4/20 4/21
4/20 4/21
モナコイン
tipmonaとは
新着予想桜花賞2024予想一覧夏影の予想

阪神11R 桜花賞 2024年4月7日(日)
芝外1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番




























































































































馬名



牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3性齢
55 55 55 55 55 555555 5555 55 55 55 55 55 55 55 55斤量










駿























西






騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
××

BC爺

編集長おく自信度C 0
追記:
あとは外差しに該当するかもしれないのは17マスクオールウィンですよね 内の馬何か1頭切ってこれに変えようかというのは悩むところではあると思います 想定よりは外差し寄りの馬場になりましたので

いまグリーンチャンネル解説の田崎さんは馬場はフラットで内をロスなく回った方がよいという見解でしたけど、僕はちょっと違う考えですね 馬場の良い外に持ち出した方がプラスのように見えます


追記:
阪神芝は明らかに外差し競馬が続いた割には外枠の馬が売れてきませんね!型通り4レース消化して少しずつ外伸び化も進行したようで、内側もやや悪く見えます

これであれば外枠の馬を強めて、3イフ…
ハショタ自信度C 0
◎チェルヴィニア

○コラソンビート
▲アスコリピチェーノ
△クイーンズウォーク
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
××クライスト自信度S 1
自信度S

◎=チェルヴィニア
大外の伸び伸びさを活かせる騎手と診断。
スムーズな競馬が出来ると判断して本命に指名する。

○=ステレンボッシュ
モレイラの騎手力から対抗と判断。

▲=アスコリピチェーノ
鞍上能力が心配で軸に置けなかったため単穴と判断。
勝てば馬が強い事の証明に成る。

消し=スウィープフィート
飛び頃の馬と見て消しと判断。武豊の仕込みももう見たくないので!

消し=クイーンズウォーク
同じく飛び頃と見て消しと判断。JRAの川田の優遇策はもう飽きたので!…
××南川 麒伊「82.6-65.7-51.6-36.6-11.8」自信度S 1
まずは血統の傾向について… 2022年スターズオンアース、2023年リバティアイランドと、2022と2023年はドゥラメンテ産駒が2連覇を達成。それら2頭は父系祖父がキングカメハメハとなるが、2018年アーモンドアイ(父ロードカナロア)、2020年デアリングタクト(母父キングカメハメハ)、2021年ソダシ(母父キングカメハメハ)と、近年の勝ち馬の多くがキングカメハメハの孫世代であることは特筆に値する。
ほか、2016年ジュエラー(父ヴィクトワールピサ)、2020年デアリングタクト(父エピファネイア)の勝ち馬2頭は初年度産駒となるが、昨今のリーディングを争うロードカナロアや稀代の名馬ディープインパクトも種牡馬としての…
×シーバス「桜花賞」自信度C 1
◎チェルヴィニア
前走前が空いてから一瞬で抜け出した脚は秀逸
大外枠と乗り替わりは課題だが、先行勢に有力どころが少なく
うまく前目で折り合えば
○ステレンボッシュ
前走の勝ち馬との差は道中のコース取りの差
外差し利く馬場で逆転
▲コラソンビート
前走は明らかにトライアル向けの仕上げ
マイルは守備範囲で体重増が成長分なら
注マスクオールウィン
前走は後ろから行って上がり最速の脚を使って距離克服
直線の長いコースで同じ脚を繰り出せれば一発ある
△アスコリピチェーノ
力は認めるが前走は上手くはまった感も
今回はマークされる立場で上手くさばけるか
鞍上含めて不安材料はある
△イフェイオン…
××北川 麟太「桜花賞は以下の通り」自信度S 0
スピード指数は以下の通り。



①ワイドラトゥール 90

②クイーンズウォーク 94
③イフェイオン 91
④キャットファイト 88
⑤シカゴスティング 92

⑥ハワイアンティアレ 95

⑦スウィープフィート 95
⑧コラソンビート 97

⑨アスコリピチェーノ 94

⑩セキトバイースト 99
⑪ライトバック 94
⑫ステレンボッシュ 92
⑬テウメッサ 91
⑭ショウナンマヌエラ 90
⑮エトヴプレ 92
⑯セシリエプラージュ 94
⑰マスクオールウィン 91
⑱チェルヴィニア 89

