菊花賞 2018 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2018年7月13日 15:49)

第79回菊花賞予想オッズ

京都競馬場芝3000M
日程:2018.10.21 賞金順出走可能頭数:18頭
予想
オッズ
馬名 騎手 厩舎 血統
(父馬)

(母馬)
母の父 馬主 生産者 前走結果
5.1 エポカドーロ 戸崎 藤原 オルフェーヴル ダイワパッション フォーティナイナー ヒダカBU 田上徹 ダービー2
5.2 ブラストワンピース 池添 大竹 ハービンジャー ツルマルワンピース キングカメハメハ シルクR ノーザンF ダービー5
8.9 レイエンダ ルメール 藤沢 キングカメハメハ ラドラーダ シンボリクリスエス キャロットF ノーザンF 夏木立1
9.2 フィエールマン 石橋脩 手塚 ディープインパクト リュヌドール グリーンチューン サンデーR ノーザンF ラジオN2
9.6 エタリオウ ボウマン 友道 ステイゴールド ホットチャチャ Cactusridge リビエールR ノーザンF ダービー4
9.7 コズミックフォース 石橋脩 国枝 キングカメハメハ ミクロコスモス ネオユニヴァース サンデーR ノーザンF ダービー3
16.0 メイショウテッコン 松山 高橋 マンハッタンカフェ エーシンベロシティ レモンドロップキッド 松本好雄 下屋敷牧場 ラジオN1
18.9 ゴーフォザサミット 蛯名 藤沢 ハーツクライ ラグジャリー ストームキャット 山本英俊 矢野牧場 ダービー7
19.1 スーパーフェザー 友道 ディープインパクト オーサムフェザー オーサムオブコース KTレーシング ノーザンF 青葉賞3
25.1 サトノフェイバー 古川 南井 ゼンノロブロイ ヴィヴァシャスヴィヴィ distortedhumor サトミホース フジワラF きさらぎ1
34.8 ブレステイキング ディープインパクト シユーマ medicean サンデーR ノーザンF プリンシ2
39.0 グロンディオーズ 田村 ルーラーシップ シェリール サンデーサイレンス サンデーR ノーザンF 500万1
41.8 シャルドネゴールド 池江 ステイゴールド セルフプリザベーション ライオンハート 青芝商事 パカパカ 京都新聞3
42.6 ドミナートゥス 宮本 ルーラーシップ デグラーティア フジキセキ サンデーR ノーザンF 500万1
44.6 ステイフーリッシュ 横山典 矢作 ステイゴールド カウアイレーン キングカメハメハ 社台RH 社台F ダービー10
48.1 グレートウォリアー 藤原 ディープインパクト プラウドスペル プラウドシティズン サンデーR ノーザンF 新緑賞1
50.1 ジェネラーレウーノ 田辺 矢野 スクリーンヒーロー シャンハイロック ロックオブジブラルタル リビエールR 新生F ダービー16
53.9 タイムフライヤー 内田 松田 ハーツクライ タイムトラベリング ブライアンズタイム サンデーR 白老F ダービー11
57.1 アドマイヤアルバ 丸山 須貝 ハーツクライ エリドゥバビロン Bernstein 近藤利一 ノーザンF ダービー9
59.0 フォックスクリーク 川田 中内田 ディープインパクト クロウキャニオン フレンチデピュティ 金子真人 ノーザンF 500万1
65.9 タニノフランケル 角居 フランケル ウオッカ タニノギムレット 谷水雄三 谷水雄三 京都新聞17
66.7 グレイル 岩田 野中 ハーツクライ プラチナチャリス ロックオブジブラルタル カナヤマHD ノーザンF ダービー14
72.6 アイトーン 国分恭 五十嵐 キングズベスト スペシャルディナー スペシャルウィーク 深見富朗 タガノF 白百合3
101.4 オウケンムーン 北村宏 国枝 オウケンブルースリ ムーンフェイズ エリシオ 福井明 ノーザンF ダービー15
150.6 ケイティクレバー 浜中 安田 ハービンジャー モルトフェリーチェ ディープインパクト 瀧本和義 社台F ラジオN6
回避予定馬:ワグネリアン・ダノンプレミアム・ステルヴィオ・ジャンダルム・サンリヴァル・キタノコマンドール
 今年はダービー馬ワグネリアンが回避を表明。さらにダノンプレミアムやステルヴィオといった有力馬も回避を表明し、例年通り若干落ちたメンバーにはなりそうだ。
 その中で人気の中心は皐月賞馬で、ダービーも2着したエポカドーロ。距離適性的には若干微妙だが、京都の高速馬場ならあまりスタミナは求められない。馬場を味方に逃げ切る可能性も十分。
 エタリオウはダービーでは低評価を覆す僅差の4着。上りも33.5という素晴らしい脚だった。こちらはステイゴールド産駒で距離の心配はない。菊花賞向きのタイプか。
 ブラストワンピースはダービーで初めて土が付いたが、直線で若干進路をなくし立て直す不利があった。距離の不安もなくセンスが高く、上位は間違いなさそう。
 スーパーフェザーは青葉賞で僅差及ばなかったが、距離伸びて安定感が出てきた。京都3000は絶好の舞台のはずで、怖い存在。

菊花賞過去10年歴代優勝馬

菊花賞 歴代勝ち馬 勝利騎手 単勝人気
2008年 オウケンブルースリ 内田騎手 1番人気
2009年 スリーロールス 浜中騎手 8番人気
2010年 ビッグウィーク 川田騎手 7番人気
2011年 オルフェーヴル 池添騎手 1番人気
2012年 ゴールドシップ 内田騎手 1番人気
2013年 エピファネイア 福永騎手 1番人気
2014年 トーホウジャッカル 酒井騎手 3番人気
2015年 キタサンブラック 北村宏騎手 5番人気
2016年 サトノダイヤモンド ルメール騎手 1番人気
2017年 キセキ デムーロ騎手 1番人気

菊花賞1番人気馬成績データ

菊花賞 馬名 騎手 着順
2008 オウケンブルースリ 内田博幸 1
2009 リーチザクラウン 武豊 5
2010 ローズキングダム 武豊 2
2011 オルフェーヴル 池添謙一 1
2012 ゴールドシップ 内田博幸 1
2013 エピファネイア 福永祐一 1
2014 ワンアンドオンリー 横山典弘 9
2015 リアファル ルメール 3
2016 サトノダイヤモンド ルメール 1
2017 キセキ デムーロ 1

リスト表示する