阪神ジュベナイルフィリーズ 2017

競馬ナンデ想定班(2017年12月10日 08:22)

阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズ

阪神競馬場 日程:2017.12.10 出走馬可能頭数:18
予想
オッズ
馬名 騎手 枠順 厩舎 血統
(父馬)
前走成績
2.4 ロックディスタウン ルメール 8枠18 二宮 オルフェーヴル 札幌2歳1
3.9 ラッキーライラック 石橋 6枠11 松永 オルフェーヴル アルテミス1
8.0 マウレア 戸崎 2枠4 手塚 ディープインパクト 赤松賞1
8.0 リリーノーブル 川田 4枠7 藤岡 ルーラーシップ 白菊賞1
8.9 コーディエライト 和田 8枠17 佐々木 ダイワメジャー ファンタジ2
11.1 ソシアルクラブ 福永 6枠12 池添 キングカメハメハ 1.36.9
27.8 ラテュロス 北村友 1枠2 高野 ディープインパクト アルテミス3
40.1 トーセンブレス 柴田善 4枠8 加藤 ディープインパクト アルテミス6
50.1 サヤカチャン 松岡 1枠1 田所 リーチザクラウン アルテミス2
59.9 モルトアレグロ 吉田隼 8枠16 武井 speightstown くるみ1
68.9 ナディア 四位 7枠15 笹田 ノヴェリスト 秋明菊2
79.9 マドモアゼル 松田 3枠6 斉藤 ブラックタイド りんど1
90.5 トーセンアンバー 横山和 7枠13 菊沢 ディープインパクト 京王杯6
92.6 グリエルマ 小牧 2枠3 矢作 ロードカナロア 1.23.1
108.9 ノーブルアース 鮫島 7枠14 牧浦 ハーツクライ 赤松賞6
122.4 ハイヒール 藤岡佑 5枠10 清水 トーセンホマレボシ 白菊賞6
130.9 ラスエモーショネス 3枠5 高橋 ファストネットロック きんも2
298.3 レグルドール 高倉 5枠9 杉山 アドマイヤマックス ファンタジ9
 ラッキーライラックはアルテミスステークスを制覇。オルフェーヴル産駒らしく成長力を見せた。ただ、このレースはメンバーレベル的にどうだったか疑問も持たれている。ここが本当の試金石か。
 リリーノーブルは白菊賞を無敗で制し、中1週で登録してきた。ただ、白菊賞のレースレベルは今年に限っては疑問もあるのと、ルーラーシップ産駒はこれまで牝馬がことごとく走っていないのが不安要素。
 ロックディスタウンは牡馬に混じった札幌2歳ステークスで外から差し切る強い勝ち方。オルフェーヴル産駒で成長力にも期待でき、スタミナにも不安がない。
 ソシアルクラブは母ブエナビスタという良血で新馬は外から一気の差し切り勝ち。未知の魅力が一杯だが、姉のコロナシオンはあまり活躍できておらず、新馬の時計もさほど優れてはいない。面白い存在ではあるがここが試金石。
 コーディエライトは新潟2歳ステークスで外枠からハナを奪いよく粘っての2着。スローペースだったとはいえ、直線が極めて長く逃げ切りにくい新潟外回りコースで驚異的な粘り。休み明けのファンタジーSもしぶとい内容で安定感あり。
 予想オッズからは、馬券をどこから買おうか迷う阪神ジュベナイルフィリーズになった。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際に何度もG1レースに騎乗しており、G1レース特有の騎手心理など騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。曰く、、「阪神JFは荒れるでしょう!絶対狙うべき超穴馬の情報が入っています!」とのこと↓↓

ロックディスタウンを脅かす
超穴馬を見よ↓↓

日本ダービー騎手大西直宏渾身
第69回阪神JF(G1)

◆先週も独占スクープで獲った!
先週チャレンジカップ
穴デニムアンドルビー(5番人気)
【1万2120円的中】

先週土曜中京6R
穴ケルンウィナー(5番人気)
【2万0940円的中】

先週土曜中京8R
穴ダンツエンペラー(6番人気)
【1万1880円的中】

前哨戦ファンタジーS(G3)
穴ベルーガ(5番人気)
1万7980円的中!

アノ穴馬が3着でも大万馬券濃厚!
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。



 

有力馬出走予定前哨戦・トライアル

アルテミスステークス2017
1着ラッキーライラック
2着サヤカチャン
3着ラテュロス
6着トーセンブレス

ファンタジーステークス2017
1着ベルーガ
2着コーディエライト
3着アマルフィコースト
5着モズスーパーフレア
9着レグルドール

白菊賞2017
1着リリーノーブル
2着スカーレットカラー

りんどう賞2017
1着マドモアゼル
5着サヤカチャン


阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想ツイキャス生放送配信!日程:前日9日22時~騎手型予想家アキ

 12月9日土曜日22時からは、騎手型予想家アキが阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想ツイキャス配信!
 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相の阪神ジュベナイルフィリーズをアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部ツイキャス 
日程:12月9日(曜) 22:00~
http://twitcasting.tv/c:nandecas

ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。


阪神ジュベナイルフィリーズ2017新種牡馬データ:不調オルフェーヴル産駒に勝たせたい社台G思惑?

