宝塚記念 2020 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2020年6月26日 10:32)

第61回宝塚記念

阪神競馬場芝2200M
日程:2020.6.28 賞金順出走可能頭数:18頭
予想
オッズ
枠順 出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)

(母馬)
馬主 生産者 前走成績
2.4 3枠5 サートゥルナーリア ルメール 角居 ロードカナロア シーザリオ キャロット ノーザンF 金鯱賞1
3.7 6枠11 ラッキーライラック デムーロ 松永 オルフェーヴル ライラックスアンド サンデーR ノーザンF 大阪杯1
4.7 8枠16 クロノジェネシス 北村友 斉藤 バゴ クロノロジスト サンデーR ノーザンF 大阪杯2
13.5 2枠3 グローリーヴェイズ レーン 尾関 ディープインパクト メジロツボネ シルクR レイクヴィラ 香港V1
15.2 8枠18 ブラストワンピース 川田 大竹 ハービンジャー ツルマルワンピース シルクR ノーザンF 大阪杯7
19.9 7枠14 キセキ 武豊 角居 ルーラーシップ ブリッツフィナーレ 石川達絵 下河辺牧場 天皇賞春6
22.9 4枠7 ワグネリアン 福永 友道 ディープインパクト ミスアンコール 金子真人 ノーザンF 大阪杯5
40.1 7枠15 スティッフェリオ 音無 ステイゴールド シリアスアティテュード 社台RH 社台F 天皇賞春2
62.9 8枠17 カデナ 鮫島克 中竹 ディープインパクト フレンチリヴィエラ 前田幸治 グランド牧場 大阪杯4
70.1 1枠1 トーセンカンビーナ 浜中 角居 ディープインパクト カンビーナ 島川隆哉 社台F 天皇賞春5
81.2 7枠13 ダンビュライト 松若 音無 ルーラーシップ タンザナイト サンデーR ノーザンF 天皇賞春9
91.2 4枠8 レッドジェニアル 酒井 高橋 キングカメハメハ レッドアゲート 東京HR 社台F 鳴尾記3
109.3 1枠2 ペルシアンナイト 和田 池江 ハービンジャー オリエントチャーム G1R 追分F 安田記念9
121.9 5枠10 メイショウテンゲン 松山 池添 ディープインパクト メイショウベルーガ 松本好雄 三嶋牧場 天皇賞春8
151.1 3枠6 トーセンスーリヤ 横山和 小野 ローエングリン トーセンガラシャ 島川隆哉 エスティF 新潟大1
152.1 6枠12 モズベッロ 池添 森田 ディープブリランテ ハーランズルビー キャピタル 村田牧場 天皇賞春7
191.6 2枠4 アフリカンゴールド 藤井 西園 ステイゴールド ブリクセン ゴドルフィン ダーレー 目黒記11
271.7 5枠9 アドマイヤアルバ 西村 須貝 ハーツクライ エリドゥバビロン 近藤旬子 ノーザンF メトロポ8
 ラッキーライラックは大阪杯ハイレベルなメンバーの中、内で脚を溜める味のある競馬で見事勝利。昨秋騎手が変わってからイメージ一新。差し脚を活かす競馬で一皮むけた。
 ブラストワンピースは大阪杯では外から追い上げるも最後に伸びを欠いて大敗。ただ、AJCCは力でねじ伏せるたように力の要る馬場は得意で、一発の魅力を秘めた馬。噛み合えば勝つだけの実力はある。
 クロノジェネシスは大阪杯は内が伸びる馬場の中、外からしぶとく追い上げ2着。瞬発力勝負でもキレる脚を使えて、重い馬場にも対応できる正にオールマイティーで堅実性が武器。
 予想オッズからはどこから入るか非常に迷う一戦に、、。そこでぜひご紹介したいのがG1ジョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。先週の函館SSも◎△▲で3連複1万3200円的中と波に乗っています!大西曰く、、「宝塚記念も騎手視点から見抜けています。すでに狙いは3頭に絞れていて自信あり!」とのこと。
 昨年暮れの有馬記念も3連複1万0750円を的中しているグランプリ男大西の「自信の3頭」無料公開キャンペーンは見逃せません!↓↓

「自信の穴馬」も無料公開

G1ジョッキー大西直宏の
宝塚記念(G1)

