6/1 6/2
5/25 5/26
モナコイン
tipmonaとは
新着予想日本ダービー2023予想一覧夏影の予想

東京11R 日本ダービー 2023年5月28日(日)
芝2400 3歳GI 晴良 平均レースレベル2.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番


























































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3性齢
57 57 57 57 57 575757 57 57 57 57 5757 57 57 57 57斤量






































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

クライスト

××南川 麒伊「84.8-67.8-52.3-37.9-11.2」自信度S 6
データで見ると意外なことが分かった。
❶2013年以降の1~3着馬30頭のキャリアを確認すると、3戦から9戦までの間。ただし、キャリア3戦馬やキャリア9戦馬の好走は、複勝率100%の重賞ウイナーに限られる。その以外は不利・・・④トップナイフ。
❷2013年以降の1~2着馬20頭における前走使用レースを検証すると、皐月賞、京都新聞杯、毎日杯の3パターンに集約される。これ以外は不利・・・②スキルヴィング,⑪ハーツコンチェルト,⑯パクスオトマニカ,⑰ドゥラエレーデ。
❸前走の着順に関しては、GⅠであれば7着以内、GⅡなら2着以内、それ以外の場合は1着が一応の目安。2013年以降の2着以内全馬がこの条件を満たしていた。それ以外は…
編集長おく自信度C 0
思い返せば私は日本ダービーの予想はこれまで基本的には得意としてきました

それはあまり奇をてらわずに強い馬、潜在能力が高い馬、走法が良い馬を素直に狙ってきたからです



ダービーは運の良い馬が勝つ、と言われていますが

(さすがに言わなくなっているのかな?)

死語でよいと思います



かつて、運が良い馬が勝つとされていたのは、頭数の設定も関係していたと思います

30頭くらい出ていたり、ゲートがないので紐を引っ張って2列になってスタートしたりといった時代もありましたから

https://www.youtube.com/watch?v=EOTPsRWU9pE

そうなると運要素が高くなっていたと思うのですが

たまごたろ「2冠へ」自信度C 0
本命はソールオリエンス。前走の勝ちっぷりはお見事で、皐月賞組とは勝負付けが済んだ印象。怖いのは別路線組ぐらいか。
対抗はファントムシーフ。前走は落鉄&直線のコース取りがイマイチだったものの、3着まで来たのは地力の証。
スキルヴィングは前走の内容を個人的にイマイチ評価していないので、3番手まで。
前走出遅れて競馬にならなかったトップナイフを押さえ。
ハショタ自信度C 10
◎ソールオリエンス
前走の末脚は抜けて速い。ここは圧勝まである。
中山の重賞実績しかない馬同士の1・2着はない。相手筆頭は東京重賞実績馬。

○スキルヴィング
▲タスティエーラ
パドック気配1番手。
△ハーツコンチェルト
パドック気配2番手。
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・…
ばふかつ「日本ダービー2023予想」自信度C 1
本命は現時点①人気ソールオリエンス。2走前京成杯から臨んだ皐月賞は重馬場、最内枠の不利も後方一気の差し切り勝ち。展開が嵌った感は否めないが、あの状況でも勝ち切ってしまうのだからそもそも能力が他馬とは違う可能性あり。
今春GIで結果を残せていない鞍上レーン騎乗タスティエーラ、青葉賞1着馬スキルヴィング、距離伸びて良さそうなシャザーンが相手。
軍神マルス「東京優駿 キタサンブラック産駒の好走に期待。」自信度A 0
★傾向分析★
2018年 タイム 2’23”6 (良) 1FAve=11.97 3FAve=35.90
テン36.0-中盤73.0(前半37.1-後半35.9)-上がり34.6 『加速・中弛み』
1着ワグネリアン・・・ディープインパクト×キングカメハメハ=ディープインパクト×キングマンボ 〔4-r〕 6-4
2着エポカドーロ・・・オルフェーヴル×フォーティナイナー=サンデーサイレンス×フォーティナイナー 〔1-l〕 1-1
3着コズミックフォース・・・キングカメハメハ×ネオユニヴァース=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔4-g〕 2-2