 今年は新種牡馬の当たり年で、多くの活躍馬が新たにターフに産駒を送り込んでいる。現在のところのファーストクロップサイアーランキングが以下だ。

順位 種牡馬名 出走回数 出走頭数 勝利頭数 AEI 収得賞金(万円) 代表産駒
1 ロードカナロア 174 78 27 1.78 33861.5 ステルヴィオ
2 ヘニーヒューズ(USA) 221 78 24 1.36 25774.2 ドンフォルティス
3 オルフェーヴル 135 73 7 0.95 16837.9 ロックディスタウン
4 エイシンフラッシュ 276 88 19 0.74 15953.3 コスモイグナーツ
5 ノヴェリスト(IRE) 123 59 10 0.99 14151.9 ヴァイザー
6 ハードスパン(USA) 93 37 11 1.21 10939.7 ダークリパルサー
7 ストロングリターン 224 48 12 0.92 10724.2 ペイシャルアス
8 エスポワールシチー 137 41 17 0.96 9616.8 ヤマノファイト
9 ローズキングダム 172 40 7 0.58 5645.9 アンブロジオ
10 モンテロッソ(GB) 146 37 9 0.46 4183.7 ビリーバー

 ロードカナロアがステルヴィオ、アンヴァル、ダノンスマッシュなどを送り込み堂々1位。ヘニーヒューズが続き、その次にオルフェーヴルだ。オルフェーヴルは2頭の重賞勝ち馬を出して成功にも思えるが、実は勝ち上がり率が悪い。200頭以上種付けし、この結果というのは案外だろう。ファーストクロップというのは種牡馬を売り込む際にとにかく大事で、それによって種付け料も決まってくる。社台グループとしては何としてもという思いで繁殖牝馬も集めてきた。
 オルフェーヴル産駒成功をアピールするには阪神ジュベナイルフィリーズは絶好の機会にして今年最後のチャンス。ぜひとも勝たせたいのではないだろうか。


オルフェーヴル産駒はシンゴジラ?阪神ジュベナイルフィリーズ2017で末恐ろしいファーストクロップがG1制覇へ!

 先日テレビ放映されたことでシンゴジラが話題になっていたが、皆さんはご覧になっただろうか?シンゴジラは東京湾に上陸してから3度も変身を遂げ第4形態にまで進化し、強力化していった。
 そんなシンゴジラを見ていて思い出した馬がいる。オルフェーヴルである。
 ???という方も多いと思うが、馬の走り方をいつも見ている私からすると、オルフェーヴルは正にシンゴジラだ。デビューしてからどんどんと成長し形態を変えて最強馬になっていった馬なのである。
 
 オルフェーヴルは新馬戦こそなんとか勝ち上がったが、芙蓉Sでは圧倒的人気を裏切って敗れる。その後の京王杯2歳ステークスも人気を裏切り10着大敗。
 この頃の走法は非常に凡庸だった。首が硬くてコトコトとして前脚も綺麗に伸びず、これは血統で人気になっているけれど重賞では通用しない馬だと思った。実際にきさらぎ賞まで惜敗を続け、シメシメと思っていた。
 しかし皐月賞ではまったく違う馬に化けていた。綺麗に脚が伸び、G1馬に相応しい馬になっていた。さらにはあの伝説の阪神大賞典のころには、首も使えるようになりサラブレッドとして理想形と思えるフットワークに。フットワークを見る私にとって、オルフェーヴルは第3形態まで進化した成長力の馬だった。
 
 ゆえに、オルフェーヴル産駒ファーストクロップの2歳時からの活躍には末恐ろしいものを感じている。ロックディスタウンも、ラッキーライラックも、フットワークにはやはり多少の硬さが感じられるのだが、それでもこの活躍。阪神ジュベナイルフィリーズはワンツーまでありえそう。それが3歳4歳になったときにどこまで強くなるのか、目が離せない。


阪神ジュベナイルフィリーズ2017抽選組が強い理由:ソシアルクラブが母ブエナビスタ同様叩かれ一変も

 阪神ジュベナイルフィリーズは抽選組が強いというデータがある。この11年で、ウオッカ、トールポピー、ブエナビスタ、ジョワドヴィーブルの4頭が抽選組から優勝している。
 ここまでくると何かしら理由があるはず。それはフレッシュさではないだろうか。まだ体力の突き切っていない2歳牝馬だからこそ、フレッシュな状態のほうが過酷な阪神1600で能力を出し切りやすい。
 2勝馬というのは少なくとも年の後半に2回は走っていることになるし、それが重賞ともなれば、かなり疲労を残したまま暮れのレースを迎えることになるからだ。
 今年の抽選組で注目といえばなんといってもソシアルクラブ。母のブエナビスタも叔母のジョワドヴィーブルも抽選で阪神JFを勝っている正に抽選血統だ。ソシアルクラブの前走は時計的に評価が低いが、母ブエナビスタも新馬では負けており、そこから2戦目に大きな変わり身を見せている。
 大きく時計を短縮して優勝となれば祖母ビワハイジからの3代制覇の記録達成だ。


阪神ジュベナイルフィリーズ2017無敗リリーノーブル@川田騎手G1挑戦「ルーラーシップ産駒牝馬は走らない?」

 ルーラーシップは昨年ファーストクロップをデビューさせ、じわじわと活躍馬を出している。自身と同様に晩成型なのか、春のクラシックではイマイチ振るわなかったが、キセキが菊花賞制覇。ここへきてレジェンドセラーやホウオウドリームも3勝目を挙げてきている。他にもダンビュライト、アディラート、ダノンディスタンス、キングズラッシュ、イブキと重賞で活躍。ただ、ここでひとつ気づくことがある。これらの中に牝馬がまったくいない。
 牝馬の稼ぎ頭はインヘリットデールという2勝馬で、活躍馬が牡馬に大きく偏っている。そこへきて初めての牝馬の大物かもしれないのが阪神ジュベナイルフィリーズに出走するリリーノーブルだ。ここまで無敗で出世レース白菊賞を制した。
 阪神ジュベナイルフィリーズは急遽の出走表明だったせいか最初は騎手が見つからなかったが、そこへ運もめぐってきた。アマルフィコーストが回避したことにより、ベルーガがCデムーロ騎手に変わった。そのせいで川田騎手が空いたことで、この馬に乗れることになった。
 ここで好走して「ルーラーシップの牝馬は走らない」を払しょくしたいところだ。
 


