有馬記念 2019

競馬ナンデ想定班(2019年12月21日 21:49)

第64回有馬記念

中山競馬場芝2500M
日程:2019.12.22 賞金順出走可能頭数:16頭
予想
オッズ
枠順 出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)

(母馬)
母の父 馬主 生産者 前走成績
1.8 5枠9 アーモンドアイ ルメール 国枝 ロードカナロア フサイチパンドラ サンデーサイレンス シルクR ノーザンF 天皇賞秋1
7.0 3枠6 リスグラシュー レーン 矢作 ハーツクライ リリサイド アメリカンポスト キャロット ノーザンF コックスプレ1
8.0 5枠10 サートゥルナーリア スミヨン 角居 ロードカナロア シーザリオ スペシャルウィーク キャロット ノーザンF 天皇賞秋6
12.1 3枠5 フィエールマン 池添 手塚 ディープインパクト リュヌドール グリーンチューン サンデーR ノーザンF 凱旋門12
12.2 4枠7 ワールドプレミア 武豊 友道 ディープインパクト マンデラ アカテナンゴ 大塚亮一 ノーザンF 菊花賞1
14.8 1枠2 スワーヴリチャード マーフィー 庄野 ハーツクライ ピラミマ アンブライドルズソ NICKS ノーザンF JC1
22.2 6枠11 キセキ ムーア 角居 ルーラーシップ ブリッツフィナーレ ディープインパクト 石川達絵 下河辺牧場 凱旋門7
23.6 7枠14 ヴェロックス 川田 中内田 ジャスタウェイ セルキス Monsun 金子真人 ノーザンF 菊花賞3
25.0 4枠8 レイデオロ 三浦 藤沢 キングカメハメハ ラドラーダ シンボリクリスエス キャロット ノーザンF JC11
72.2 2枠3 エタリオウ 横山典 友道 ステイゴールド ホットチャチャ Cactusridge リビエールR ノーザンF JC7
88.9 8枠15 アエロリット 津村 菊沢 クロフネ ベルアリュール ネオユニヴァース サンデーR ノーザンF 天皇賞秋3
99.0 8枠16 シュヴァルグラン 福永 友道 ハーツクライ ハルーワスウィート マキャベリアン 佐々木主浩 ノーザンF JC9
107.9 1枠1 スカーレットカラー 岩田 高橋 ヴィクトワールピサ ヴェントス ウォーエンブレム 前田幸治 ノースヒルズ エリザベス7
105.5 6枠12 クロコスミア 藤岡佑 西浦 ステイゴールド デヴェロッペ ボストンハーバー 大塚亮一 小島牧場 エリザベス2
105.9 7枠13 アルアイン 松山 池江 ディープインパクト ドバイマジェスティ エッセンスドバイ サンデーR ノーザンF マイルCS16
111.2 2枠4 スティッフェリオ 丸山 音無 ステイゴールド シリアスアティテュード ムトト 社台RH 社台F 天皇賞秋12
 アーモンドアイは急遽参戦決定だが、熱発は軽かったようで状態は問題なさそう。ただ、国枝調教師が、当初から「有馬記念は...」と話していたように、コース形態と馬場的にマッチするかは?末脚の切れ味勝負の馬だけに、、付け入る隙もありそう。
 リスグラシューは豪華メンバーが揃った宝塚記念を圧勝。コックスプレートも他を寄せ付けぬ強さで、5歳秋にして絶好調。距離的にギリギリの可能性もあるが、今の勢いなら。
 サートゥルナーリアは期待された天皇賞秋が案外。今年の3歳世代はレベルが低いとも囁かれるが、神戸新聞杯のパフォーマンスから、気分よく走ったときの強さは格別。
 ワールドプレミアは距離伸びて覚醒。武豊騎手も自在に操ることができる馬で、暮れの中山でパワーを求められる競馬になれば一発も。
 予想オッズからはどこから入るか非常に迷う一戦に、、。そこでぜひご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」先週の朝日杯含め今月GⅠ3連勝中とノリに乗っているからです。
 特に阪神JFは1番人気リアアメリア切りに成功し3連複8560円的中!チャンピオンズCも3連単89.8倍的中!と3頭に絞っての3連系的中は神がかり的、、。(因みにエリザベス女王杯はズバリ3連複1点で40.6倍的中)
 大西曰く、、「有馬記念は騎手視点から見抜けています。すでに狙いは3頭に絞れていて、今週も自信あり!」とのこと。その3頭が無料で見られるキャンペーンとくれば見逃すわけにいきません。
 実に6頭がラストランで、同一馬主が何組も出走するのが今年の有馬の特徴。騎手・陣営の思惑を読み解けるのは現場に立っていた騎手だけかもしれません。↓↓

「狙いの3頭」を無料公開

G1ジョッキー大西直宏の
有馬記念(G1)

根拠が明確・詳細なので
安心できるサービス内容↓

日本ダービーで公開していた内容
ロジャーバローズの話
「ここまでの2勝はどちらも内回りでしたが、京都新聞杯で前々で競馬をすれば広いコースでもやれることを証明しました。東京で戦う上で前走は賞金加算以外にも収穫がありましたね」と関係者。スプリングSの敗因となった輸送でのイレ込みに関しては「今回もそこが課題になります」とのことだが、「スプリングSの時と比べれば落ち着いているし、慣れもあるのでクリアできる下地はあると思います」と前向き。何よりこの枠に関係者が沸いている。"

結果
1着ロジャーバローズ(12人気)
2着ダノンキングリー
3着ヴェロックス
3連複120.5倍的中!!

天皇賞秋2019も
3連単88.6倍的中!

エリザベス女王杯2019も
3連複40.6倍的中!

チャンピオンズC2019も
3連単89.8倍的中!

阪神JF2019も
3連単85.6倍的中!

朝日杯FS2019も
馬連1点で6.6倍的中!

有馬記念ももちろん自信あり!
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大西直宏とは ~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


有馬記念2019枠順から展開予想「逃げ宣言アエロリットがどこまで粘るか」中枠アーモンドアイ・リスグラシューはスムーズ

 テンの速さでは一番と目されるアエロリットが大外を引いたことで展開予想は一筋縄ではいかなくなった。
 津村騎手のコメントでは「やることはひとつ。逃げます」ということなので、大外からクロコスミア、キセキを交わしてハナに立つでしょう。
 スティッフェリオ丸山騎手は内枠が欲しかったと発言していますし、距離が長いのも認識している。天皇賞秋では力負けしたことも認めているので、最内を選択するはず。ということは、アエロリットの外にはつけずに真後ろか。
 

 キセキ、クロコスミアは外から交わされているはずなので、少なくとも1馬身以上後ろ。アエロリットが単騎で4コーナーを回ってくるのでは。
 アエロリットも距離が長いので一息入れたいはずで、途中ペースダウンすると、その後ろで渋滞が起きそう。
 絶対的に内で脚を溜める岩田騎手スカーレットカラー、前走内突きで勝っているスワーヴリチャード、ロスなく回りたいという武豊騎手のワールドプレミアあたりが内に密集していると見られるので、馬群が淀んで不利を受ける可能性もありそう。ひとつ外の方がスムーズに回ってこれそうなイメージがある。

