ストップザ中舘英二 松田大作と丸山元気が健闘中【2回中京リーディング争い】

| コメント(4)  買い目情報
牝馬クラシック第1戦桜花賞の東西のトライアルが終わって、今週は東西で牡馬クラシック第1段皐月賞のトライアルが行われる。
そんな中、静かに開催している高松宮記念を待つ中京競馬場では熱いリーディング争いが繰り広げられている。

現在5勝で4人の騎手が並んでいる。

~言わずと知れたローカルのドン~ 中舘英二

~お兄ちゃんお先にG1勝っちゃった~
 藤岡康太

~依頼があればどこでも乗りに行きます!~
 松田大作

~父さん、おれ中央で頑張ってるよ~
 ▲丸山元気


中京記念のような重賞があると中舘騎手はとたんに空気になります。やはり当日は勝ち鞍がありませんでした。
今開催は1週目が極悪馬場。2週目は中京記念。3週目はファルコンS。4週目に高松宮記念。
中舘を止めるのは騎手が集まりやすいこの開催が一番いい。
新人騎手が中京でも乗っています。その影響もあるのか毎年この開催の中舘は脆い。
藤岡康太に関しては関西若手の中でも乗れる方なのでストップザ中舘の一翼を担って当然ですが、何といっても松田大作と丸山元気ですよね。


まずは松田大作。
みなさん松田大作と聞いてどの馬を思い浮かべますか?芝の短距離で活躍したラムジェットシチーですか?ファンタジーS2着のグロウリボンですか?ぼくはセイントリープレアですけど。
そうなんです。どこまでも地味なんです。
彼は依頼があればどこにでも乗りに行くんですよね。戸田厩舎がよく平場で依頼をするので関東でもよく目にします。
関西では藤原英厩舎の信頼が厚いので結構いい馬も回ってきます。実際タスカータソルテのシンガポール遠征に帯同していましたし、中京記念の2着は人馬の呼吸が合っていたとも言えるのではないでしょうか。
今開催は人気の馬で大負けということがなく、黙々と自分の仕事を全うしている感じがにじみ出ています。地味で人気しないので今開催はとても面白い存在です。
去年あたりから太宰騎手がプチブレイクしている印象がありますが今年は松田がやってくれそうな気がしないでもありません。


そして丸山元気。
父は高崎で活躍した丸山侯彦。タマルファイターの名前を出せばわかっていただけるでしょうか。
去年デビューの騎手ですが目立った活躍はまだありません。
丸田、宮崎、荻野琢、田中健の減量がなくなったこともあって騎乗数も増えてきました。中京開催が始まると当時に後輩がデビューしてきたことも刺激になっているのでしょうか。
何よりも大きいのはプロヴィデンスという馬での勝利。プロヴィデンスは二ノ宮厩舎の馬なんですが、今年は二ノ宮厩舎から平野優騎手がデビューしたんですね。本来であれば調教師は勝たせるために平野騎手に馬を回しますが丸山騎手を乗せました。そこで結果を出せたのは彼にとっては非常に大きな1勝だと思う。
今開催で更なる活躍をするようならもっと騎乗数は増えるはず。同期は国分恭介、松山弘平ばかりが目立つがなかなか侮れない。


今週からの展望
藤岡康太は今週土曜日は若葉Sでセイクリッドセブンに騎乗予定のため不在。
松田と丸山は自分の仕事をしっかりやれば結果はついてくるはず。あとは中舘騎手の取りこぼしを待つしか・・・
そうでなければ順当に中舘騎手がリーディングを獲りそう。騎乗数としては圧倒的に有利。


頑張れ中堅、負けるな若手!



[PR]勝てない貴方→その馬券では勝てません。この買い目でまず10万獲得!

[PR]不況度外視の収入術★的中率最高のインサイダーが今なら特別配信!

   にほん競馬文化発展のため、支援クリックよろしくお願い致します↓↓↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント(4)

中舘きらいなんですかw
そう取れる文章なんですけど

え!?今気づいたんですか!?
もっと伝わるような文章書けるようにしますね(笑)

丸山がよくなってきましたねえ。。

赤見姉さんが美浦にいるのもいいのかなww

でもペース配分もうまくなってさすが血だなとは思います

なるほど赤見千尋姐さんも高崎でしたね!

最近のブログ記事

三浦皇成騎手 2010年夏もイギリスで研修
な~んだ・・・函館で生温かく応援しようと…
そうだ思い出してみよう 2010春のG1炎の10番勝負
以前ここに晒した春のG1炎の10番勝負に…
リーチザクラウンとサイレンスズカとヴィクトワールピサでみる 競馬を実戦で教えるということ
リーチザクラウン新馬戦で2着。1着は皐月…

競馬予想・回顧アーカイブス・サービス一覧

カテゴリ

  • チャット過去ログ
  • レース
  • 予想オッズ
  • 展開予想
  • 想定メンバー
  • 注目馬
  • 競馬ナンデ
  • 競馬業界ニュース
  • 競馬界全般
  • 論点
  • 集合知の歩み