阪神ジュベナイルフィリーズ2017和田騎手@コーディエライト秋G1好調データ!全て人気以上着順

 最近乗れていると競馬ファンの間で評判なのが和田竜二騎手だ。というのも秋のG1全てで人気より上の着順の結果を残している。

 秋華賞 ラビットラン 6番人気4着
 菊花賞 ポポカテペトル 13番人気3着
 天皇賞秋 ミッキーロケット 14番人気12着
 エリザベス女王杯 クロコスミア 9番人気2着
 マイルCS レーヌミノル10番人気4着

 特にクロコスミアとレーヌミノルはテン乗りでの好走で仕事人ぶりがうかがえる。他にもラビットランで人気薄でのローズステークス勝利など、頼りになるジョッキーという印象を残している。今年はリーディングでも90勝で5位。100勝も見えてきた。テイエムオペラオー以来16年間JRAG1勝利からは遠ざかっているがそろそろ勝っても全くおかしくない。
 そこへきてコーディエライトはチャンスだ。他に確たる逃げ馬もおらず展開利が見込めそう。テイエムオペラオーのときとは違う逃げでのG1制覇の可能性は十分。


阪神ジュベナイルフィリーズ2017デムーロ・武豊・ムーア騎手不在で若手チャンスも藤田菜七子は騎乗不可

 毎年のことだが、阪神ジュベナイルフィリーズは香港国際競走と日程が重なるため、有力騎手が多数不在ということがある。
 今年は香港ヴァーズにキセキで出走するためデムーロ騎手が不在。香港カップにスマートレイアーで出走するため武豊騎手が不在。ムーア騎手も香港遠征で不在となる。
 いつもはトップジョッキーの草刈り場となるG1レースも、このときばかりは若手・中堅の日本騎手にチャンスが回ってくるというものだ。
 ラッキーライラックの石橋脩騎手などは良い例ではないだろうか。これまで2戦2勝。乗り替わることなく有力候補として人気で望めそうだ。
 いま乗れていると評判の和田騎手も有力馬コーディエライトで、秋山騎手もデビュー以来3戦続けて乗っているラテュロスで出走できそう。
 ただ新人にチャンスとはいっても藤田菜七子騎手は騎乗できません。G1レース騎乗には通算31勝の実績が必要なためです。あしからず。


阪神ジュベナイルフィリーズ2017netkeiba予想オッズ雑感/ロックディスタウン単勝2倍過剰人気か?マウレア15倍は馬券妙味?

人気 馬名 予想オッズ
1 ロックディスタウン 2.1
2 ラッキーライラック 3.7
3 ベルーガ 6.6
4 コーディエライト 9.0
5 ソシアルクラブ 10.8
6 マウレア 15.9
7 リリーノーブル 21.2
8 トーセンブレス 33.5
9 サヤカチャン 38.2
10 サウンドキアラ 43.0
11 ラテュロス 53.7
12 モルトアレグロ 58.0
13 アマルフィコースト 118.0
14 マドモアゼル 166.5
15 スカーレットカラー 196.7
16 トーセンアンバー 209.4
17 ノーブルアース 249.7
18 ナディア 270.5
19 グリエルマ 463.7
20 モズスーパーフレア 649.2
 ロックディスタウンがここまで抜けた人気なのは意外。何より3か月のブランクがあること、札幌2歳ステークスのメンバーレベルがどうだったのかなど不安要素も多い馬。潜在能力への期待が極めて高いことがわかるが、実際にはここまで極端には売れないと予想する。
 ベルーガは距離への不安があるのか、前回鮮やかに勝っている割には人気が出なかった。
 ソシアルクラブも思ったよりも人気。新馬の内容からはそこまで高い評価はしにくい馬。血統背景から注目されている馬なので、やはりnetkeibaもPOG人気が反映されやすいのかもしれない。実際にはここまで人気にはならないのでは。競馬ブックでも印は薄い。
 無敗のマウレアがここまで人気がないのも意外。桜花賞馬の下でディープインパクト産駒という血統的にも人気してよさそうなものだが、、。
 今回のnetkeibaオッズには謎の部分も多く、競馬ナンデの予想オッズを参考にしていただけるのも一考ではないだろうか、、。


阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズデータ(単勝複勝馬連馬単)2ch人気穴馬ラテュロス8番人気

阪神JF2017予想オッズ単勝複勝
ロックディスタウン
ラッキーライラック
ベルーガ
マウレア
リリーノーブル
コーディエライト
ソシアルクラブ
ラテュロス
トーセンブレス
サヤカチャン
モルトアレグロ
サウンドキアラ
ナディア
マドモアゼル
モズスーパーフレア
トーセンアンバー
ラスエモーショネス
レグルドール
2.8
4.1
6.1
9.1
10.2
10.4
20.1
35.3
48.4
50.1
51.2
59.7
68.9
78.9
82.9
90.8
179.6
295.8
1.3
1.5
2.3
3.0
3.6
3.5
5.4
6.9
8.0
7.8
8.0
10
12
14
17
20
29
50
馬連1人気ロックディスタウン─ラッキーライラック5.2倍
  2人気ロックディスタウン─ベルーガ6.9倍
  3人気ラッキーライラック─ベルーガ9.6倍
  4人気ロックディスタウン─マウレア10.9倍
  5人気ロックディスタウン─リリーノーブル11.6倍
馬単1人気ロックディスタウン─ラッキーライラック9.2倍
  2人気ラッキーライラック─ロックディスタウン10.9倍
  3人気ロックディスタウン─ベルーガ11.1倍
  4人気ロックディスタウン─マウレア16.0倍
  5人気ラッキーライラック─ベルーガ16.2倍



