大阪杯 2020 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2020年3月30日 18:18)

第64回大阪杯

阪神競馬場芝2000M
日程:2020.4.5 賞金順出走可能頭数:16頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)

(母馬)
馬主 生産者 前走成績
2.9 ダノンキングリー 横山典 萩原 ディープインパクト マイグッドネス ダノックス 三嶋牧場 中山記念1
3.9 ブラストワンピース 川田 大竹 ハービンジャー ツルマルワンピース シルクR ノーザンF AJCC1
5.5 ワグネリアン 福永 友道 ディープインパクト ミスアンコール 金子真人 ノーザンF JC3
6.0 クロノジェネシス 北村友 斉藤 バゴ クロノロジスト サンデーR ノーザンF 京都記念1
6.0 ラッキーライラック デムーロ 松永 オルフェーヴル ライラックスアンド サンデーR ノーザンF 中山記念2
21.9 ロードマイウェイ 武豊 杉山 ジャスタウェイ フェリス ロードHC ケイアイF 金鯱賞1
26.7 サトノソルタス 藤岡康 ディープインパクト アイランドファッション サトミ ノーザンF 金鯱賞2
30.9 ステイフーリッシュ 坂井 矢作 ステイゴールド カウアイレーン 社台R 社台F 京都記念3
41.0 マカヒキ ヒューイットソン 友道 ディープインパクト ウィキウィキ 金子真人 ノーザンF JC4
50.5 カデナ 鮫島克 中竹 ディープインパクト フレンチリヴィエラ 前田幸治 グランド牧場 小倉大賞1
61.0 ジナンボー 藤岡佑 ディープインパクト アパパネ 金子真人 ノーザンF 小倉大3
66.8 レッドジェニアル 酒井 高橋 キングカメハメハ レッドアゲート 東京HR 社台F 日経新春7
※出走回避表明したヴェロックス・クレッシェンドラヴは除外して算出

 ダノンキングリー:中山記念はハイレベルなメンバーだったが終わってみれば余裕を持っての勝利。中距離での安定感は抜群。G1初制覇へ視界良好。
 ブラストワンピース:AJCCは力でねじ伏せるかのような勝ち方で健在をアピール。昨年は馬場と展開に泣き人気を裏切ったが、噛み合えば勝つだけの実力はある。
 ワグネリアン:ダービー馬も古馬になってからは惜敗続き。レースぶりも自在で安定感はあるが、最後の一押しが足りない現状。大事に使われているので、もうひと成長に期待したい。
 予想オッズからはどこから入るか非常に迷う一戦に、、。そこでぜひご紹介したいのがG1ジョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。「大阪杯ドル箱」と言い切るほど得意で過去10年で7回クリーンヒット!「今週の儲け所」に認定しているレースです。
 大西曰く、、「大阪杯も騎手視点から見抜けています。すでに狙いは3頭に絞れていて例年以上に自信あり!」とのこと。
 現役時代同様G1に強い予想で、2020年もこの男が頼れます!自信の3頭が無料で見られるキャンペーンとくれば見逃すわけにいきません!↓↓

「自信の穴馬」も無料公開

G1ジョッキー大西直宏の
大阪杯(G1)

根拠が明確・詳細なので
安心できるサービス内容↓

2020/3/21川西特別での公開内容
◎コンカラーの話
 前走よもやの敗戦となった⑫コンカラーだが、動くに動けずの位置に入って脚を余した。ただ実際のところは調教師がテン乗りジョッキーを気遣って「脚を溜めろ」という指示を出したのが裏目に出たようだ。
今回はリーディングジョッキー川田なら心配無用。陣営も「何とかしてくれ」という勝負依頼を懸けており、いつもの横綱相撲で巻き返せる。川田サイドは「できれば外目の枠が欲しい」という話だったが、12番ならば理想的な枠。ここからなら不利なくレース運びが叶うはず。
ハンデ戦ということを考えると相手は手広く。回収率を高めるため、押さえ程度の評価の馬については、コンカラーが逆転されることはないと見て、馬単の行きっ切りにしてオッズを高めたい。"

結果
1着◎コンカラー
2着ウインフォルティス5人気
3着シャンパンクーペ10人気
3連単335.6倍的中!!