2019年 タイム 2’22”6 (良) 1FAve=11.88 3FAve=35.65
テン34.8-中盤71.9(前半35.0-後半36.9)-上がり35.9 『前傾・中弛み』
1着ロ…
ムトト自信度C 0
◎グリューネグリーン

皐月賞は3番手先行で11着。重馬場でハイペースというタフな流れで外差し勢に飲み込まれたが、完全な前崩れの中で内容的には悪くなく迫力ある行きっぷりだった。良馬場ならまた変わってくる。
父ラブリーデイで父父キンカメはダービー馬、また母父スペシャルウィークがダービー馬で母母ウメノファイバーがオークス馬となっていて、ダンスインザダークも持っているとなれば距離延長歓迎。トニービン持ちで東京コースにも楽しみが持てる。

○シャザーン
こちらもキンカメ系。牝系も魅力だし、こちらも良馬場変わりがうれしいくち。

▲ハーツコンチェルト
父ハーツのトニービン持ちでカロもあり。
××北川 麟太「東京優駿は以下の通り」自信度S 0
スピード指数は以下の通り。

①ベラジオオペラ 95
②スキルヴィング 99
③ホウオウビスケッツ 92
④トップナイフ 90
⑤ソールオリエンス 95
⑥ショウナンバシット 98
⑦フリームファクシ 94
⑧メタルスピード 89
⑨グリューネグリーン 88
⑩シャザーン 94
⑪ハーツコンチェルト 94
⑫タスティエーラ 93
⑬シーズンリッチ 91
⑭ファントムシーフ 96
⑮ノッキングポイント 93
⑯パクスオトマニカ 92
⑰ドゥラエレーデ 88
⑱サトノグランツ 92

以上。…

タイム 2:25.2 4F 47.2 3F 35.3
単勝12番830円(4人気)
複勝12番200円(4人気)5番120円(1人気)11番380円(5人気)

夏影<14期 東十両八枚目>
「血統支配は変われど、傾向は変わらない」
ベラジオオペラ4着/9人気
○ドゥラエレーデ▲ノッキングポイント△ソールオリエンス
    
493
0拍手

 今年はディープインパクト産駒の参戦がない。血統支配構成が変わったが、おそらく問われる本質は当面変わらないと考える。

 理由は、先週のオークスの結果である。掲示板に馬番を載せた上位5頭は、全て桜花賞組。本来ステイヤー質が問われるレースでありながら、高速前残りのマイル戦をステップレースにした馬達に有利に働いたという事をいう事を表している。

 これまでスタミナが問われていたオークスでスピードが問われたとなると、もともとスピードが問われていたダービーは、尚更スピードが問われるという事である。
 実際、昨年の勝馬はディープインパクト産駒ではなかったものの、マイルG1朝日杯FSの勝馬ドウデュースがダービーを制しており、結局はマイル質のスピードが問われていた。

 力量の高い非主流色は、3〜5着あたりで善戦するが、決して勝ち切る事が出来ない、これは長年続いている傾向である。昨年3着のアスクビクターモア、一昨年のステラヴェローチェ、2020年のヴェルトライゼンデ、2018年エタリオウ、ブラストワンピース、2015年サトノクラウン…が良い例である。

「皐月賞で問われたのは『非主流質』」

 今年は重馬場で行われ、例年以上にバワーやスタミナ要素が問われた。特にその事実を痛感した事は、父サトノクラウン、母父マンハッタンカフェという非根幹距離向け配合のタスティエーラが2着と好走した事。3着馬ファントムシーフに関しては、完全なる非サンデーサイレンス血統である。
 重馬場により、非主流色が問われていた事は明らか。そんなレースで圧勝したのだから、ソールオリエンスは「キングオブ非主流」だという事が言えよう。
 末脚の破壊力は認めるが、追走力が問われて果たして…という疑問は残る。

「イクイノックスとソールオリエンスの違い」
 
 キタサンブラックのは、基本的に母の特徴を引き出してなんぼ?の種牡馬。
 イクイノックスは、母父キングヘイローのスピード面が強調されたタイプ。
 対し、ソールオリエンスは母系のフランス色が強調されたタイプだろう。パワーと終いの伸びがしっかりしているが、道中の追走力に難。実際皐月賞では、4角17番手とかなり後方に置かれている。
 ついでに、青葉賞勝馬スキルヴィングもキタサンブラック産駒だが、こちらも母父シンボリクリスエス✕母母父アドマイヤベガとヨーロッパ色が強いタイプ、スローで流れた青葉賞で4角11番手。15頭立ての競馬としてはかなり後方の位置取りだ。

 母系でスピード面が補完されないと、追走力に問題が出てくる。

「注目ポイント」

主流的スピード、もしくは追走力のある先行馬に注目。

「結論」

◎ベラジオオペラ

(血統)
父ロードカナロア
母父ハービンジャー

(オプション)
多頭数内枠、「差し→先行→差し」バウンド位置取りショック

(解説)
 前走はスプリングSの反動がしっかり見えていたタイミング。ハイペース&馬体減での「差し→先行」は明らかに「楽→苦」ステップで、10着凡走は当然の結果。
 当初思った以上に精神依存が高い馬のようで、多頭数の激戦は向いているようだ。
 かなり前向きさがあり、且つ馬体減りが続いているので距離延長微妙も、内枠生かして馬群に入れる競馬なら面白い。
 父もスピード色、優秀な母系もスピード色。サンデーサイレンス、キングカメハメハといった主流色の要となっている血を保有しており、しっかりとしたスピードの下地のある馬。
 物理適性高いと考え、この馬から馬券を攻略したい。

○ドゥラエレーデ

(血統)
父ドゥラメンテ
母父オルフェーヴル

(オプション)
海外遠征帰り、「ダート→芝」、「1900→2400㍍」距離延長

(ポイント)
 父はキングカメハメハとサンデーサイレンスの血を保有する、現在最も主流とされる種牡馬。
 母父はフランス色の強いオルフェーヴル、母母はスピード色の強いアルゼンチン血統馬。
 ちょっと血統的長所が上手く噛み合っていない印象で、良いキレを見せるタイプでなく、ちょっとパワーやスタミナ寄り。
 ただ、末の持続力はあるので直線の長いコース自体は悪くないし、追走力が高い先行脚質。
 イメージ的には2012年の勝馬ディープブリランテのような感じのタイプだと考える。
 物理的な部分より、異色ローテによるフレッシュさに魅力を感じる。

▲ノッキングポイント

(血統)
父モーリス
母父キングカメハメハ

(オプション)
生涯初のG1挑戦

(解説)
 母はオークス2着馬で、キングカメハメハとサンデーサイレンスの血といった主流の血を持つ。
 父の産駒は前向き過ぎるタイプが多く距離延長は微妙も、波に乗っているタイミングでは手が付けられないほどの勢いを見せるタイプでもある。
 マイル中心のローテで、スピード慣れしてところが魅力。

△ソールオリエンス

(血統)
父キタサンブラック
母父モチベーター

(オプション)
「2000→2400㍍」距離延長

(解説)
 皐月賞は強かったが、強かったがゆえにパワーやスタミナに寄ったタイプのように感じる。
 スピードが問われるレースでは、やはり追走力が問題となりそう。
 「追って届かず」の3着狙いで。

「馬券」

穴狙いで手広く。

単勝  1、17、15
ワイド 1、17、15、5ボックス
05/27 07:02


夏影

予想歴40年
回収率%
予想のベースになっているのは、今井雅宏氏考案の『Mの法則』。 総拍手獲得数:1247
過去のベスト予想
 NHKマイルC2020

◎ギルデッドミラー○ラウダシオン
38拍手

19,620


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
南川 麒伊知郎
05/18 12:33

マイページの更新、お願い致します。

編集長おくりばんと
03/31 15:41

南川さんすみません!更新完了しました!

南川 麒伊知郎
03/25 00:27

マイページの更新と結果の更新お願い致します。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

ムトト>>

>>BC爺


05/26 16:15

@日本ダービー これはお見事!

FUNNYCAT>>

>>まじん


12/17 15:49

@桑名特別 馬連万馬券見事

南川 麒伊知郎>>

>>南川 麒伊知郎


10/08 19:04



15
日本ダービー
◎ダノンデサイル
○アーバンシック
単勝◎5番
4,660円 的中

BC爺
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社