 あとはアエロリットがどこまで頑張るか次第。
 ①アエロリットが2000以上は未知なので、もしも仮に早めにバテてしまうようなことがあると、内で構えていた馬達は勝負ところで動けず、大きな不利ということもなくはない。スティッフェリオとて、距離は未知数。早めにバテる可能性もゼロではない。
 最初からアエロリットのひとつ外を回ることになりそうなキセキ、中枠のリスグラシュー、レイデオロ、アーモンドアイ、サートゥルナーリアあたりが無難か。あるいは思い切って後方待機に賭ける馬が、3~4コーナーからスムーズに外を回って追い上げるとハマるかもしれない。

 ②馬場が内伸びバイアスでアエロリットとスティッフェリオが直線途中ギリギリまで粘る展開なら、内伸び馬場ということだから、内の各馬の伸びだろう。ただ、こちらはこの2頭ともバテない場合なので、やや可能性は低めか。

有馬記念2019枠順発表→馬体重発表→前日勝馬投票券(馬券)発売→パドック→発走→払戻等タイムスケジュール一覧

有馬記念2019予定スケジュール(目安です)
12月4日(水)
  12:30JRAカード会員指定席券インターネット予約開始
12月5日(木)
  有馬記念ファン投票最終結果発表
12月8日(日)
  17:00有馬記念特別登録馬発表
12月18日(水)
  早朝:最終追切
12月19日(木)
  早朝:最終追切
  14:00有馬記念出馬投票締め切り→出走馬(馬番なし)発表
  17:00有馬記念枠順公開抽選開始→順次枠番決定発表
  17:00頃調教後馬体重発表
12月20日(金)
  全国ウインズにて前々日発売
12月21日(土)
  全国ウインズにて前日発売
  出走馬前日輸送
12月22日(日)
  14:25出走馬馬体重発表
  14:45パドック周回開始
  15:10本馬場入場
  15:24勝馬投票券(馬券)購入締切
  15:24ファンファーレ演奏、ゲート入り開始
  15:25発走
  15:28ゴール
  15:32着順確定=払戻開始、勝利騎手インタビュー
  

有馬記念2019予想オッズ3強3連単18倍!単勝複勝馬連馬単3連複馬券配当も予想

有馬記念2019予想オッズ
馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
アーモンドアイ 2.2 1.2
リスグラシュー 4.6 1.6
サートゥルナーリア 8.0 3.0
フィエールマン 10.5 3.4
スワーヴリチャード 11.6 3.3
ワールドプレミア 12.9 4.0
キセキ 13.4 3.8
ヴェロックス 19.0 4.5
レイデオロ 22.7 5.4
アエロリット 60.1 9.9
シュヴァルグラン 61.7 10.0
エタリオウ 62.4 10.4
アルアイン 66.9 10.6
クロコスミア 70.9 10.9
スカーレットカラー 144.0 12.5
スティッフェリオ 151.5 13.7
馬連オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
アーモンドアイ リスグラシュー 4.1
アーモンドアイ サートゥルナーリア 7.9
アーモンドアイ フィエールマン 10.0
リスグラシュー サートゥルナーリア 11.1
アーモンドアイ スワーヴリチャード 11.2
馬単オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
アーモンドアイ リスグラシュー 6.8
リスグラシュー アーモンドアイ 9.5
アーモンドアイ サートゥルナーリア 11.9
アーモンドアイ フィエールマン 15.0
サートゥルナーリア アーモンドアイ 20.1
3連複オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
アーモンドアイ リスグラシュー サートゥルナーリア 11.6
アーモンドアイ リスグラシュー フィエールマン 13.9
アーモンドアイ リスグラシュー スワーヴリチャード 17.0
アーモンドアイ サートゥルナーリア フィエールマン 21.1
アーモンドアイ リスグラシュー ワールドプレミア 22.1
3連単オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
アーモンドアイ リスグラシュー サートゥルナーリア 18.0
アーモンドアイ サートゥルナーリア リスグラシュー 19.6
アーモンドアイ リスグラシュー フィエールマン 24.1
リスグラシュー アーモンドアイ サートゥルナーリア 26.1
アーモンドアイ フィエールマン サートゥルナーリア 28.0

有馬記念2019出走馬走法採点(1位サートゥルナーリア・2位キセキ・3位ワールドプレミア)by競馬ナンデ編集長

予想
オッズ
出走予定馬 走法採点
8.0 サートゥルナーリア 97
13.4 キセキ 94
12.9 ワールドプレミア 92
2.2 アーモンドアイ 91
19.0 ヴェロックス 91
60.1 アエロリット 88
61.7 シュヴァルグラン 88
144.0 スカーレットカラー 87
4.6 リスグラシュー 86
62.4 エタリオウ 86
10.5 フィエールマン 85
151.5 スティッフェリオ 85
66.9 アルアイン 83
70.9 クロコスミア 81
11.6 スワーヴリチャード 80
22.7 レイデオロ 80

有馬記念2019展開予想:アエロリット・クロコスミアの逃げでハイペースならアーモンドアイ・サートゥルナーリア崩れて大波乱万馬券も?

 展開のカギを握るのはアエロリット・クロコスミア。この2頭がいずれも引退レースというのは大きい。有馬記念でラストランとなれば、悔いのないレースを、ということで、これまで通り積極的な競馬をするだろう。
 さらに邪推してはいけないが、いずれも、馬主が、より人気の有力馬を出走させている。サンデーレーシングはフィエールマン、大塚亮一氏はワールドプレミア。ラビットというのは失礼で、また、そういうつもりもないだろうが、アエロリット・クロコスミアも前に行って持ち味が活きて、フィエールマン・ワールドプレミアは末脚を活かしてこそ、なので利害は一致している。
 さらに、これを追いかける馬も強力。キセキやスティッフェリオは逃げて良績を挙げており、自分でレースを作ってもおかしくない。どう転んでもドスローにはならないだろうし、ハイペースまで考えても良い。
 持久力勝負となると、距離経験のない人気馬アーモンドアイ・サートゥルナーリア・リスグラシューはスタミナの心配が出てきて大波乱の可能性まである。前二者は血統的にもロードカナロアで距離不安のあった馬だ。
 持久力に優れたタイプとしては、菊花賞ワールドプレミアや天皇賞馬フィエールマン、菊花賞2着のあるエタリオウ、天皇賞2着のあるシュヴァルグランあたりか。
 

有馬記念2019レイデオロ「最後の闘志」(三浦皇成騎手決定!)引退馬復活のドラマ再び

レイデオロという馬を私は
「闘志の馬」だと思っていました。



競馬って面白いですよね。

レイデオロという馬1頭とっても「藤沢厩舎の良血馬」「天才的なダービー馬」と捉える人もいれば、
私のように泥臭いイメージを持つ人もいます。


馬はしゃべりませんしキャラ作りもしませんから。
誰もが勝手に自由にイメージを膨らませることができます。



私は走法を見て、
「絶対にダービーを勝てない」と思いました。
こんなちょこまかしたピッチ走法の馬がダービーを勝った試しはありませんので。絶対にないと言いました。恥ずかしながら。