昨秋G1自信の3頭馬券的中実績
スプリンターズS
3連単60.8倍的中!

天皇賞秋
3連単88.6倍的中!

エリザベス女王杯
3連複40.6倍的中!

チャンピオンズC
3連単89.8倍的中!

阪神JF
3連単85.6倍的中!

有馬記念
3連複107.5倍的中!


大阪杯ももちろん自信あり!
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大西直宏とは ~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


大阪杯2020予想オッズ2強馬連5.3倍!単勝複勝馬単3連複3連単馬券配当も予想

大阪杯2020予想オッズ
馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
ダノンキングリー 2.9 1.3
ブラストワンピース 4.1 1.4
ワグネリアン 6.0 2.3
クロノジェネシス 6.6 2.3
ラッキーライラック 7.0 2.4
ヴェロックス 13.1 3.5
ロードマイウェイ 26.6 5.2
サトノソルタス 27.9 5.2
ステイフーリッシュ 32.0 5.5
マカヒキ 45.1 7.2
カデナ 50.5 8.6
ジナンボー 61.0 10.0
レッドジェニアル 81.8 11.0
馬連オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
ダノンキングリー ブラストワンピース 5.3
ダノンキングリー ワグネリアン 6.7
ダノンキングリー クロノジェネシス 7.0
ブラストワンピース ワグネリアン 7.7
ダノンキングリー ラッキーライラック 7.7
馬単オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
ダノンキングリー ブラストワンピース 8.9
ブラストワンピース ダノンキングリー 11.0
ダノンキングリー ワグネリアン 11.6
ダノンキングリー クロノジェネシス 12.2
ダノンキングリー ラッキーライラック 12.9
3連複オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
ダノンキングリー ブラストワンピース ワグネリアン 13.6
ダノンキングリー ブラストワンピース クロノジェネシス 15.4
ダノンキングリー ブラストワンピース ラッキーライラック 16.0
ダノンキングリー ワグネリアン クロノジェネシス 19.1
ダノンキングリー ワグネリアン ラッキーライラック 20.6
3連単オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
ダノンキングリー ブラストワンピース ワグネリアン 21.8
ダノンキングリー ブラストワンピース クロノジェネシス 24.4
ブラストワンピース ダノンキングリー ワグネリアン 26.7
ダノンキングリー ブラストワンピース ラッキーライラック 28.9
ダノンキングリー ワグネリアン ブラストワンピース 30.1

大阪杯2020予想オッズ傾向/ヴェロックス過剰人気?サトノソルタス・カデナに馬券妙味!

予想オッズ 出走予定馬
3.1 ダノンキングリー
3.8 ブラストワンピース
4.8 ラッキーライラック
6.0 クロノジェネシス
6.2 ワグネリアン
9.7 ヴェロックス
22.8 ロードマイウェイ
47.9 マカヒキ
50.2 ステイフーリッシュ
65.1 サトノソルタス
79.2 ジナンボー
122.0 カデナ
124.8 レッドジェニアル
216.2 クレッシェンドラヴ
 上位は予想通り5頭の大混戦。ダノンキングリーが1番人気だが、ルメール騎手とコンビを組めないことが決まったため、もう少し人気は落としてくるだろう。それでも辛うじて1番人気か。
 ヴェロックスは思ったよりも人気が根強かった。ただ、これはnetkeibaユーザーが冷静な判断をしているだけで、前走同斤量で後塵を拝したカデナとの見合いで、さすがにもう少し人気を下げるのではないだろうか。
 サトノソルタスは金鯱賞2着善戦した割に、大敗したロードマイウェイに比べて全く人気がないのはどうか。右回りが初めてとはいえ、本当なら馬券妙味は大きそう。
 JC3着のワグネリアンと4着のマカヒキがここまで大きな差がつくかも疑問で、競馬ナンデ版予想オッズを参照されたい。