阪神JF2017予想オッズ1番人気ロックディスタウン鞍上ルメール騎手が不調?秋華賞以降重賞着順データ

 先週もムーア騎手のゴールドドリームがチャンピオンズカップを制し、この秋のG1は外国人騎手が席巻。そして今週はルメール騎手が阪神ジュベナイルフィリーズに1番人気ロックディスタウンで臨む。今週も安泰と思いがちだが、実はこのところルメール騎手が冴えていないのではないかという話もある。
 秋華賞をディアドラで制したのは良かったのだが、その後重賞で存在感がイマイチないので調べてみた。
 富士S イスラボニータ4番人気2着
 菊花賞 アルアイン2番人気7着
 アルテミスS トーセンブレス1番人気6着
 天皇賞秋 ソウルスターリング4番人気6着
 京王杯2歳S タワーオブロンドン1番人気1着
 みやこS エピカリス1番人気8着
 武蔵野S ベストウォーリア3番人気7着
 エリザベス女王杯 ヴィブロス1番人気5着
 マイルCS イスラボニータ1番人気5着
 ジャパンC レイデオロ2番人気2着
 チャレンジC モンドインテロ3番人気4着
 チャンピオンズC カフジテイク5番人気7着
 
 やはり人気馬を飛ばしてしまうことが多く、優勝も圧倒的人気のタワーオブロンドンだけと、やはり成績だけ見るとイマイチだ。人気以下の着順ということが多く、ディアドラが鮮やかすぎたせいか過剰人気になり馬券妙味がない騎手になってしまっている感がある。
 netkeibaの予想オッズを見る限りでは未だにルメール騎手人気は衰えていないようだが、今週は大丈夫だろうか?


有力出走予定馬参考動画

アルテミスステークス2017

ファンタジーステークス2017

札幌2歳ステークス2017

りんどう賞2017

くるみ賞2017

函館2歳ステークス2017

白菊賞2017

赤松賞2017
  


阪神ジュベナイルフィリーズ2017出走馬走法データ:フットワーク予想家おくりばんと穴馬モルトアレグロ抜擢

馬名 走法
コーディエライト 4.5安
サヤカチャン 4.5
スカーレットカラー 中安
ソシアルクラブ 4.5
ナディア 4.5
ノーブルアース 5.5パ
ベルーガ 5
マウレア 4.5
マドモアゼル 4.5短
モズスーパーフレア 4.5
モルトアレグロ 5.5良安
ラッキーライラック 5.5安
ラテュロス 5
リリーノーブル 中安
レグルドール 首高硬め4.5速
ロックディスタウン 中首硬め安
 一番人気のロックディスタウンは姉のキャットコインに走法が似ている。というのも血統表を見てみると父がステイゴールドからオルフェーヴルに変わったので血量の4分の3が同じだ。姉と同じで、ちょっと首や前の捌きが硬い。ただ、オルフェーヴルという馬は成長するにつれて柔らかい走り方になっていった馬なので、この馬も変わってくる可能性がある。ただ、1週前追い切りを見た感じではあまり変わってきた感はなかった。
 オルフェーヴル産駒でもラッキーライラックの方がよいと思う。こちらはやや首が短めでマイラー寄りだと思うが、走法に硬さがなくスムーズな回転でスピード感があり条件が合っていそう。1週前追い切りでも成長がうかがえた。
 一番走法が良いと感じたのは穴馬モルトアレグロ。ここまでダート、荒れ馬場、重馬場という条件で走ってきていて未知数な部分が多いが、走法は綺麗な大とびで美しい。マイルまでならなんとかなりそうなフォーム。
 
  


阪神ジュベナイルフィリーズ2017走法研究会結論:2歳牝馬は現状低レベルでモルトアレグロら穴馬台頭も?

 筆者のように走法を使って予想する人間にとって2歳重賞、G1というのは予想が非常に楽しみなものだ。出走各馬の走法を見て、ああこういう馬が先々競馬を引っ張っていくんだなあとワクワクしてきて、予想にも熱が入る。だが、今回の阪神ジュベナイルフィリーズに限ってはあまりワクワク感がなかった。悪い馬もさほどいないのだが、お!これは!というような大物も見当たらず、小粒感があった。
 昨日のツイキャス放送でお話ししたが、個人的には今年の2歳牝馬は現状あまりレベルが高くないという感じがする。ロックディスタウン・ラッキーライラックあたりは進化するオルフェーヴル産駒なのでまだこれから先に楽しみがあるかもしれないが、リリーノーブルやマウレアやソシアルクラブあたりは凡庸に見えた。私が穴馬で抜擢したモルトアレグロは吉田隼人騎手の言によると1400がぎりぎりということでかなり短距離指向だろう。今年は牡馬の方ではキラ星のごとく大物が出てきているのだが、牝馬というと、、。
 とはいえ、昨年は逆で牝馬優勢と言われ、ミスエルテやファンディーナ、ソウルスターリングがもてはやされたが、1年たつと評価はまるで逆転し、レイデオロやスワーヴリチャードの方が評価されている。
 世代のレベルというのはことほど左様にわからないものではある。
  


