マイラーズカップ2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年4月17日 17:50)

マイラーズカップ2017出走予定馬・予想オッズ

予想オッズ 出走予定馬 想定騎手 厩舎 血統(父馬) 前走成績
3.5 イスラボニータ ルメール 栗田 フジキセキ 阪神C2
3.5 エアスピネル 武豊 笹田 キングカメハメハ 東京新聞3
4.8 ブラックスピネル デムーロ 音無 タニノギムレット 東京新聞1
8.3 プロディガルサン 川田 国枝 ディープインパクト 金鯱賞7
9.1 フィエロ 福永 藤原 ディープインパクト 高松宮5
9.1 ダッシングブレイズ 浜中 吉村 kittensjoy 洛陽S1
12.9 クルーガー 松山 高野 キングカメハメハ マイラーズ1
89.9 シェルビー 笹田 サクラバクシンオー ダ卿15
26.0 ヤングマンパワー 松岡 手塚 スニッツェル 東京新聞6
48.9 サンライズメジャー 浜田 ダイワメジャー ダ卿13
140.1 アクションスター 佐藤 音無 アグネスタキオン 六甲S6
 イスラボニータは昨秋重賞3連続2着と勝ちきれなかったが力が上位なのはたしか。手薄なマイル路線では大将格といえ、一番人気か。
 エアスピネルは東京新聞杯でよもやの敗戦も流れが完全に向かなかった。自身は32秒の脚を使っており、まともなら上位。
 プロディガルサンは金鯱賞で2000m戦を使ったものの道中引っかかってしまい失速。やはりマイルの流れがあっている。田辺騎手がフローラステークス騎乗のため乗り替わりとなるが、折り合いがスムーズなら。
 見ての通り予想オッズは横一線で絞りづらいマイラーズカップになった。
 各馬の能力や展開の検討も大事だが、最後は関係者情報が決め手になるだろう。

 そこで編集部が競馬セブンから伝え聞いた有力情報を少しご紹介しておく。
   ↓↓↓

人気が予想される有力馬関係者から★
 「今の状態では掲示板も無理。使って、どこまで変わるか。今回は叩き台に使うだけ」

とある厩舎関係者からは勝利宣言☆
 「GIでは足りないが、ここなら勝てる自信がある」


 騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持っているため、他にも極秘情報を入手しているようだ。
 競馬セブンは今回無料登録をして頂いた方に、情報は勿論のこと最終ジャッジの『マイラーズC・3点勝負』を特別公開のキャンペーン実施中。
 情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたいとのこと。

      ↓↓↓↓↓↓

■■■ マイラーズC(G2) ■■■
自信のペナルティ付き!もしこの
マイラーズCを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!
 →3点勝負買い目を無料公開


~~競馬セブンの関係者情報網について~~


あの名馬シンザンを生んだ荻伏牧場で活躍し、日本軽種馬協会理事を務めた日高の帝王「斉藤隆」

ケントニーオーなどの名馬を育てた元調教師「嶋田潤」(実兄と長男も元騎手)

福永騎手、田辺騎手などを指導した元競馬学校教官「徳吉一己」

そして競馬界を牛耳る社台グループからも、元社台スタリオンステーション荻伏牧場長「林勲」

27年間に及ぶラジオ日本実況中継のパドック解説者を務めた元勝馬TMで池上厩舎、清水利厩舎、嶋田功厩舎等の交流も深い「古川幸弘」

 有力関係者の数と人脈、情報網という意味では業界随一といえるでしょう。これらキラ星のごとく豪華な関係者陣の情報網がどんな予想をするのか確認するだけでも楽しみです。

 →3点勝負買い目を無料公開


マイラーズカップ過去10年優勝馬データ
マイラーズC 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2007年 コンゴウリキシオー 藤田騎手 9番人気
2008年 カンパニー 横山典騎手 1番人気
2009年 スーパーホーネット 藤岡佑騎手 1番人気
2010年 リーチザクラウン 安藤騎手 3番人気
2011年 シルポート 小牧騎手 7番人気
2012年 シルポート 小牧騎手 3番人気
2013年 グランプリボス 浜中騎手 5番人気
2014年 ワールドエース シュタルケ騎手 3番人気
2015年 レッドアリオン 川須騎手 8番人気
2016年 クルーガー 松山騎手 3番人気
2017年 ??

リスト表示する