競馬ジャパンカップ2013は回避馬相次ぎ微妙なメンバーに(外国馬ジョシュアツリー9人気予想オッズ)

ジョシュアツリー
<ジャパンカップ2013 予想オッズ>
ジェンティルドンナLムーア 2.4倍
ゴールドシップ内田    3.9倍
エイシンフラッシュ    5.9倍
アンコイルド後藤    9.0倍 
 
ルルーシュ       9.3倍
アドマイヤラクティ   10倍
デニムアンドルビー  18倍
ヒットザターゲット武豊 21倍
ナカヤマナイト     21倍
◎????? ←栗山求の血統予想 
日程:2013.11.24 出走馬可能頭数:18頭
[編集長のジャパンカップ2013予想解説]
 昨年のジャパンカップ優勝馬ジェンティルドンナは、休み明けの天皇賞でも勝ちに行く競馬で価値ある2着。叩かれ状態アップは必至で、不動の一番人気。鞍上もライアンムーア騎手と新コンビでここへの勝ちにこだわってきた。
 ゴールドシップは京都大賞典でよもやの敗戦だったが、京都の高速馬場が敗因とはっきり。東京コースは馬場が少しずつ荒れてきて、これなら巻き返せそう。
 ヒットザターゲットは追込み競馬に強い武豊騎手に替えて勝負気配。天皇賞秋は距離が短すぎ、最も得意な2400なら一発がある。予想オッズからはどこから買うか迷うばかりのジャパンC2013。
 まずは出走予定馬の過去出走レースを正確に分析して能力比較から予想に入るべきだろう。
 大学在学中の89年に競馬通信社入社。元『週刊競馬通信』編集長。著書に『驚異の血統データ事典』(日本文芸社)、『世界の名馬7代血統表』(競馬通信社)、『競馬歴史新聞』(日本文芸社)、『競馬裏事件史』(宝島社文庫)、など多数。テレビ出演等、各種メディア露出も多い。
そこでご紹介したいのが、競馬スピリッツ
4人の有名予想家が、各々の立場から、きちんと根拠を示して買うべき馬を示してくれるので心強い!もちろん無料のサイト。迷ったときは一度覗いてみてほしい!
 中でも栗山求氏は、今や日本を代表する血統評論家。特に2~3歳戦は大得意としていて、血統診断は絶大な威力を発揮すると、ファンの間で定評がある。
 水曜更新の無料コラム「血統の裏庭」は、毎週メインレースについて、血統理論から導かれる結論を説く。
 そんな栗山氏に会員が直接質問ができる「馬スピ黒板」というシステムも画期的。疑問を解消してレースに臨める。
 ネットメディアの双方向性を存分に活かしていて、予想サイトに革命を起こすかもしれない注目のシステムだ。
 さらに先月からあの虎石晃(東スポTM)
ウイニング競馬予想解説者が予想陣に加入!
マイルCSでは栗山求が大的中を決めたので、実績の方もぜひご覧あれ!
――――――――――――――――――

2013.11.17 京都11R マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

【栗山求が実際配信した買い目】
≪3連単≫フォーメーション 軸は13番ダノンシャーク そこから複数頭へ。

↓ レースは、直線でトーセンラーとダイワマッジョーレが抜け出し、、、


◎ダノンシャークも外からきっちり差し込んだ!3連単を▲○◎のクリーンヒット

⇒配当は124.5倍×1,000円=124,500円!!
―――――――――――――――――――――――
他の実績や予想の根拠については直接サイトで詳しくご覧あれ↓↓↓


―――――――――――――――――――――――

これだけハイクオリティー・高回収率の予想でありながら、

競馬スピリッツが素晴らしいのは無料コンテンツ充実している事。

無料メルマガを取っておくだけでも十分に毎週楽しめる!ぜひ一度お試しあれ!

ジャパンC2013を総力特集中

無料登録はこちらから


タグ: ,

競馬ナンデ放送部ツイキャス「ジャパンカップ特集」

日程:11月26日(曜)22:00~22:30
http://twitcasting.tv/c:nandecas
ツイッターユーザーはコメント可能
人気ブログ稀に的中?3代血統で重賞予想管理人menkさんをゲストにジャパンカップ2016徹底予想。キタサンブラック・ゴールドアクター・リアルスティールの3強の様相ですが3強で本当に大丈夫なのか?血統予想家として血統面からも占っていただきます。

ジャパンC2013過去10年データから穴馬探し!

騎手データ:武豊2勝2着0回3着0回/岩田3勝2着1回/福永0勝/横山典0勝
枠順データ:1枠1勝2着2回3着2回/2枠2勝/3枠2勝→外枠有利
オッズデータ:1番人気3勝2着3回3着2回/2番人気1勝2着2回/7番人気以下1勝→人気決着
展開データ:逃げ馬0勝2着0回3着0回/4角5番手以下7勝→差し有利

能勢俊介元TMのジャパンC2013予想

大西直宏元JのジャパンC2013予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