阪神ジュベナイルフィリーズ2017とりおやこ予想本命ロックディスタウン「伝説の新馬戦を制した価値」

阪神JFは、新馬で牡馬相手の芝1500m以上戦に出てる馬が強くて、
過去10年で、全ての馬がそうなんです。

ただ、形式的にそういう条件にハマっていればいいとは思ってないんですね。

牡馬相手の芝1500m以上戦に価値があるのは、
間違いなく、そのカテゴリのレベルが高いからなんで、
実際に「レベルが高い」という要素が必要なんだと思うんです。

ブエナビスタが一番いい例で、
ブエナビスタは、新馬戦で3着に敗れてるんですが、
このレースには、アンライバルド、リーチザクラウン、スリーロールスがいるという、
とんでもないメンバーだったんです。

言わば「伝説の新馬戦」なんですけど、
そこまではなくても、「少なくともその時点では屈指であった」
くらいの必要はあると思うんですよね。

そういう意味で、新馬でタイムフライヤーやシャルドネゴールドと走ったのは、
他の新馬戦と比べて、圧倒的に違うものがあるし、
そういう「成績には表れにくい差」があるからこそ、
強いのが見え見えの馬であっても、高い期待値になるわけです。


唯一の不安要素は、水上先生と被ったこと。
  


阪神ジュベナイルフィリーズ2017血統予想:下彦本命ラテュロス「中速で長く良い脚・外回り向き」

◎ラテュロス
ディープ×タッチゴールド(ヴァイスリージェント)の母方にダマスカス系、ファラリス系のスピード特化型血統。母方にもう一本ND系の血が欲しいところです。
新馬戦は当コース、ホームストレートで前の馬に寄られて挟まれ立て直して外から伸ばして2着。未勝利も当コース、やはりストレートで最内を突こうとするも安全策で3頭分くらい外へ出し伸びて勝ち。
前走アルテミスSは内からスタート良く出て先行、直線勝ち馬ラッキーライラックにあっさり交わされ逃げのサヤカチャンも最後まで捉えは出来なかったものの4着以下は抑えこみ、勝ち馬から0.3秒差の3着。3戦のパフォーマンスからは足りない印象を受けますが阪神マイル2戦からはコース相性良さそうだし、スタート良くポジショニングにも無理がありませんし、ビュンとくる感じはないものの中速で長く良い脚がありそうなところも外回り向きであると言えそうです。

◯ロックディスタウン
オルフェーブル×ストームキャット
新馬はトップスピード戦、前走札幌2歳Sは時計を要す力の要る馬場での消耗戦の様なレースを勝ち能力の高さは間違いないところかと思います。
3ヶ月以上の間隔、初めての急坂も克服してきそうです。

▲トーセンブレス
ディープ×ファルブラヴ(フェアリーキング)はハープスターを連想させますね。
母母父カーリアン(ニジンスキー)、4代にファビュラスダンサー(ND)とノーザンダンサーの色濃い母方。アドマイヤミヤビ、サトノアーサーの様な構成で重々しいですが底力はありそうです。前走アルテミスSは出遅れから序盤で押し上げたのが最後に響いたのかもしれません。末に徹するレースをしてくると思われるので改めて。

△ラッキーライラック
△リリーノーブル
  


阪神ジュベナイルフィリーズ2017過去10年ラップ分析展開予想:雀本命ラッキーライラック「アルテミスS組を評価」

【前流TS】or【前流PT】戦(【中緩有】)になると予想。
 アルテミスSに近いレースタイプになると思っているので、アルテミスS組を高く評価。

◎ラッキーライラック
 ゲートも上手いし能力も高い。アルテミスSは1着なので本命。

〇ラテュロス
 アルテミスS組。今回も内枠で期待。

▲マドモアゼル
 未勝利戦やりんどう賞は結構評価したいし、枠も良い。

☆サヤカチャン
 アルテミスS組。これもアルテミスS組で今回は最内枠と良化を期待。

△グリエルマ
 未勝利戦が結構良いと思うし、今回は枠も良い。

△レグルドール
 スプリンターにに見えるが、新馬戦やひまわり賞は阪神JFのレース形態に似ている。前走は出遅れてしまったが、スタートが決まればありえる一頭。

ワイド(5点)
◎-〇▲☆△△


----------------------------------
ロックディスタウン
★好走レース★
【前緩TS】加速L3/最速L2【2F(26)-4F(33)-3F(10)】
17'新馬【2歳OP(-0.1)】

【前緩PT】加速L4/最速L2
17'札幌2歳S【2歳OP(-0.0)】【2F(25)-3F(27)-4F(24)】

★敗走レース★
なし

★評価★
【トップスピード戦】
17'新馬【2歳OP(-0.1)】【2F(26)-4F(33)-3F(10)】

【ポテンシャル戦】
17'札幌2歳S【2歳OP(-0.0)】【2F(25)-3F(27)-4F(24)】

★短評★
 札幌2歳S、新馬戦ともに2歳OPクラスの馬を撃破してきており、能力比較で見ると現状は最上位クラスの存在で間違いない。
 さて、その能力が阪神マイルでとなるとどうか?というところだが、個人的に信頼度はそんなに高くないと思っている。まず、両レースとも【前緩】タイプでの好走と言えてしまうのがポイントで、逆に【前流】や【前急】タイプでは未知数であると。
 札幌2歳Sはステイヤー寄りのレース、新馬戦は瞬発力勝負の後半TS特化戦。いずれも阪神JFの展開ではないので、現状一番人気というロックディスタウンを本命視は出来ない。