大阪杯2020出走予定馬紹介【ダノンキングリー・ブラストワンピース・ワグネリアン・クロノジェネシス】

ダノンキングリー 横山典騎手

 中山記念はハイレベルなメンバーだったが終わってみれば余裕を持っての勝利。中距離での安定感は抜群。G1初制覇へ視界良好。

ブラストワンピース 川田将雅騎手

 AJCCは力でねじ伏せるかのような勝ち方で健在をアピール。昨年は馬場と展開に泣き人気を裏切ったが、噛み合えば勝つだけの実力はある。

ワグネリアン 福永祐一騎手

 ダービー馬も古馬になってからは惜敗続き。レースぶりも自在で安定感はあるが、最後の一押しが足りない現状。大事に使われているので、もうひと成長に期待したい。

クロノジェネシス 北村友一騎手

 京都記念ではさらに体重が増え460キロ。1年で30キロ近く成長し、力を付けてきた。瞬発力勝負でもキレる脚を使えて、重い馬場にも対応できる正にオールマイティー。

ラッキーライラック Mデムーロ騎手

 昨秋騎手が変わってからイメージ一新。差し脚を活かす競馬で一皮むけた。中山記念もハイレベルなメンバーの中、しぶとい末脚で2着。今なら牡馬相手でも勝てる力は十分。

ヴェロックス 浜中俊騎手

 前走はよもやの大惨敗。ただ、開催の進んだ小倉で、かなり重い特殊な馬場だったとの声もある。若葉Sを楽勝しているコースで舞台設定は抜群。巻き返して不思議ない。

ロードマイウェイ 武豊騎手

 前走は初めての一線級相手の競馬で崩れたが、中京適性が全くなかったとも。武豊騎手に変わり、重賞勝ちの得意コースに変わり、どんな競馬を見せてくれるか。

マカヒキ ヒューイットソン騎手

 4年前のダービー馬ももう7歳。もう一花咲かせたいがなかなか勝てず。ただ、昨秋のJCの4着と意地は見せており、大阪杯も昨年僅差と舞台設定は悪くない。

サトノソルタス 藤岡康太騎手

 金鯱賞では2着でアっと言わせた。5歳だが大事に使われていて、まだ8戦。血統馬で伸びシロも十分。右回りは初めてだがむしろ未知の魅力ともとれる。

ステイフーリッシュ 坂井瑠星騎手

 父ステイゴールド譲りの善戦マンだが、徐々に力をつけてきている。先行力や立ち回りの上手さが活きるコース設定でもあり、久々に力の入るG1挑戦。

ジナンボー 藤岡佑介騎手

 ディープインパクト×アパパネの超良血がじわじわと力をつけてきた。前走小倉大賞典はプラス20キロと体も大きく成長。今ならG1でも通用か。

カデナ 鮫島克駿騎手

 3歳時には弥生賞を制しクラシックを嘱望されたがその後低迷。小倉大賞典で復活した。コーナー4つの競馬で重賞3勝と、ハマったときの末脚は侮れないものがある。ヴェロックスを同斤量で破っているのだから堂々のG1挑戦。

レッドジェニアル 酒井学騎手

 全く人気がなくなったが、前走の日経新春杯は1番人気だった馬。京都新聞杯ではダービー馬ロジャーバローズを差し切っており一発を秘めた大穴。

高松宮記念・大阪杯・天皇賞春2020不在騎手一覧(春G1と海外遠征重複早見表)

