラン
80 ボンオムトゥック
80 メイショウチタン

サクセッションは人気ないですが、死角のほとんどない馬だと思います。走法は素晴らしく、ハイペースにもスローペースにも対応できます。

ストーンリッジが大穴。新馬のとき直線で右手前に変えてぐいっと伸びてますし、左回りが合うかもしれません。毎回引っ掛かる馬なので、速いペー…
index自信度C 0



対角に人気馬を配置した、
タイセイビジョンとサトノインプレッサが狙い目。

〇タイセイビジョン
 サトノインプレッサ




~~~~~




19② 母父系SS
18×
17① 母父系SS
16×
15① 母父系SS
14② 母父系SS
  ③ 母父系SS
13② 母父系SS
12② 母父系SS
11① 母父系SS
10×
09③ 母父系SS

該当馬:
〇タイセイビジョン
 プリンスリターン
 ボンオムトゥック





19③ 母父系デインヒル
18①母母父系ダンジグ
17② 母父系ダンジグ
16② 母父系ダンジグ
15②母母父系ダンジグ
14① 母父系デインヒル
13×

該当…
ヨルゲンセ自信度E 0

位置取り指数
ニシノストーム 24.5 A
レシステンシア 22.8 B
ラウダシオン 22.1 B
ハーモニーマゼラン 21.5 B
メイショウチタン 20.6 B
プリンスリターン 17.2 C
シャインガーネット 14.4 C
ソウルトレイン 14.3 C
ギルデッドミラー 12.5 C
ラインベック 11.7 D
ウイングレイテスト 10.3 D
ボンオムトゥック 9.5 D
ストーンリッジ 9.3 E
サクセッション 7.8 E
ルフトシュトローム 6.6 E
シャチ 6.5 E
タイセイビジョン 3.2 E
サトノインプレッサ 1.9 E


--------------------

ソフトの解析結果の分かり易い一覧や図表は以下
http://blog.livedoor.jp/slimbenachour/archives…
アキ「軸は一応。」自信度C 0
◎ルフトシュトローム
○シャインガーネット
▲タイセイビジョン
△レシステンシア


うーん・・いろいろ迷ったけど、8・9Rの印象で踏ん切りついたかな。仕掛けが早いにしても1Fは結構落としているし、この感じだとバテ差しで張りたいところ。昨日ほどの超高速状態ではないので、サクセッションあたりはマイナスだし、レシステンシアは1Fの減速が気がかり。サトノインブレッサは時計的に狙わないというところ。中山しか走っていないのがどうかだけど、前走の内容がここでも活きそうな◎ルフトシュトロームから。同じく前走内容を拾った○シャインガーネット、あとは人気の2頭を一応。…
××ぽん自信度C 0
レシステンシア調教不安
サトノインプレッサ
重馬場ならって感じで消し



タイセイビジョン
ふつーに強いと思うしここの適正あると思う。

ぎるでっとミラー
福永調子いいから
買うと来ないパターンあり

プリンスリターン
原田G1で魂の騎乗してほしい
ムトト自信度C 0
◎ボンオムトゥック
春天がトニービン、ステイゴールドであれば、NHKマイルはフレンチデピュティ(を含むヴァイスリージェント系)、ダイワメジャー。
特に人気のない所の大駆けが目立つのがフレンチデピュティ。クロフネ産駒は強い。ボンオムトゥックは父クロフネ、母父ダイワメジャー。前走アーリントンC出遅れては0.4差、あがり2位で4着の悲観する内容ではなく、距離短縮の上ハイペースと厳しい展開にもなった。2走前のように先行しつつあがりを最速でまとめる能力の高さがあるだけに発馬で後手を踏まなければ勝ち負け。。

○ウイングレイテスト
基本は前が厳しい流れになり、展開面で利あり。
ダンジグ持ちも良…
ハショタ自信度C 0
今年のG1は『初出走・初騎乗』がキーワード継続中。

今週の東京芝コースは内ラチから2頭目までをいかに通って最後の直線に向かうかが大きなカギ。他頭数になれば内枠、先行馬が有利。

◎タイセイビジョン
前走が強い競馬。ペースはスローは考えにくいのでハイペースで勝利しているのは心強い。西村厩舎はNHKマイル『初出走』。

〇レシステンシア
体調面がどうか気になるところ。パドックで気配を確認したい。

▲シャインガーネット
こちらも前走はいい競馬をしていた。中団から前目につけられれば差し届く。栗田厩舎はHNKマイル『初出走』。

△プリンスリターン
今日はとにかく欧州血統が好走中。父ロベルト…
××リトル「穴づくし!」自信度C 17
何とも言えないメンバーが揃いました!
こーゆー時に限ってガチガチで決まりがちですが、僕はレシステンシアを本命に
相手は穴づくしで!!

