Cコースに気をつけろ 朝は静かに馬場監視

| コメント(2)  買い目情報

東京競馬場の芝コースは今週からCコースで行われることになります。

先週土曜日の東京のメインレース京王杯2歳Sでは逃げたツルマルジュピターが3着に残って、最後方から最内を突いて追い込んだアニメイトバイオが2着。勝ったエイシンアポロンは外を回って追いこんできたものの、まだ最内のあたりは伸びるんだろうなという見解でいたのですが、日曜日になると外差しがズバズバ決まってましたね。

馬場のことをあまり気にしないタイプの蛯名が8R~10Rまで大外枠で3連勝という珍記録(?)を達成(笑)ようやく顕著に外差し傾向が出たところでCコースへ。これはなかなか辛いところですね。幸い明日の午前中はそれほど注目してる馬が出ないし、2~4Rまで芝のレースなので傾向をつかむには絶好の機会だと思います。

 

注目馬として挙げた馬のうち、土曜日には3頭が出走。その出走レースと2歳重賞について少々。

 

東京4R  ウエスタンブラボー 田中勝

東京を使うのは早くも3回目になるのですが、時計が速い馬場も雨が降って時計が遅くなった馬場も経験してるのは大きく、Cコースに替わってもそれなりに善戦はできるんじゃないでしょうか。東京で好走してきた馬はあまりおらず、ちょっと比較がつかないんだけどおそらく3枠2頭が人気するんだろうな。じゃぁ単勝で!と行きたいところだけど3着3回で決め手の薄いのウエスタンブラボーの単勝というのもどうなんでしょうね。静観・馬場見ですかね。

 

 

京都2R  バンダムクラウス ルメール

デビューから5戦連続2着のこの馬がいい加減未勝利戦を通過するんだろうな・・・と思いつつ、この馬いい脚持ってるのに勝てないんだよねぇ。決め手になる得る鋭い脚をもってるのに。京都での2着2回は内の先行有利の馬場を大外ぶん回して届かずの競馬。2走前はレコード決着だったのもあるんですけどね。そんな馬が内枠に入ったけど・・・京都もだんだん外差しになってるし・・・絶対の信頼は置けませんね。静観です。

 

 

京都3R  ファンドリアスカ 武豊

このレースはジャポニズムが断然人気になってバンコジーロが2番人気でしょうね。しかし残念ながら信頼が置ける馬たちとは言いにくいところですね。ジャポニズムは直線よれる面をみせて逃げ馬さえも捕えられず3着。バンコジーロは早くも京都が3回目。それぞれの勝ち馬がテイラーバートンとヴィクトワールピサと負けるのも仕方ないところだが、いずれも3着と2着を確保できないあたり現状では人気先行と言わざるを得ないところ。

ファンドリアスカはデビュー戦で好時計決着の3着。出負け気味で追走に苦労しながらも最後は3着まで追い込んだ。レース後のコメントでは「距離が足りない」と武豊騎手が断言。お望み通りの距離延長。条件はそろっているはず。ここは美味しそうな単勝で狙う。

 

単勝  ファンドリアスカ

 

 

東京11R 東京スポーツ杯2歳S

次走注目として挙げた馬が出走しないのですが、デビュー戦でパフォーマンスの高かった馬たちがたくさん出るし、2勝以上が3頭もいるし、現時点ではかなりの好メンバーと言えるでしょう。

絶対先手主張の馬がいないメンバーでスローが予想される中、距離延長で引っかかることが心配で前に馬を置く調教を積んできたトーセンファントムは外枠を引いたのは痛いですね。ついでに札幌2歳Sでは内枠を利して抜け出して勝利したサンディエゴシチーが大外枠。この2頭を軸にするのは大いに危険。

ここはやはりスローの上がり勝負が予想されるところで、内で我慢できる馬と考えていましたがいい枠を引いたなぁと思ったのはニシノメイゲツぐらいかな。ニシノメイゲツは距離に絶対の自信がないので本命にはできないかな・・・。強そうだけど。内枠引いたアーバンウイナーは札幌2歳と前走は出遅れてるし内枠歓迎というタイプでもなさそうだし。

ここは意外とどれも条件がよろしくない感じなんですが、ローズキングダムはスローの上がり勝負なら前走で強さをみせつけてますからね。1戦1勝馬ですが軸としては悪くはなさそうです。でも展開の読みって外れるので軸はやめときます。

 

本命はレッドはレッドでもレッドスパークルを抜擢。ノッてる蛯名にノッてみる。勝ち上がりは遅かったもののここ2戦の内容は相当良い。2走前は勝ちに等しい2着。勝ったエイシンフラッシュは萩Sでテイラーバートンともそれほど差のない3着なので負けるのも納得。前走は前が開かず一旦ブレーキをかけながら外に無理やり持ち出して再びエンジンを回転させて差し切り勝ち。普通は差せない。今の蛯名なら坂下で馬群の大外を持ったままで先頭に立ってる姿が想像できる。

 

相手は○レッドバリオス、▲ヤングアットハート、☆ローズキングダム、△ニシノメイゲツ 

 

レッドバリオスは粗削りでスローな展開での折り合いが心配だが、豪快に差し切った新馬戦は鮮やか。最後は抑える余裕があったし、2着に負かしたのはイチブン。あのイチブン。おれのイチブン。内田がこちらを選んだということに決めつけることにした。

弥永氏が『内田博は「返し馬の時にジンジンきたのは久しぶり。トーセンファントムに関してはGⅠを獲れる器だと思っているだけに、ここで負けたとしても納得。来春を楽しみにさせてくれるレベルの馬」』

と書いている。胡散臭い人だけど安易に信じてみる。

 

ヤングアットハートはシンゲンの半弟で府中に替わるのはプラスと決めつける。負かした相手はまだ勝ち上がってないけどメジロジェラルドというかなりしぶとい逃げ馬だし、出遅れてモズの3着のデビュー戦、2戦目の相手はタイセイレジェンドなら悪くないはず。人気もないので今のうちに。

 

3連複 ◎○▲☆△ BOX

馬連 ◎-○▲☆△  ○-▲☆△



[PR]勝てない貴方→その馬券では勝てません。この買い目でまず10万獲得!

[PR]不況度外視の収入術★的中率最高のインサイダーが今なら特別配信!

   にほん競馬文化発展のため、支援クリックよろしくお願い致します↓↓↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント(2)

あまりにもスローばかりでどう判断していいか悩みます

そうでしたね。何とも言えないレースが多かったので回顧に困っていたので、エアラフォンの新馬戦と東スポ杯しか書きませんでした。

最近のブログ記事

三浦皇成騎手 2010年夏もイギリスで研修
な~んだ・・・函館で生温かく応援しようと…
そうだ思い出してみよう 2010春のG1炎の10番勝負
以前ここに晒した春のG1炎の10番勝負に…
リーチザクラウンとサイレンスズカとヴィクトワールピサでみる 競馬を実戦で教えるということ
リーチザクラウン新馬戦で2着。1着は皐月…

競馬予想・回顧アーカイブス・サービス一覧

カテゴリ

  • チャット過去ログ
  • レース
  • 予想オッズ
  • 展開予想
  • 想定メンバー
  • 注目馬
  • 競馬ナンデ
  • 競馬業界ニュース
  • 競馬界全般
  • 論点
  • 集合知の歩み