レイデオロは走法を見る人間からすれば超例外的なダービー馬です。後にも先にもないと思います。


直線で外から追いすがるスワーヴリチャードを抑えたのは、
「闘志」だったと思っています。



レースを見ているといつもルメール騎手が馬上で手を焼いていました。

今すぐにでも前の馬を抜かしたいレイデオロとそれをなだめるルメール騎手。


今年のドバイシーマクラシックでは遂に暴発して、ハナに立って、末を失い沈みました。

が、レイデオロらしい敗戦だったと思います。

逆に宝塚記念以降のレイデオロは、全く、らしくありません。

妙に大人しく折り合ってなだれ込むだけ。

闘志はどこにいったのでしょうか。




レイデオロの闘志は、大きなことを教えてくれました。


走法で全てが決まるわけではない。


血統で決まるわけでもない。過去のデータで決まるわけでもない。


数字が走っているわけじゃない。

走っているのは生身の存在、血の通った生き物であると。


馬自身の気持ちが強いかどうかで結果は変えることができる。


スポーツでも勉強でも仕事でも、あるいは病と闘うときでも

最後は気持ちだと、教えてくれた気がします。



闘志さえ戻れば、このメンバーでも勝って不思議ない馬。(ここまで人気が落ちた今回は買う手はありだと思います。)

藤沢調教師がJC後短期放牧に出したのは最善の策だったのではないでしょうか。


リフレッシュして、レイデオロが最後に振り絞る闘志を見せてくれるのでは。



我々が予想をするとき、主に見ているのは馬柱ですが。

馬自身をもっと見ましょう。



有馬記念2019血統データからはステイゴールド産駒断然!キングカメハメハ系・ハーツクライ系初勝利なるか

 今年の有馬記念のメンバーは血統面から見ると、4大派閥+それ以外の構成。

 ハーツクライ系4頭(リスグラシュー、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、ヴェロックス)
 キングカメハメハ系4頭(アーモンドアイ、サートゥルナーリア、レイデオロ、キセキ)
 ディープインパクト産駒3頭(フィエールマン、ワールドプレミア、アルアイン)
 ステイゴールド産駒3頭(エタリオウ、クロコスミア、スティッフェリオ)
 その他(クロフネ=アエロリット、ヴィクトワールピサ=スカーレットカラー)

 中でも最有力なのはキングカメハメハ系。4頭全てが有力馬でチャンスがありそうだ。ただ、このキングカメハメハ系が勝ったことがないのがこの有馬記念。過去のデータ的には苦手な舞台としている。

 ハーツクライといえば、自身はこの有馬記念でディープインパクトを破って唯一の土をつけたことで有名だが、こちらも産駒は勝っていない苦手の舞台。

 逆にめっぽう得意としているのがステイゴールド産駒、ドリームジャーニー、オルフェーヴル、ゴールドシップで4勝を挙げている。ディープインパクト産駒もジェンティルドンナ、サトノダイヤモンドが制していて悪くない。

有馬記念2019アーモンドアイ鞍上ルメール騎手絶対の自信~サートゥルナーリアもフィエールマンもレイデオロも蹴って選ばれた馬~

 ルメール騎手が今回もアーモンドアイが一番強いと、自信満々に語っている。これはリップサービスではないはず。この発言に妙に説得力があるのは、今回出走するライバルたちの背中に実際跨って、その実力を知り、ルメール騎手がアーモンドアイを選んだからだ。
 ルメール騎手がはここでも有力な、サートゥルナーリア、フィエールマン、レイデオロ、シュヴァルグランに騎乗した経験を持つ。そして、これらを蹴ってアーモンドアイを選んでいる。

 2歳時はデムーロ騎手とコンビを組んでいたサートゥルナーリアだが、3歳になってルメール騎手にチェンジ。神戸新聞杯でオールカマーのレイデオロとバッティングしたときにはサートゥルナーリアを選んでいる。だが、今度は天皇賞秋でアーモンドアイとバッティングするとルメール騎手は迷わずアーモンドアイを選択。つまり、アーモンドアイ>サートゥルナーリア>レイデオロと考えていたことが窺える。

 フィエールマンに至っては、一旦は「ルメール騎手で有馬記念」と決定していたが、アーモンドアイの出走が決まると、先約を破棄した。そうまでしてもアーモンドアイに乗りたいというくらい、実力が違っているということだろう。

有馬記念2019アーモンドアイ@ルメール騎手死角なし!4つの不安を払拭します

①距離不安
 初めての2500Mでスタミナがもつのかという不安が囁かれていますが、大丈夫です。中山2500Mコースはマイラーでも距離をこなせることで有名。コーナーが6つあることで、その度に息が入るため、意外とスタミナが要らないのです。これは、障害レースがかなりの長距離ながら短距離血統でもこなせるのに似ています。障害レースの場合、各障害ごとに減速して息が入るため、意外にスタミナが要らないのです。

②コーナリング
 6つもコーナーがあるため、コーナリングを苦にするのではという点もありますが、大丈夫です。アーモンドアイはそこまで大トビの馬ではなく、レース中手前を何度も変える器用なタイプの馬なので、苦にすることはないでしょう。

③脚質
 後方一気の馬という印象があるため、差し切れないのではという点もありますが、大丈夫です。今回はアエロリット・クロコスミア・キセキといった逃げ馬が多く出走するため、むしろ後方の馬に有利な展開になる可能性が高いからです。

④中山の馬場
 厳寒期の中山競馬場の馬場で、荒れるのではないかという点もありますが、大丈夫です。先週までの馬場を見る限り、かなりフェアな馬場です。馬場状態が良いせいか、なかなかの速い時計が出ていますし、かといって逃げ先行馬ばかりではなく、差しも利いています。中山4日目の芝レースのほとんどが人気上位馬で決着しています。

有馬記念2019予想:レイデオロは闘志の馬!気持ちさえ戻れば復活Vも「短期放牧は正解」

 有馬記念で6頭ものトップホースたちがターフを去りますが、中でもレイデオロは、一時期競馬界を引っ張り、一時代を築いた馬だけに寂しいものがあります。
 皆さんもレイデオロには色々な思い出があると思いますが、私の場合は、レイデオロに大きなことを教わりました。こんな走法で日本ダービーを勝てるんだ、ということです。
 恥ずかしながら、レース前は「絶対にレイデオロは勝てない」と言っていました。こんな走法でダービーを勝った馬はいないと。
 あまり言う人がいないのですが、この馬はかなりトビが小さくピッチ走法の馬だと、私は思います。歴代のダービー馬のフットワークを見てみてください。いずれも雄大なスケールを感じる大きなトビの馬ばかりです。レイデオロは超例外的な馬だと思います。

 なぜ勝てたのか。私は、勝負根性が最も優れていたからだと思います。私は、レイデオロは「闘志」の馬だと思っていました。とにかく前の馬を追い抜かしたくてしょうがない。前に行きたくて仕方なくていつもルメール騎手と喧嘩している。いつ暴発するかわからない。ルメール騎手がそれをなだめてなだめて最後に爆発させるというのがレイデオロ。

 なので、今のレイデオロ、今年の宝塚記念以降のレイデオロは、本当のレイデオロではないと感じていました。ドバイシーマクラシックでも大敗しましたが、このときはまだレイデオロでした。前に行きたくて堪えきれずに先頭に立ってしまったのはレイデオロらしかったです。
 が、それ以降のレイデオロは覇気がない。妙に大人しくて、掛かることもなく、折り合って、なだれ込む競馬。秋になっても同じでした。オールカマーもジャパンカップも、全く、ガツンとくるところがなく、、。

 ジャパンカップ後、短期放牧に出したのは正解だったと思います。この馬に必要なのは、闘志が戻ることだけです。気持ちさえ入れば、このメンバーでも勝って不思議ないことは実績が証明しています。
 闘志が戻るかどうか、それはやってみないとわかりませんが、これだけ人気がないならば、賭けてみるだけの価値はある、力を持った馬であることは間違いないでしょう。

 

有馬記念2019引退馬6頭の衝撃!世代交代も中長距離路線低レベル化?期待はサートゥルナーリアだ!