ストーンリッジを選んだのは前走が騎乗ミスと言われ、前での競馬が出来なかった為です。
今回は是が非でも前にいくでしょう!
今の東京は前残りで更に風もあるので、いい意味でこの馬に風が吹いています!

ハーモニーマゼランは血統的にも前走の内容としても見限るのは早いかな?と思います!

ラウダシオンは1400かな?と思いますがデムーロの人気薄は手を付けておくべきです。

あとはボンオム、ギルデッドを相手に…

時間がなく雑になりましたがタイセイとサトノは…

タイム 1:32.5 4F 46.5 3F 34.5
単勝11番2960円(9人気)
複勝11番810円(10人気)3番180円(1人気)6番440円(6人気)

夏影<14期 東十両八枚目>
「馬場激変につき予想は慎重に」
ギルデッドミラー3着/6人気
○ラウダシオン▲レシステンシア△プリンスリターン
    
1592
38拍手(+6)

3連複 3-6-11番

19,620円的中

今夜日付変わる頃から降雨があるとの事だが、降水量は1㍉程度という予報。
昼までは断続的に降るとの事だが、微量の降雨で馬場への影響はほぼ無さそう。

土曜日の8R古馬2勝クラスの1400㍍の平場戦では、 カルリーノが内枠を利して好位から差す競馬で1着。
父は異色のサンデーサイレンス系マツリダゴッホ、母父ショウナンカンプ。
2着のライバーバードは、前走が1200㍍の差し→今回1400㍍の逃げのステップ。
距離延長を利して位置取りチェンジしての激走。
父はダンチヒ系のザファクター、母父はファピアノ系。

10RのメトロポリタンSは古馬オープンの2400㍍。
このレースの勝馬ウラヌスチャームも、前走1800㍍の差し→今回2400㍍の逃げというステップ。
父は非サンデー系だ。

メインのプリンシパルS(3歳オープン2000㍍)は1枠、2枠、3枠と枠順通りで先行馬同士の決着。
3着のディアセオリーは、父サムライハートと異色のサンデーサイレンス系。母父はソウルオブマターと長距離ダート向きの血を持つ超人気薄の馬だった。

かなり以前に話した事だが、エアレーションやシャッタリングを施した馬場というのは、開幕時はこれらの措置により路盤がソフトになるのだが、開催が進むに連れ路盤が踏み固められ、徐々に前残りにシフトしていく事がある。
先週と同じ馬場状態を想定して予想を立てようものなら、痛い目を見る事があるので注意したい。
土曜日の傾向として、内枠の先行馬、前走差し→今回先行、マイナー血統orアメリカ血統がキーワードとなっており、明らかに先週のようなヨーロッパ色の強いサンデー系血統向けではない馬場状態と見受けられる。

アメリカ血統向けの馬場になったと見越してヤマを張り、予想を立ててみたいと思う。
前走ソフト馬場のマイル路線レースで「差されて負けた馬」に注目したい。

◎⑥ギルデッドミラー
前走はソフト馬場を先行し、外を回して力で捩じ伏せようとしたところ、タイセイビジョンビジョンの上手い競馬で差されてた格好。
タイセイビジョンは位置取り及び内を突いたコース取りの絶妙さが勝因で、力量的にはこちらを評価。
今回は、ペースや馬場がこの馬向きにシフトしていると見て本命にする。

○⑪ラウダシオン
こちらもソフト馬場を先行したところ、シャインガーネットに差されたという競馬。
母父がファピアノ系でアメリカ色の強い血統。
馬場が向くと見て2番手。

▲③レシステンシア
ソフト馬場を大外枠から強引にポジションを取りに行く競馬で、流石に厳しい競馬内容。
厳しい競馬内容だっただけに反動が気になるところだが、スタートが決まれば惰性で競馬が進められる馬場だけに、疲労の影響が少なくなりがちなのもこの手の馬場の特徴。
評価は下げるが捨て切れない。
3番手の評価。

△④プリンスリターン
前走はソフト馬場を先行し、タイセイビジョンに差される。
ちょっと気の良さに欠け矯めが利かせにくいタイプなので、インで壁を作って前走よりも気持ち位置取りを下げる競馬で。

馬場判断が難しかった事もあり、予想が二転三転してしまい申し訳ございませんでした。
05/09 21:42


夏影

予想歴37年
回収率%
予想のベースになっているのは、今井雅宏氏考案の『Mの法則』。 総拍手獲得数:931
過去のベスト予想
 NHKマイルC2020

◎ギルデッドミラー○ラウダシオン
38拍手

19,620

新着回顧NHKマイルC2020回顧一覧夏影の回顧
夏影TM競馬歴37年 回収率%
時代は「令和」、昭和・平成の馬場概念を引きずるな
次走狙い馬:サトノインプレッサ 次走狙い馬:ルフトシュトローム
     
 
6拍手(+6)

エアレーション・シャッタリング馬場とは、「木綿わた」の中に「ばね」を埋め込んだベッドのようなものである。
「木綿わた」の役割を果たすのが「土」で、「ばね」の役割を果たすのが「芝の地下茎や根」である。

エアレーションやシャッタリングの狙いとは…

