-->

オークス 2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年5月18日 21:50)

優駿牝馬オークス2017出走予定馬・予想オッズ

東京競馬場 日程:2017.5.21 出走馬可能頭数:18頭
予想
オッズ
馬名 騎手 厩舎 血統
(父馬)
前走成績
3.1 ソウルスターリング ルメール 安田 フランケル 桜花賞3
3.1 リスグラシュー 武豊 矢作 ハーツクライ 桜花賞2
5.0 アドマイヤミヤビ デムーロ 友道 ハーツクライ 桜花賞12
9.9 レーヌミノル 浜中 本田 ダイワメジャー 桜花賞1
11.6 フローレスマジック 戸崎 木村 ディープインパクト フローラS3
19.3 モズカッチャン 和田 鮫島 ハービンジャー フローラS1
25.4 ホウオウパフューム 松岡 奥村 ハーツクライ フローラS8
33.7 ヤマカツグレース 横山典 池添 ハービンジャー フローラS2
41.9 ハローユニコーン 田辺 鮫島 ハーツクライ 忘れな1
45.1 ブラックスビーチ 北村宏 角居 ディープインパクト スイートピ1
50.9 ミスパンテール 四位 昆貢 ダイワメジャー 桜花賞16
74.0 ディアドラ 岩田 橋田 ハービンジャー 矢車賞1
97.7 モーヴサファイア 北村友 池添 ハービンジャー あすな1
98.4 カリビアンゴールド 田中 小島 ステイゴールド スイートピ2
140.1 レッドコルディス 吉田豊 高橋 ハーツクライ フローラS5
155.3 マナローラ 蛯名 鮫島 ハーツクライ デイジー1
166.8 ディーパワンサ 内田 松下 ディープブリランテ フローラS14
220.1 ブラックオニキス 大野 加藤 ブラックタイド スイートピ8
 ソウルスターリングは桜花賞で圧倒的人気にこたえられずまさかの3着。ただ、雨で渋った馬場と内にもたれる癖が出るなどのアクシデントが災いした。それでも格好はつけており、左回りで広く、能力が全開できる東京2400なら。
 レーヌミノルは桜花賞で大金星。ただ、雨で渋った馬場が味方した感も。また、1200重賞を圧勝し、当初はスプリンターではないかと疑われ、マイル戦も不安視されていた馬。オークスも直前で出走を決めたくらいで、距離への対応が大きなカギ。
 リスグラシューは桜花賞での最後の伸び脚は一番だった。1800で勝ち上がっており距離の融通性も高そう。出遅れ癖があるためむしろ距離延長はプラスか。
 アドマイヤミヤビは桜花賞は距離不足と道悪馬場が響いての大敗。東京コースはめっぽう得意で、2000mまでこなしているのも強み。大トビで、良馬場なら巻き返しも。
 予想オッズからはどこから買おうか迷うオークスになった。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にサニーブライアンで日本ダービーを制し、東京2400Mコースを熟知しており、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。実際にオークスはここ5年連続で仕留めている。
 曰く、、「今年の牝馬戦線は見えているので自信あり」。オークスで買うべきは、この3頭だけでよいとのこと!↓↓


フローラSでも大穴馬をスクープ!

この3頭なら想定3000倍も!

第78回オークス(G1)
『絞りに絞った3頭』

◆牝馬戦線を見抜けているこの証拠↓
第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

第31回 フラワーC(G3)
◎ファンディーナ
△シーズララバイ(8番人気)
馬連:2370円的中

第51回 フィリーズレビュー(G2)
◎レーヌミノル
○カラクレナイ
△ゴールドケープ
馬連1点目:450円的中
3連複:2220円的中
3連単:9570円的中

第52回 フローラS
単勝37.2倍の12番人気モズカッチャンの独占スクープを無料公開!

◆いま絶好調!勝負情報で大きく獲った↓
第65回 京都新聞杯(G2)
◎プラチナムバレット
馬連大本線:880円的中
3連複:3690円的中
3連単:1万5190円的中

東京5日目11RプリンシパルS
◎レッドローゼス
馬連2点目:880円的中
3連複:3590円的中
3連単:1万3810円的中

第24回 青葉賞(G2)

◎アドミラブル
○ベストアプローチ
馬連完全1点:780円的中
3連複:3190円的中
3連単:8440円的中

第155回 天皇賞・春(G1)
◎シュヴァルグラン
馬連1点目:1040円的中
3連複:610円的中
3連単:3780円的中


大混戦のオークスと言われるが

大西の目に映るのは3頭だけ

桜花賞よりオークス向きの馬が数頭いる


この3頭で想定3000倍も!

     ↓↓↓↓↓↓

→大西のオークス3連単1点無料←
※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


リスト表示する