 今年の有馬記念では例年より多い6頭もの馬が引退する。レイデオロ・シュヴァルグラン・アルアイン・リスグラシュー・アエロリット・クロコスミアと、いずれも長く競馬界をけん引してきた馬だけに、空く穴は大きい。
 特に中長距離は低レベル化の懸念がある。
 ジャパンカップ馬スワーヴリチャードは引退表明していないが、明けて6歳になる。アーモンドアイも、繁殖生活のことを考えると、長く現役を続けることは考えにくい。
 残ったフィエールマン・ブラストワンピース・キセキが引っ張っていくことになると、この3頭は凱旋門賞で大敗という結果が出ている馬たちなのでワクワク感が感じられなくなることは否めない。
 今年の3歳世代に期待したいところだが既にダービー馬ロジャーバローズは引退。ダノンキングリーはマイル路線にかじを切っている。そうなると俄然サートゥルナーリアに注目が集まる。ロードカナロア産駒ということで距離への不安が常に囁かれるが、この有馬記念を制することができれば全く話は違ってくる。来る2020年、王道の古馬中長距離路線を引っ張っていくんはサートゥルナーリアしかいない?

有馬記念2019アエロリットが引退レースに選んだことに胸熱!フィエールマンのラビットなんかじゃない

 20年前くらいの競馬では、マイルチャンピオンシップから有馬記念に出走する馬は珍しくなかった。ダイタクヘリオスやサッカーボーイがマイルチャンピオンシップを勝って有馬記念に出走している。
 かつての有馬記念は、今よりもお祭り的色彩が強く、出走すること自体に意義を見出されていた。まるで紅白歌合戦のように、年末最後は、その年に活躍したスターたちがみんな集まってワイワイやる。牧歌的で良い時代だった、あの頃はよかったなあと懐かしむオールドファンも多いのでは。

 そんなおじさんたちにとってアエロリットの有馬記念出走はムネアツだ。これまで基本的にマイルを中心に活躍してきていて2500は走ったことさえない。右回りは明らかに苦手としていて出走に合理性がない。だからこそいい。昔の有馬記念の匂いがする。

 一部に、同じサンデーレーシングの有力馬フィエールマンのラビットではないかと噂する声もあるようだが、とんでもない。そんなことをしたら一口オーナーたちは激怒するだろう。
 クラブ法人馬主が増え、合理的なレース選び、合理的な騎手選びが主流になってきたが、クラブ法人こそこういった判断をすべきだし、できるという風潮になっていくとよいと思う。有馬記念出走で、きっと一口馬主の多くが沸いているだろうし、名誉に感じているはずだから。

有馬記念2019「首高走法の馬が来る!」に符合するキセキ@ムーア騎手・ヴェロックス@川田騎手の話

有馬は首高走法の馬が来る!と動画で申し上げましたが、関連した面白い記事がありました。


「欧州のタフな馬場で脚を溜めるために、トップジョッキー達はわざと首を高くする」という話、符合するかもしれません。
暮れの中山2500というのは、日本競馬の中では最もタフで、問われる能力は比較的欧州のレースに近いです。
理屈はよくわからないのですが、首を高くする方がこのレースにはマッチしているのかもしれません。
キセキのムーア騎手はそういうことを考えて乗ってくるのだとか。怖いですね。

因みに、ヴェロックス騎乗の川田騎手って、前からずっと、馬を首を高めにして修正しないよなと感じていました。
ダノンファンタジーもダノンプレミアムもそうなんですよね。福永騎手がとにかく首を下げさせようとするのと逆です。
川田騎手とキセキの手が合って、覚醒したのはそのあたりがマッチしていたのかも。

首を振り子のように使うのが基本だと思いますが、下げればよいというものでもない。深いですよね

有馬記念2019豪華メンバーが揃うのは5年ぶり!凱旋門賞帰り組が有馬記念を盛り上げる意外な結果に

 昨今回避馬が多く、がっかりメンバーになりがちだった有馬記念が久しぶりに豪華メンバーに。これほどのメンバーは5年ぶり。
 5年前も今年と同じ傾向があり、いずれも凱旋門賞に3頭が挑戦した。当時はゴールドシップ・ハープスター・ジャスタウェイのうち2頭が出走し上位人気に。勝ったジェンティルドンナが4番人気になるほどのハイレベル戦だった。
 今年もフィエールマン・キセキ・ブラストワンピースのうち前者2頭が出走しメンバーレベルを引き上げてくれた。凱旋門賞出走組はローテーション的にジャパンカップは間隔が短すぎて出走が困難なため、有馬記念を次の目標にすることが多い。凱旋門賞挑戦馬の増加が有馬記念繁栄に繋がるようになるとは意外な結果だ。

有馬記念2019サイン:ゲストプレゼンター葵わかな中山競馬場イベント来場から予想→1番人気でまた馬券的中?

 JRAホームページの中山競馬場イベントカレンダーが更新され、G1有馬記念表彰式のゲストプレゼンターが女優の葵わかなさんと発表された。
 葵さんは今年JRAのCMキャラクターを務めているため、今年プレゼンターは3回目。天皇賞春のときはフィエールマンの単勝、小倉記念のときはメールドグラースの単勝でいずれも的中している強運の持ち主。ただ、いずれも1番人気馬。
 なお、昨年プレゼンターを務めたホープフルステークスのときも1番人気馬サートゥルナーリアが制しており、堅い馬券を持ってくる女神なのかもしれない。ということはやはりアーモンドアイか??
 色々なサイン読みも展開することができそう。まずは、葵さんなので、単純に青い帽子=4枠が来るのではないかというもの。また、葵さんは、ロクシタンジャパンのCMにも出ていることから6枠や6番も怪しい?因みに前回小倉記念でメールドグラースを的中したときには「誕生日が6月なので、6枠のメールドグラースを買った」のだとか。サイン派にとっても注目の一戦になりそう。

有馬記念2019ファン投票:賞金足らぬ最軽量牝馬メロディーレーン(第一回中間発表18位)を優先出走権で出走させよう!

 最軽量牝馬メロディーレーンが有馬記念を目指し調整している。菊花賞では牡馬に交じり5着の大健闘。スタミナ勝負には絶対の自信があり、出走かなえば暮れの大一番を盛り上げてくれることは間違いない。
 昨年のオジュウチョウサンに続き、今年も競馬ファンがその出走を後押しすべきときが来た!

