エリザベス女王杯 2017

競馬ナンデ想定班(2017年11月11日 12:53)

エリザベス女王杯2017予想オッズ

京都競馬場 芝2200m
日程:2017.11.12 出走馬頭数:18
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
枠順 厩舎 血統
(父馬)
前走
着順
3.3 ヴィブロス ルメール 8枠16 友道 ディープインパクト 府中牝2
5.0 ルージュバック ムーア 8枠17 大竹 マンハッタンカフェ オールカマー1
5.9 ミッキークイーン 浜中 5枠10 池江 ディープインパクト 宝塚記3
6.3 スマートレイアー 川田 6枠12 大久保 ディープインパクト 京都大1
8.3 ディアドラ 岩田 6枠11 橋田 ハービンジャー 秋華賞1
10.1 リスグラシュー 福永 3枠6 矢作 ハーツクライ 秋華賞2
12.1 モズカッチャン デムーロ 3枠5 鮫島 ハービンジャー 秋華賞3
25.5 クイーンズリング Cデム 4枠7 吉村 マンハッタンカフェ 府中牝4
35.9 クロコスミア 和田 2枠4 西浦 ステイゴールド 府中牝1
51.5 ジュールポレール 7枠13 西園 ディープインパクト 秋風S1
53.8 トーセンビクトリー アッゼニ 2枠3 角居 キングカメハメハ 府中牝5
80.1 クインズミラーグロ 藤岡康 1枠1 和田 マンハッタンカフェ 府中牝12
82.6 エテルナミノル 四位 8枠18 本田 エンパイアメーカー 八坂S1
89.9 マキシマムドパリ 藤岡佑 7枠15 松元 キングカメハメハ 京都大9
116.8 デンコウアンジュ 蛯名 5枠9 荒川 メイショウサムソン 府中牝8
150.2 タッチングスピーチ 松山 4枠8 石坂 ディープインパクト 丹頂S7
167.1 ハッピーユニバンス 池添 1枠2 平田 ジャングルポケット 府中牝7
183.8 ウキヨノカゼ 横山典 7枠14 菊沢 オンファイア 京成杯14
 ヴィブロスはドバイターフでかなりの強敵を退けており格が上。この秋のエリザベス女王杯を目標とするローテーションが発表されたときも、望みが低すぎるのではという声がファンから漏れたくらい。ここは負けられない存在。
 ミッキークイーンはVマイルで不可解な大敗をしたが、宝塚記念では最後は良い伸び脚で3着に突っ込んだ。やはりマイルは短すぎ、中長距離では抜群の安定感。ただ、中間は一頓挫あり、一旦は出走を諦めた経緯がある。どこまで状態を戻せているかがカギ。
 クロコスミアは府中牝馬ステークスを逃げ切り勝ち。ただ、スローペースと馬場に恵まれた感がある。距離も1800がベストで、、。
 ルージュバックはオールカマーで内を突く新たな面を見せての快勝。距離の不安も一掃した。ムラ駆けの面があるが、潜在能力はやはり高く、G1制覇最後のチャンスと勝負がかり。
 昨年のエリザベス女王杯馬クイーンズリングはその後低迷。ただ、前走は出遅れからしぶとく上がり33.3でまとめてきた。この時期に調子を上げるようで、怖い存在。
 予想オッズからは、馬券をどこから買おうか迷うエリザベス女王杯になった。そこでぜひご紹介したいのが、 あの"大魔神"佐々木主浩氏の予想情報が見られる「うまスクエア」佐々木氏はJRA馬主ならではの目線・情報から馬券の方でも的中連発!そしてエリザベス女王杯には愛馬ヴィブロスを恐らく1番人気で送り込みます。そんな佐々木主浩の最終結論が見られるのは「うまスクエア」だけです↓

■■■■■■■■■■■■■■■
"大魔神"の愛称でお馴染み!

ドバイバイターフ(GI)を制した
人気で出走ヴィブロスの馬主でもある
≪JRA馬主・佐々木主浩≫の
【エ女王杯・最終結論!】


愛馬ヴィブロスで同レースに
挑む意気込みも同時に配信!

▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!
先々週の天皇賞秋はサトノクラウンから
3連複1万5290円的中!
先週のア共和国杯もスワーヴリチャードから
馬単2250円ズバリ!

今週のエリザベス女王杯の
▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼




JRA馬主:佐々木主浩プロフィール
 "大魔神"の愛称でお馴染み。横浜ベイスターズを38年ぶりの日本一に導き、メジャーリーグでもア・リーグ新人王、オールスター出場など、名ストッパーとして輝かしい実績を残す。
 06年にJRA馬主となり、ヴィルシーナ号で13~14年ヴィクトリアマイル(G1)を連覇。ヴィブロス号で16年秋華賞(G1)、優勝賞金4億円で世界最高峰の一戦・17年ドバイターフ(G1)を制覇。
 血統に深く精通していて、その相馬眼も確か。日本最大のサラブレッド市場・セレクトセールの常連で競馬関係者との親交も幅広い。馬券勝負においても自身の実績に勝るとも劣らない豪快さを誇る。
 うまスクエアでは、佐々木主浩の最終結論はもちろん、愛馬の近況や競馬界の小ネタなどを全て無料で閲覧可能です。


有力馬出走予定前哨戦・トライアル

京都大賞典2017結果
スマートレイアー1着 2:23.0
マキシマムドパリ9着
プロレタリアト11着

クイーンステークス2017結果
アエロリット1着
トーセンビクトリー2着
クインズミラーグロ3着

府中牝馬ステークス2017結果
クロコスミア1着
ヴィブロス2着
クイーンズリング4着
トーセンビクトリー5着

秋華賞2017結果
ディアドラ1着
リスグラシュー2着
モズカッチャン3着



エリザベス女王杯2017netkeiba予想オッズ雑感/ヴィブロス2.8倍過剰人気?リスグラシュー人気ダウンは福永騎手?