根拠が明確・詳細なので
安心できるサービス内容↓

先週の公開内容
◎ダイアトニックの話
前走高松宮記念が初めての1200m戦だったが、流れに戸惑うことなく好位で手応え良く運び、最後は不利が無ければ突き抜けていたのではないかという脚。安田隆行厩舎のロードカナロア産駒、やはりと言うべきか1200mで過去一番のパフォーマンスを披露。

「1400mを使っていた頃は折り合い重視で後ろから運んでいたが、阪急杯の時に『次は高松宮記念に参戦する』と決まったので、にテンから出していく競馬をしてもらいました。そのおかげでここ2戦スピードを存分に活かす競馬ができています」と関係者。今なら小回り函館の1200mでもサッと好位を取って自ら勝ちに行く競馬ができる。

新コンビの武豊騎手は今週の函館芝1200mで②①①③①着(日曜1Rまで)と抜群に乗れている。能力的に一枚上で先行力もあるダイアトニックなら確実に力を引き出せる。

▲ジョーマンデリンの話
今年一番の函館巧者で、「前走でも行きたがっていたくらいなので重賞でペースが上がるのは好材料」と関係者は色気十分。

結果
1着◎ダイアトニック
2着△ダイメイフジ
3着▲ジョーマンデリン
3連単73.4倍的中!

ヴィクトリアマイル
1着◎アーモンドアイ
2着〇サウンドキアラ
3着☆ノームコア
3連単73.4倍的中!

日本ダービー
◎コントレイル
△サリオス
☆ヴェルトライゼンデ
3連単51.4倍的中!

オークス
◎デアリングタクト
☆ウインマリリン
馬連18.0倍的中!

皐月賞
◎コントレイル
〇サリオス
馬連1点6.6倍的中!

桜花賞
◎デアリングタクト
〇レシステンシア
馬連11.1倍的中!!


宝塚記念ももちろん自信あり!
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大西直宏とは ~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