------------------------------------
【レースタイプ】
2016年(良良)=【前流PT】前半:3F(17)/中緩:2F(22)/後半:3F(18)
2015年(良稍)=【前流PT】前半:3F(17)/中緩:1F(22)/後半:4F(20)
2014年(良良)=【前流TS】前半:3F(18)/中緩:2F(22)/後半:3F(18)
2013年(良良)=【前急PT】前半:3F(15)/中緩:2F(22)/後半:3F(19)
2012年(良良)=【前流PT】前半:5F(17)/中緩:1F(23)/後半:2F(22)
2011年(良良)=【前流TS】前半:2F(20)/中緩:3F(23)/後半:3F(17)
2010年(良良)=【前流TS】前半:2F(20)/中緩:3F(26)/後半:3F(16)
2009年(良重)=【前流TS】前半:3F(18)/中緩:2F(24)/後半:3F(19)
2008年(良良)=【前流TS】前半:3F(18)/中緩:2F(23)/後半:3F(20)
2007年(良良)=【前流PT】前半:3F(16)/中緩:2F(20)/後半:3F(20)

上記レースタイプをまとめると
【前流TS】=5回
【前流PT】=4回
【前急PT】=1回

上記から考察すると
①【前流】タイプが9割を占めており、前半要素が問われる。
②【中緩】が必ず発生しており、【3F-2F-3F】のタイプが多く総合力が問われやすい。
③【前緩】タイプが皆無なので、後半TS特化戦にはならない。
この3点が強い傾向として出ているので、これらを参考に。
  


阪神ジュベナイルフィリーズ2017ラップデータ過去10年傾向から展開予想:今年もミドルペース?差し追い込み有利?

2017阪神ジュベナイルフィリーズの予想用ラップデータ
阪神ジュベナイルフィリーズ2017の予想用ラップデータ
競馬をやって何が悪い カタストロフィ

 阪神ジュベナイルフィリーズの過去10年ラップデータから予想、分析していく。


 まずは全体のペースから見ていこう。過去10年で平均ペースが最も多く5度、次点でややハイ、ややスローが2度ずつ、かなりのハイが1度で基本的には平均で流れる率が高いレース。絶対的に見ても大体47秒前後で進むことが多いし、そうなると年末の馬場では後半47秒でまとめるところまでしか難しい、という所だろう。ただし、今年は例年に比べて明らかに軽い。となると仮に前半が47秒前後で入ったとしても後半で46秒台に入ってくる可能性は十分にある。先週と同じ良馬場だとすれば例年に比べるとハイペースになりにくい状況かもしれない。


 次に仕掛けどころだが、桜花賞に比べるとJFは少し遅いイメージ。最速地点で見るとL3最速が3度、L2最速が7度なのでL2の直線前半地点が最速というケースが最も多い。前述のペースと絡めて、割と1400色の強い馬が先行するケースが多いのでペースが上がりやすく、その分仕掛けの意識が遅れやすい感じかなと。今年は高速馬場だが騎手の方がその辺りの補正を1週間で出来るかどうか。個人的にはそこまでは微妙なので仕掛けの意識も例年通りになるんじゃないかなと。なので例年よりもトップスピードの質を重視した方が良いかもしれない。


 脚質別で見ると近年は先行・好位勢が巻き返してきているのに注目したい。過去10年で見ると差し・追込みが結構有利なレースなんだが、過去5年で見ればは先行勢、好位勢の方が馬券内シェアは高い。追込みも届きやすいレースではあるが、最近の傾向はそれが少し薄れている印象なのでその辺り注意は必要かも。

  


阪神ジュベナイルフィリーズ2017指定席券豪華メンバーで高倍率か(JRAカードインターネット予約販売中!当日券発売時間)

 阪神競馬場の指定席券を購入する方法は3つあります。ハガキ応募、インターネット予約、当日券です。
 ハガキ応募というのは日本ダービー、有馬記念といった重要G1のみのため、阪神ジュベナイルフィリーズに関しては、インターネット予約、当日券となります。
 インターネット予約については、JRAカード会員は2週前の水曜日に抽選申し込み開始。JRAカードを持たない一般会員については1週前の木曜日に抽選申し込み開始。先着順ではなく、抽選での当選が必要です。
 当日券は、4階席Bシート、Cシートの合計840席のみで、他の競馬場に比べて少ないです。当日競馬場で開門と同時に発売されますが、G1レースでは、その前に整理券が配られ、その順に販売されます。
 阪神ジュベナイルフィリーズに関しては、昨年は午前8時00分頃(開門直後)に完売しています。2017年の阪神ジュベナイルフィリーズはロックディスタウンやラッキーライラックなどメンバーが豪華であることもあり、間違いなく早い時間に完売が予想されます。G1レース当日は、通常より開門を早めるケースが多いので、恐らく、徹夜行列組により6時前に完売する可能性が高いのではと予想されます。

 参考:2016年阪神ジュベナイルフィリーズの当日券完売時間


阪神ジュベナイルフィリーズ2017サインは穴馬サヤカチャンしかいない!プレゼンター川栄李奈と山本彩の関係とは

 阪神ジュベナイルフィリーズのプレゼンターが川栄李奈さんに決定したということで、AKB絡みのサインが発動するのではないかというのは誰もが考えたところ。
 そこですぐに思いつくのがサヤカチャン(山本彩)だが、NMBの山本彩と川栄李奈というのは何か繋がりがあっただろうかと思ってしまう。が、実は2人はかなり仲が良い。この秋にもインスタグラムにツーショットの写真を投稿しているほど。2人はAKBの選抜として長く活動する機会が多かったことから親交があり、山本彩の生誕祭に川栄が手紙を送ったこともある。また、フジテレビでバイキングが放送開始した際にはこの2人が初代レギュラーとして選ばれたこともある。
 そしてその川栄が阪神で、、ということになればサヤカチャンしかいない!さらに当日は第7回AKB紅白歌合戦が行われるということで白い帽子の1枠サヤカチャンというのも符合する。
 単純に予想としても逃げ馬が1番枠というのは非常に有利で、展開利があれば面白い存在。。これは波乱の予感だ


阪神ジュベナイルフィリーズ2017ゲストプレゼンター元AKB48川栄李奈JRA阪神競馬場イベント来場でサイン予想!