人気 馬名 予想オッズ
1 ヴィブロス 2.8
2 ミッキークイーン 4.6
3 スマートレイアー 4.7
4 ルージュバック 5.6
5 ディアドラ 8.6
6 モズカッチャン 12.0
7 リスグラシュー 14.9
8 クイーンズリング 21.6
9 クロコスミア 40.4
10 ジュールポレール 43.5
11 マキシマムドパリ 109.7
12 トーセンビクトリー 172.8
13 デンコウアンジュ 186.8
14 エテルナミノル 384.0
15 クインズミラーグロ 395.0
16 ウキヨノカゼ 419.0
17 プリメラアスール 419.0
18 タッチングスピーチ 576.1
 ヴィブロスがここまで人気を集めるとは意外だった。ドバイターフを海外で制している実績があるとはいえ、それ以外では中山記念5着と府中牝馬Sの2着で、そこまで内容が良いとは思えない。やはりルメール騎手の人気も強そうだ。
 そしてリスグラシューとモズカッチャンの人気が逆転したのも騎手が影響していそうだ。両馬を比較すると、オークスでは不利もあってリスグラシューが先着を許したが、ローズステークスでも秋華賞でも前に来ている。これで人気差がつくのは騎手しか考えられないだろう。モズカッチャンがデムーロ騎手での続戦に対し、リスグラシューは武豊騎手から福永騎手に乗り替わり。netkeibaユーザーの福永騎手への評価の低さが現れた形だ。福永騎手はnetkeiba上でコラムを連載しているのだが、、。
 ただ、そういうことでいえばムーア騎手を配してきたルージュバックの人気が伸び悩んでいる。このあたりはよくわからないが、実際には日本の競馬ファンにはムーア騎手信仰は根強く、4倍台まで下げてきても不思議はないと思われる。
 


エリザベス女王杯2017予想オッズデータ(単勝複勝馬連馬単)2ch人気穴馬ディアドラ岩田騎手5番人気

エリザベス女王杯予想オッズ単勝複勝
ヴィブロス
スマートレイアー
ルージュバック
ミッキークイーン
ディアドラ
リスグラシュー
モズカッチャン
クイーンズリング
クロコスミア
ジュールポレール
トーセンビクトリー
クインズミラーグロ
エテルナミノル
マキシマムドパリ
デンコウアンジュ
タッチングスピーチ
ウキヨノカゼ
3.4
5.2
5.2
6.0
8.3
10.1
12.1
26.8
30.5
50.8
53.8
80.1
82.6
89.9
116.8
150.6
170.8
1.4
2.0
2.1
2.5
2.9
3.0
3.8
4.7
6.9
8.9
9.7
16
19
22
28
36
39
馬連1人気ヴィブロス─スマートレイアー8.2倍
  2人気ヴィブロス─ルージュバック8.8倍
  3人気ヴィブロス─ミッキークイーン9.4倍
  4人気ヴィブロス─ディアドラ9.9倍
  5人気スマートレイアー─ルージュバック10.5倍
馬単1人気ヴィブロス─スマートレイアー13.7倍
  2人気ヴィブロス─ルージュバック14.1倍
  3人気ヴィブロス─ミッキークイーン14.6倍
  4人気スマートレイアー─ヴィブロス14.8倍
  5人気ルージュバック─ヴィブロス15.9倍



エリザベス女王杯2017ゲストプレゼンター高畑充希JRA京都競馬場表彰式来場でサイン予想→ミッキークイーン?

 JRAホームページのイベントカレンダーが更新され、エリザベス女王杯のゲストプレゼンターが女優の高畑充希さんと発表された。当日表彰式のために京都競馬場に来場する。
 こういった動向をエリザベス女王杯のサインと見る一部のファンからは早くも「みつき→ミッキークイーン」が来るのではないかとの噂が出ている。さらにはエリザベス女王杯のCMで土屋太鳳さんが耳あてをつけていることから、「ミミ」「33」→ミッキークイーンの誕生日が3月3日であることとも符合するという実しやかな噂まで。
 なお高畑充希さんは今年の日本ダービーの際にもCM出演陣4名で東京競馬場でゲストプレゼンターを務めていて競馬場は2回目になる。


エリザベス女王杯2017出走メンバー豪華6強!2001年接戦制した武豊騎手神騎乗再現なるか

 今年のエリザベス女王杯は例年になく豪華でハイレベルなメンバー構成になりそう。
 何より、牡馬に交じって天皇賞秋前哨戦を制したスマートレイアーとルージュバックが出走。さらには春に国際G1レースドバイターフを制したヴィブロスも出走。さらには宝塚記念3着など牡馬混合G1実績のあるミッキークイーンもここへ。
 そして秋華賞1~3着馬、ディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャンが勢ぞろい。ソウルスターリング以外の強い牝馬は全部揃ったということでこれは盛り上がりそうだ。
 予想オッズ的には6強対決の様相。こうなると思い出されるのが今も語り草となっている2001年のエリザベス女王杯。オッズからも5強対決になったその5頭が、ゴール前で大激戦を繰り広げ、ハナ・ハナ・クビ・クビの写真判定でトゥザヴィクトリーが制した。このときの武豊騎手の絶妙な差し切りは、自身も強く記憶に残っている騎乗として挙げているほど。
 今年のパートナー・スマートレイアーでは京都大賞典で内を突く神騎乗を見せている武豊騎手だが、今年はどんな技を見せてくれるか楽しみな一戦。


エリザベス女王杯2017展開予想:ラップデータ過去10年傾向から今年もスローペース?単騎逃げ馬が出やすいコース

2017エリザベス女王杯の予想用ラップデータ
エリザベス女王杯2017の予想用ラップデータ
by 「競馬をやって何が悪い」カタストロフィ

 エリザベス女王杯の過去10年ラップデータから予想、分析していく。


 まずは全体のペースから。過去10年でかなりのスロー以上が3度、ややスローが2度、平均3度、ややハイ、かなりのハイ以上が1度ずつ。基本的にはスローに振れやすいとはいえ、いろいろなパターンになり得るのでそこは注意が必要だろう。このエリザベス女王杯は結構単騎逃げ馬が出やすい舞台なので、ラップ推移だけだとなかなか判断が難しいが、基本的には先頭の馬は大体60秒ぐらいで進めて、後は馬場次第でペースバランスが変わってくるというような感覚かな。


 仕掛けどころはこれもマチマチ。ただ、10年を2つに分けると前半と後半で顕著に傾向が違う。前半5ねんはL3最速率高くL4最速のケースもあった。ただ後半5年はL1最速が2度あり、L3最速も1度あるがL2最速も2度。あまり早い仕掛けになってない。メイショウマンボやラキシス、昨年のクイーンズリングなんかはこれまでのエリザベス女王杯の傾向からはちょっと変わってきているなと感じる勝ち方だった。今はそういう傾向が強くなっているので、要所での動きが問われやすくはなっている。...が、今年は馬場が近年の中では重いと思うので、もしかすると前半の傾向に近づくかも。注意して土曜の馬場を見ておきたい。


 脚質別だが、特に大きな傾向はないかな。好位勢が強いが、差し・追込みもそれなりに届くレースだし、逃げ馬もダイワスカーレットとクィーンスプマンテの両極端な2頭が勝っている。特別大きな傾向はない。今年の場合はここ数年のギアチェンジよりもポテンシャル面に少しシフトした方が良いかもしれない。



エリザベス女王杯2017サイン予想:INDEX「CMの英国旗ビクトリア→トーセンビクトリー?」

【秋華賞をどんな戦歴を持つ馬が勝利したか。
そして毎年女王杯でどんな馬が馬券になって来たか】



A:桜花賞+オークス出走馬が秋華賞を勝利年

97JF①桜花賞②オーク①(秋華賞①)ダンスパ②
98   桜花賞①オーク③(秋華賞①)エアグル③
01JF①桜花賞①オーク③(秋華賞①)トゥザヴ①
03   桜花賞①オーク①(秋華賞①)スティル②
04JF⑤桜花賞⑤オーク②(秋華賞①)
05   桜花賞④オーク②(秋華賞①)スイープ①
09   桜花賞②オーク②(秋華賞①)ブエナビ③
10JF①桜花賞①オーク①(秋華賞①)アパパネ③
12   桜花賞①オーク①(秋華賞①)ヴィルシ②
13JF⑩桜花賞⑩オーク①(秋華賞①)メイショ①



B:Aと若干違う年

08   桜花賞⑩オーク④(秋華賞①)カワカミ②
17   桜花賞⑥オーク④(秋華賞①)????



C:オークスのみの出走で秋華賞を勝利年

06       オーク①(秋華賞①)フサパン①
15       オーク①(秋華賞①)ヌーヴォ②



D:桜花賞にもオークスにも出走していない馬が勝利年

99           (秋華賞①)ドーベル①
00           (秋華賞①)ファレノ①
02           (秋華賞①)レディパ③
11JF④        (秋華賞①)アパパネ③
14           (秋華賞①)ヌーヴォ②
16           (秋華賞①)ミッキー③


今年の秋華賞は、
桜花賞にもオークスにも出走したディアドラが勝利しました。
前例としては「A」もしくは「B」に該当します。

桜花賞もオークスも凡走のディアドラが、
秋華賞で勝利したという事に注目すると、
08年に似ていると言えます。

08年と言えばレジネッタが桜花賞を勝利した年です。
その時に2番人気で飛んだリトルアマポーラが勝利。
2着は前年降着のカワカミプリンセスでした。
2頭共に「訳アリ」っぽい馬のワンツーでした。


毎年オークス好走馬が馬券になってきたレースなので結構単純なのですが、
今年は秋華賞がディアドラだったので、
少し複雑な予想が必要になってしまいました。

よって、
下の該当馬の中からリトルアマポーラを選ばなくてはなりません。

ミッキークイーン オークス①
ルージュバック  オークス②
モズカッチャン  オークス②

また、かなり癖のある役者カワカミプリンセスも探さなければなりません。



さて、まずリトルアマポーラについてですが、
何と言っても桜花賞で人気で飛んで、
結果穴馬2頭の波乱を起こした馬です。
そのあとオークスも人気で敗退しています。

で、酷似するのはルージュバック。
桜花賞を人気で飛んで、
結果穴馬2頭の波乱を起こした馬です。
そのあとオークスも人気で敗退しています。

ミッキークイーンとモズカッチャンは、
ポイントであるオークスで好走した馬ですが、
リトルアマポーラとは似つかないので軽視。

◎ルージュバック
▲ミッキークイーン
 モズカッチャン



ではカワカミプリンセスを探しましょう。
この馬は無敗の秋華賞馬です。
ファインモーションに近いが、
なんと言っても降着事件が天と地の違い。

無敗でG1を勝利した事のある馬は今年はいないので、
「過去にエリザベス女王杯をトップでゴールした事のある馬」
または「人気で負けた馬」
これがポイントになるのじゃないかと思っている。

該当馬は、
昨年トップでゴールしたクイーンズリング
そして、人気で負けたミッキークイーンとなる。

〇クイーンズリング
▲ミッキークイーン


~~~~~




CMで予想

「エリジョ耳あて 女子だけ当たる!」


耳=33(33回エリ女はリトルアマポーラが勝利した年)
やはりこの年を思い出せと言っている。

あと耳当ての柄は単純にイギリス国旗だが、
エリザベスにヴィクトリア(ビクトリア)でどうだろう。

CM中に「Vサイン」が結構出てくるのもいい。
5秒に画像が1枚でてくるが、
左から腕がV
馬場内の上にVVV
二人Vピースサイン
編み方がVVV
CがVにも見えて、
メンコのハートもVに見え、
左下の幼女も両手を挙げてVサイン
他はイキリス国旗が並び、
ビクトリア、ヴィクトリアと言っている。

△トーセンビクトリー



エリザベス女王杯2017出走馬:ミッキークイーン前哨戦回避も予定のローテ?昨年同様直行も状態不安なし

 有力馬ミッキークイーンだが、この中間は一頓挫あった。京都大賞典からの復帰を予定していたが、靭帯を痛めて足元の状態が良くなく、放牧先で調教師が回避を決定しエリザベス女王杯直行となった。
 思い返してみると昨年も同様の流れだった。捻挫をしたため京都大賞典を回避しての直行。着順こそ3着だったが末脚は伸びていて内容は良かった。
 もともとガサもなくてぶっつけで力を出せるタイプ。今年は昨年以上の状態だという。調教でも坂路で4ハロン52秒7-12秒0としっかり追われた。シルバーポジー(古馬1000万)を3馬身追いかけ2馬身先着。状態の心配は何もない。
 二冠牝馬だが、古馬になってからはG1制覇がない。もう5歳で、これがラストチャンスになるかもしれないだけに是が非でも勝ちたいG1になる。


エリザベス女王杯で狙うべき馬は?秋華賞2017ラップから徹底回顧



3歳牝馬は低レベル?天皇賞秋2017ソウルスターリング@ルメール騎手前哨戦惨敗から巻き返しなるか

 毎日王冠はソウルスターリングが圧倒的人気に推されるも8着に敗退。今年の3歳牝馬はレベルが高いと2歳時から評判が高く、これまでにミスエルテ、ファンディーナ、ソウルスターリングと牡馬を相手に戦ってきた。しかし、4着、7着、8着といずれも厚い壁に跳ね返されて結果は出ていない。

 ここまでくるとむしろ低レベルなのではないかという噂さえ立ち始めている。そう考えてみると、3歳牝馬路線の結果も頷けなくはない。秋華賞とほとんど同じと思えるほどメンバーが揃っていたローズステークスでは、上がり馬・新星ラビットランが外から全て交わし去ってしまった。
 さらに秋華賞では人気のアエロリット・ファンディーナは大きく崩れ、春はイマイチだったディアドラが勝利。今度はラビットランも末脚不発。このように条件次第で勝ち馬が猫の目のようにコロコロ変わる年というのは団栗の背比べであることが多い。

 ただ、それでもソウルスターリングは、引く手あまたのルメール騎手がわざわざ天皇賞秋のパートナーに選んだ馬だ。吉田照哉氏も世界レベルの馬と評する。
 毎日王冠に関しては、ハナを切ったこと、休み明けだったこと、距離が短かかったこと、瞬発力勝負だったことなど敗因が並んだが、、今回は言い訳は許されない。ここで意地を見せることができるのか注目の一戦。


エリザベス女王杯2017予想ツイキャス生放送配信!日程:前日11日22時~騎手型予想家アキ

 11月11日土曜日22時からは、騎手型予想家アキさんがエリザベス女王杯2017予想ツイキャス配信!
 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相のエリザベス女王杯をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部ツイキャス 
日程:11月11日(曜) 22:00~ 
http://twitcasting.tv/c:nandecas

ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。


エリザベス女王杯2017京都競馬場指定席券購入方法(JRAカードネット予約販売中!当日券発売完売時間)

 京都競馬場の指定席券を購入する方法は3つあります。ハガキ応募、インターネット予約、当日券です。
 ただ、ハガキ応募というのは日本ダービー、有馬記念、ジャパンカップ、天皇賞、宝塚記念の最重要G1のみのため、エリザベス女王杯に関しては、インターネット予約、当日券販売となります。
 インターネット予約については、JRAカード会員は2週前の水曜日に抽選申し込み開始。JRAカードを持たない一般会員については1週前の木曜日に抽選申し込み開始。先着順ではなく、抽選での当選が必要です。
 京都競馬場の当日券は多く、合計2600席分ほど販売されます。当日競馬場で開門と同時に発売されますが、G1レースでは、その前に整理券が配られ、その順に販売されます。
 エリザベス女王杯に関しては、昨年は午前8時過ぎ(開門直後)に完売しています。2017年のエリザベス女王杯昨年同様のメンバーレベルとみられるため、同じくらいの時間に完売が予想されます。


 参考:2016年エリザベス女王杯11月13日の当日券完売時間


有力出走予定馬参考動画

秋華賞2017

府中牝馬ステークス2017

クイーンステークス2017

ドバイターフ2017

ヴィクトリアマイル2017

マーメイドステークス2017



エリザベス女王杯過去10年歴代優勝馬データ

エ女王杯 歴代勝ち馬 勝利騎手 単勝人気
2007年 ダイワスカーレット 安藤騎手 1番人気
2008年 リトルアマポーラ ルメール騎手 4番人気
2009年 クィーンスプマンテ 田中騎手 11番人気
2010年 スノーフェアリー ムーア騎手 4番人気
2011年 スノーフェアリー ムーア騎手 1番人気
2012年 レインボーダリア 柴田善騎手 7番人気
2013年 メイショウマンボ 武幸四郎騎手 2番人気
2014年 ラキシス 川田騎手 3番人気
2015年 マリアライト 蛯名騎手 6番人気
2016年 クイーンズリング デムーロ騎手 3番人気
2017年 ??


エリザベス女王杯1番人気馬過去10年結果

エ女王杯 馬名 騎手 着順
2007 ダイワスカーレット 安藤勝己 1
2008 カワカミプリンセス 横山典弘 2
2009 ブエナビスタ 安藤勝己 3
2010 アパパネ 蛯名正義 3
2011 スノーフェアリー ムーア 1
2012 ヴィルシーナ 内田博幸 2
2013 ヴィルシーナ 岩田康誠 10
2014 ヌーヴォレコルト 岩田康誠 2
2015 ヌーヴォレコルト 岩田康誠 2
2016 マリアライト 蛯名正義 6


武豊騎手エリザベス女王杯過去10年騎乗成績

エ女王杯 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2007年 ディアデラノビア 4着 5番人気
2008年 ポルトフィーノ 中止 3番人気
2009年 ミクロコスモス 14着 9番人気
2010年 コロンバスサークル 6着 10番人気
2011年 レディアルバローザ 17着 11番人気
2012年 騎乗馬なし
2013年 ハナズゴール 8着 9番人気
2014年 スマートレイアー 10着 5番人気
2015年 ノボリディアーナ 12着 9番人気
2016年 マキシマムドパリ 9着 7番人気
2017年 ??


エリザベス女王杯2017競馬ナンデ編集長予想:穴馬はウキヨノカゼ「斤量56キロG1で大型馬浮上も」

エリザベス女王杯の特徴は56キロ定量であること。
牝馬戦で唯一の56キロを背負わせる競走なので、斤量耐性が大きなポイントになると思う。

まず、54キロだと非常に強いが、56キロを背負うとからっきしダメなルージュバックは、
非常に危険な人気馬だと思う。

他にも背負いこなせた経験のないマキシマムドパリやトーセンビクトリーも危ないと思う。
クロコスミアもかなり小さい馬なので厳しいのではないか。

逆にガサがある馬は怖い。
大穴ウキヨノカゼは500キロ近い馬で、昨年のターコイズステークスで56キロで好走。
重賞を二つ勝ってしまっているので、斤量を背負うのでここのところ着順が悪いが斤量が同じここなら面白い。

ミッキークイーンも56キロは全く問題ない馬。
昨年のエリザベス女王杯はかなり内前が残るトラックバイアスで内容は強かった。
京都コースは秋華賞も非常に強い競馬で、適性が高そう。

3歳馬のリスグラシューにとっては54キロで出られるのは強み。
こちらは逆にガサがないので、軽量で出られるアドバンテージが他より大きく出ると思う。
モズカッチャンには2連続で先着しているのに人気がなく、良馬場ならこちらを狙いたい。



エリザベス女王杯2017大穴予想:競馬ナンデ予想家ダーハラの本命デンコウアンジュ蛯名騎手「能力は一番」

G1なので平均ペースの内有利を推す。

デンコウアンジュ いつも前が壁になるという競馬にならない不利で終わっているが、NHKマイルカップで外のまったく伸びない馬場をミッキークイーン置き去りで2着まで迫っている内容から能力は疑いようもなく1番で、直線まで内で溜めて3角から大外回せれば悲願達成。

ミッキークイーン こちらも有馬記念では不利ありの5着と牡馬トップレベルとも互角に戦えるところを見せているので、ここでも2着争い。

ルージュバック 被されると弱いので大外は展開絶好。オークス以来にG1で能力発揮できそう。

リスグラシュー 秋華賞の内容が1番で、福永騎手はこの馬の能力発揮できる乗り方をするので相性バッチリ。

ヴィブロス 確かに強いが、中山記念の内容からミッキークイーン、デンコウアンジュには劣りそう。それよりは久々に能力発揮が濃厚のルージュバックやレベルの高い3歳勢最強と思われるリスグラシューの方がよい。


エリザベス女王杯2017予想:競馬ナンデ予想家下彦本命ヴィブロス「どんな展開にも対応」

昨年の様な瞬発力戦になるのか、クロコスミア以外に果敢に逃げの手に出てくる馬がいるのか、あるいはスローを嫌って早仕かけで動いてくる馬がいるのか。どんなレースを想定するのかによって買う馬も変わってきますが、ある程度の変化があっても幅広く対応出来そうな◎ヴィブロスを本命に。
全姉ヴィルシーナ同様距離の融通性のみならず、瞬発力戦、3F〜4F戦でもキレはさほどではないものの必ず脚は伸ばしてくる信頼性を取ります。
ディープ産駒、母父に入って能力を底上げしてくるマキャベリアン(ミスプロ)、母母父にマキャベリアン同様母方に入ってハイペリオンの良さを伝えるヌレイエフ(ND)。

◯スマートレイアー
過去の当レースの傾向から高齢馬の好走は無いので本来なら切りですが今年は重賞G1〜G3(1-2-0-1)で内3戦が牡馬混合戦。現在では中団より前からでも、前走の様に後方からの末の速さでも自在性が出てきており勿論ここも好勝負出来そうです。
ディープ産駒で母父にロングストレートはもってこいのホワイトマズル(ダンシングブレーヴ←リファール)、母母父グルームダンサー(レッドゴッド系)で京都外コースはピタリ。リファールのクロス(4×4×5)もスピード持続力の源泉。

▲リスグラシュー
昨年のようなレースだと出番はないかもしれませんが、それでも全レース(2-4-2-1)の安定感は力のある証拠だし唯一馬券外のオークスにしても、出遅れ気味スタートから3角付近迄ずっと掛かり気味だったのか手綱を引かれており、道中追走で結構消耗していたと思いますがそれでもジリながら5着に滑り込むあたりはなかなかです。
マキマムドパリ同様、道悪、急坂、ペース変調等の一負荷欲しいところだと思いますが自力の高さから単穴。

△ジュールポレール
自力の足りない分はスタートの良さ、ポジショニング、反応の良さで充分穴埋め


エリザベス女王杯2017馬場予想「内悪くなく先行有利」ロックステディ本命クロコスミア展開利逃げ切りも

意外に内の馬場が悪くないな、というのが先週の競馬を見ての感想。
長岡京Sはテンこそ遅かったものの、ずっと11秒台が続く逃げ馬にとっては息の入れられない流れで、最低人気のティーエスネオが内で、少なくとも他の先行勢相手には踏ん張りました。
台風前の清水Sでは、道中12.4を2回刻んで逃げて、他の先行馬にも先着されたのですが。
内回りコースのレースでは、内から伸びてくる馬もいました。

ペース予想としては、プリメラアスールがいなくなって、これ誰がクロコスミアを捕まえに行くの?
というわけで、早くはなりませんよねぇこれ。

馬場とペースを合わせて考えると、昨年のように内先行有利になるのではと。
馬場自体は先週時点で昨年より時計が掛かっていますが、だからこそスローペースになりやすいと言えます。


◎クロコスミア

昨年のこのレースでは【12.5 - 11.2 - 12.8 - 12.7 - 12.6 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 11.5 - 11.2 - 11.4】というラップをプリメラアスールが刻んで5着に粘りました。
当時、ハンデ52キロで準OPを敗けていたプリメラアスールがです。

……え、じゃあクロコスミア勝っちゃいませんか?
昨年はラスト4ハロンが11秒台でしたが、道中緩められればクロコスミアそれぐらいでまとめられるでしょ?
北斗特別はテンとラスト以外全部11秒台です、馬場の早さは全然違いますが、直線の長さも違います。

しかもプリメラアスールは13番枠でしたが、クロコスミアは4番枠。
内の3頭はいずれも府中牝馬S組で、つまり確実にハナに行ける相手。

うーん……、昨年よりハイペースになる要素が本当に無いのでは。
前走先行したルージュバックに、一部で先行バカなんて揶揄されるムーア騎手が騎乗しますが、ムーア騎手自体は昨年も騎乗してましたし、オールカマーは本当にドがつくスローでした。
府中牝馬Sも重馬場適性のお陰だと思われているでしょうし、距離不安もあると思われていそうです。
「クロコスミアがゆったり逃げている! 不味いぞ!」と思う騎手はいないのでは。
というか思った頃には手遅れなのでは。(2009年のエリザベス女王杯の映像を見つつ)

距離不安についてですが、昨年のクイーンズリングも距離不安はささやかれていたでしょう。
プリメラアスールについても2200は一回走ってボロ負けした経験があっただけです。

一応、過去にエリザベス女王杯で初めて2200以上の距離を経験する馬で馬券になった馬は何頭かいます。
ダイワスカーレット(逃げ切り1着)、アヴェンチュラ(2着)、ラキシス(2着)、ティコティコタック(3着)などなど。
実際のところ牝馬限定G1だから目標にしていますが、2200でこそという馬は何頭もいないでしょう。
牝馬同士で、なおかつマイペースに走れれば誤魔化しは利くのでは。


○モズカッチャン

秋華賞は前目の競馬で早めに動いて、結果出遅れて後ろからの馬が漁夫の利を得たという印象。
一番きつい競馬をした馬で、秋華賞組で最も距離延長がプラスになりそうなのはこの馬かと。
あとは重馬場で頑張った影響がどれぐらいあるかですが、そこはミルコ・デムーロ騎手が昨年の勝ち馬を差し置いて選んだのですから、信頼する形で。

昨年クイーンズリングでイン突きを決めた鞍上に、全てを委ねたい。


▲ミッキークイーン

宝塚記念は直線で牡馬に揉まれて、最後までよく伸びました。
内に進路をとってくれるかわかりませんが、内には差し馬が多いですし、マイルでそれなりの位置で競馬できる馬なので、行こうと思えば行けると思います。
そして内で揉まれても全く不安がない馬です。


△スマートレイアー

週中では本命予定でしたが、武豊騎手路上キス……じゃなかった負傷によって乗り替わり、そして外枠。
武豊騎手であれば、元々脚質に幅がある馬なので、スローになればそれなりの位置で競馬をするだろうと信頼できたのですが、川田騎手になってわからなくなってしまいました。
特に距離短縮&前走は後ろからの競馬で結果を出していますので、それにあまり外れた競馬はし難いですよね。

それでも前に付けられる馬なのは確かで、内に入れるチャンスもありそう。 div>

エリザベス女王杯2017展開予想「前緩TS戦(軽馬場)のL4戦」雀本命はモズカッチャン内枠好感

◎モズカッチャン
 17'優駿牝馬がベストバウト。
 前緩TS戦(L4戦,L2最速)。3歳G3レベル。
 今回もロスなく走れそうな内枠を手に入れシメシメといったところ。
 前走の秋華賞は馬場が重いポテンシャル戦。おそらく好走条件には当てはまらないレースだったとは思うが、好走出来るだけの状態にあるのだろう。
 M.デムーロと好材料も揃い軸として申し分ない。

○クイーンズリング
 16'エリザベス女王杯がベストバウト。
 前緩TS戦(L4戦,L2最速)。古馬G2/3歳G1レベル。
 前年度の勝ち馬ということでやはり評価は高くなった。枠も申し分ないし、鞍上もC.デムーロと悲観的材料は少ない。
 前走の17'府中牝馬Sは4着ということで複勝圏内から漏れたために軸から外す結果となったが、重馬場タイプの前緩TS戦だったので悪くはない結果だったとは思う。クイーンズリングはやはり軽めの前緩TS戦が絶好の条件だと思う。

▲ミッキークイーン
  17'阪神牝馬Sや16'ヴィクトリアMがベストバウトかなと思う。
 前急TS戦が本来の持ち味を出すのにベストな条件かなと。ゆえに阪神1400~1600mがベストの可能性は高いと思っている。ただし総合力が高いし距離適性も広いのは武器で安定した走りをし続けている。
 前緩TS戦でいえば15'優駿牝馬があり前走の好走例から見ても好走の可能性は比較的高いと見ている。
 16'エリザベス女王杯は、4着にパールコードだったのでレベルが低かった可能性は高い思っていてそれほど評価はしていない。ゆえに上記2頭よりも評価を下げた形。

△スマートレイアー
 内枠で武豊なら超本命級だったのだが外枠で鞍上が川田ということでここまで下げた。勝ってもおかしくはないと思うが、ここでのドライバーチェンジは痛い。
 前走の京都大賞典は前緩TS戦(L4戦,L2最速)。今回狙うにはピッタリのレースだっただけに非常に残念。

買い目
ワイド
◎-○▲(3点)


◎現状の展開予想は「前緩TS戦(軽馬場)のL4戦」

【前緩TS戦(軽馬場)】
 エテルナミノル:16'堀川特別(1着)/古馬G1
スマートレイアー:17'京都大賞典(1着)/古馬G2
 ルージュバック:17'オールカマー(1着)/古馬G2
クイーンズリング:16'エリザベス女王杯(1着)/古馬G2,3歳G1
クイーンズリング:16'府中牝馬S(1着)/古馬G2
ミッキークイーン:15'優駿牝馬(1着)/古馬G2
 ルージュバック:15'優駿牝馬(2着)/古馬G2
 エテルナミノル:17'垂水S(2着)/古馬G3
 ルージュバック:16'エプソムC(1着)/古馬G3
スマートレイアー:16'東京新聞杯(1着)/古馬G3
スマートレイアー:17'鳴尾記念(2着)/古馬OP,3歳G3
スマートレイアー:16'府中牝馬S(3着)/古馬OP
 モズカッチャン:17'優駿牝馬(2着)/3歳G3
  クロコスミア:15'赤松賞(1着/3歳G3
ジュールポレール:17'秋風S(1着)/古馬1600
ジュールポレール:17'うずしおS(1着)/古馬1600
 エテルナミノル:16'矢車賞(2着)/古馬1600
ミッキークイーン:15'忘れな草賞(1着)/古馬1600
   ディアドラ:17'紫苑S(1着)/古馬1000
 リスグラシュー:17'ローズS(3着)/古馬1000
   ヴィブロス:16'秋華賞(1着)/古馬1000
ミッキークイーン:16'エリザベス女王杯(3着)/3歳500

【前急TS戦(軽馬場)】
ミッキークイーン:16'ヴィクトリアM(2着)/古馬G1
スマートレイアー:14'府中牝馬S(2着)/古馬G1
スマートレイアー:16'阪神牝馬S(1着)/古馬G2,3歳G1
スマートレイアー:14'大阪城S(1着)/古馬G2
ミッキークイーン:16'阪神牝馬S(2着)/古馬G3
ミッキークイーン:15'ローズS(2着)/古馬G3
クイーンズリング:15'菜の花賞(1着)/古馬G3
スマートレイアー:15'米子S(1着)/古馬OP
 リスグラシュー:17'チューリップ賞(3着)/古馬1000
スマートレイアー:13'夕月特別(1着)/古馬1000
 エテルナミノル:16'500万下(1着)/古馬500
  クロコスミア:15'アルテミスS(3着)/3歳500
   ディアドラ:16'ファンタジーS(3着)/2歳OP
   ディアドラ:17'矢車賞(1着)/未勝利
ミッキークイーン:15'クイーンC(2着)/新馬

【前緩P(軽馬場)】
 ルージュバック:16'中山牝馬S(2着)/古馬G3
  クロコスミア:17'WASJ第2戦(1着)古馬1600
   ヴィブロス:16'500万下(1着)/古馬500
 ルージュバック:きさらぎ賞(1着)/2歳500
 モズカッチャン:17'500万下(1着)/未勝利
ジュールポレール:16'500万下(1着)/未勝利

【前急P(軽馬場)】
ミッキークイーン:15'秋華賞(1着)/古馬G1
スマートレイアー:14'阪神牝馬S(1着)/古馬G3
   ヴィブロス:16'紫苑S(3着)/古馬1600
スマートレイアー:14'クイーンS(3着)/古馬1600
  クロコスミア:17'北斗特別(1着)/古馬1000
 リスグラシュー:16'阪神JF(2着)/2歳G1
スマートレイアー:13'秋華賞(2着)/3歳OP
   ディアドラ:17'アネモネS(2着)/3歳500
クイーンズリング:15'秋華賞(2着)/
クイーンズリング:15'Fレビュー(1着)/


【前緩TS戦(重馬場)】
  クロコスミア:17'府中牝馬S(1着)/古馬G1
   ヴィブロス:17'府中牝馬S(2着)/古馬G1
ジュールポレール:16'衣笠特別(1着)/古馬G1
ジュールポレール:17'ヴィクトリアM(3着)/古馬G2
 ルージュバック:16'毎日王冠(1着)/古馬G2
 エテルナミノル:16'ユートピアS(1着)/古馬1600
 エテルナミノル:17'八坂S(1着)/古馬1000
   ディアドラ:17'こぶし賞(3着)/新馬

【前急TS戦(重馬場)】
ミッキークイーン:17'阪神牝馬S(2着)/古馬G1
  クロコスミア:16'ローズS(2着)/古馬1000

【前緩P(重馬場)】
スマートレイアー:17'京都記念(2着)/3歳G1
   ディアドラ:17'HTB賞(1着)/古馬1000
  クロコスミア:15'札幌2歳S(3着)/2歳OP

【前急P(重馬場)】
ミッキークイーン:17'宝塚記念(2着)/古馬G2
スマートレイアー:15'府中牝馬S(2着)/古馬G2
クイーンズリング:16'京都牝馬S(1着)/古馬G3
クイーンズリング:16'米子S(2着)/古馬1600
 リスグラシュー:17'桜花賞(2着)/3歳G1
   ディアドラ:17'秋華賞(1着)/3歳G2
 リスグラシュー:17'秋華賞(2着)/3歳G2
 モズカッチャン:17'秋華賞(3着)/3歳G2
   ディアドラ:16'白菊賞(2着)/未勝利
ジュールポレール:16'鳥栖特別(2着)/未勝利


エリザベス女王杯2017騎手型予想:クライスト教授本命ルージュバック「ムーア騎手は桁違いの鞍上強化」

◎=ルージュバック
前走騎手のままだったら前走が仕込みと軽く消せた馬だが、ようやく桁違いの鞍上強化で臨戦するからには好結果必至と判断。

「青は藍より出でて藍より青し」・・・このことわざの如くロジユニヴァース(萩原)の大竹は、シンボリルドルフ(野平)の藤沢和雄、ミホノブルボン(戸山)の森などの過去の事例に準じた師匠を越える実績を残す土台は持っている調教師になるはず。
まして今回は、これまで良くて戸崎が限界の騎手起用だった厩舎がムーアを起用できるこれ以上ないG1勝ちのチャンス。
(エピカリスが証明した萩原清の相馬眼のなさ=ロジユニヴァースを育てたのは大竹の力量と推察。何より北村宏司で牡馬を負かして来た馬がムーアなのだから連を外すなど考えられない。どうか師匠筋の縁故ボンクラを受け継いでいない事を願ってやまない。勝て、大崎の息子!)

○=ヴィブロス
ルメールが乗ってくる事が前提も、ルージュバックとスマートレイアーを負かせる筆頭なら同馬と判断。
(叩いての上積みにルメール騎乗なら普通に考えても掲示板以上は濃厚。ただし、前走クロコスミアに負けて来ているので同馬が連対以上になるならクロコスミアまで好走対象に挙げられる点が唯一の懸念。)

▲=モズカッチャン
前走落鉄であの競馬なら今回は3才馬の代表に置ける存在。
引き続きミルコが乗って来るなら鞍上が乗り変わる秋華賞1・2着馬より好走率は高くなるので上位食い込みもあると予想。
(落鉄が事実なら今回最も狙える馬。鞍上もミルコなので騎手の実力順なら武豊が△になるのが当たり前になるが、同馬が連対以上になるとリスグラシューはまだしもディアドラも勝ち負け候補に挙げられる事が懸念。)

△=ディアドラ
馬体を増やしての秋華賞勝ちを評価。
ただし、ルメールが降りる事を考慮すると一枚割り引かざるを得ないため△とした。
(リスグラシューに武豊同類の福永が配された事でヴィブロスの好走が高まった事から同馬が伏兵と予想。)

その他=スマートレイアー
武豊の調教落馬で急遽川田に乗り変わりでは大きな減点材料。
牡馬を負かして来た馬だけに武豊の援護を川田が引き継いでいれば2着もあるだろうが、武豊なら勝てたかも知れない馬があっても2着までとなっては騎手の実力からも狙い目より危険度が増すため無印とした。

消し馬=ミッキークイーン
実績的に人気に推されそうだが、2外人に加えムーアまでいるのに馬を真っ直ぐ走らせられない浜中が休み明けで勝ち負けできる道理がない。
浜中は斜行してG1勝ちさせて貰った上にフィリーズレヴューでも斜めに追った事で完全に体感の狂っている騎手。
そんな騎手が調整期間も取らずに騎乗し続けて全力で真っ直ぐ追える事の方がおかしい。
キチンと体感も整えてない騎手は好走うんぬん以前に、ミッキークイーンが(福永が乗る好素質馬のように)鞍上のせいでおかしくならないかが心配。
同馬を推すくらいなら騎手力上位(弟デムーロ)のクイーンズリングを推すべきと判断。

エリザベス女王杯2017馬場予想「内悪くなく先行有利」ロックステディ本命クロコスミア展開利逃げ切りも (2017年11月11日 12:52)
意外に内の馬場が悪くないな、というのが先週の競馬を見ての感想。 長岡京Sはテンこそ遅かったものの、ずっと11秒台が続く逃げ馬にとっては息の入れられない流れで、最低人気のティーエスネオが内で、少なくとも他の先行勢相手には踏ん張りました。 台風前の清水Sでは、道中12.4を2回刻んで逃げて、他の先行馬に…
エリザベス女王杯2017展開予想「前緩TS戦(軽馬場)のL4戦」雀本命はモズカッチャン内枠好感 (2017年11月11日 12:39)
◎モズカッチャン  17'優駿牝馬がベストバウト。  前緩TS戦(L4戦,L2最速)。3歳G3レベル。  今回もロスなく走れそうな内枠を手に入れシメシメといったところ。  前走の秋華賞は馬場が重いポテンシャル戦。おそらく好走条件には当てはまらないレースだったとは思うが、好走出来るだけの状態にあるのだ…
エリザベス女王杯2017大穴予想:競馬ナンデ予想家ダーハラの本命デンコウアンジュ蛯名騎手「能力は一番」 (2017年11月11日 08:39)