宝塚記念2020コメント~最終追い切り後~

トーセンスーリヤ
「ちょっと速かったけど、無理していないですから。前走以上かは微妙ですけど、調子落ちということはないです。」小野調教師

サートゥルナーリア
「いい時計。いい競馬ができそう。これが古馬の風格。馬の形が変わってきた」角居調教師

ラッキーライラック
「先週しっかりやったので、最後を伸ばす指示。単走の予定だったけど、前に他の厩舎の馬がいて、いい目標になった。」松永調教師

クロノジェネシス
「動きも良く、仕上がりは問題ない。前走後も間隔が取れて、カッカすることなく調整できた。」斉藤調教師

グローリーヴェイズ
「非常に雰囲気がいい。休み明けは課題だが、内に入れたり、外へいったり、実戦勘を取り戻せるようにやってきた」

ブラストワンピース
「今回はある程度のポジションを取りたい。スタミナ勝負ならチャンスがあると思います。」

スティッフェリオ
「馬は良くなって充実期にある。しまいを生かすレースをしてほしいが、良馬場のほうがいい」音無調教師

カデナ
「カデナの末脚を信じていますし、その脚に懸けたい。後ろからどうさばくかがポイント。チャンスはあると思います」鮫島騎手

トーセンカンビーナ
「出遅れるし、二の脚もつかない。追い込み一辺倒だが、展開が向いてくれれば」浜中騎手

ダンビュライト
「いい動き。距離が短くなるのはプラスだし、馬場が悪くなるのも大歓迎」松若騎手

レッドジェニアル
「いつもより活気があった。周りに馬がいたからか、3~4角にかけてやる気を見せてくれた。」中塚助手

キセキ
「落ち着いて、人間の指示を上手に聞けるように、角馬場へ入れたり、坂路に行ったり、馬場に行ったり、ということをしていました。」角居調教師

ワグネリアン
「動きは悪くないし、予定通りの追い切り。どれだけいい位置を取れるか。好位で運びたい」福永騎手

ペルシアンナイト
「叩いて良くなる馬。上積みはある。ただコーナーで加速しないタイプ」池江調教師

メイショウテンゲン
「2週続けて動きは良かった。状態はいい。雨ならありがたい」

モズベッロ
「先週は前のさばきが硬かったが、今週はだいぶマシに」

アフリカンゴールド
「デキはすごくいい。ハナへ行ってもいいかと」

アドマイヤアルバ
「しっかり動けていた。あとは集中力と気持ちの問題」


宝塚記念2020コメント~1週前追い切り後~

サートゥルナーリア
「楽に動けていたね。ずっとリラックス、少しずつペースアップ。反応も良かった。乗っていて気持ちよかった」ルメール騎手

ラッキーライラック
「先週よりいい動き。順調にこられた。うまく流れに乗って競馬してほしい」松永幹調教師

クロノジェネシス
「ゆとりをもってリフレッシュされた感じがあって良い雰囲気」北村友一騎手

キセキ
「折り合いはついて、1週前としては良かった。急仕上げ気味だった前回より良い。落ち着きがある」

ワグネリアン
スティッフェリオ
「しまいを伸ばしてほしいという指示。反応は良かった。操作性が良さそう」幸騎手

トーセンカンビーナ
「体調はすこぶるいい。短期間でメキメキ力をつけてくれてます」小滝助手

カデナ
「具合はいいですね。1完歩が大きくなっています。」中竹調教師

グローリーヴェイズ
「思った以上に折り合いがついて前と離れてしまったぶん、抜けられなかった。でも外を回ってこれだけの時計で動けていれば」尾関調教師

ブラストワンピース
「ジョッキーにプレッシャーをかけてもらった。体はまだ絞れる余地がある」大竹調教師

ダンビュライト
「先週より雰囲気は良くなっています。しっかり動けていた。」松若騎手

メイショウテンゲン
「動きは良かったし順調。エンジンのかかりが遅いので馬場は重い方がいい。」松山騎手

トーセンスーリヤ
「動きは良かったし、順調。ここにきて成長しているし、阪神の馬場も合うと思う」小野調教師

モズベッロ
「順調やね。前走は引っ掛かっていた。距離が短くなるのはいいと思う」森田調教師

アフリカンゴールド
「前走はラストで止まったし、距離の壁があった。距離短縮はいいと思う。」西園調教師

アドマイヤアルバ
「以前は気が悪かったけど、去勢して解消しています。」須貝調教師

宝塚記念2020予想オッズ傾向/ラッキーライラック過剰人気?グローリーヴェイズ・ワグネリアンに馬券妙味か

予想オッズ 出走予定馬
2.3 サートゥルナーリア
2.7 ラッキーライラック
5.6 クロノジェネシス
13.2 ブラストワンピース
13.6 グローリーヴェイズ
16.9 キセキ
37.2 ワグネリアン
44.1 ダンビュライト
47.9 スティッフェリオ
49.3 カデナ
64.5 トーセンカンビーナ
70.0 ペルシアンナイト
80.0 トーセンスーリヤ
88.5 レッドジェニアル
140.9 モズベッロ
188.7 メイショウテンゲン
188.7 アフリカンゴールド
285.6 アドマイヤアルバ
 サートゥルナーリアとラッキーライラックがここまで接近したのは意外。両者とも暫定チャンピオンという評価なのだろう。クロノジェネシスは大阪杯の内容からラッキーライラックとは接近することが考えられるため3強対決といってもよさそう。ラッキーライラックの前走はデムーロ騎手が内をロスなく回った好騎乗もあったと見れば、過剰人気の感も。
 意外にも人気がなかったのがグローリーヴェイズ。香港ヴァーズではラッキーライラックを大きく引き離しているだけに、ドバイ空振り帰りの臨戦過程が嫌われたか。
 ワグネリアンは前走の5着で完全に見放された形。休み明けの前走に目をつぶれば、昨年秋のGⅠ2戦はそれなりに評価できると思うのだが。
 スティッフェリオは前走天皇賞春で僅差の2着したのだが人気は上がらず、フロック視されているようだ。もともと中距離で活躍してきた馬で、単純に力をつけてきたと考えれば狙う手も。
 