 阪神ジュベナイルフィリーズ2017のゲストプレゼンターが元AKB48で女優の川栄李奈さんと発表された。阪神ジュベナイルフィリーズは2歳牝馬のG1レースということで、毎年若い女性がゲストとして呼ばれており、昨年は女子レスリング金メダリストの登坂絵莉さんだった。お気づきだろうか、登坂絵莉さんは以前から川栄李奈さんに似ているとネット上で評判となり、これをネタにテレビ共演したこともある。JRA阪神競馬場関係者の好みが反映されているのだろうか。
 因みに12月10日当日は、AKB48ファンにとっては暮れの祭典、AKB紅白歌合戦が行われる。川栄李奈さんも一昨年までは毎年出場していたイベントで、早くもファンの間からは、赤帽子=3枠、白帽子=1枠の馬が来るサインなのではないかと囁かれている。川栄李奈さんというと今年はauの三太郎のCMに出演していたので、3という説も。
 因みに昨年のプレゼンター登坂絵莉さんもオリンピックでの日の丸=紅白のユニフォームで活躍した選手。しっかりと1枠のソウルスターリングが勝っていました。これはかなり強力なサインではないでしょうか。


阪神ジュベナイル過去10年歴代優勝馬とオッズデータ

阪神JF 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気 単勝オッズ
2007年 トールポピー 池添騎手 3番人気 6.6
2008年 ブエナビスタ 安藤騎手 1番人気 2.2
2009年 アパパネ 蛯名騎手 2番人気 4.6
2010年 レーヴディソール 福永騎手 1番人気 1.6
2011年 ジョワドヴィーヴル 福永騎手 4番人気 6.8
2012年 ローブティサージュ 秋山騎手 5番人気 8.1
2013年 レッドリヴェール 戸崎騎手 5番人気 14.6
2014年 ショウナンアデラ 蛯名騎手 5番人気 9.8
2015年 メジャーエンブレム ルメール騎手 1番人気 2.5
2016年 ソウルスターリング ルメール騎手 1番人気 2.8
2017年 ?? 平均5.9


阪神ジュベナイル1番人気馬過去10年着順

阪神JF 馬名 騎手 着順
2007 オディール 安藤勝己 4
2008 ブエナビスタ 安藤勝己 1
2009 シンメイフジ 岩田康誠 5
2010 レーヴディソール 福永祐一 1
2011 サウンドオブハート 武豊 3
2012 コレクターアイテム 浜中俊 4
2013 ハープスター 川田将雅 2
2014 ロカ 和田竜二 8
2015 メジャーエンブレム ルメール 1
2016 ソウルスターリング ルメール 1


武豊騎手阪神JF過去10年騎乗成績

阪神JF 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2007年 レジネッタ 6着 7番人気
2008年 騎乗馬なし
2009年 騎乗馬なし
2010年 ダンスファンタジア 9着 2番人気
2011年 サウンドオブハート 3着 1番人気
2012年 騎乗馬なし
2013年 騎乗馬なし
2014年 レオパルディナ 7着 7番人気
2015年 騎乗馬なし
2016年 騎乗馬なし
2017年 ??