G1なので平均ペースの内有利を推す。 デンコウアンジュ いつも前が壁になるという競馬にならない不利で終わっているが、NHKマイルカップで外のまったく伸びない馬場をミッキークイーン置き去りで2着まで迫っている内容から能力は疑いようもなく1番で、直線まで内で溜めて3角から大外回せれば悲願達成。 ミッキー…
エリザベス女王杯2017競馬ナンデ編集長予想:穴馬はウキヨノカゼ「斤量56キロG1で大型馬浮上も」 (2017年11月10日 17:25)
エリザベス女王杯の特徴は56キロ定量であること。牝馬戦で唯一の56キロを背負わせる競走なので、斤量耐性が大きなポイントになると思う。まず、54キロだと非常に強いが、56キロを背負うとからっきしダメなルージュバックは、非常に危険な人気馬だと思う。他にも背負いこなせた経験のないマキシマムドパリやトーセン…
エリザベス女王杯2017騎手型予想:クライスト教授本命ルージュバック「ムーア騎手は桁違いの鞍上強化」 (2017年11月10日 11:27)
◎=ルージュバック 前走騎手のままだったら前走が仕込みと軽く消せた馬だが、ようやく桁違いの鞍上強化で臨戦するからには好結果必至と判断。 「青は藍より出でて藍より青し」・・・このことわざの如くロジユニヴァース(萩原)の大竹は、シンボリルドルフ(野平)の藤沢和雄、ミホノブルボン(戸山)の森などの過去の事…
エリザベス女王杯2017予想:競馬ナンデ予想家下彦本命ヴィブロス「どんな展開にも対応」 (2017年11月 9日 16:46)
昨年の様な瞬発力戦になるのか、クロコスミア以外に果敢に逃げの手に出てくる馬がいるのか、あるいはスローを嫌って早仕かけで動いてくる馬がいるのか。どんなレースを想定するのかによって買う馬も変わってきますが、ある程度の変化があっても幅広く対応出来そうな◎ヴィブロスを本命に。 全姉ヴィルシーナ同様距離の融通…
エリザベス女王杯2017出走馬確定版予想オッズ(スマートレイアー武豊から川田騎手変更で2番人気から4番人気6.0倍に修正) (2017年11月 9日 14:52)
エリザベス女王杯2017予想オッズ京都競馬場 芝2200m日程:2017.11.12 出走馬頭数:18 予想 オッズ 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 …
エリザベス女王杯2017展開予想:ラップデータ過去10年傾向から今年もスローペース?単騎逃げ馬が出やすいコース (2017年11月 8日 17:04)
●2017エリザベス女王杯の予想用ラップデータby 「競馬をやって何が悪い」カタストロフィ エリザベス女王杯の過去10年ラップデータから予想、分析していく。 まずは全体のペースから。過去10年でかなりのスロー以上が3度、ややスローが2度、平均3度、ややハイ、かなりのハイ以上が1度ずつ。基本的にはス…
エリザベス女王杯2017予想オッズデータ(単勝複勝馬連馬単)2ch人気穴馬ディアドラ岩田騎手5番人気 (2017年11月 7日 14:33)
エリザベス女王杯予想オッズ単勝複勝ヴィブロススマートレイアールージュバックミッキークイーンディアドラリスグラシューモズカッチャンクイーンズリングクロコスミアジュールポレールトーセンビクトリークインズミラーグロエテルナミノルマキシマムドパリデンコウアンジュタッチング…
エリザベス女王杯2017netkeiba予想オッズ雑感/ヴィブロス2.8倍過剰人気?リスグラシュー人気ダウンは福永騎手? (2017年11月 7日 08:41)
人気 馬名 予想オッズ 1 ヴィブロス 2.8 2 ミッキー…
エリザベス女王杯2017サイン予想:INDEX「CMの英国旗ビクトリア→トーセンビクトリー?」 (2017年11月 6日 11:40)
【秋華賞をどんな戦歴を持つ馬が勝利したか。 そして毎年女王杯でどんな馬が馬券になって来たか】 A:桜花賞+オークス出走馬が秋華賞を勝利年 97JF①桜花賞②オーク①(秋華賞①)ダンスパ② 98   桜花賞①オーク③(秋華賞①)エアグル③ 01JF①桜花賞①オーク③(秋華賞①)トゥザヴ① 03   桜…
エリザベス女王杯2017出走馬:ミッキークイーン前哨戦回避も予定のローテ?昨年同様直行も状態不安なし (2017年11月 4日 23:27)
 有力馬ミッキークイーンだが、この中間は一頓挫あった。京都大賞典からの復帰を予定していたが、靭帯を痛めて足元の状態が良くなく、放牧先で調教師が回避を決定しエリザベス女王杯直行となった。 思い返してみると昨年も同様の流れだった。捻挫をしたため京都大賞典を回避しての直行。着順こそ3着だったが末脚は伸びて…
エリザベス女王杯2017回顧ツイキャス生放送配信!日程:12日22時~競馬をやって何が悪いカタストロフィ (2017年11月 4日 12:00)
 11月12日日曜日22時からは、人気ブログ「敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い~」管理人のカタストロフィさんがエリザベス女王杯2017を回顧ツイキャス配信! 大混戦のエリザベス女王杯2017をカタストロフィさんがレースラップから徹底分析。次走狙える馬、危険な馬を導き…
エリザベス女王杯2017予想ツイキャス生放送配信!日程:前日11日22時~騎手型予想家アキ (2017年11月 3日 23:10)
 11月11日土曜日22時からは、騎手型予想家アキさんがエリザベス女王杯2017予想ツイキャス配信! 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相のエリザベス女王杯をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてく…
エリザベス女王杯2017過去10年結果データ・武豊騎手騎乗結果・1番人気馬の成績/歴代優勝馬まとめ (2017年11月 3日 20:56)
エリザベス女王杯過去10年歴代優勝馬データ エ女王杯 歴代勝ち馬 勝利騎手 単勝人気 2007年 ダイワスカーレット …
エリザベス女王杯2017ゲストプレゼンター高畑充希JRA京都競馬場表彰式来場でサイン予想→ミッキークイーン? (2017年11月 2日 17:33)
 JRAホームページのイベントカレンダーが更新され、エリザベス女王杯のゲストプレゼンターが女優の高畑充希さんと発表された。当日表彰式のために京都競馬場に来場する。 こういった動向をエリザベス女王杯のサインと見る一部のファンからは早くも「みつき→ミッキークイーン」が来るのではないかとの噂が出ている。さ…

エリザベス女王杯 2017前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMのエリザベス女王杯 2017予想

カテゴリ