 有馬記念のファン投票は形骸化して久しい。かつては、グランプリレースに投票で選出されることは名誉であっただろうし、大体の馬が出走し、夢のレースが繰り広げられた。しかし、今では様々な理由で出走しない馬が多く、ファン投票の意味はほとんどなくなっていた。

 だが、今年もファン投票に重大な意味が与えられた。基本的にはレースの出走可否は平地競走での賞金順をもって決定されるから、賞金順ではメロディーレーンの出走はきわめて難しいが、有馬記念はファン投票上位10頭に優先出走権を与えることができる。
 これはもうファンが後押しするしかない。有馬記念にどうしても出たいという馬が出てきたとき、それをファンが後押しすることができるという素晴らしいシステムであったことが今になって判明した。

 競馬ファン各位に告ぐ。今我々の前にはどうしても有馬記念に出走したいという馬がいる。あまつさえ彼女は最軽量G1制覇という意義深い偉業に挑んでいる。そして彼女を出走させるかどうかは我々のファン投票にかかっている。出走させないわけにはいかないではないか。さあ、投票しよう!第一回中間発表ではメロディーレーンは18位。10位までは8000票差と壁はなかなか高いが、奇跡を起きるのが有馬記念だ。

有馬記念2019出走予定馬予想:メロディーレーン出走はボーダーライン上で微妙な状況(ファン投票で後押ししよう)

 競馬ナンデでは各馬の出走意思状況を調べ、出走予定馬表を作成した。

 20頭をリストアップしたが、ジャパンカップ・チャレンジカップ・ステイヤーズステークスの好走馬等が新たに出走表明する可能性はある。
 表の中で、出走が流動的なのは、ブラストワンピース、ヴェロックス、ワグネリアン、ユーキャンスマイル、ルックトゥワイス。
 それ以外の15頭はほぼ出走意思が明確だが、競走馬には故障はつきものなので、これ以外にも離脱する可能性があるとすると、恐らく特別登録を行うのは17頭ほどと予想する。
 そうなるとまず賞金順で弾かれてしまうのはメロディーレーンということになるだろう。やはり出走のためにはファン投票の後押しが必要だが、第一回中間発表での得票は7500ほどで18位。10位の馬にはダブルスコアとなっており壁は厚い。

有馬記念2019ファン投票結果順位予想(1位アーモンドアイ2位リスグラシュー9位オジュウチョウサン)

1位アーモンドアイ
2位リスグラシュー
3位サートゥルナーリア
4位キセキ
5位ダノンプレミアム
6位フィエールマン
7位ブラストワンピース
8位ラヴズオンリーユー
9位オジュウチョウサン
10位メールドグラース
11位レイデオロ
12位ワールドプレミア
13位ヴェロックス
14位ワグネリアン
15位ダノンキングリー
16位スワーヴリチャード
17位シュヴァルグラン

有馬記念2019超豪華メンバーに?香港国際競走中止なら有力馬大挙出走の可能性も

 香港のデモは未だに収束しないどころか、遂に競馬にも影響を及ぼした。9月18日はデモによる混乱が予想されるため、香港競馬は開催を中止した。
 このような状況が続けば、年末12月8日の香港国際競走デーの開催も危ぶまれる。近年は日本の有力馬がここを秋シーズンの最大目標に掲げることが多く、開催中止なら影響は大きくなる。
 特に今年は、アーモンドアイが香港カップに向かうのではという観測が強く、春にクイーンエリザベスカップを制しているウインブライトも香港カップが目標と見られる。3歳マイル王アドマイヤマーズは香港マイル目標を明言。この他にも、レイデオロ、レイエンダなど、騎手の使い分けという事情も絡み、香港カップ・香港ヴァーズを選択肢に入れたい陣営は相当多いはず。
 もしも本当に香港国際競走が中止となれば、これらの馬達が行き場所を失い、有馬記念に集中する流れも考えられるだろう。そうなれば空前の超豪華メンバーということに...。日本の競馬ファンとしては少し期待してしまいたくもなる。アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア・レイデオロ全馬が揃うドリームレースが香港の政情不安によって成立する可能性もなくはない。

有馬記念2019ファン投票最終結果

順位 馬名 得票数 性年齢 調教師名
1 アーモンドアイ 109,885 牝4 国枝 栄
2 リスグラシュー 94,357 牝5 矢作 芳人
3 キセキ 93,224 牡5 角居 勝彦
4 サートゥルナーリア 83,491 牡3 角居 勝彦
5 ブラストワンピース 75,047 牡4 大竹 正博
6 フィエールマン 68,451 牡4 手塚 貴久
7 ワールドプレミア 67,887 牡3 友道 康夫
8 スワーヴリチャード 61,599 牡5 庄野 靖志
9 レイデオロ 60,594 牡5 藤沢 和雄
10 ワグネリアン 58,115 牡4 友道 康夫
11 ラッキーライラック 49,732 牝4 松永 幹夫
12 アルアイン 46,494 牡5 池江 泰寿
13 シュヴァルグラン 39,831 牡7 友道 康夫
14 オジュウチョウサン 36,467 牡8 和田 正一郎
15 ラヴズオンリーユー 33,392 牝3 矢作 芳人
16 ダノンプレミアム 27,764 牡4 中内田 充正
17 ヴェロックス 26,578 牡3 中内田 充正
18 アエロリット 26,180 牝5 菊沢 隆徳
19 クロノジェネシス 25,048 牝3 斉藤 崇史
20 ユーキャンスマイル 24,606 牡4 友道 康夫

有馬記念過去10年歴代優勝馬データ

有馬記念 歴代勝ち馬 勝利騎手 単勝人気
2009年 ドリームジャーニー 池添騎手 2番人気
2010年 ヴィクトワールピサ デムーロ騎手 2番人気
2011年 オルフェーヴル 池添騎手 1番人気
2012年 ゴールドシップ 内田騎手 1番人気
2013年 オルフェーヴル 池添騎手 1番人気
2014年 ジェンティルドンナ 戸崎騎手 4番人気
2015年 ゴールドアクター 吉田隼騎手 8番人気
2016年 サトノダイヤモンド ルメール騎手 1番人気
2017年 キタサンブラック 武豊騎手 1番人気
2018年 ブラストワンピース 池添騎手 3番人気

武豊騎手有馬記念過去10年騎乗結果着順データ

有馬記念 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2009年 リーチザクラウン 13着 5番人気
2010年 騎乗馬なし
2011年 レッドデイヴィス 9着 6番人気
2012年 トレイルブレイザー 13着 9番人気
2013年 ラブイズブーシェ 4着 12番人気
2014年 トーセンラー 8着 8番人気
2015年 騎乗馬なし
2016年 キタサンブラック 2着 2番人気
2017年 キタサンブラック 1着 1番人気
2018年 オジュウチョウサン 9着 5番人気

有馬記念1番人気馬過去10年結果着順データ

有馬記念 馬名 騎手 着順
2009 ブエナビスタ 横山典弘 2
2010 ブエナビスタ スミヨン 2
2011 オルフェーヴル 池添謙一 1
2012 ゴールドシップ 内田博幸 1
2013 オルフェーヴル 池添謙一 1
2014 ゴールドシップ 岩田康誠 3
2015 ゴールドシップ 内田博幸 8
2016 サトノダイヤモンド ルメール 1
2017 キタサンブラック 武豊 1
2018 レイデオロ ルメール 2