①根切りを行う事で、更に多数の根を生やさせ、根の成長を促す。

②土中に無数の穴を開けたり耕す事により空気を送り込む事。
・根の呼吸を促し、土表面の老廃物を
蓄積させないようにする。
その結果、根を成長を促す
・土そのものが柔らかくする。
・馬場の排水機能を高める

…など。
開幕馬場の土というのは、新しいふわふわの木綿わたの状態。
つまり土の密度が小さく空気をたくさん含んで「ふわふわ状態」なので、埋め込まれた「芝の地下茎や根のばね」がよく機能できる。
開催が進むにつれ、踏み固められた土というのは、それ即ち「煎餅布団の綿」のような状態。
「ばね」は、固まった綿に覆われてしまっているが故に、きちんと機能しなくなる。
つまりが、ばね機能が無くなった土の上に芝生がある状態であると言えよう。

さて、ばね機能の高い馬場というのは、レース後半に、長時間力を持続させる馬にとても有利に働く。
力を入れているタイミングでの走りの伸びを助長させる働きがあるので、力を使う時間が長ければ長いほど恩恵が受けられる。
アスリートの間で話題となっている、ナイキ・エアマックスのような効果だと言えよう。
逆に、スタート時の短時間でガッと加速して、加速し切ったら力を抜いて惰性で走るような馬には向かない。

堅い馬場というのはクッション効果の恩恵が受けられず、スタートダッシュの悪さがそのまま致命傷となる。

…と、これが私が認識した「シャッタリング&エアレーション馬場効果や原理」の概要である。

開幕からの2週はクッションの効いた馬場だったので、レース後半に力を長時間持続させるヨーロッパスタイルの競馬向きの馬が、面白いように差し競馬を決めていた。
だが3週目に入り、状況は一転。
内枠の先行馬のオンパレード、路盤が堅くなってしまい、惰性競馬向きである事を確信した。

ここからは、昨年の安田記念のおさらいになる。
究極の惰性競馬と言えば、それは「アイビスSD」である。
コーナーが無いので、加速したら後はひたすら惰性で走れる。
この究極の惰性競馬に最も強い血は、サクラバクシンオーとインリアリティの血。
惰性で走ってもスピードが落ちない状況で差したり抜け出したりするには、究極のトップスピードが求められる。
サクラバクシンオーやインリアリティはその究極のトップスピードを伝える血なのである。
昨年の安田記念は、その事を理由にインディチャンプを本命にしたはずである。
そして今回の本命馬であるギルデッドミラーの母はインリアリティ系。
対抗馬に推したラウダシオンは、そんなインリアリティの特長を非常に色濃く伝えるトキオリアリティーの血を持っている。

いかにこの馬場に適した血であるか?
2年続けて証明した形となった。

結果の通り、ラウダシオンは世代最速のトップスピードの持ち主。
府中の高速前残りのマイルやスプリント競馬では強い。
出走する事は無いだろうが、アイビスSDに出走しようものなら、まず負けない。

サトノインプレッサ
ルフトシュトローム
馬場が馬場だけに、外枠の差し馬には辛い競馬。
差し競馬向きの馬場での巻き返しに期待。

05/11 04:54 回顧アクセス:1122

コメント4件

クラウドコウ 2020年05月10日18時01分
sugoi


すごい!

のび犬 2020年05月10日18時54分
臨機応変な予想で、かつしっかりと根拠がある……そして、この大的中。素晴らしいの一言です!

クライスト教授 2020年05月10日21時09分
これは凄い!
おめでとうございます。

編集長おくりばんと 2020年05月14日23時34分
馬場読み完璧!すごい予想!


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
南川麒伊知郎
10/09 23:15

今週のイチオシ 土曜日東京11Rビゾンテノブファロ

南川麒伊知郎
10/09 23:14

皆さん、????????????お願いします。

雨龍泥舟
10/09 14:18

どういうわけだか、今年はPOGの調子がいい。Netkeibaが217位/44383人中、JRA-VANが608位/96038人中。かつてない好成績なのだが、指名馬にダービー馬がいるとは思えない。ダービー馬を指名...

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

まじん>>

>>南川麒伊知郎


10/24 21:08

南川麒伊知郎>>

>>まじん


10/24 18:54

ラインマスター>>

>>とりおやこ


10/18 19:09

@秋華賞 お見事。



4
菊花賞
◎コントレイル
○ヴェルトライゼンデ
馬単3-9番
1,010円 的中

クライスト教授
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社