秋華賞 2017

競馬ナンデ想定班(2017年10月14日 14:43)

秋華賞2017出走予定馬予想オッズ

京都競馬場 日程:2017.10.15 出走馬可能頭数:18
予想
オッズ
馬名 騎手 枠順 厩舎 血統
(父馬)
前走成績
3.8 アエロリット 横山 1枠1 菊沢 クロフネ クイーンS1
5.0 リスグラシュー 武豊 7枠13 矢作 ハーツクライ ローズS3
5.0 ファンディーナ 岩田 8枠16 高野 ディープインパクト ローズS6
7.0 ラビットラン 和田 1枠2 角居 tapit ローズS1
7.1 ディアドラ ルメール 7枠14 橋田 ハービンジャー 紫苑S1
11.9 モズカッチャン デムーロ 2枠4 鮫島 ハービンジャー ローズS7
12.8 カワキタエンカ 北村友 4枠8 浜田 ディープインパクト ローズS2
16.0 ミリッサ 福永 6枠11 石坂 ダイワメジャー ローズS4
26.5 リカビトス 浜中 7枠13 奥村 ディープブリランテ 八ヶ岳1
36.0 カリビアンゴールド 田中 8枠18 小島 ステイゴールド 紫苑S2
41.5 レーヌミノル 浜中 6枠12 本田 ダイワメジャー ローズS9
55.1 ポールヴァンドル 三浦 8枠17 上原 ダイワメジャー 紫苑S3
80.8 メイショウオワラ 松若 3枠6 岡田 ディープブリランテ ローズS5
90.1 ブラックオニキス 大野 2枠3 加藤 ブラックタイド 紫苑S4
157.8 ハローユニコーン 田辺 5枠9 鮫島 ハーツクライ ローズS17
159.0 ヴゼットジョリー 菱田 7枠15 中内田 ローエングリン 桜花賞10
162.1 ブラックスビーチ 川田 3枠5 角居 ディープインパクト ローズS16
200.5 タガノヴェローナ 5枠10 中村 クロフネ TVQ杯1
 リスグラシューは桜花賞での最後の伸び脚は一番だった。1800で勝ち上がっており距離の融通性も高そう。出遅れ癖があるためむしろ距離延長はプラスか。ローズステークスでも堅実な末脚を使っており安定感がある。
 ラビットランは芝に変わって2戦連勝でローズステークスを制した。アエロリット以外はほぼ有力馬がすべて揃ったメンバーを負かしており評価せざるをえない。ただ、和田騎手も距離を不安視しており、脚質的にもツーターンの京都に変わってどう走るかは未知数。
 アエロリットはクイーンステークスで古馬を相手に速いラップを刻み楽勝。NHKマイルも先行して押し切っていて、ここへきての成長が著しい。2000Mは初距離になるが、今の勢いなら。
 レーヌミノルは桜花賞で大金星。ただ、雨で渋った馬場が味方した感も。また、1200重賞を圧勝し、当初はスプリンターではないかと疑われ、マイル戦も不安視されていた馬。オークスも直前で出走を決めたくらいで、距離への対応が大きなカギ。
 ファンディーナは春に話題を集めたが連敗中。ただ、ローズステークスは仕上げ途上でのレースで、悪い内容ではかった。外枠を引けたことで、スムーズな競馬ができれば変わり身も。
 大混戦で予想オッズからはどこから買おうか悩ましい秋華賞になった。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「秋華賞は超大穴馬の大ヤリ情報が入っている」とのこと!↓↓


秋華賞の大ヤリ馬
無料で教えます

第22回秋華賞(G1)
『超穴馬を狙え
【G1騎手大西直宏渾身】


◆京都は開幕週から絶好調
情報通りに万馬券ラッシュ!
【先週】京都初日4R
穴ヤマニンヌヌース
(6番人気)
3万0400円的中!

【先週】京都初日2R
穴サンリットデュー
(5番人気)
2万1550円的中!

【先週】京都初日12R
穴スーパーライナー
(7番人気)
1万4360円的中!

【先週】京都3日目3R
穴ターフェルムジーク
(6番人気)
1万2840円的中!


G1レースのことはG1ジョッキーに聞け!

        ↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。




 

秋華賞2017賞金順ボーダーは1500万か

優先出走権獲得馬
レーヌミノル
ディアドラ
カリビアンゴールド
ポールヴァンドル
ラビットラン
リスグラシュー
カワキタエンカ

賞金順上位馬
アエロリット
モズカッチャン
カラクレナイ
ライジングリーズン
クイーンマンボ
ファンディーナ
ハローユニコーン
ブラックオニキス
ミリッサ(1500万)
リカビトス(1500万)
メイショウオワラ(1500万)
ヤマカツグレース(1450万)




ソウルスターリング惨敗の衝撃!秋華賞2017意外と低レベル?穴馬浮上で大波乱も

 ソウルスターリング惨敗、、。先週の毎日王冠はソウルスターリングが圧倒的人気に推されるも8着に敗退。今年の3歳牝馬はレベルが高いと2歳時から評判が高く、これまでにミスエルテ、ファンディーナ、ソウルスターリングと牡馬を相手に戦ってきた。しかし、4着、7着、8着といずれも厚い壁に跳ね返されて結果は出ていない。
 ここまでくるとむしろ低レベルなのではないかという噂さえ立ち始めている。そう考えてみると、ローズステークスの結果も頷けなくはない。秋華賞とほとんど同じと思えるほどメンバーが揃っていたのだが、上がり馬・新星ラビットランが外から全て交わし去ってしまったのだ。
 低レベルとなってくると全馬にチャンスが出てくる。過去にも低レベルになるととたんに大荒れになるのが秋華賞だ。2000年シルクプリマドンナ、チアズグレイスらが人気になった秋華賞は、ティコティコタックが制しての大波乱。2008年トールポピー、レジネッタの年は、ブラックエンブレム、ムードインディゴ、プロヴィナージュで3連単1千万馬券だった。
 今年も予想オッズからは混沌とした秋華賞戦線。あっと驚く穴馬の台頭もありそうだ。



史上初の道悪開催へ!秋華賞2017雨続きで重馬場を想定:逃げ馬カワキタエンカに有利か

 日本列島は金曜日から長雨続き。秋華賞が行われる京都地方も15日当日の天気予報は降水確率80%。生憎の道悪開催になりそうだ。10月はこのままずっと雨という予報士もいるほどで、天気に恵まれないが、この時期の長雨というのはあまり記憶にない。
 過去のデータをたどってみたが、なんと秋華賞は道悪で開催されたことがない。やや重が一度あるのみ。そして秋華賞は雨が降ったことがない。
 さらにさかのぼってみた。秋華賞の前身であるエリザベス女王杯を調べたが、こちらも道悪開催は1979年(優勝馬ミスカブラヤ)のたった一回だけだった。よって38年ぶりの雨ということになる。
 これは波乱の予感。出走馬の道悪実績を調べると得意としているのが、なんといってもメイショウオワラで2戦2勝。逃げ馬カワキタエンカも1勝3着1回。いずれも人気薄で前につけられる馬だけに不気味な雰囲気が漂う。



秋華賞2017予想オッズデータ(単勝複勝馬連馬単)2ch人気穴馬モズカッチャン6番人気

秋華賞2017予想オッズ単勝複勝
アエロリット横山典
リスグラシュー武豊
ファンディーナ岩田
ラビットラン和田
ディアドラルメール
モズカッチャンデムーロ
カワキタエンカ北村友
ミリッサ福永
リカビトス浜中
カリビアンゴールド田中
レーヌミノル浜中
ポールヴァンドル三浦
メイショウオワラ松若
ブラックオニキス大野
ヴゼットジョリー菱田
3.6
5.5
5.5
7.1
7.3
11.5
11.6
15.4
27.8
36.4
38.0
61.6
78.9
111
116
1.6
2.1
2.4
2.9
2.9
4.0
4.1
5.0
7.1
9.1
9.2
11
14
22
25
馬連1人気アエロリット─リスグラシュー8.0倍
  2人気アエロリット─ファンディーナ7.0倍
  3人気アエロリット─ディアドラ7.9倍
  4人気リスグラシュー─ファンディーナ9.9倍
  5人気アエロリット─ラビットラン9.9倍
馬単1人気アエロリット─リスグラシュー13.0倍
  2人気アエロリット─ファンディーナ14.6倍
  3人気アエロリット─ディアドラ14.8倍
  4人気リスグラシュー─ファンディーナ17.2倍
  5人気アエロリット─ラビットラン17.8倍




秋華賞で狙うべき馬は?~オークス2017徹底回顧~



秋華賞2017はゲストプレゼンター無し...CMも無し...当日京都競馬場イベントも手薄に!

 京都競馬場のイベントカレンダーが更新されたが、秋華賞2017のゲストプレゼンターは発表されなかった。翌週の菊花賞はGACKTさんが来場されるようだが、秋華賞はゲストなし。テレビCMも菊花賞のものがすでに放映されていて、秋華賞のものは作られなかったようだ。秋華賞当日の競馬場イベントも関西ラーメンダービーと予想検討会程度で手薄。
 ここのところJRAはダービーの前週のオークスなど、牝馬G1のプロモーションはパスして翌週に資本の集中投下を行う方針のようだ。ただ今回は菊花賞に比べて秋華賞の方がメンバー的にも豪華でもったいない感じはするのだが、、。もしかして直前にサプライズ発表があるかもしれない。



秋華賞2017枠順確定発表は明日!ファンディーナは外枠向き?岩田騎手とは相性悪い?

 2017年春の競馬で最も注目を集めたといってもよいのがファンディーナの皐月賞挑戦だろう。牝馬の出走自体ほとんどない皐月賞で1番人気に推され、怪物牝馬誕生と騒がれた。しかし結果は敢え無く7着。
 競馬ナンデ編集長で競走馬の走法を研究してきた筆者は、ファンディーナと岩田騎手との相性の悪さに敗因があったのではないかと考える。
 ファンディーナは見るからにフットワークが大きくゆったりと走る。こういった馬はレース中は馬群の外側など、他馬からのプレッシャーを受けず、ノビノビと自分のペースで走れれば無類の強さを発揮するが、馬込みの内側に入って窮屈になったりすると能力発揮が大きく妨げられて大崩れするということがある。
 そこへきて岩田騎手というのは、道中馬場の内側をロスなく回って狭い内を突くなど窮屈な競馬を得意とするジョッキーだ。皐月賞でも第3コーナーまでは最内をロスなく運んでいる。基本的には距離ロスがなくスタミナロスを防ぐことができ有効な戦法だが、ファンディーナにとってはマイナスに作用するのではないだろうか。ここまで勝ってきたレースはいずれも外めをスムーズに走った競馬だ。
 秋華賞はフルゲートが確実で内回りコースに18頭がひしめく。内めの枠を引いてまた馬群の内を回っては皐月賞の二の轍を踏むのが心配。この馬に限っては枠順はなるべく外側が良いのではないかと思う。



秋華賞2017枠順確定前予想オッズデータ:カワキタエンカ・リスグラシューら5強か

 秋華賞は賞金順で17頭まで出走馬が決定した。改めて編集部で予想オッズを検討したところ、5強対決のオッズになるのではと考えた。5頭とは、アエロリット、リスグラシュー、ファンディーナ、ラビットラン、カワキタエンカだ。
 アエトリットは、桜花賞以外は連を外したことがなく、脚質的にも自在性があり安定感が強み。ただ、2000mの距離は初めてという不安も。
 リスグラシューも、不利があったオークスを除けばすべて馬券圏内の安定感。ただここ1年間勝利から見放されているように決定力不足。
 ファンディーナは、フラワーカップまでの圧勝ぶりから潜在能力は随一だが、ここ2走のように崩れると脆い面も。
 ラビットランは、芝に変わって2連勝と底を見せていないが、追い込み一辺倒の脚質だけに、4つコーナーを回る京都2000内回りコースでの乗り方が難しい。
 カワキタエンカは、これまで地味な存在だったが、超ハイペースで粘りとおした前走ローズステークス2着のパフォーマンスで一気に株を上げてきた。
 いずれも一長一短があり、どの馬から入るかで馬券のセンスが問われそうな、予想するには最高に面白いレースになりそう。



秋華賞2017netkeiba予想オッズ雑感/ディアドラ5.2倍過剰人気?カワキタエンカ18倍馬券妙味?

人気 馬名 予想オッズ
1 アエロリット 3.5
2 リスグラシュー 4.3
3 ファンディーナ 4.6
4 ディアドラ 5.2
5 ラビットラン 6.9
6 モズカッチャン 11.1
7 ミリッサ 17.2
8 カワキタエンカ 18.2
9 カリビアンゴールド 36.4
10 リカビトス 50.6
11 レーヌミノル 61.0
12 ポールヴァンドル 76.9
13 メイショウオワラ 115.3
14 サロニカ 415.1
15 ヴゼットジョリー 691.8
16 ミスパンテール 1037.6
17 タガノヴェローナ 2075.3
18 マナローラ 2075.3
 netkeiba予想オッズは上記5強となったが、ディアドラの4番人気は意外。たしかに安定感はある馬だが、G1では一歩足りない馬。ルメール騎手に変わったことが大きな後押しになっているのだろう。
 カワキタエンカは、ローズステークス直後は、きついペースをよく凌いだとの評価が高かったが、実際にはあまり人気にはならなかったようだ。そこまで競ってくる馬もいなそうで、このオッズなら馬券妙味も。
 リカビトスは無敗ながらあまり人気にはならなかった。一線級と全く当たっておらず未知の部分が多すぎるという冷静な評価だが、実際には馬柱の綺麗さから30倍くらいまでは下げてくるのではないかと予想する。
 レーヌミノルも桜花賞の実績があるからなんだかんだで40倍くらいまでは人気になるのではないか。
 リスグラシューは安定感があるが勝ち味に遅く、単勝人気としてはもう少し下げそう。ファンディーナの逆転があるかもしれない。



秋華賞2017予想:競馬ナンデ展開型夜明けのばぁた・データから本命はリスグラシュー武豊騎手

◎リスグラシューは能力上位、騎手次第。
〇アエロリットは好枠リード役、条件合う。
△メイショウオワラは好位条件付き。
△ディアドラは3Cからの仕掛け次第で単まで。

馬券はワイド6点、3連複4点。

=====   =====   =====

先週の大原ステークス(内2000m)は頭数が少なく、中外枠からの先行争いも無く➁・⑤・③・④の隊列で前半・中間共にゆっくりと流れる。ラスト3Fは33秒を切る馬もいて33.5秒。 馬場状況・頭数・クラスの違いから同様な流れは想定しずらい。

10月13日金曜日の午前10時現在の雨予報は14日土曜日は15時以降に弱い雨、15日日曜日は曇り時々雨なので稍重から重馬場の想定。これに対応可能な馬はS評価リスグラシューとレーヌミノル、B評価はアエロリット・ハローユニコーン・ブラックオニキス。C評価以下はディアドラ・カワキタエンカ

想定:【稍重から重馬場】

コースイメージはスタンド前の直線半ばから発馬。1cまで約310mで先行争いが激しく、向う正面で緩み直線では先行勢が粘るケースがある。逆に向う正面で弛まず流れると差・追が目立つも末脚敏速型が必須。

発馬の速い逃げ馬はどの馬番であろうともリード役に成りがち、それ以外の先行勢でリード役に絡んでいく拡大枠はOT・OC・(CT・IN)の順。3番手確保はほぼCT中心から外枠の先行勢または好位取り付きたい馬。

向う正面で弛むかどうかはリード馬と鞍上次第。緩めば末脚勝負に成り易く走破時計も遅い。過去のケースでは5回の内2012年は上位人気馬で持続性敏速な末脚であったし、内田でリーディング上位騎手。裏を返せば基準持ちタイムと基準上がりタイムが上位で末脚敏速型でなければ通用しない。

半面、緩まず流れた場合はどうか? 概ね4cでは8番手以内であり、中には少ないが3cから捲り持続性長速型も。総じて基準持ちタイム上位の敏速型が多く、後方一気の追込最速型ではほぼ勝てない。



傾向的確率は斤量95.0%・前R80.0%・前走距離72.7%・脚質72.7%。全てクリアは4頭、脚質を除けば6頭、斤量・脚質のみクリアは3頭。

戴冠馬の前走はローズS7頭(内、6頭4着以内)・紫苑2頭(共に2着)・クイS1頭。 春のGⅠ4着まで8頭。
昨年は紫苑S組の連対、3年前の勝ち馬も紫苑S。他にも近年は別路線組が2頭連対。それまでのローズS組優位が薄れてきている。

ラップ的には14・15年の高速馬場「発馬1・2Fが速く中間4~7Fも緩まず」と同様なら捲り差しに注意が必要。



実績の格でクリアしたのは10頭。中でも出走馬対比で2.0以上は3頭で過去のV馬比較はB評価でレベルが高いとは言えない。次位グループも3頭で対比・比較共に平均よりもやや上位。残りの4頭は及第点をクリアといったところ。
距離と馬場については両方クリアした馬が4頭で距離のみが1頭、馬場のみも1頭。

近走はローズSや紫苑Sの出走馬が良績を残していることから前哨戦を重視し、レースレコード比較からローズS1着馬が0.990と高いがそれと同等もしくは以上に高いのが有松1000万1着馬と三面1000万2着馬で注目馬である。
他ではローズS5着馬まで。ややレベルが落ちて紫苑S上位3頭とローズS6&7着馬の2頭、休養前で特筆すべきは皐月賞7着馬とクイーンS1着馬でいずれもローズS1着馬を上回る。

以上、前提の実績と近走をクリアしたのは全部で7頭。「アエロリット・カワキタエンカ・ディアドラ・ファンディーナ・ミリッサ・ラビットラン・リスグラシュー」を対象に展開予測でのリード馬はアエロリットかカワキタエンカのどちらかになる。

⓵アエロリットの場合は発馬後2Fが過去平均よりも0.2秒早く特質の流れや推進からも中間は緩まずに流れる。そうなると捲りなどの早仕掛けや好位からの末脚勝負のレースになるだろう。
また⓶カワキタエンカがリードを取った場合には中間スローに落として直線からの粘りこみを図ろうとする。となれば先行勢の敏速型や前方の好位組に有利なレースとなるだろう。

⓵のパターンであればディアドラ・ミリッサ・メイショウオワラ・リスグラシューの4頭が有力候補となり、⓶のパターンではアエロリット・ファンディーナ・ミリッサ・メイショウオワラ・リスグラシューの5頭が有力候補となる。いずれにしても後方の追い込み馬は不利である。





秋華賞2017出走馬:穴馬リカビトスがカワカミプリンセス以来無敗の秋華賞馬へ奥村師3本目の矢!

 調教で栗東坂路コース一番時計51.1秒を出したリカビトスがにわかに注目を集めている。3戦3勝で臨む秋華賞は、ファインモーション、カワカミプリンセス以来3頭目の無敗の秋華賞優勝の記録がかかる。
 送り出す奥村武調教師は今年3歳牝馬クラシック路線に多くの馬を送り込み、ブレイクしたといっていい。ただ、桜花賞では重賞勝ち馬ライジングリーズンを出走させるも8着、オークスではホウオウパフュームが16着とG1では結果が出ていない。最後の3本目の矢リカビトスには期待がかかる。もちろん勝てば奥村師にとってはG1初勝利。ディープブリランテ産駒としてもG1初勝利になる。



秋華賞2017予想ツイキャス生放送配信!日程:前日14日22時~騎手型予想家アキ

 10月14日土曜日22時からは、騎手型予想家アキさんが秋華賞予想ツイキャス配信!
 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相の秋華賞2017をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部ツイキャス 
日程:10月14日(曜) 22:00~ 
http://twitcasting.tv/c:nandecas

ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。



秋華賞2017展開予想:ラップデータ過去10年傾向から今年もハイペース?カワキタエンカの逃げは?

2017秋華賞の予想用ラップデータ
秋華賞2017の予想用ラップデータ

 秋華賞の過去10年ラップデータから予想、分析していきます。


 まずは全体のペースだが、基本的には秋華賞が始まってからずっと流れる傾向は続いていて、スローの方が少ないイメージだが、過去10年で見てもやはり流れやすいなと。0.8~1.5のややハイ4度、1.6以上のかなりのハイが3度と7/10が前半の方が速い。平均ペース1度もややハイに肉薄するレベルだし、後は昨年のヴィブロスの年が現実的なスロー、ジェンティルドンナの時は超スローからのチェリーメドゥーサの捲りという感じ。なのでまず全体的に流れる意識を持っておく必要がある。


 次に仕掛けどころだがこれがマチマチ。意外とL2最速率が高く、過去10年で6度と最も多い。次にL3最速で3度、L4最速も1度あるが、基本的には4角出口から直線入りで最速を刻むことが多い。またその割には最速ラップが11秒前後と速いラップを刻むことが少ない。これは全体のペースが上がりやすいということも大きいと思うが、流れているので仕掛けのタイミングは少し遅れる、というのはポイントになりそう。それと、どうしても3角手前の上り坂でペースが落ちる傾向があり、L5は10年平均のレースラップで見ても抜きん出て遅く12.5となっている。前に行く馬としてはここで落とす意識、後ろの馬はここで押し上げる意識がある。なのでなかなか逃げ馬が結果を出しづらいのは、ここで取り付かれて3角の下りで勢いがじわっとついてしまうところもあるのかなと。


 脚質別でみると、好位、中団が圧倒している。極端な位置取りは逃げも追込みも苦戦していて、原因としてはやはり流れているしその中で現実的な仕掛けどころになるというところだろう。ある程度の位置で追走しないと本仕掛け自体は遅れがちなのでバテ差しを決め込むまでに加速で置かれることもあると。基礎スピードは必要だが中団ぐらいにつけて平均ペースの流れでそこからしっかりと動ける馬が理想。



秋華賞2017京都競馬場指定席券購入方法(JRAカードインターネット予約販売中!当日券発売完売時間)

 京都競馬場の指定席券を購入する方法は3つあります。ハガキ応募、インターネット予約、当日券です。
 ハガキ応募というのは日本ダービー、有馬記念、ジャパンカップ、天皇賞、宝塚記念の最重要G1のみのため、秋華賞に関しては、インターネット予約、当日券となります。
 インターネット予約については、JRAカード会員は2週前の水曜日に抽選申し込み開始。JRAカードを持たない一般会員については1週前の木曜日に抽選申し込み開始。先着順ではなく、抽選での当選が必要です。
 京都競馬場の当日券は他の競馬場に比べて多く、合計2600席分ほど販売されます。当日競馬場で開門と同時に発売されますが、G1レースでは、その前に整理券が配られ、その順に販売されます。
 秋華賞に関しては、昨年は午前8時過ぎ(開門直後)に完売しています。2017年の秋華賞も昨年同様のメンバーレベルが想定されるため、同じくらいの時間に完売が予想されます。


 参考:2016年秋華賞10月16日の当日券完売時間



フランケル産駒ソウルスターリングに距離の壁?

 初年度産駒から旋風を巻き起こしているフランケル。ソウルスターリングは桜花賞で3着に敗れたが、それでもオークスでは再度1番人気での出走となりそうか。
 そこで問題となるのがフランケル産駒の距離適性。フランケルは世界最強のマイラーとして知られ、一度は凱旋門賞に出走のプランもあったが、やはり距離適性も考慮され最後までチャンピオンディスタンスは走らずに引退した。最も長い距離を走ったのは2000mの英国際ステークスと英チャンピオンステークスで、これらも圧勝しているものの、やはり2400は未知数。直線で脚が止まる可能性も否めない。
 ただ、オークスというのは距離適性よりも完成度が優先されるレースとも言われる。過去にもウメノファイバーやダイワエルシエーロ、ユキノビジンといったマイラー血統とされた馬たちが距離を克服している。
 ソウルスターリングが府中の直線で弾けるのか止まるのか、注目が集まる。



若駒専門予想家スカイポット氏驚愕の指数を叩き出したつばき賞のファンディーナ

 昨日のつばき賞は、この若駒世代のレースの中で最高指数を叩き出す衝撃的なレースとなりました。超スローペースリスクが付くので指数の精度は落ちますが、現状、71.3で決めてみました(65~73の間になる可能性が高いです)。

 この指数は1800mではリスグラシューの64.7を遥かに上回りますし、昨年のマカヒキの弥生賞の65.7(66.2相当)も上回り、ディープインパクトの指数2000m73(現在の計算では67~68程度)も上回ってしまったというなかなか凄いものです。インウィスパーズの指数を前走レベルで固定したとしてもファンディーナの指数は65となり、これらと同等クラスとなります。

 普通に考えて、上がり2ハロン10.7-11.0というラップを残り600mで0.9秒差ある位置から差し切るなど尋常ではありません。私に、他にこれをできるイメージが湧くのはディープインパクトだけです。

 ファンディーナは今回のレースで走法にエアも加え(抜く時の浮遊感です)、ギアとストライドも兼ねた優秀な評価になりました。ギアの鋭さはディープインパクト程ではありませんが、彼よりも重厚なのは良い点でもあります。厳しい流れになった場合はどうか、という不安材料もあるにはありますが、やはり2月8日の調教の52.7-23.9-11.9がありますから、それなりには対応できると思います。

 今後のローテーションはフラワーカップを予定していたと思いますが、ここでも敵はいないと思いますので、しっかり賞金を稼いでクラシックに乗り込んでいけば良いでしょう。クラシック登録は桜花賞オークスダービーのようなので、選択肢は色々と。強力なメンバーがいる桜花賞で勝てば逃げたと言われずにダービーへ挑戦できますし、毎日杯またはNHKマイルCからダービーという道もありそうですね。

 ファンディーナはタイ語で「良い夢を」という意味ですが、文字通り今後期待できそうな逸材であることを証明する衝撃的なレースになりました。

 2着馬のタガノアスワドも0.3秒差なら強いと思われそうですが、指数は58台なので条件戦からOPクラスという程度。ただし、展開利を受けられれば重賞も好走できる水準です。今回は完全な勝ちパターンでしたが、相手が悪かったですね。

 3着のインウィスパーズは指数56台。前走は引っかかった影響が思った以上にあったと考えています。条件戦なら今後も侮れません。


東西で新星誕生!ファンディーナ岩田騎手・ディープ産駒史上最大9馬身差逃げ切り

 ソウルスターリング・リスグラシュー・ミスエルテ・レーヌミノルなどなど有力馬がキラ星のごとく揃う今年の3歳牝馬クラシック路線だが、さらに新星が登場。
 京都1800の新馬では、ファンディーナがなんと9馬身差のぶっちぎり大勝。ここまでの派手な勝ち方はテスコガビー以来と騒がれている。ディープインパクト産駒にも関わらず馬体重が518キロと史上最高レベルの大型馬で、叩かれての上昇も見込めそう。

 中山1600の新馬では、セイウンキラビヤカが番手追走から楽々と3馬身半の差をつけ解消。早くも重賞クイーンカップに向かうと宣言し、こちらも話題。リーチザクラウン産駒でスピードはかなりのものがありそうだ。

 今年はあまりにも牝馬が豊作のため、ミスエルテが阪神JFではなく朝日杯FSに回るという異常事態があったが、クラシックでも同様のことが起こりかねない。牝馬が皐月賞に挑戦することになれば、2014年のバウンスシャッセ以来。非常に珍しい現象で、過去50年で2頭しか例がない。


有力馬出走予定前哨戦・トライアル


ローズステークス2017結果
着順 馬名 騎手 着差 人気
1 14 ラビットラン 和田竜二 1.45.5
2 16 カワキタエンカ 横山典弘 11/4
3 6 リスグラシュー 武豊 3/4

オークス2017結果
着順 馬名 騎手 着差 人気
1 2 ソウルスターリング ルメール 2.24.1
2 1 モズカッチャン 和田竜二 13/4
3 16 アドマイヤミヤビ M.デム 21/2

桜花賞2017結果
着順 馬名 騎手 着差 人気
1 10 レーヌミノル 池添謙一 1.34.5
2 6 リスグラシュー 武豊 1/2
3 14 ソウルスターリング ルメール クビ

フローラステークス2017結果
着順 馬名 騎手 着差 人気
1 1 モズカッチャン 和田竜二 2.01.3
2 7 ヤマカツグレース 横山典弘 クビ
3 14 フローレスマジック 戸崎圭太 アタマ


有力出走予定馬参考動画

↓ローズステークス2017:ラビットランが大外から差し切り。ただ、ラップから見ると逃げ粘ったカワキタエンカのスタミナの方が驚異的だった。ファンディーナは休み明けで大幅体重増が響いてか大敗。モズカッチャンも崩れて秋華賞戦線は混とんとした。

↓オークス2017:ソウルスターリングが圧勝。広いコースで能力を存分に発揮した。距離の不安も完全に払しょく。

フローラステークス2017:モズカッチャンが低評価を覆し3連勝。このあとのオークスでも2着した。レースごとにフットワークが良くなり成長していることがわかる。

桜花賞2017:ソウルスターリングはまさかの3着。ただ、雨馬場を気にしたこと、内にもたれたことも災いした。リスグラシューの最後の末脚が目立ち、オークスに期待を持たせた。

↓阪神ジュベナイルフィリーズ2016:ソウルスターリングは最内枠からロスなく内を回って綺麗な競馬。対してリスグラシューは大外枠から出遅れて外々を回るロス。最後は差をつめてきており、この差は枠順や展開で変わる可能性がありそう。2頭のライバル対決は今後も続きそうだ。

↓紫苑ステークス2017:ディアドラが直線外からきっちり差し切る強い内容。ただ、メンバーレベルは低くどこまで評価するか。


秋華賞過去10年歴代優勝馬データ

秋華賞 歴代勝ち馬 勝利騎手 単勝人気
2007年 ダイワスカーレット 安藤騎手 2番人気
2008年 ブラックエンブレム 岩田騎手 11番人気
2009年 レッドディザイア 四位騎手 2番人気
2010年 アパパネ 蛯名騎手 1番人気
2011年 アヴェンチュラ 岩田騎手 2番人気
2012年 ジェンティルドンナ 岩田騎手 1番人気
2013年 メイショウマンボ 武幸四郎騎手 3番人気
2014年 ショウナンパンドラ 浜中騎手 3番人気
2015年 ミッキークイーン 浜中騎手 1番人気
2016年 ヴィブロス 福永騎手 3番人気
2017年 ??


武豊騎手秋華賞過去10年騎乗成績

秋華賞 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2007年 ベッラレイア 4着 3番人気
2008年 ユキチャン 17着 9番人気
2009年 ミクロコスモス 5着 4番人気
2010年 アプリコットフィズ 3着 2番人気
2011年 デルマドゥルガー 6着 6番人気
2012年 トーセンベニザクラ 7着 9番人気
2013年 スマートレイアー 2着 2番人気
2014年 ディルガ 9着 14番人気
2015年 トーセンビクトリー 8着 4番人気
2016年 レッドアヴァンセ 5着 5番人気
2017年 ??

史上初の道悪開催へ!秋華賞2017雨続きで重馬場を想定:逃げ馬カワキタエンカに有利か (2017年10月14日 14:42)
 日本列島は金曜日から長雨続き。秋華賞が行われる京都地方も15日当日の天気予報は降水確率80%。生憎の道悪開催になりそうだ。10月はこのままずっと雨という予報士もいるほどで、天気に恵まれないが、この時期の長雨というのはあまり記憶にない。 過去のデータをたどってみたが、なんと秋華賞は道悪で開催されたこ…
秋華賞2017出走馬:穴馬リカビトスがカワカミプリンセス以来無敗の秋華賞馬へ奥村師3本目の矢! (2017年10月14日 14:28)
 調教で栗東坂路コース一番時計51.1秒を出したリカビトスがにわかに注目を集めている。3戦3勝で臨む秋華賞は、ファインモーション、カワカミプリンセス以来3頭目の無敗の秋華賞優勝の記録がかかる。 送り出す奥村武調教師は今年3歳牝馬クラシック路線に多くの馬を送り込み、ブレイクしたといっていい。ただ、桜花…
秋華賞2017予想:競馬ナンデ展開型夜明けのばぁた・データから本命はリスグラシュー武豊騎手 (2017年10月13日 17:08)
◎リスグラシューは能力上位、騎手次第。 〇アエロリットは好枠リード役、条件合う。 △メイショウオワラは好位条件付き。 △ディアドラは3Cからの仕掛け次第で単まで。 馬券はワイド6点、3連複4点。 =====   =====   ===== 先週の大原ステークス(内2000m)は頭数が少なく、中外枠か…
秋華賞2017予想ツイキャス生放送配信!日程:前日14日22時~騎手型予想家アキ (2017年10月12日 16:41)
 10月14日土曜日22時からは、騎手型予想家アキさんが秋華賞予想ツイキャス配信! 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相の秋華賞2017をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願…
秋華賞2017枠順確定発表は明日!ファンディーナは外枠向き?岩田騎手とは相性悪い? (2017年10月12日 06:13)
 2017年春の競馬で最も注目を集めたといってもよいのがファンディーナの皐月賞挑戦だろう。牝馬の出走自体ほとんどない皐月賞で1番人気に推され、怪物牝馬誕生と騒がれた。しかし結果は敢え無く7着。 競馬ナンデ編集長で競走馬の走法を研究してきた筆者は、ファンディーナと岩田騎手との相性の悪さに敗因があったの…
秋華賞2017展開予想:ラップデータ過去10年傾向から今年もハイペース?カワキタエンカの逃げは? (2017年10月11日 10:08)
●2017秋華賞の予想用ラップデータ! 秋華賞の過去10年ラップデータから予想、分析していきます。 まずは全体のペースだが、基本的には秋華賞が始まってからずっと流れる傾向は続いていて、スローの方が少ないイメージだが、過去10年で見てもやはり流れやすいなと。0.8~1.5のややハイ4度、1.6以上の…
秋華賞2017netkeiba予想オッズ雑感/ディアドラ5.2倍過剰人気?カワキタエンカ18倍馬券妙味? (2017年10月10日 14:56)
人気 馬名 予想オッズ 1 アエロリット 3.5 2 リスグ…
秋華賞2017予想オッズデータ(単勝複勝馬連馬単)2ch人気穴馬モズカッチャン6番人気 (2017年10月10日 13:35)
秋華賞2017予想オッズ単勝複勝アエロリット横山典リスグラシュー武豊ファンディーナ岩田ラビットラン和田ディアドラルメールモズカッチャンデムーロカワキタエンカ北村友ミリッサ福永リカビトス浜中カリビアンゴールド田中レーヌミノル浜中ポールヴァンドル三浦メイショウオワラ松若ブ…
ソウルスターリング惨敗の衝撃!秋華賞2017意外と低レベル?穴馬浮上で大波乱も (2017年10月10日 00:28)
 ソウルスターリング惨敗、、。先週の毎日王冠はソウルスターリングが圧倒的人気に推されるも8着に敗退。今年の3歳牝馬はレベルが高いと2歳時から評判が高く、これまでにミスエルテ、ファンディーナ、ソウルスターリングと牡馬を相手に戦ってきた。しかし、4着、7着、8着といずれも厚い壁に跳ね返されて結果は出てい…
秋華賞2017枠順確定前予想オッズデータ:カワキタエンカ・リスグラシューら5強か (2017年10月 5日 16:14)
 秋華賞は賞金順で17頭まで出走馬が決定した。改めて編集部で予想オッズを検討したところ、5強対決のオッズになるのではと考えた。5頭とは、アエロリット、リスグラシュー、ファンディーナ、ラビットラン、カワキタエンカだ。 アエトリットは、桜花賞以外は連を外したことがなく、脚質的にも自在性があり安定感が強み…
秋華賞2017はゲストプレゼンター無し...CMも無し...当日京都競馬場イベントも手薄に! (2017年10月 4日 17:15)
 京都競馬場のイベントカレンダーが更新されたが、秋華賞2017のゲストプレゼンターは発表されなかった。翌週の菊花賞はGACKTさんが来場されるようだが、秋華賞はゲストなし。テレビCMも菊花賞のものがすでに放映されていて、秋華賞のものは作られなかったようだ。秋華賞当日の競馬場イベントも関西ラーメンダー…
秋華賞2017京都競馬場指定席券購入方法(JRAカードインターネット予約販売中!当日券発売完売時間) (2017年10月 3日 15:23)
 京都競馬場の指定席券を購入する方法は3つあります。ハガキ応募、インターネット予約、当日券です。 ハガキ応募というのは日本ダービー、有馬記念、ジャパンカップ、天皇賞、宝塚記念の最重要G1のみのため、秋華賞に関しては、インターネット予約、当日券となります。 インターネット予約については、JRA…
ラビットラン和田騎手3番人気!秋華賞2017枠順確定前予想オッズ(出走馬18頭ほぼ決定版) (2017年9月18日 12:04)
秋華賞2017出走予定馬・予想オッズ京都競馬場 日程:2017.10.15 出走馬可能頭数:18頭 予想 オッズ 馬名 騎手 厩舎 血統 (父馬) …
秋華賞2017出走条件・賞金順ボーダーは1400~1500万か(ディアドラらがトライアル優先出走権獲得) (2017年9月11日 15:57)
優先出走権獲得馬レーヌミノルディアドラカリビアンゴールドポールヴァンドル賞金順上位馬アエロリットモズカッチャンリスグラシューカラクレナイライジングリーズン(クイーンマンボ)アドマイヤミヤビファンディーナハローユニコーンブラックオニキスミリッサ(1500万)ヤマカツグレース(1450万)サロニカ(14…
アエロリット横山典騎手1番人気!秋華賞2017日程・予想オッズ・出走予定馬 (2017年7月30日 21:16)
秋華賞2017出走予定馬・予想オッズ京都競馬場 日程:2017.10.15 出走馬可能頭数:18頭 予想 オッズ 馬名 騎手 厩舎 血統 (父馬) …
ソウルスターリング回避でファンディーナ1番人気!秋華賞2017予想オッズ・出走予定馬騎手想定 (2017年7月 4日 14:57)
秋華賞2017出走予定馬・予想オッズ京都競馬場 日程:2017.10.15 出走馬可能頭数:18頭 予想 オッズ 馬名 騎手 厩舎 血統 (父馬) …

秋華賞 2017前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの秋華賞 2017予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