有馬記念 2019 指定席抽選倍率は15倍?ハガキ抽選は11月中旬締切・JRAカードインターネット予約抽選は前々週

 有馬記念当日の中山競馬場の指定席券を購入する方法は2つあります。ハガキ応募、インターネット予約です。当日券販売はありません。日本ダービー、有馬記念といった最重要G1は、当日券に発売せず、ハガキ抽選となるのです。
 ハガキ抽選については例年は11月中旬に必着のため、今年は既に締め切られてしまっています。
 インターネット予約については2週前の水曜日に抽選申し込み開始。予約にはJRAカード(JRA発行のクレジットカード)会員であることが必要で、専用ページからこのカードによる決済を行わなければなりません。(JRAカードを持たない一般会員については有馬記念は申し込めません。)先着順ではなく、抽選での当選が必要です。ただ、席順はあまりよくなく、ゴール板の後ろの席になる可能性が高いという噂があります。抽選倍率は一般的には15倍以上の難関といわれています。キャンセルは可能なので、ダメ元で申し込むのもよいかもしれません。席種はBシングル席2000円~ゴンドラペア席6600円までの10種類。
 なお、キャンセル待ちについては、前々日12:30~前日20:00の間にキャンセル販売が行われます。

 なお、JRAは2018年8月に指定席券に関し、声明文を発表しています。指定席券の転売が後を絶たないことから、今後本人確認を厳格化するとのことです。転売されている指定席を購入した場合等、本人確認ができない場合は、同行者含め指定席の利用はできませんので、ご注意ください。

有馬記念2019パブリックビューイング帰りに食べたい東京競馬場周辺ラーメンランキングベスト5(府中在住記者オススメ)

 今年も有馬記念の季節がやってきました。中山競馬場はひどい混雑なのでゆったり楽しもうという方は東京競馬場のパブリックビューイングがお勧めです。昨年は有馬記念パブリックビューイングということで大々的にキャンペーンしましたが、今年は今のところそういう打ち出しはない模様。
 ただ、普通に馬券が買えて大画面で有馬記念ライブ中継が見れる、いわゆるパークウインズとして今年も府中競馬場はオープンしています。

 そんな府中に住んでいると言うとよく言われるのが

 「毎週競馬場行けるじゃないですか!いいですねー」

 いやそれが、競馬場なんてほとんど行けてないんです。競馬関係といってもWEB管理人なので、競馬開催中は何かと仕事が多くて、、。結局オフィスに籠りっきり。ただ、府中の町にはやたら詳しくなれました。
 
 ということで、競馬場内にはあまり詳しくない私が、府中周辺で美味しいラーメン屋をご紹介します。もう府中のラーメン屋のことなら何でも聞いてください。ほとんど食べつくしました。
 府中市全体ということでいうと、「ひびき」や「ふくみみ」など名店もあるんですが、今回ご紹介するのは、競馬場帰りに徒歩でふらっと寄れるところに限定します。ただ、気を付けてください。府中は、日本ダービー、天皇賞秋、ジャパンカップの当日だけは10万人近い人たちが街に繰り出し大混雑となります。もしかすると夕方は行列してしまうかもしれないです。

5位府中家
 いわゆる家系ラーメンです。普通に美味しいです。ランチタイムはごはんがセットでコスパがよいです。手堅い印象。

4位麺創研
 いま府中で飛ぶ鳥落とす勢いといってもよいでしょう。行列必至。新しくオープンした複合商業施設ルシーニュの1回に赤い味噌の店と黒い醤油の店の両方を出店。
 いずれも美味しいですが、味濃いめです。喉は乾きますのでご注意を。
 特に味噌ラーメンの方は数年前から評判。麺は細麺や太麺や刀削麺のようなものがブレンドして入っています。豚肉豊富に乗っています。辛いです。美味しいです。
 黒ラーメンの方はいわゆる富山ブラックっぽい焦がし醤油。普通に美味しいです。

3位とんび
 魚介系ですがくどくなく美味しいスープです。油揚げと水菜が乗っているんですが、ありそうでなかったですよね。合いますよ。席数少ないのでこちらも行列できますが並ぶ価値あり。半月で変わっていく限定ラーメンもいつも美味しい。センス高いです。

2位ibuki
 これは知らない方が多いと思います。府中本町駅の競馬場の逆側に出たところにあります。夜しかやっていません。食べログにもほとんど情報がありません。
 ですが、塩麹ラーメンが美味いです!塩麹のあの味です。麺もモチモチしていて個人的に好み。ラーメンと唐揚げという珍しい業態で、お酒も置いてあります。また、店内にはテレビゲームや多数のボードゲームが設置。店主さんがゲームオタクのようで、ラーメン食べながら飲んだり遊んだりしたい方にはうってつけ。

1位らいおん(つばめ)ラーメン
 府中といえばやはりらいおん。23年前から通っていますが、飽きない。ついついスープを飲み干してしまいます。麺が少し柔らかめなんですが、それがスープに合うんです。ただ、ここは、らいおんらーめんにしないと本領発揮しません。少し高くてもらいおんをぜひ味わってください。
 因みに、フォーリスのフードコートに、らいおんプロデュースのつばめラーメンなるものがオープンしました。これは楽しみ!と思って勇んで食べにいきましたが、らいおんラーメンと同じです!すべて同じ。なんで名前変えたし。
 でもポジティブに捉えると、らいおんと同じクオリティのものを手軽に食べられるという意味では素晴らしいです。

有馬記念2019いつ?どこ?チケットは?馬券購入は?中山競馬場の混雑は?【競馬初心者用有馬記念ガイド】

 競馬といえば、まず最初に有馬記念が思い浮かぶ方も多いはず。ここでは、普段は競馬はあまり見ないけれど、年末の総決算有馬記念だけは参加してみようといったライトユーザーさん、競馬初心者さんのために、有馬記念について初歩から説明しておきたいと思います。
 その前に、実はなんと今年から有馬記念は中央競馬の最後の大一番、総決算ではなくなりました。28日にもホープフルステークスという2歳馬のG1レースを設置したため、最後の開催はそちらです。ただ、28日は木曜平日ですし、なかなか参加しづらいですよね。。という方はやはり有馬記念ですね。
 2019年は、22日の日曜日に、船橋市にある中山競馬場で行われます。最寄駅は武蔵野線の船橋法典駅です。ただ、あまりアクセスはよくないので、西船橋駅から歩くという方もそれなりにいます。歩くと30分くらいでしょうか。
 当日のチケットですが、指定席でなければ、中山競馬場の入り口でその場で購入可能です。200円です。指定席に関してはハガキ応募やネット予約が必要なため残念ながら間に合いません。
 混雑具合ですが、2年前まではひどく、レース終了後競馬場から出るのに1時間近くかかるなど大変でした。しかし昨年からはJRA側もこの解消のため様々な施策をとった結果、大きく入場者が減り、比較的快適に見れるようになったと言います。それでも10万人は人人出がありますので、気を付けてください。
 現地に行かなくても馬券を買う方法はあります。全国各地の場外馬券売り場ウインズや競馬場に行けば購入可能です。また、即PATというネット投票システムに登録しておけば、スマホやPCの端末からも買うことができます。
 有馬記念の発走時間は15時25分。馬券投票の締め切りは1分前です。買い忘れのないように、余裕を持って購入してください。筆者の経験からも、買えなかった馬券が当たっているというのが一番悔しいですよ、、。