以上。…
軍神マルス「桜花賞 阪神JF好走馬を信頼。」自信度A 0
★傾向分析★
2019年 タイム 1’32”7 (良) 1FAve=11.59 3FAve=34.76
テン35.4-中盤24.0(3F換算36.00)-上がり33.3 『加速・中弛み』
1着グランアレグリア・・・ディープインパクト×Tapit=ディープインパクト×エーピーインディ 〔3-o〕 3-1
2着シゲルピンクダイヤ・・・ダイワメジャー×High Chaparral=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔8-f〕 15-12
3着クロノジェネシス・・・バゴ×クロフネ=レッドゴッド×ヴァイスリージェント 〔20-a〕 8-9

2020年 タイム 1’36”1 (重) 1FAve=12.01 3FAve=36.04
テン34.9-中盤23.1(3F換算34.65)-上がり38.1 『前傾・一貫』
1着デアリングタクト・・・エピ…
ムトト自信度C 1
◎セシリエプラージュ

父ブラックアンドモルタル産駒は初年度でサウジRC勝ち馬を出していて仕上がりも早め傾向。また、マイルの大箱を得意とする。昨年のドレフォン枠はここか。
セシリエプラージュ自身も当該コースで未勝利を勝ったように、千四よりマイル向きに見える。
また、母アットザシーサイドは同じFR→桜花賞ローテで3着と好走。
展開的面でも前がかりの馬がそろっていて、後方待機の当馬に向きそう。

○エトヴプレ

前走FRは自ら作ったハイペースをそのまま押し切る強い勝ち方。厩舎コメントから同型のそろったここは無理をしないニュアンスがあるので、番手で行くと思われる。サドラー持ちの欧州血統らし…

タイム 1:32.2 4F 45.9 3F 34.1
単勝12番430円(2人気)
複勝12番150円(2人気)9番140円(1人気)11番340円(7人気)

夏影<14期 東十両八枚目>
「結局主流タイプ種牡馬の血という事で落ち着いた。」
テウメッサ9着/15人気
○ステレンボッシュ▲ハワイアンティアレ△マスクオールウィン
×クイーンズウォーク×コラソンビート
253
2拍手(+3)

 先週から、Bコース開催となっているが、先週と今週土曜日の1600、1800㍍の好走馬の血統的傾向が顕著に出ている。ディープインパクト系か、キングカメハメハ系か、エピファネイアか、トニービンの血を持った馬の活躍が目立っていた。
 主流色か?、直線の長い阪神外回りだけにフランス色も有利に働いているような感じだ。
 考えて見れば、近5年の好走馬で、例外なのはダイワメジャー産駒のレシステンシアとシゲルピンクダイヤくらいなもの。その他の好走馬は、しっかりとドゥラメンテ、ディープインパクト、キングカメハメハ、エピファネイア、フランス系種牡馬の血を持っていたりするのだ。

3/30(土)

・3R「3歳未勝利」1800㍍

 1着エマロア     
   父ロードカナロア
   母父ハーツクライ

 3着ベイステート
   父シルバーステート
   母父ブロークンヴォウ

・6R「古馬1勝クラス」1800㍍

 1着グランデサラス
   父エピファネイア
   母父クロフネ

 2着ダイシンビヨンド
   父キズナ
   母父ブライアンズタイム

 3着マンデヴィラ
   父リアルスティール
   母父アカテナンゴ

3/31(日)

・5R「3歳1勝クラス」1600㍍

 1着テラメリタ
   父ブリックスアンドモルタル
   母父ヴィクトワールピサ
   母母父トニービン

 2着アルトゥーム
   父モーリス
   母父ディープインパクト

4/06(土)

・11R「阪神牝馬S(G2)」1600㍍

 1着マスクトディーヴァ
   父ルーラーシップ
   母父ディープインパクト

 2着ウンブライル
   父ロードカナロア
   母父ファルブラヴ

 3着モリアーナ
   父エピファネイア
   母父ダイワメジャー

 最内枠の勝馬でも、やや外目に持ち出し抜け出すシーンが多く、逆に最内に潜った馬や先行馬は最後脚が止まるシーンが目立った。スローになりやすい事からも、意外と摩擦係数高く体力消耗が大きな馬場状態なのかな?…と考える。

