秋華賞2019過去10年データ:優勝馬全て3番人気以内の堅い傾向(今年もディープインパクト産駒か)

秋華賞 馬名 騎手 人気
2009 レッドディザイア 四位洋文 2
2010 アパパネ 蛯名正義 1
2011 アヴェンチュラ 岩田康誠 2
2012 ジェンティルドンナ 岩田康誠 1
2013 メイショウマンボ 武幸四郎 3
2014 ショウナンパンドラ 浜中俊 3
2015 ミッキークイーン 浜中俊 1
2016 ヴィブロス 福永祐一 3
2017 ディアドラ ルメール 3
2018 アーモンドアイ ルメール 1
 かつては荒れるG1として有名だった秋華賞だが、最近は堅い傾向。過去10年間、勝ち馬は全て3番人気以内の馬となっている。秋華賞はサンデーサイレンスが苦手としていたのに対し、ディープインパクト産駒は得意としていたことも関係しているかもしれない。
 今年もディープインパクト産駒が人気上位を独占しそうだったが、グランアレグリアが短距離路線に回ったことに加えて、本命視された総大将ラヴズオンリーユーまでも回避を発表。急速に波乱の雰囲気が漂ってきた。


秋華賞 2019の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >