東京新聞杯2018 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2018年1月31日 15:14)

東京新聞杯2018出走予定馬・予想オッズ

東京競馬場 芝1600m
日程:2018.2.4 出走馬頭数:18頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走
着順
3.3 グレーターロンドン 川田 大竹 ディープインパクト ディセンバ3
5.7 ダイワキャグニー 横山典 菊沢 キングカメハメハ 中山金杯5
6.2 リスグラシュー 武豊 矢作 ハーツクライ エリザベス8
6.8 ダノンプラチナ 田辺 国枝 ディープインパクト ニューイヤー1
9.1 アドマイヤリード 藤岡康 須貝 ステイゴールド 府中牝3
9.8 クルーガー 浜中 高野 キングカメハメハ 京都金杯2
14.8 サトノアレス 柴山 藤沢 ディープインパクト キャピタル2
26.0 カデナ 福永 中竹 ディープインパクト 中山金杯10
33.5 デンコウアンジュ 蛯名 荒川 メイショウサムソン ターコイズ3
34.0 ディバインコード 北村宏 栗田 マツリダゴッホ リゲル3
44.0 ハクサンルドルフ 戸崎 西園 アドマイヤムーン 甲斐路1
50.9 ガリバルディ 三浦 藤原 ディープインパクト マイルCS11
60.9 ストーミーシー 大野 斉藤 アドマイヤムーン 京都金杯5
86.0 ベルキャニオン ディープインパクト ディセンバ4
151.1 マイネルアウラート 柴田大 高橋 ステイゴールド 京都金杯12
168.7 トウショウピスト 田中勝 角田 ヨハネスブルグ 阪神C17
170.5 タガノブルグ 酒井 鮫島 ヨハネスブルグ 阪神C13
馬連予想オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
グレーターロンドン ダイワキャグニー 9.9
グレーターロンドン リスグラシュー 10.5
グレーターロンドン ダノンプラチナ 11.8
グレーターロンドン アドマイヤリード 13.2
ダイワキャグニー リスグラシュー 15.0
馬単予想オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
グレーターロンドン ダイワキャグニー 16.0
グレーターロンドン リスグラシュー 17.1
ダイワキャグニー グレーターロンドン 18.3
リスグラシュー グレーターロンドン 19.6
グレーターロンドン ダノンプラチナ 22.3
3連複予想オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
グレーターロンドン ダイワキャグニー リスグラシュー 22.0
グレーターロンドン ダイワキャグニー ダノンプラチナ 24.0
グレーターロンドン リスグラシュー ダノンプラチナ 26.6
グレーターロンドン ダノンプラチナ アドマイヤリード 29.0
ダイワキャグニー リスグラシュー ダノンプラチナ 30.2
3連単予想オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
グレーターロンドン ダイワキャグニー リスグラシュー 45.0
グレーターロンドン ダイワキャグニー ダノンプラチナ 50.1
グレーターロンドン リスグラシュー ダイワキャグニー 51.8
グレーターロンドン ダノンプラチナ ダイワキャグニー 58.0
ダイワキャグニー グレーターロンドン リスグラシュー 59.1
 アドマイヤリードは昨年ハイレベルなヴィクトリアマイルを制覇したように、この東京1600はベストの条件。
 グレーターロンドンは安田記念4着馬で実績断然。ただ、天皇賞秋で極悪馬場で大敗した後、ディセンバーステークスで圧倒的人気を裏切るまさかの敗戦。ダメージの影響で勢いが衰えていなければよいが。
 サトノアレスは朝日杯フューチュリティステークスを勝ったあとイマイチ成長し切れていない。ただ、前走キャピタルステークスではなかなかの内容。やはりマイルなら末が切れる。
 ハクサンルドルフはやっとオープン入り。末脚の鋭さだけならオープン級と評価は高かった馬。今の勢いなら面白い。
 デンコウアンジュは東京マイルでメジャーエンブレムを差し切りアルテミスステークスを勝っていて怖い存在。展開はまれば。
 ダイワキャグニーは東京コースで全4勝を挙げるほどの東京の鬼。当初から東京新聞杯を目標にしていて、中山金杯を挟んだが、ここは勝ちに来ている。
 予想オッズからはどこから買おうか迷う東京新聞杯になった。そこでぜひご紹介したいのが、
"競馬の神様"大川慶次郎が創設し、東信二元騎手、能勢俊介TM率いる実績と信頼の「ホースメン会議」正月は3週連続万馬券的中でいま絶好調!
 現代競馬予想会社の先駆けとされ、今も情報力で不動のトップを譲らない創業36年の最老舗が2017年GⅠシリーズは大盤振る舞い!「2/18フェブラリーS当日までの4週間、1日1鞍渾身予想を特別無料配信」のキャンペーンを実施!予想会社が初めてという方も導入としてオススメしたい安心のサービスを一度実感してみてください↓↓

☆馬券のプロはこう買う☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━
=的中率7割以上・平均配当200倍以上=
プロ集団の予想を4週間無料体験!

相手関係まで含めた最終結論まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日1鞍~3鞍の厳選提供から
1/21 アメリカJCC 24620円的中
 1/14 中山12R 2万2650円的中
 1/13 中京7R 2万3630円的中
1/8 京都10R  27420円的中
1/6 中山8R 21720円
12/28 ホープフルS 10920円
12/24 有馬記念 5420円

今開催 的中率80.0% 平均配当39,950円

■実力を知って頂く為の無料配信■
100名様限定です!
↓↓↓



ホースメン会議社の実績の信ぴょう性について編集部追記:執筆陣が豪華な大手老舗サイトはやはり信頼性が違います。なぜなら、ホースメン会議のような大手サイトは主にスポーツ紙や電車の中吊り広告といった全国媒体でプロモーションするため、的中実績で嘘をつけないのです。特に朝刊スポーツ紙は掲載審査が厳しく、買い目に関してもレース前にFAXを送って結果と照合し、本当に的中しているものしか掲載できません。これがサイト実績の強固な証拠となっているのです。
レース前に開催されたトラックマン合議
ホースメン会議とは~wikipediaより引用~
 1981年に、かの"競馬の神様"大川慶次郎氏らが中心になって設立。大川を総監督に据え、当初から複数のトラックマンによる合議制による予想を提供する方式でスタートした。
 1999年に大川が亡くなると当初は伊藤友康(元ダービーニュース編集長)を総監督に起用するが、2001年夏には大川唯一の弟子能勢俊介に総監督を交代。
 中でも当時注目を集めたのが「ホースメン会議・100の実験」と題された資金投下方式。「資金3分割3倍法」とも呼ばれるこの方式は、下記のような方式を取った。
 1、馬券が的中する場合
 ・資金が10万円の場合、最初の推奨レースにその1/3(3万3千円)を投じて馬券を購入。
 ・馬券が的中して15万円の配当を得る。(基本的に配当は購入額の3倍以上を目指す)
 ・資金は21万7千円となるので、次の推奨レースにその1/3(7万2千円)を投じ馬券購入。
 2、馬券が外れる場合
 ・資金が10万円の場合、最初の推奨レースにその1/3(3万3千円)を投じて馬券を購入。
 ・馬券が外れる。
 ・資金は6万7千となるが次レースでこの1/3(2万2千)ではなく前回額(3万3千円)購入。
 以上の手順を繰り返し、100レースが終了した時点で資金を100倍にすることが可能かどうかに挑む、というこの方式は、後に多くの予想会社が(多くの場合は何らかのアレンジを加えた上で)取り入れられ、ホースメン会議は現代の競馬予想会社の先駆けとされている。 



東京新聞杯2018安田記念に向けマイル新星誕生なるかリスグラシュー武豊・グレーターロンドン川田に注目

 マイル路線は世代交代の時期を迎えている。昨年、長らくマイル界を引っ張ってきた6歳馬サトノアラジン・イスラボニータ、7歳馬ロゴタイプが引退。混とんとするマイル路線だが、そこへきて有力馬がこぞって集まった東京新聞杯は次のスターを探す格好の舞台になりそう。
 明けて6歳のグレーターロンドンを新星と呼ぶのはおかしいかもしれないが、大事に使われてきていて馬は若い。マイル戦では安田記念4着の一度しか負けておらず底を見せていない。東京1600の良馬場なら能力を存分に出し切れるだろう。
 武豊騎手とコンビを組むリスグラシューも実はマイルではまだ底を見せていない。これまで崩れたのは2400のオークスと2200のエリザベス女王杯だけで、1800以下では馬券圏内を外したことがない。東京マイルもアルテミスステークスを勝っていて舞台に不足なし。調教でも栗東坂路49.8-36.2-24.0-12.3の時計を出していてやはりスピード能力が高くマイラーの可能性がある。
 マイルチャンピオンシップでいきなりG1勝ちした天才ペルシアンナイトに挑戦状を叩きつけられるとしたらこの2頭しかないのではないだろうか。今後のマイル界が盛り上がるためにも2頭に注目したいレース。


東京新聞杯2018予想オッズ雑感/グレーターロンドン川田騎手過剰人気?カデナ福永騎手馬券妙味!

人気 馬名 予想オッズ
1 グレーターロンドン 2.9
2 ダイワキャグニー 4.0
3 リスグラシュー 6.1
4 ダノンプラチナ 6.2
5 クルーガー 6.5
6 アドマイヤリード 10.0
7 サトノアレス 21.0
8 デンコウアンジュ 29.5
9 カデナ 42.4
10 ディバインコード 47.9
11 ハクサンルドルフ 51.8
12 ストーミーシー 85.9
13 ガリバルディ 110.1
14 マイネルアウラート 139.4
15 ベルキャニオン 272.8
16 トウショウピスト 2091.2
17 タガノブルグ 3136.9
 競馬ナンデでは7強を予想していたが、思ったよりも人気がなかったのがアドマイヤリードとサトノアレス。アドマイヤリードはヴィクトリアマイル優勝実績があるコースなのだが、牡馬相手では劣ると評価されたのだろうか。たしかに牡馬相手は準オープン勝ち上がりの飛鳥ステークス以来だが、切れ味は魅力で、馬券妙味がありそう。
 サトノアレスは前走キャピタルステークスでダイワキャグニーとは首差の接戦を演じているのだが大きく人気の差がついた。これは明らかにルメール騎手から柴山騎手への乗り替わりが評価を下げたのだろう。柴山騎手としては意地を見せたいところ。未勝利を勝って以来のコンビに期待したい。
 カデナもついにnetkeibaユーザーは見放したか。弥生賞勝利以来ずっと人気が先行してきたのだが、ついに42倍に。ただ、久しぶりのマイルで切れ味が活きれば、まだ面白い存在のはずで、ここは狙ってみる手もありそう


東京新聞杯2018予想ツイキャス生放送配信!日程:前日3日22時~騎手型予想家アキ

 2月3日土曜日22時からは、騎手型予想家アキが東京新聞杯2018予想ツイキャス配信!
 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相の東京新聞杯2018をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部ツイキャス 
日程:2月3日(曜) 22:00~
http://twitcasting.tv/c:nandecas

ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。



東京新聞杯過去10年歴代優勝馬データ

東京新聞杯 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 ローレルゲレイロ 藤田騎手 6番人気
2009年 アブソリュート 田中騎手 5番人気
2010年 レッドスパーダ 横山騎手 2番人気
2011年 スマイルジャック 三浦騎手 5番人気
2012年 ガルボ 石橋騎手 8番人気
2013年 クラレント 岩田騎手 2番人気
2014年 ホエールキャプチャ 蛯名騎手 8番人気
2015年 ヴァンセンヌ 福永騎手 3番人気
2016年 スマートレイアー 吉田隼騎手 5番人気
2017年 ブラックスピネル デムーロ騎手 3番人気
2018年
 ここ10年1番人気馬が一度も勝てていない。基本的には東京マイルは能力が問われるコースなのだが、厳寒期で体調管理が難しいことも影響しているだろう。1番人気が予想されるグレーターロンドンには厳しいデータ。今年は絶対的存在はおらず上位は大混戦。穴馬の台頭もありそうだ。


東京新聞杯過去10年1番人気馬結果データ

東京新聞杯 馬名 枠順 性齢 騎手 斤量 人気 着順
2008. 2. 2 カンパニー 5 牡7 福永祐一 58 1 4
2009. 1.31 タマモサポート 12 牡6 津村明秀 57 1 6
2010. 1.30 トライアンフマーチ 4 牡4 ルメール 55 1 2
2011. 2. 6 ダノンヨーヨー 4 牡5 北村友一 57 1 7
2012. 2. 5 ダノンシャーク 12 牡4 内田博幸 56 1 5
2013. 2. 3 ドナウブルー 9 牝5 内田博幸 54 1 10
2014. 2.17 コディーノ 13 牡4 リスポリ 56 1 4
2015. 2. 8 フルーキー 10 牡5 岩田康誠 56 1 3
2016. 2. 7 ダッシングブレイズ 11 牡4 浜中俊 56 1
2017. 2. 5 エアスピネル 7 牡4 武豊 57 1 3
 過去10年で連対できたのはトライアンフマーチの1頭だけという厳しいデータだ。東京新聞杯は、賞金による別定戦で斤量のメリハリがつきやすいことも影響しているだろう。57キロ58キロといったトップハンデの馬の成績が特に悪い。寒い時期の斤量は堪えるというデータかもしれない。


有力出走予定馬参考動画

スワンステークス2017

富士ステークス2017

スプリンターズステークス2017

京成杯オータムハンデ2017

関屋記念2017

安田記念2017

リスト表示する