 近年の好走馬の血統傾向は以下の通り。

2023年
1着リバティアイランド
  父ドゥラメンテ
2着コナコースト
  母父キングカメハメハ
3着ペリファーニア
  母父母父トニービン

2022年
1着スターズオンアース
  父ドゥラメンテ
2着ウォーターナビレラ
  父シルバーステート
3着ナムラクレア
  父ミッキーアイル

2021年
1着ソダシ
  母父キングカメハメハ
2着サトノレイナス
  父ディープインパクト
3着ファインルージュ
  父キズナ

2020年
1着デアリングタクト
  父エピファネイア
3着スマイルカナ
  父ディープインパクト

2019年
1着グランアレグリア
  父ディープインパクト
3着クロノジェネシス
  父バゴ

…という事で、こちらの傾向に沿った方向で、今回は予想を考えてみたい。
 主流種牡馬の血を持つ、ノーザンF、社台Fの生産馬に注目する。


◎テウメッサ

(血統)
父ハービンジャー
母父キングカメハメハ☆

(オプション)
多頭数、「リステッド→G1」格上げ、生涯初G1。

 父、母父とチェルヴィニアと同配合。チェルヴィニアの母がオークス2着のチェッキーノなのに対し、こちらは、母母母が桜花賞2着馬フサイチエアデールが祖となっている。母母は朝日杯FS勝馬フサイチリシャールの3/4妹ライラプスでクイーンCの勝馬。マイル質のスピード競馬に強い血統背景を持つ。
母系の影響強く、スピードとキレ、前向きさがあるハービンジャー産駒で集中力もある。物理的にはナミュールに似たタイプイメージだが、母父がダイワメジャーからキングカメハメハに入れ替わっている分、精神的にも強化されたタイプだろう。

 前々走で不利を受ける競馬を克服し、前走でキツい流れの競馬にも対応しており、今回に向けて価値のある体験をしている事を評価したい。
 前々走は、直線で前が塞がる不利を受けながら、最後は突き抜けており、非常に高い集中力と闘志を感じさせる内容。
 前走も、キャットファイトにかなり詰め寄るシーンを見せており、勝負に対し強い執念感じた。

 キャリア5戦も、負荷の低いレースのみで消耗少なく、鮮度も高い状態。
 ここ2戦が強い内容で、今回最注目の1頭。

○ステレンボッシュ

(血統)
父エピファネイア☆
母父ルーラーシップ☆☆

(オプション)
休み明け、多頭数。

 阪神JFでは、アスコリピチェーノが常に進路が開いていた感が強かった事に対し、こちらは、それなりに馬群を捌いて来た感があった。
 道中は中段やや後ろと、今回に向けての追走力としては及第点、末脚のスピード、体力共に勝馬アスコリよりも上だろう。
 内容的には一番強い競馬をしていており、力量は相当なものだ。

 非常に日本色の強い血統背景を持ち、日本競馬向きのスピードとクラッシックに合った成長力が期待出来るタイプ。
 エピファネイア産駒の欠点は、鮮度要求度の高さ。更に、母母父もかなり鮮度要求度が高く、クラッシックシーズンが過ぎると共に終わりそうなタイプでもある。
 陣営もそこのところを良く理解しているのか?、今流行りの「ぶっつけ本番」ローテで挑んでくる部分も高く評価したい。重賞経験が阪神JFのみで、十分鮮度を保つ事が出来る。そして何より、この時期に馬体の成長を促せるのも良い。
 秋以降は、古馬牡馬混合路線→2〜3戦使ったら海外…みたいにコロコロ路線を変え、異色の競馬を体験させてやったほうが良いだろう。

 何はともあれ、今回はパワーアップしたステレンボッシュに期待してみたい。


▲ハワイアンティアレ

(血統)
父ロードカナロア☆
母父マンハッタンカフェ

(オプション)
多頭数内枠、「G2→G1」格上げ、生涯初G1。

 ロードカナロア産駒らしい集中力の持ち主。チューリップ賞では、馬群を上手く捌きながら上位に進出し、見事桜花賞出走権利を手中に収めた。
 
 この手のタイプは、結構馬体減りの激しいタイプが多かったりするのだが、今回も大幅な馬体減がなく出走に漕ぎ着ける事になりそうで何より。

 血統的には、リファール→メジロマックイーン→マンハッタンカフェ…とタフな集中力依存型を重ねて生産されて来た血統背景があり、激戦向きの指向性持った産駒が期待できる。
 特に、マンハッタンカフェは1代隔ててやると、自身の気の良さや体力ではなく、しぶとさを強調するようになる。結構現代競馬ではトレンドになりつつある血で、ダービー馬タスティエーラ、チャンピオンズC勝馬テーオーケインズ、フェブラリーS勝馬ペプチドナイルなどのG1馬を輩出。牝馬では、ミスニューヨークが代表産駒。中山のマイルでは抜群のしぶとさを見せ、ターコイズSを連覇している。