ドバイワールドカップ→高松宮記念週はルメール・デムーロ・武豊・川田・福永騎手不在
ドンカスターマイル→大阪杯週は横山典騎手不在
豪州クイーンエリザベスS→桜花賞週
香港クイーンエリザベスC・チャンピオンズマイル→フローラS週は福永騎手不在
ケンタッキーダービー→天皇賞春週は武豊騎手不在か
ベルモントステークス→安田記念週は武豊騎手不在か

・豪州クイーンエリザベスS出走のダノンプレミアムは外国人騎手との情報も(川田騎手は桜花賞でリアアメリア騎乗との情報があり乗り替りか)
・香港クイーンエリザベスC出走の場合、サートゥルナーリアはルメール騎手が騎乗の可能性も
・横山典騎手はドンカスターマイルにマイスタイルで出走するため大阪杯のダノンキングリーには騎乗できない。サートゥルナーリアが香港クイーンエリザベスC出走の場合、ルメール騎手が大阪杯で騎乗する予定の馬がいなくなる。

大阪杯も回避続々飛車角金銀落ちの春古馬G1でJRA売り上げ激減?

 フェブラリーステークスがイマイチ盛り上がりに欠けているのは、チャンピオンズCの上位2頭クリソベリルもゴールドドリームもサウジアラビア遠征のため出走しないから。
 どうやらこの春はこのような状況が続きそうで、大阪杯も回避馬が多く空き巣化しそうな予感がある。下に主な海外遠征予定を列記する。

アーモンドアイ ドバイターフ
カレンブーケドール ドバイSC
アドマイヤマーズ ドバイターフ
ダノンキングリー ドバイターフ
インディチャンプ 香港
サートゥルナーリア 香港
ウインブライト 香港かドバイか豪州
ダノンプレミアム 豪州
グローリーヴェイズ ドバイSC
ラヴズオンリーユー ドバイSC
ディアドラ サウジ
クリソベリル サウジ
ゴールドドリーム サウジ

 これでは春の古馬G1は飛車角金銀落ちといった様子で、馬券の売り上げにも影響がありそうだ。こうなると逆に高松宮記念や天皇賞春の方がしっかりとしたメンバーが揃う。ちょうどこの時期、他国に同じような条件がないからだ。

大阪杯歴代優勝馬データ

大阪杯 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2010年 テイエムアンコール 浜中騎手 6番人気
2011年 ヒルノダムール 藤田騎手 1番人気
2012年 ショウナンマイティ 浜中騎手 6番人気
2013年 オルフェーヴル 池添騎手 1番人気
2014年 キズナ 武豊騎手 2番人気
2015年 ラキシス ルメール騎手 4番人気
2016年 アンビシャス 横山騎手 2番人気
2017年 キタサンブラック 武豊騎手 1番人気
2018年 スワーヴリチャード デムーロ騎手 1番人気
2019年 アルアイン 北村友騎手 9番人気

大阪杯1番人気馬着順データ

大阪杯 1番人気馬 騎手 着順
2010年 ドリームジャーニー 池添騎手 3着
2011年 ヒルノダムール 藤田騎手 1着
2012年 フェデラリスト 横山典騎手 2着
2013年 オルフェーヴル 池添騎手 1着
2014年 エピファネイア 福永騎手 3着
2015年 キズナ 武豊騎手 2着
2016年 ラブリーデイ デムーロ騎手 4着
2017年 キタサンブラック 武豊騎手 1着
2018年 スワーヴリチャード デムーロ騎手 1着
2019年 ブラストワンピース 池添騎手 6着

大阪杯武豊騎手騎乗成績

大阪杯 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2010年 騎乗馬なし
2011年 リディル 8着 6番人気
2012年 騎乗馬なし
2013年 騎乗馬なし
2014年 キズナ 1着 2番人気
2015年 キズナ 2着 1番人気
2016年 キタサンブラック 2着 5番人気
2017年 キタサンブラック 1着 1番人気
2018年 騎乗馬なし
2019年 騎乗馬なし

リスト表示する