リーチザクラウンとサイレンスズカとヴィクトワールピサでみる 競馬を実戦で教えるということ

| コメント(4)  買い目情報
リーチザクラウン
新馬戦で2着。
1着は皐月賞を勝つことになるアンライバルド。
3着は牝馬2冠を達成することになるブエナビスタ。
4着は菊花賞を勝つことになるスリーロールス。
そういう言われ方は大嫌いですがいわゆる「伝説の新馬戦」というやつである。

2着した後の未勝利戦は当然のようにスピードの違いで圧倒。
次の千両賞でも同じようにスピードの違いで圧倒。
この2戦はほとんど遊びみたいなレースだった。

そしてこの圧倒的な強さは次走のラジオNIKKEI杯で後にダービー馬になるロジユニヴァースという壁にぶち当たった。

早々ときさらぎ賞から皐月賞へ行くプランを発表。

きさらぎ賞は10頭立て。
陣営は控える競馬を試したいと漏らすが、ここもいつも通りスピードの違いでハナへ。
スピードに負けせて走るレースばかりを繰り返して迎えた皐月賞は惨敗。
ダービーは極悪馬場で他馬がもがいた分、持ち前のスピードが生きた形。
神戸新聞杯、菊花賞はそこそこ走ったものの、JC、有馬は惨敗。

成長期に控える競馬をさせなかったことがこの馬を狂わせたのは間違いない。
控える競馬がこの馬に合うか合わないかというのはまた別の問題で、控えることで力を抜く競馬を若いうちから教え込めば、距離もある程度持たせることができるだろうし、レース展開によって自らの作戦も立てられるという強みも生み出せる。

いまは向くであろうマイル路線のマイラーズCを勝って再び大きいレースに臨んで行くわけですが、マイラーズCでも抑えが効かない感じは露呈しているし、大きいレースでは致命的でしょうね。


サイレンススズカ
3歳春はうるさい気性で教え込むどころの話ではなかった。
実質勝っていたであろう神戸新聞杯のように圧倒的なスピードを生かして乗るのがこの馬に合っていると判断した武豊は、サイレンススズカの圧倒的なスピードをフルに生かす大逃げという戦法をとらせた。
そのレースぶりは皆さんご存じのとおりなので割愛しますが、このように教え込まずに徹底的にその異常なまでのスピードを生かす戦法もありっちゃあり。

だがこれをリーチザクラウンができるとは思わないのでね。(JRA先生が馬場を作ってくれたらやれちゃったりして)

やはり馬に競馬を教えるということは大事です。


では

ヴィクトワールピサ
武豊ということで、どうしてもリーチザクラウンと比較して考えてしまいます。


ま、この先はダービーの予想で書きますね。

お楽しみに。じらしてごめん。


[PR]勝てない貴方→その馬券では勝てません。この買い目でまず10万獲得!

[PR]不況度外視の収入術★的中率最高のインサイダーが今なら特別配信!

   にほん競馬文化発展のため、支援クリックよろしくお願い致します↓↓↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント(4)

リーチはあれだよねえ。2戦目逃げてしまったことが競争生活を狂わせているのは事実だよね

同じようなことが最近の牝馬ミクロコスモスとかにもいえるよね。競馬教えることしかりなんでも教え込むことは難しい

控えてどうにかなったかなんて僕らにはわからないですけど、経験すらできてないからそういうところに目を向けてしまいますよね。

これ書いてるときにミクロコスモスのことも書こうと思ったけど、やめちゃいました。さすが信じるさん。伝わってますね。

ゼンノロブロイとタップダンスシチーの有馬のマッチも
それまでの学習があったから出来る芸当だった。
ファンも盛り上がるマッチレースにはスズカのような方向性が
生かさせるんですよ。
前でやり合うことって見ていて気持ちの高ぶりが違う。

ペリエがタップの強さを熟知した競馬でしたよね。
スズカみたいなああいう型破りな競馬ってもう拝めないかもしれませんよねぇ・・・

最近のブログ記事

三浦皇成騎手 2010年夏もイギリスで研修
な~んだ・・・函館で生温かく応援しようと…
そうだ思い出してみよう 2010春のG1炎の10番勝負
以前ここに晒した春のG1炎の10番勝負に…
リーチザクラウンとサイレンスズカとヴィクトワールピサでみる 競馬を実戦で教えるということ
リーチザクラウン新馬戦で2着。1着は皐月…

競馬予想・回顧アーカイブス・サービス一覧

カテゴリ

  • チャット過去ログ
  • レース
  • 予想オッズ
  • 展開予想
  • 想定メンバー
  • 注目馬
  • 競馬ナンデ
  • 競馬業界ニュース
  • 競馬界全般
  • 論点
  • 集合知の歩み