日経新春杯2018 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2018年1月 9日 15:30)

日経新春杯2018出走予定馬・予想オッズ

京都競馬場 芝2400m
日程:2018.1.14 出走馬頭数:18頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
2.7 ミッキーロケット 和田 音無 キングカメハメハ 中日新2
4.5 ソールインパクト 福永 戸田 ディープインパクト アルゼンチン2
5.8 モンドインテロ ルメール 手塚 ディープインパクト チャレンジ4
6.8 ロードヴァンドール 横山典 ダイワメジャー 中日新3
8.7 パフォーマプロミス デムーロ 藤原 ステイゴールド グレイトフル1
28.0 サンタフェチーフ 斉藤 wiesenpfad オリオン2
28.8 ベルーフ 川田 池江 ハービンジャー 福島記念9
48.8 ヒットザターゲット 小牧 加藤 キングカメハメハ アルゼンチン12
50.7 ガンコ 酒井学 松元 ナカヤマフェスタ 江坂特別1
54.0 カラビナ 藤岡 ステイゴールド グレイトフル2
90.5 トルークマクト 尾関 アドマイヤジャパン アルゼンチン14
92.0 アクションスター 太宰 音無 アグネスタキオン カシオペア9
馬連予想オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
ミッキーロケット ソールインパクト 6.7
ミッキーロケット モンドインテロ 7.6
ミッキーロケット ロードヴァンドール 9.0
ソールインパクト モンドインテロ 11.5
ソールインパクト ロードヴァンドール 12.3
馬単予想オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
ミッキーロケット ソールインパクト 11.0
ミッキーロケット モンドインテロ 12.5
ソールインパクト ミッキーロケット 14.2
ミッキーロケット ロードヴァンドール 15.0
ミッキーロケット パフォーマプロミス 16.9
3連複予想オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
ミッキーロケット ソールインパクト モンドインテロ 13.6
ミッキーロケット ソールインパクト ロードヴァンドール 14.4
ミッキーロケット モンドインテロ ロードヴァンドール 15.8
ミッキーロケット ソールインパクト パフォーマプロミス 19.1
ソールインパクト モンドインテロ ロードヴァンドール 21.5
3連単予想オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
ミッキーロケット ソールインパクト モンドインテロ 40.1
ミッキーロケット ソールインパクト ロードヴァンドール 44.5
ミッキーロケット モンドインテロ ソールインパクト 46.0
ミッキーロケット ロードヴァンドール ソールインパクト 48.9
ミッキーロケット モンドインテロ ロードヴァンドール 51.5
 ミッキーロケットが連覇を目指し1番人気か。G1以外では非常に堅実で、ここも崩れはなさそう。ロードヴァンドールが距離延長での参戦が面白い。前走からコンビを組む横山典弘騎手が秘策があるとのことで怖さ倍増だ。パフォーマプロミスがオープン入り初戦。6歳だが使われた回数がここまで少なくフレッシュな馬だ。デムーロ騎手に乗り替わるというのも怖い要素。
 予想オッズからはどこから買おうか迷う日経新春杯になった。そこでぜひご紹介したいのが、
"競馬の神様"大川慶次郎が創設し、東信二元騎手、能勢俊介TM率いる実績と信頼の「ホースメン会議」先週正月初週も2戦2勝連続万馬券的中でいま絶好調!
 現代競馬予想会社の先駆けとされ、今も情報力で不動のトップを譲らない創業36年の最老舗が2017年GⅠシリーズは大盤振る舞い!「2/4までの4週間、1日1鞍渾身予想を特別無料配信」のキャンペーンを実施!予想会社が初めてという方も導入としてオススメしたい安心のサービスを一度実感してみてください↓↓

☆馬券のプロはこう買う☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━
=的中率7割以上・平均配当200倍以上=
プロ集団の予想を4週間無料体験!

相手関係まで含めた最終結論まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日1鞍~3鞍の厳選提供から
1/8 京都10R  27420円的中
1/6 中山8R 21720円
12/28 ホープフルS 10920円
12/24 有馬記念 5420円
12/17 阪神9R 5万1590円的中
12/17 朝日杯FS 2630円的中
12/16 阪神10R 4万7670円的中