 今回も、そつのない競馬で上位進出に期待してみたい。

△マスクオールウィン

(血統)
父ドレフォン
母父ハーツクライ☆

(オプション)
多頭数、「G3→G1」格上げ、生涯初G1。

 フェアリーS走は、距離延長+「先行→差し」逆ショックによるもので、精神負荷の高さが尋常ではなく、「スプリント先行→マイル差し」とギャップの大きいステップ。これを克服したとなると、他馬とはかなりの力量差があったと考える。

 父はヴァイスリージェントの血を持つアメリカ型スピード血統。現状は異なるが、本来牡馬以上に牝馬産駒の大物産駒が期待出来る種牡馬。母はフランス色が強調されたタイプ。

 フェアリーSの内容には正直凄みを感じるが、レースで受けた心身的ダメージの心配と、この大外枠がどう出るか?


▽セキトバイースト

(血統)
父デクラレーションオブウォー
母父フットステップスインザサンド

(オプション)
多頭数内枠、「逃げ→差し」軽置取りショック、生涯初G1。

 デビュー当時の馬体重は432kg。馬体を増やしながらメキメキと力を付けて来た一頭で、今が正に「伸び盛り」のタイミングだ。

 1200㍍の実績は無いが、血統そのものはスプリント色。世界的に猛威を振るっているウォーフロント系。

 前走は10kgの馬体減での出走。権利取りの為に仕上げて来た感あり。おそらく差しに回ると見ていたが、予想に反した逃げ戦法を取った。
 馬体減による体力低下があるにも拘らず、前走よりも体力負荷掛ける戦法を取り、2着に粘った。「楽→苦」に対する耐性が非常に高い馬である事を痛感した。
 前傾ラップの差し競馬になったレースで、人気薄の差し馬が軒並みパフォーマンスを上げ、1番人気の先行馬がパフォーマンスを落としたレース。この逃げ粘りは「強い」の一言も、考えてみれば「生涯初の逃げ」による激走。疲労面がかなり心配でもある。評価を少し下げてみた。


他有力馬

・チェルヴィニア

 速い流れの競馬の経験無く、追走に苦しみそうなイメージ強い。
 母チェッキーノの影響強く、現状からも中長距離の力勝負向きそう。
 ここで狙うのではなく、桜花賞凡走のオークスが狙い目だろう。

・アスコリピチェーノ
 完成度が高く、非常に素直な競馬をしていただけに、これ以上の上がり目が見込めなさそうなイメージ。
 あくまで、私の主観ではあるが。

✕コラソンビート

 レースっ振りから、体力不足なイメージ。
 阪神JFは体力足りず、上位2頭に食らいつく事すら出来なかった。前走もエトヴプレに体力負けした格好だ。
 現状では、体力的な欠点が誤魔化せる1400㍍での差し競馬がベスト。
 重賞使われ過ぎで、鮮度もなく。

✕クイーンズウォーク
 前走は距離短縮、スローペース差しの内容。追走スピードに難を示しそうなステップで。
04/07 06:00

■■■■■■■■■■■■■■■

≪JRA馬主・佐々木主浩本人≫
【札幌記念2023最終結論】

▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

▼札幌記念2023最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/




夏影

予想歴41年
回収率%
予想のベースになっているのは、今井雅宏氏考案の『Mの法則』。 総拍手獲得数:1237
過去のベスト予想
 NHKマイルC2020

◎ギルデッドミラー○ラウダシオン
38拍手

19,620


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
03/31 15:41

南川さんすみません!更新完了しました!

南川 麒伊知郎
03/25 00:27

マイページの更新と結果の更新お願い致します。

夏影
03/09 10:57

今日の千葉はかなりの強風に見舞われております。もしかしたら、中山の芝が乾くのが早くなるかもしれません。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

FUNNYCAT>>

>>まじん


12/17 15:49

@桑名特別 馬連万馬券見事

南川 麒伊知郎>>

>>南川 麒伊知郎


10/08 19:04

北川 麟太郎>>

>>南川 麒伊知郎


10/08 19:02



6
皐月賞
◎ジャスティンミラノ
○ジャンタルマンタル
三連単13-12-8番
29,240円 的中

クライスト教授
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社