阪神ジュベナイルフィリーズ 2016 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2016年12月 5日 01:13)
阪神ジュベナイルフィリーズ2016予想オッズ
阪神競馬場1600M 日程:2016.12.11 出走馬可能頭数18頭
予想
オッズ
馬名 騎手 厩舎 血統(父馬) 前走成績 出走権
4.8 リスグラシュー 戸崎 矢作 ハーツクライ アルテミス1
5.1 ジューヌエコール 福永 安田 クロフネ デイリー杯1
5.7 ソウルスターリング ルメール 安田 フランケル アイビーS1
8.3 ヴゼットジョリー 和田 中内田 ローエングリン 新潟2歳1
8.3 レーヌミノル 蛯名 本田 ダイワメジャー 京王杯2
15.5 シグルーン 藤岡 宮徹 アイルハヴアナザー アルテミス3
18.3 ディーパワンサ シュタルケ 松下 ディープブリランテ デイリー杯4
34.5 ショーウェイ 松若 斉藤 メイショウボーラー ファンタジー2
37.3 アリンナ 田辺 松元 マツリダゴッホ 秋明菊1
37.9 ジャストザマリン 横山典 牧浦 ディープブリランテ 新馬1
45.8 ラビットラン バルザロ 角居 タピット 新馬1
50.4 サトノアリシア 池添 平田 ハービンジャー アルテミス5
53.5 ゴールドケープ 丸山 荒川 ワークフォース 白菊賞1
52.0 ブラックオニキス 城戸 加藤 ブラックタイド ファンタジー8
54.5 アロンザモナ 西浦 ストリートセンス 新馬1
88.7 クインズサリナ シュミノー 亀田 ダノンシャンティ
92.7 エムオービーナス 木幡 鹿戸 グラスワンダー 未勝利1
98.9 スズカゼ 和田 伊藤 ディープブリランテ 赤松賞5
日程:2016.11.13 出走馬頭数:18頭
 ヴゼットジョリーはクラシック登竜門の新潟2歳Sを快勝し無敗。ただ今年は新潟2歳Sのメンバーが例年より小粒という評価があり、あまり高い評価はできない。2着したオーバースペックもその後東スポ杯で10着に大敗している。現状の完成度が高い馬で、このあとどこまで成長してこれたか。
 レーヌミノルは小倉2歳Sを圧倒的なスピードで6馬身差の圧勝。ただ、ここまで1200mで強い競馬をすると、逆にスプリンターではないかとの評価も。休み明けの1400戦京王杯では2着に惜敗。より延びる今回は距離への対応が一番のカギに。
 ディーパワンサは中京2歳ステークスでは、評判の良血牡馬サトノクロノス以下を下し快勝。ルメール騎手も素質を高く評価する。血統的にも日本ダービー馬ディープブリランテのファーストクロップということで注目が集まる。
 若駒戦専門予想家スカイポット氏が推すのはリスグラシュー。矢作厩舎の期待馬で、未勝利戦で後続をちぎる圧巻の勝利。センスの良さも光り、阪神適性も高い。アルテミスステークスでは大外一気の豪快な勝利で、1番人気の可能性も。
 ジューヌエコールは唯一の3戦3勝馬。テンよしナカよしシマイよしの完璧なレース運びで抜群のセンスがある。これまで強敵相手には走っていないが、弱点がなく、連勝の可能性は十分。
 予想オッズからは馬券はどこから買おうか迷ってしまう阪神ジュベナイルフィリーズ2016。
 だが、元JRA競馬学校教官の徳吉一己を筆頭に、調教師・生産者・牧場関係者・馬主などとも太いパイプを持つ競馬セブンは、2歳馬に関してデビュー前から情報収集を地道に積み上げてきている。よって最も必要なデビューから重賞までの"短期間の上昇度"に関しても正確な情報を得る事ができる。そのため阪神JFは自信の勝負レースだ!

 実は今年出走する馬の中にも紙面上の前走比では把握しきれない程、急上昇のカーブを描いている馬がおり、ココは間違いなく勝ち負け必至。厩舎関係者から裏も取っているため、ここは確勝級といえる存在。「この馬から買えばホボ馬券が外れる事はない!」と自信を持って推奨できるレースだ。この馬を知りたい方、最終ジャッジに興味のある方は、当日13:30に無料配信する【極秘馬連3点勝負】の情報を入手することをオススメする。

         ↓↓↓↓↓↓

■■ 阪神ジュベナイル(G1) ■■
自信のペナルティ付き!もしこの
 阪神JFを3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

 →3点勝負買い目を無料公開
  


顧問:古川幸弘
~競馬ラボより抜粋引用~
 1947年東京生まれ。昭和41年、競馬専門紙「勝馬」に入社。平成13年退社に至る35年間、名トラックマンとして名を馳せた。馬を見る相馬眼は独創性に溢れ、今でも他のトラックマンの追随を許さない。また27年間に及ぶラジオ日本実況中継のパドック解説者としても活躍。 専門紙を引退した後でも池上厩舎、清水利厩舎、嶋田功厩舎等の交流も深く、関係者から本音で情報を聞くことが出来る。 騎手では田中勝春、勝浦正樹騎手とは親子同然の仲。 また古くから馬主との造詣も深く、内外共に認める競馬サークル内の顔である。


登坂絵莉がゲストプレゼンターとして表彰式に

 登坂絵莉さんはリオ五輪女子レスリング48キロ級で金メダルを獲得。牝馬G1のため女性をゲストに迎えたようです。昼休みにはセンターステージで予想検討会を開催。表彰式は15:45分頃。金メダリストだけに金を馬名に持つ馬や、ステイゴールドの血を持つ馬が来るといったサインが考えられますが、、。結果やいかに。

有力馬ミスエルテが回避するほどのハイレベル戦

 有力馬ミスエルテが朝日杯FSに出走するという異例の判断を発表した。これはサンデーレーシング陣営が、ジューヌエコールと使い分けたものだが、例年であれば牝馬が敢えて牡馬G1に回るということは極めて稀。阪神JFという牝馬限定G1が設置されてからでは、牝馬が朝日杯に出走したのはわずか2頭フォーチュンワードが6着、ベルカントが10着したのみ。もちろん牝馬が朝日杯FSを制した例は一度もない。
 それでも朝日杯FSにミスエルテが出走を決めるくらいに今年の牝馬戦線はレベルが高い。無敗馬も6頭出走と多く、底を見せていない馬も多い。阪神JFではミスエルテvsソウルスターリングのフランケル対決は見られなくなったため、来年の桜花賞まで楽しみは持ち越すことになった。この世代の牝馬は楽しみが尽きない。

リスト表示する