宝塚記念2020予想オッズ3強馬連9.3倍!単勝複勝馬連馬単3連単馬券配当も予想

宝塚記念2020予想オッズ
馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
サートゥルナーリア 2.7 1.3
ラッキーライラック 4.0 1.6
クロノジェネシス 5.0 1.8
グローリーヴェイズ 10.4 3.2
ブラストワンピース 12.6 3.7
キセキ 14.0 4.8
ワグネリアン 18.9 4.7
スティッフェリオ 33.6 6.6
カデナ 50.1 7.9
トーセンカンビーナ 59.8 9.1
ダンビュライト 62.4 9.2
レッドジェニアル 71.9 11.6
ペルシアンナイト 77.7 12.2
メイショウテンゲン 99.7 16.0
トーセンスーリヤ 106.0 16.3
モズベッロ 111.1 16.8
アフリカンゴールド 171.7 17.9
アドマイヤアルバ 271.7 19.7
馬連オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
サートゥルナーリア ラッキーライラック 4.6
サートゥルナーリア クロノジェネシス 5.3
ラッキーライラック クロノジェネシス 10.4
サートゥルナーリア グローリーヴェイズ 10.4
サートゥルナーリア ブラストワンピース 11.7
馬単オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
サートゥルナーリア ラッキーライラック 7.5
サートゥルナーリア クロノジェネシス 8.3
ラッキーライラック サートゥルナーリア 10.3
クロノジェネシス サートゥルナーリア 11.6
サートゥルナーリア ブラストワンピース 15.2
3連複オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
サートゥルナーリア ラッキーライラック クロノジェネシス 9.3
サートゥルナーリア ラッキーライラック グローリーヴェイズ 17.1
サートゥルナーリア クロノジェネシス グローリーヴェイズ 18.3
サートゥルナーリア ラッキーライラック ブラストワンピース 20.4
サートゥルナーリア クロノジェネシス ブラストワンピース 22.0
3連単オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
サートゥルナーリア ラッキーライラック クロノジェネシス 17.0
サートゥルナーリア クロノジェネシス ラッキーライラック 19.8
ラッキーライラック サートゥルナーリア クロノジェネシス 21.1
クロノジェネシス サートゥルナーリア ラッキーライラック 23.6
ラッキーライラック クロノジェネシス サートゥルナーリア 25.0

宝塚記念2020阪神競馬場芝2200Mコース詳細解説:変則開催で逃げ先行馬有利の可能性も

宝塚記念開催:夏開催8日目 Cコース使用2日目
 2000年から2011年までは、開催4日目に行われていたためある程度良い馬場で行えていたが、2012年から8日目に戻った。梅雨時の開催で最終日であることから、馬場の内側はかなり荒れ、時計がかかり外伸びする馬場で行われるのが例年の傾向だ。
 ただ、今年は例年と違うのは変則開催でCコース2日目に行われる点。コース変わりの週のため、まだ馬場の内側が綺麗で、逃げ先行馬有利の可能性もある。
 2200mコースはもともと下り坂でスタートし、最初は500m以上直線を走るため、最初の3Fが速くなるが、2度の上り坂があり、ラスト3Fはかかりやすい。
 ただ、このコースは4コーナーが鋭角な角コーナーになっていて後ろの馬は外に膨らみやすく距離ロスする。直線もさほど長くないので、あまり後ろからの追い込みというのは利きにくい。それなりの良い位置で外側の馬場の良いところを選んで回ってくる、ラブリーデイやゴールドシップのような競馬が、このコースを攻略する上では最も有効と思われる。

宝塚記念2020出走予定馬騎手紹介

サートゥルナーリア Cルメール騎手

 無敗で皐月賞を制したが、その後はGⅠ3連敗。ここで勝って真のチャンピオンに就けるか。阪神コースは2戦2勝。前走は左回り・斤量も克服しており死角は少なそうだが。

グローリーヴェイズ Dレーン騎手

 香港ヴァーズではラッキーライラックを寄せ付けず完勝。まだ10戦のキャリアで伸びしろも十分。レーン騎手も手ごたえを掴んでいて、休み明けでも一発ありそう。

モズベッロ 池添謙一騎手

 日経新春杯は軽量を活かしての勝利に思われたが、日経賞では直線不利を受けながら2着の内容は間違いなく力をつけてきている。距離が長いと思われた天皇賞でも健闘してきており成長株。

ラッキーライラック Mデムーロ騎手

 大阪杯はハイレベルなメンバーの中、内で脚を溜める味のある競馬で見事勝利。昨秋騎手が変わってからイメージ一新。差し脚を活かす競馬で一皮むけた。

ブラストワンピース 川田将雅騎手

 大阪杯は外から追い上げるも最後に伸びを欠いて大敗。ただ、AJCCは力でねじ伏せるたように力の要る馬場は得意で、一発の魅力を秘めた馬。噛み合えば勝つだけの実力はある。