阪神ジュベナイルフィリーズ2017サインは穴馬サヤカチャンしかいない!プレゼンター川栄李奈と山本彩の関係とは (2017年12月10日 00:00)
 阪神ジュベナイルフィリーズのプレゼンターが川栄李奈さんに決定したということで、AKB絡みのサインが発動するのではないかというのは誰もが考えたところ。 そこですぐに思いつくのがサヤカチャン(山本彩)だが、NMBの山本彩と川栄李奈というのは何か繋がりがあっただろうかと思ってしまう。が、実は2人はかなり…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017とりおやこ予想本命ロックディスタウン「伝説の新馬戦を制した価値」 (2017年12月 9日 21:44)
阪神JFは、新馬で牡馬相手の芝1500m以上戦に出てる馬が強くて、 過去10年で、全ての馬がそうなんです。 ただ、形式的にそういう条件にハマっていればいいとは思ってないんですね。 牡馬相手の芝1500m以上戦に価値があるのは、 間違いなく、そのカテゴリのレベルが高いからなんで、 実際に「レベルが高い…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017抽選組が強い理由:ソシアルクラブが母ブエナビスタ同様叩かれ一変も (2017年12月 9日 19:35)
 阪神ジュベナイルフィリーズは抽選組が強いというデータがある。この11年で、ウオッカ、トールポピー、ブエナビスタ、ジョワドヴィーブルの4頭が抽選組から優勝している。 ここまでくると何かしら理由があるはず。それはフレッシュさではないだろうか。まだ体力の突き切っていない2歳牝馬だからこそ、フレッシュな状…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017過去10年ラップ分析展開予想:雀本命ラッキーライラック「アルテミスS組を評価」 (2017年12月 9日 12:55)
【前流TS】or【前流PT】戦(【中緩有】)になると予想。  アルテミスSに近いレースタイプになると思っているので、アルテミスS組を高く評価。 ◎ラッキーライラック  ゲートも上手いし能力も高い。アルテミスSは1着なので本命。 〇ラテュロス  アルテミスS組。今回も内枠で期待。 ▲マドモアゼル  未…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017騎手型予想:クライスト教授本命リリーノーブル川田「気性の良さから」 (2017年12月 8日 17:28)
【ベルーガ離脱でサンデーR一色も!】 自信度A・・・ ベルーガ離脱でサンデーR一色濃厚の図式に。 ただし、抽選を関東勢が全てクリアしてきた事、外人がルメール一人だけになった事、良血ソシアルクラブが際どい鞍上起用である事などから流れ次第で波乱も十分あると診てAとした。 ◎=リリーノーブル(川田将雅) …
阪神ジュベナイルフィリーズ2017枠順確定版予想オッズ(ロックディスタウン大外枠で人気↓サヤカチャン逃げ絶好1番枠↑) (2017年12月 8日 11:00)
阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズ阪神競馬場 日程:2017.12.10 出走馬可能頭数:18 予想 オッズ 馬名 騎手 枠順 厩舎 …
阪神ジュベナイルフィリーズ2017血統予想:下彦本命ラテュロス「中速で長く良い脚・外回り向き」 (2017年12月 7日 20:45)
◎ラテュロス ディープ×タッチゴールド(ヴァイスリージェント)の母方にダマスカス系、ファラリス系のスピード特化型血統。母方にもう一本ND系の血が欲しいところです。 新馬戦は当コース、ホームストレートで前の馬に寄られて挟まれ立て直して外から伸ばして2着。未勝利も当コース、やはりストレートで最内を突こう…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017走法研究会結論:2歳牝馬は現状低レベルでモルトアレグロら穴馬台頭も? (2017年12月 7日 20:31)
 筆者のように走法を使って予想する人間にとって2歳重賞、G1というのは予想が非常に楽しみなものだ。出走各馬の走法を見て、ああこういう馬が先々競馬を引っ張っていくんだなあとワクワクしてきて、予想にも熱が入る。だが、今回の阪神ジュベナイルフィリーズに限ってはあまりワクワク感がなかった。悪い馬もさほどいな…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017ラップデータ過去10年傾向から展開予想:今年もミドルペース?差し追い込み有利? (2017年12月 7日 14:24)
2017阪神ジュベナイルフィリーズの予想用ラップデータ!競馬をやって何が悪い カタストロフィ 阪神ジュベナイルフィリーズの過去10年ラップデータから予想、分析していく。 まずは全体のペースから見ていこう。過去10年で平均ペースが最も多く5度、次点でややハイ、ややスローが2度ずつ、かなりのハイが1度で…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017最新予想オッズ:人気馬ベルーガ回避で大変動!2強対決・単勝10倍以下5頭か (2017年12月 6日 19:45)
阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズ阪神競馬場 日程:2017.12.10 出走馬可能頭数:18 予想 オッズ 馬名 騎手 厩舎 血統 …
《競走馬走法研究会》阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想ツイキャス生放送配信!本日6日22時~競馬ナンデ編集長 (2017年12月 6日 17:32)
 12月6日水曜日22時頃から、馬の走法研究家の競馬ナンデ編集長おくりばんとが競馬ナンデ公式ツイキャスにて、阪神ジュベナイルフィリーズ2017出走各馬の走法診断をしていく競走馬走法研究会を行います。 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相の阪神ジュベナイルフィリーズですが、フットワークを…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017新種牡馬データ:不調オルフェーヴル産駒に勝たせたい社台G思惑? (2017年12月 6日 14:53)
 今年は新種牡馬の当たり年で、多くの活躍馬が新たにターフに産駒を送り込んでいる。現在のところのファーストクロップサイアーランキングが以下だ。 順位 種牡馬名 出走回数 出走頭数 …
阪神ジュベナイルフィリーズ2017出走馬走法データ:フットワーク予想家おくりばんと穴馬モルトアレグロ抜擢 (2017年12月 5日 15:50)
馬名 走法 コーディエライト 4.5安 サヤカチャン 4.5 スカーレットカラー …
阪神ジュベナイルフィリーズ2017無敗リリーノーブル@川田騎手G1挑戦「ルーラーシップ産駒牝馬は走らない?」 (2017年12月 5日 14:06)
 ルーラーシップは昨年ファーストクロップをデビューさせ、じわじわと活躍馬を出している。自身と同様に晩成型なのか、春のクラシックではイマイチ振るわなかったが、キセキが菊花賞制覇。ここへきてレジェンドセラーやホウオウドリームも3勝目を挙げてきている。他にもダンビュライト、アディラート、ダノンディスタンス…
阪神JF2017予想オッズ1番人気ロックディスタウン鞍上ルメール騎手が不調?秋華賞以降重賞着順データ (2017年12月 5日 00:50)
 先週もムーア騎手のゴールドドリームがチャンピオンズカップを制し、この秋のG1は外国人騎手が席巻。そして今週はルメール騎手が阪神ジュベナイルフィリーズに1番人気ロックディスタウンで臨む。今週も安泰と思いがちだが、実はこのところルメール騎手が冴えていないのではないかという話もある。 秋華賞をディアドラ…
阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズデータ(単勝複勝馬連馬単)2ch人気穴馬ラテュロス8番人気 (2017年12月 4日 19:09)
阪神JF2017予想オッズ単勝複勝ロックディスタウンラッキーライラックベルーガマウレアリリーノーブルコーディエライトソシアルクラブラテュロストーセンブレスサヤカチャンモルトアレグロサウンドキアラナディアマドモアゼルモズスーパーフレアトーセンアンバーラスエモー…

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの阪神ジュベナイルフィリーズ 2017予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