有馬記念・ホープフルステークスのJRA年末開催日・競馬番組を2019年以降再考せよ~失われた最後の大一番~

 やはり有馬記念ウィークは何かが違う。スポーツ新聞を見ても、テレビや雑誌、町の広告を見ても、有馬有馬の文字が躍る。否が応でも盛り上がるなと実感した月曜日。競馬に従事している者として本当にありがたく、感動さえ覚えた。
 ただそこで競馬は有馬記念で終わるべきではないのかという思いがもう一度頭をもたげてしまう。やはり有馬記念がここまで盛り上がるのは、年末の風物詩、今年最後の大一番だからではないだろうか。このグランプリを年の暮れに、という有馬頼寧会長の企画力には平伏せざるをえない。
 あえて言おう。レース自体はそこまで素晴らしいものではないと思う。中山2500というコースは、いまいちのコースだ。このコースを使いたくないがため、今年もレイデオロやソウルスターリング、マカヒキといった馬たちが出走を控えている。過去には2年連続でファン投票1位だったウオッカも回避している。
 コース形態だけでなく、厳寒期で状態を仕上げにくいというのもあるだろう。いずれにしてもジャパンカップや天皇賞秋に比べてコンテンツとしての魅力は落ちる。
 それでも国民がこれほど注目してくれている理由をもう一度考えよう。ホープフルステークスの創設で、有馬記念に最後の大一番というフレーズが使えなくなったいま、年末の風物詩として存在意義を保ち続けられるかは定かでない。本当にこのままで競馬は大丈夫なのだろうか?目先の利益に目がくらんではいないだろうか?


有馬記念軽視へ?大阪杯・ホープフルSG1昇格とマカヒキら有力馬回避

 先日JRAが2017年度の開催日程を発表し大阪杯のG1昇格が発表された。これには競馬ファンの反応も大きく、阪神内回りコースは近い時期に宝塚記念があるので似通りすぎではないか、海外馬券を発売したところへきてドバイや香港への遠征防止策を講じるのは迷走では、といった声も。
 それに加え、筆者が憂慮するのは有馬記念パッシングだ。サンデーサイレンス等の日本馬の血統状況の変化や世界的な競馬の短距離指向化もあり、長距離レースは以前から敬遠されがちだった。
 そこへきて大阪杯の創設は有馬記念スルーにだめを押す可能性がある。今年もマカヒキが早々と有馬記念回避&大阪杯を目指すことを表明。サトノダイヤモンドも有馬記念回避の可能性を示唆している。エアスピネルも来年の大阪杯を目標とするようだ。馬主の経済効率的には、季節的にも厳寒期で、距離が多少長くて、トリッキーコースの有馬記念に使いたい理由はないのだ。
 天皇賞秋3着ステファノス、4着アンビシャスはそもそも有馬記念には目もくれていないようで、競馬ファンももはや疑問を差しはさんでいない。しかし、以前は猫も杓子も有馬記念というくらいに有馬記念が重視されていた時代があった。ダイワメジャーのようなマイラー、ダイタクヘリオスのようなスプリンターまでもが有馬記念を目指していた。
 それはたしかに無謀な挑戦だったかもしれない。しかし、競馬がエンターテイメントである以上、そういうレースが1年に一度あってもよかったのではないかと思う。かつて有馬記念は年末の風物詩で馬主であればだれもが出走させたいレースだった。そしてファン投票で選ばれた馬が走る夢のレースでもあった。
 この年末の風物詩であることの特別さというのは大事ではないだろうか。2017年からは有馬記念のあとにも競馬開催日程を設けて、ホープフルステークスのG1化まで目指しているという。これにより有馬記念は今年最後の総決算レースという特別さも失い、普通のG1化していく一方になりそうだ。
 こういった方向性はプロ野球がクライマックスシリーズを創設したことを思い出させる。プロ野球機構は少しでも消化試合を減らすため、全体的に薄く興行収入を得て、全体の売り上げを向上するため経済優先でこれを断行した。その引き換えに失ったのは例えば凄まじい視聴率をたたき出し、国民の誰もが注目した10.8のような本当のガチンコ試合だ。リーグ優勝しても日本シリーズに行けるかわからない、3位でも日本シリーズに行けるかもしれないといった、はっきりしないルール設定は、ここだけは負けられないという真剣勝負を奪い去った。
 今回のJRAの日程変更は、年末のファンの競馬需要を吸い上げる意味で短期的な収入増に繋がることは間違いないだろう。ただし、有馬記念も普通のG1です、回避しても構いません、有馬記念の後にも競馬やるのでそちらを買ってくれても構いませんというメッセージを送ってしまうことは間違いない。有馬記念が2017年以降は以前ほど盛り上がらなくなることは確実だ。
 何より粋じゃない。年末は有馬記念で競馬の総決算。好きな馬にファン投票をして好きな馬を買う。勝っても負けてもそれで終了。これで気持ち良いと思うのは、やはり古すぎるファンなのだろうか。

有馬記念2019引退レースを迎えるレイデオロ:オグリキャップ同様「引退ラストラン」を飾れるか~復活のドラマ~

 有馬記念は復活のレースと言われる。トウカイテイオー&田原成貴の1年ぶり復活の1993有馬記念。グラスワンダー&的場均の骨折から復活の1998有馬記念。
 そしてなんといっても、あの日本競馬史上最も有名なレースといってもよい、オグリキャップ復活そして引退の有馬記念1990。いま見ても涙が出ます。