ワグネリアン 福永祐一騎手

 ダービー馬も古馬になってからは惜敗続き。レースぶりも自在で安定感はあるが、最後の一押しが足りない現状。大事に使われているので、もうひと成長に期待したい。

クロノジェネシス 北村友一騎手

 大阪杯は内が伸びる馬場の中、外からしぶとく追い上げ2着。瞬発力勝負でもキレる脚を使えて、重い馬場にも対応できる正にオールマイティーで堅実性が武器。

キセキ 武豊騎手

 阪神大賞典ではまさかの大出遅れ。天皇賞春では武豊騎手とのコンビでスタートこそ成功したもののその後折り合いを欠いて自滅。今回もどんな競馬になるかは予測不能。能力の高さは誰もが知るだけに、復活の奇跡を見せてほしいところだが。

カデナ 鮫島克駿騎手

 3歳時には弥生賞を制しクラシックを嘱望されたがその後低迷。しかし小倉大賞典勝ち、大阪杯4着で見事復活した。コーナー4つの競馬で重賞3勝と、ハマったときの末脚は侮れないものがある。

レッドジェニアル 酒井学騎手

 鳴尾記念では最速の上がりを使い僅差3着と末脚は健在。同じ2200の京都新聞杯ではダービー馬ロジャーバローズを差し切っており一発を秘めた大穴。

メイショウテンゲン 松山弘平騎手

 スタミナ勝負になれば滅法強く、道悪も得意。この季節だけに大雨でも降れば、母メイショウベルーガが果たせなかったGⅠ制覇の可能性も。

トーセンカンビーナ 藤岡康太騎手

 3歳時から素質は評価されていたが青葉賞では大敗。その後自己条件でジワジワと力を付けて阪神大賞典では2着。瞬発力勝負になれば末脚が活きる。

ダンビュライト 松若風馬騎手

 2200の距離はベストで、過去に重賞を2勝。一昨年の宝塚記念でも5着と健闘している。返し馬で興奮してしまう気性難のある馬だったが、去勢され落ち着いて臨めるようになった今なら一変も。

スティッフェリオ 幸英明騎手

 天皇賞春はあわや押し切るかの競馬であっと言わせた。ステイゴールドの晩成型の血が開花して、もともと適距離の2200に戻れば一発も。

宝塚記念過去10年歴代優勝馬

宝塚記念 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2010年 ナカヤマフェスタ 柴田騎手 8番人気
2011年 アーネストリー 佐藤騎手 6番人気
2012年 オルフェーヴル 池添騎手 1番人気
2013年 ゴールドシップ 内田騎手 2番人気
2014年 ゴールドシップ 横山騎手 1番人気
2015年 ラブリーデイ 川田騎手 6番人気
2016年 マリアライト 蛯名騎手 8番人気
2017年 サトノクラウン デムーロ騎手 3番人気
2018年 ミッキーロケット 和田騎手 7番人気
2019年 リスグラシュー レーン騎手 3番人気

宝塚記念過去10年1番人気馬成績

宝塚記念 1番人気馬 勝利騎手 着順
2010年 ブエナビスタ 横山典騎手 2着
2011年 ブエナビスタ 岩田騎手 2着
2012年 オルフェーヴル 池添騎手 1着
2013年 ジェンティルドンナ 岩田騎手 3着
2014年 ゴールドシップ 横山典騎手 1着
2015年 ゴールドシップ 横山典騎手 15着
2016年 ドゥラメンテ デムーロ騎手 2着
2017年 キタサンブラック 武豊騎手 9着
2018年 サトノダイヤモンド ルメール騎手 6着
2019年 キセキ 川田騎手 2着

宝塚記念武豊騎手過去10年騎乗データ

宝塚記念 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2010年 騎乗馬なし
2011年 ビートブラック 11着 12番人気
2012年 騎乗馬なし
2013年 トーセンラー 5着 4番人気
2014年 ヒットザターゲット 4着 12番人気
2015年 トーセンスターダム 12着 9番人気
2016年 キタサンブラック 3着 2番人気
2017年 キタサンブラック 9着 1番人気
2018年 ダンビュライト 5着 5番人気
2019年 騎乗馬なし

リスト表示する