今開催 的中率80.0% 平均配当39,950円

■実力を知って頂く為の無料配信■
100名様限定です!
↓↓↓



ホースメン会議社の実績の信ぴょう性について編集部追記:執筆陣が豪華な大手老舗サイトはやはり信頼性が違います。なぜなら、ホースメン会議のような大手サイトは主にスポーツ紙や電車の中吊り広告といった全国媒体でプロモーションするため、的中実績で嘘をつけないのです。特に朝刊スポーツ紙は掲載審査が厳しく、買い目に関してもレース前にFAXを送って結果と照合し、本当に的中しているものしか掲載できません。これがサイト実績の強固な証拠となっているのです。
レース前に開催されたトラックマン合議
ホースメン会議とは~wikipediaより引用~
 1981年に、かの"競馬の神様"大川慶次郎氏らが中心になって設立。大川を総監督に据え、当初から複数のトラックマンによる合議制による予想を提供する方式でスタートした。
 1999年に大川が亡くなると当初は伊藤友康(元ダービーニュース編集長)を総監督に起用するが、2001年夏には大川唯一の弟子能勢俊介に総監督を交代。
 中でも当時注目を集めたのが「ホースメン会議・100の実験」と題された資金投下方式。「資金3分割3倍法」とも呼ばれるこの方式は、下記のような方式を取った。
 1、馬券が的中する場合
 ・資金が10万円の場合、最初の推奨レースにその1/3(3万3千円)を投じて馬券を購入。
 ・馬券が的中して15万円の配当を得る。(基本的に配当は購入額の3倍以上を目指す)
 ・資金は21万7千円となるので、次の推奨レースにその1/3(7万2千円)を投じ馬券購入。
 2、馬券が外れる場合
 ・資金が10万円の場合、最初の推奨レースにその1/3(3万3千円)を投じて馬券を購入。
 ・馬券が外れる。
 ・資金は6万7千となるが次レースでこの1/3(2万2千)ではなく前回額(3万3千円)購入。
 以上の手順を繰り返し、100レースが終了した時点で資金を100倍にすることが可能かどうかに挑む、というこの方式は、後に多くの予想会社が(多くの場合は何らかのアレンジを加えた上で)取り入れられ、ホースメン会議は現代の競馬予想会社の先駆けとされている。




日経新春杯1番人気馬過去10年結果データ

1番人気馬 勝利騎手 人気
2008年 アドマイヤジュピタ 岩田騎手 4着
2009年 ヒカルカザブエ 武幸四郎 7着
2010年 トップカミング 蛯名騎手 2着
2011年 ローズキングダム 武豊騎手 3着
2012年 トゥザグローリー 福永騎手 1着
2013年 ムスカテール ビュイック 2着
2014年 アドマイヤフライト 福永騎手 2着
2015年 サトノノブレス 池添騎手 11着
2016年 シュヴァルグラン ルメール騎手 2着
2017年 ミッキーロケット 和田騎手 1着
2018年

日経新春杯枠順別過去10年成績

枠順 1着回数 2着回数 3着回数
1枠 4 1 0
2枠 1 0 2
3枠 2 1 1
4枠 0 2 2
5枠 1 0 1
6枠 1 4 0
7枠 0 1 3
8枠 1 1 1

日経新春杯過去10年歴代優勝馬

歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 アドマイヤモナーク 安藤騎手 3番人気
2009年 テイエムプリキュア 荻野騎手 11番人気
2010年 メイショウベルーガ 池添騎手 2番人気
2011年 ルーラーシップ リスポリ騎手 2番人気
2012年 トゥザグローリー 福永騎手 1番人気
2013年 カポーティスター 高倉騎手 10番人気
2014年 サトノノブレス ルメール騎手 2番人気
2015年 アドマイヤデウス 岩田騎手 6番人気
2016年 レーヴミストラル 川田騎手 2番人気
2017年 ミッキーロケット 和田騎手 1番人気
2018年



日経新春杯2018予想ツイキャス生放送配信!日程:前日13日22時~騎手型予想家アキ

 1月13日土曜日22時からは、騎手型予想家アキが日経新春杯2018予想ツイキャス配信!
 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相の日経新春杯2018をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部ツイキャス 
日程:1月13日(曜) 22:00~
http://twitcasting.tv/c:nandecas

ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。


テンポイントの日経新春杯から40年...過去の悲劇の記憶【動画】

 日経新春杯というと、あのテンポイントの悲劇の記憶が今も拭えない。
 直前に有馬記念を制し現役最強馬となっていたテンポイントに日経新春杯で課せられた負担斤量は66.5キロだった。今では考えられない重量だ。
 テンポイントは海外遠征を控え、その前に関西のファンに挨拶をしようといったある意味粋な考えで日経新春杯に出走した。回ってくれば勝てる相手だった。当時は関西馬は劣勢な時代。杉本清アナの実況に「これが関西の期待の星、テンポイント」とあったように、テンポイントは弱い関西の代表馬だった。
 有馬記念を制して、それを最後に海外遠征では関西のファンに申し訳ないという考えは当時は不自然ではなかった。
 ただ、雪が舞う京都競馬場でテンポイントは最後までレースを走り切ることはできなかった。重度の骨折で、通常なら即刻安楽死処分になるはずのケガ。あまりにもファンの多い馬であったころから無理な延命治療が施され、苦しみの中でテンポイントは亡くなっていった。
 この経験から、過酷な斤量を背負うようなレースは施行されなくなったし、陣営も無理な使い方はしなくなった。また、無理な延命治療も施されなくなった。現在の競馬がこういった悲劇の上にあることも思い出しておきたい。日経新春杯は競馬ファンがそれを胸に刻むレース。全馬完走を祈りたい。


リスト表示する