 復活のテーマは今年も受け継がれるのか。この有馬記念は引退予定の馬が多く、レイデオロ、アエロリット、リスグラシュー、シュヴァルグラン、クロコスミアといるが、中でも注目が集まるのはレイデオロ。
 オグリキャップは90年の秋、天皇賞秋6着、ジャパンカップ11着と大敗続きのところから奇跡の復活。レイデオロもオールカマー4着、ジャパンカップ11着と一番人気を裏切り続けてきた点でイメージが重なります。
 レイデオロはもう終わってしまったのか?オグリキャップのように最後のレースで闘志を取り戻すことができるのか?今回は予想オッズでは8番人気あたりと大きく人気を落とすことが予想されます。奇跡の復活はあるのか・・・。
有馬記念2019「首高走法の馬が来る!」に符合するキセキ@ムーア騎手・ヴェロックス@川田騎手の話 (2019年12月21日 21:48)
有馬は首高走法の馬が来る!と動画で申し上げましたが、関連した面白い記事がありました。https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=164965「欧州のタフな馬場で脚を溜めるために、トップジョッキー達はわざと首を高くする」という話、符合するかもしれませ…
有馬記念2019前々日発売オッズ傾向(フィエールマン馬券大量購入・キセキ意外な不人気) (2019年12月21日 00:30)
第64回有馬記念中山競馬場芝2500M日程:2019.12.22 賞金順出走可能頭数:16頭 予想 オッズ 枠順 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 …
有馬記念2019枠順から展開予想「逃げ宣言アエロリットがどこまで粘るか」中枠アーモンドアイ・リスグラシューはスムーズ (2019年12月20日 17:56)
 テンの速さでは一番と目されるアエロリットが大外を引いたことで展開予想は一筋縄ではいかなくなった。 津村騎手のコメントでは「やることはひとつ。逃げます」ということなので、大外からクロコスミア、キセキを交わしてハナに立つでしょう。 スティッフェリオ丸山騎手は内枠が欲しかったと発言していますし、距離が長…
有馬記念2019枠順確定で予想オッズ変動!絶好枠2番スワーヴリチャード@マーフィー騎手人気上昇4番人気に (2019年12月19日 21:21)
第64回有馬記念中山競馬場芝2500M日程:2019.12.22 賞金順出走可能頭数:16頭 予想 オッズ 枠順 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 …
有馬記念2019血統データからはステイゴールド産駒断然!キングカメハメハ系・ハーツクライ系初勝利なるか (2019年12月19日 17:40)
 今年の有馬記念のメンバーは血統面から見ると、4大派閥+それ以外の構成。 ハーツクライ系4頭(リスグラシュー、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、ヴェロックス) キングカメハメハ系4頭(アーモンドアイ、サートゥルナーリア、レイデオロ、キセキ) ディープインパクト産駒3頭(フィエールマン、ワールドプ…
有馬記念2019レイデオロ「最後の闘志」(三浦皇成騎手決定!)引退馬復活のドラマ再び (2019年12月19日 16:32)
レイデオロという馬を私は「闘志の馬」だと思っていました。競馬って面白いですよね。レイデオロという馬1頭とっても「藤沢厩舎の良血馬」「天才的なダービー馬」と捉える人もいれば、私のように泥臭いイメージを持つ人もいます。馬はしゃべりませんしキャラ作りもしませんから。誰もが勝手に自由にイメージを膨らませるこ…
有馬記念2019アーモンドアイ鞍上ルメール騎手絶対の自信~サートゥルナーリアもフィエールマンもレイデオロも蹴って選ばれた馬~ (2019年12月18日 12:12)
 ルメール騎手が今回もアーモンドアイが一番強いと、自信満々に語っている。これはリップサービスではないはず。この発言に妙に説得力があるのは、今回出走するライバルたちの背中に実際跨って、その実力を知り、ルメール騎手がアーモンドアイを選んだからだ。 ルメール騎手がはここでも有力な、サートゥルナーリア、フィ…
有馬記念2019予想:レイデオロは闘志の馬!気持ちさえ戻れば復活Vも「短期放牧は正解」 (2019年12月17日 16:46)
 有馬記念で6頭ものトップホースたちがターフを去りますが、中でもレイデオロは、一時期競馬界を引っ張り、一時代を築いた馬だけに寂しいものがあります。 皆さんもレイデオロには色々な思い出があると思いますが、私の場合は、レイデオロに大きなことを教わりました。こんな走法で日本ダービーを勝てるんだ、ということ…
有馬記念2019福永騎手シュヴァルグランコンビ復活で引退!佐々木主浩オーナーの意図は?最終予想は? (2019年12月17日 10:01)
シュヴァルグラン、有馬記念で引退ですが、全く人気なくなりましたね。皆さんはありうると思いますか?私はありうると思います。ここでもお話しましたが、JCは超絶内伸び馬場でした。外を回った馬はエタリオウ・ダンビュライト・ジナンボー全て沈んでいます。2年連続3着している得意舞台で、急速な衰えもないです。そし…
有馬記念2019アーモンドアイ@ルメール騎手死角なし!4つの不安を払拭します (2019年12月16日 15:48)
①距離不安 初めての2500Mでスタミナがもつのかという不安が囁かれていますが、大丈夫です。中山2500Mコースはマイラーでも距離をこなせることで有名。コーナーが6つあることで、その度に息が入るため、意外とスタミナが要らないのです。これは、障害レースがかなりの長距離ながら短距離血統でもこなせるのに似…
有馬記念2019引退馬6頭の衝撃!世代交代も中長距離路線低レベル化?期待はサートゥルナーリアだ! (2019年12月15日 14:03)
 今年の有馬記念では例年より多い6頭もの馬が引退する。レイデオロ・シュヴァルグラン・アルアイン・リスグラシュー・アエロリット・クロコスミアと、いずれも長く競馬界をけん引してきた馬だけに、空く穴は大きい。 特に中長距離は低レベル化の懸念がある。 ジャパンカップ馬スワーヴリチャードは引退表明していないが…
有馬記念2019展開予想:アエロリット・クロコスミアの逃げでハイペースならアーモンドアイ・サートゥルナーリア崩れて大波乱万馬券も? (2019年12月13日 22:44)
 展開のカギを握るのはアエロリット・クロコスミア。この2頭がいずれも引退レースというのは大きい。有馬記念でラストランとなれば、悔いのないレースを、ということで、これまで通り積極的な競馬をするだろう。 さらに邪推してはいけないが、いずれも、馬主が、より人気の有力馬を出走させている。サンデーレーシングは…
有馬記念2019予想:◎ヴェロックス「条件ベストで悲願のG1初制覇も」byラップ予想家あみー (2019年12月13日 18:02)
フィエールマン短評:(有馬記念2019 予想) キレ・底力に優れる中長距離馬~長距離馬?? ここでの不安は、直線の短い中距離でのパフォーマンスの低さ。 直線の短い中距離重賞でパフォーマンスを落としていて、これは長距離G1を2連勝(いずれも脚を溜めやすい展開でのもの)していることの裏返し、血統の米国色…
有馬記念2019出走馬走法採点(1位サートゥルナーリア・2位キセキ・3位ワールドプレミア)by競馬ナンデ編集長 (2019年12月13日 17:45)
予想 オッズ 出走予定馬 走法採点 8.0 サートゥルナーリア 97 13.4 …
有馬記念2019三強を斬る!走法理論202002版(LINE・YOUTUBEに誘導LP29) (2019年12月12日 13:57)
 ところで、これら出走馬の「走法」を見ていますか?血統を見て予想する方は多いですが、走法はなかなか見ないですよね。  ハッキリ言います。走法の良い馬は走り、走法の悪い馬は走りません。 オルフェーヴル(図左)とオルファン(図右)をご存知ですか? 全兄妹(同じ血統)ですが、方やGⅠ5勝のスーパーホース、…
有馬記念2019枠順発表→馬体重発表→前日勝馬投票券(馬券)発売→パドック→発走→払戻等タイムスケジュール一覧 (2019年12月10日 22:46)
有馬記念2019予定スケジュール(目安です)12月4日(水)  12:30JRAカード会員指定席券インターネット予約開始12月5日(木)  有馬記念ファン投票最終結果発表12月8日(日)  17:00有馬記念特別登録馬発表12月18日(水)  早朝:最終追切12月19日(木)  早朝:最終追切  1…

有馬記念 2019予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

有馬記念 2019前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの有馬記念 2019予想

カテゴリ