-->

アーリントンカップ2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年2月26日 09:27)

アーリントンカップ2017出走予定馬・予想オッズ

阪神競馬場 日程:2017.2.26 出走馬可能頭数:18頭
予想オッズ 出走予定馬 想定騎手 厩舎 血統(父馬) 前走成績
4.8 ペルシアンナイト デムーロ 池江 ハービンジャー シンザン3
5.4 ヴゼットジョリー 和田 中内田 ローエングリン 阪神JF5
6.8 キョウヘイ 高倉 宮本 リーチザクラウン シンザン1
6.8 ミラアイトーン 武幸 池江 lonhro 500万1
7.2 ディバインコード 柴田善 栗田 マツリダゴッホ ジュニアC2
7.3 レッドアンシェル 浜中 庄野 マンハッタンカフェ 朝日杯8
11.4 ジョーストリクトリ 武豊 清水 ジョーカプチーノ なずな1
16.2 ナンヨーマーズ ルメール 清水 ハーツクライ 白梅賞2
19.9 ダイメイフジ 森田 アグネスデジタル こぶし2
40.6 スーパーモリオン 浅見 archarchar ごぎょ1
44.0 レヴァンテライオン 矢作 パイオニアザナイル 朝日杯17
51.5 カロス 池添 池添 スクリーンヒーロー 未勝利1
51.9 リンクスゼロ 森田 アドマイヤマックス ジュニアC10
 ペルシアンナイトは、前走シンザン記念で馬場や展開など苦しい中で3着を確保。やはり高いマイル適性があることを証明した。
 キョウヘイは、前走は馬場や展開が向いた感はあった。阪神の開幕週で高速馬場になったときにどれくらい対応できるかがかぎ。
 ヴゼットジョリーは前走阪神JFでは、休み明けで強いメンバーを相手に5着健闘。再度同じコースでこのメンバーなら勝ちきる可能性も十分。牝馬路線の方がレベルが高いことを証明するレースになるかもしれない。
 ミラアイトーンは武幸四郎騎手ラストの重賞制覇の期待がかかる。父武邦彦騎手の後を継ぎ、調教師になる武幸四郎騎手だが、この馬はデビューから3戦続けて騎乗してきており、勝ちあがりオープン入り。再三起用してもらった島川オーナーに報いたいところ。
 ジョーストリクトリは武豊騎手と新コンビ。
 レッドアンシェルは朝日杯FSでは人気を裏切る形になったが、馬場が合わなかったか。春の開幕週の軽い馬場でスピードを活かせば巻き返せる。3連勝したレースセンスの良さはここで活きる。

武幸四郎騎手最後の勝利も阪神マイル重賞か!?

 武幸四郎騎手といえば、デビューの週に、重賞初騎乗のオースミタイクーンで初勝利を飾るという荒業を成し遂げたことで有名。11番人気の大穴だった。
 そして時は流れ最後の騎乗となるのも阪神開催。そして最後の重賞で勝利のチャンスが巡ってきた。奇しくも同じ阪神1600mコース。アーリントンカップのミラアイトーンだ。デビュー以来武幸四郎騎手が手綱を取り、逃げて勝ち差して勝ち上がってきた自在なレースぶり。今度はオースミタイクーンのときほどの穴馬ではない。
 最後も阪神マイルの重賞を勝って華麗に締めくくってくれるだろうか。競馬ナンデでは、6.8倍・4番人気を予想している。
 

リスト表示する