桜花賞 2018

競馬ナンデ想定班(2018年4月 7日 21:39)

第78回桜花賞出走予定馬・予想オッズ

日程:2018.4.8 賞金順出走馬可能頭数:18頭
場所:阪神芝1600M レコード:1:33.3(アパパネ)
予想
オッズ
枠順 馬名 騎手 厩舎 血統
(父馬)
前走成績
1.9 1枠1 ラッキーライラック 石橋 松永 オルフェーヴル チューリップ1
5.1 7枠13 アーモンドアイ ルメール 国枝 ロードカナロア シンザン1
8.9 8枠17 マウレア 武豊 手塚 ディープインパクト チューリップ2
9.1 5枠9 リリーノーブル 川田 藤岡 ルーラーシップ チューリップ3
20.1 8枠16 フィニフティ 福永 藤原 ディープインパクト クイーン2
23.0 7枠15 プリモシーン 戸崎 木村 ディープインパクト フェアリーS1
26.5 7枠14 レッドレグナント デムーロ 大竹 ロードカナロア アネモネS2
31.2 2枠4 アンコールプリュ 藤岡康 友道 ディープインパクト FR2
39.3 6枠12 デルニエオール 池添 池江 ステイゴールド FR3
48.0 2枠3 リバティハイツ 北村 高野 キングカメハメハ FR1
50.6 4枠8 ハーレムライン 大野 田中 マンハッタンカフェ アネモネS1
50.9 3枠5 レッドサクヤ 松山 藤原 ディープインパクト エルフィン1
55.7 4枠7 トーセンブレス 柴田善 加藤 ディープインパクト フラワーC2
70.6 1枠2 アマルフィコースト 浜中 牧田 ダイワメジャー ファンタジ3
120.5 5枠10 アンヴァル 藤岡佑 藤岡 ロードカナロア FR4
167.0 3枠6 スカーレットカラー 岩田 高橋 ヴィクトワールピサ チューリップ7
179.5 6枠11 コーディエライト 和田 佐々木 ダイワメジャー FR15
190.7 8枠18 ツヅミモン 秋山 藤岡 ストロングリターン クイーン13

ラッキーライラック石橋脩騎手

 阪神JFを制した2歳女王。ただ、阪神JFは戦前からレベルが疑問視されていた面もありチューリップ賞での復帰戦の内容が注目された。これが完勝。今回は早めに抜け出し目標になる競馬だったが後続を振り切りむしろ差をつけた。気性面やスタートセンス、脚質的にも、現状では死角という死角が見当たらず、大本命は間違いない。

アーモンドアイCルメール騎手

 牡馬混合の重賞シンザン記念を大外一気に差し切ったことで一気に注目を集めている。というのもシンザン記念組からはこれまでもジュエラー、ジェンティルドンナ、マルセリーナと桜花賞馬が出ており、ここを勝てる牝馬は強いという定評がある。ただ、今年に限ってはメンバーレベルは微妙。馬場も渋っていて勝ち時計も遅かった。2着のツヅミモンもその後大敗しており、相手が弱かったと評価することもできる。

マウレア武豊騎手

 姉に桜花賞馬アユサンがいる血統。武豊騎手との新コンビも心強い。ただ、チューリップ賞の内容は内をロスなく回って能力はフルに発揮した形。休みなく使われていて上積みも大きくは期待しづらく、アタマまでは難しいか。

リリーノーブル川田将雅騎手

 阪神JFのときには3/4馬身だったラッキーライラックとの差は、チューリップ賞では21/4馬身まで開いてしまった。ただ、外を回った分と、体に若干余裕があったところも響いたか。ルーラーシップ産駒はじわじわと力をつけるタイプだけに、成長力に期待したいところ。

プリモシーン戸崎圭太

 末脚が確実な馬。出走すれば人気の一角になるはずだったテトラドラクマを2度破っていることを考えるとレベルは高い。ただ、フェアリーステークスからの直行になってしまったローテがどうか。これまでフェアリーステークスから勝った馬はおらず、データ的には難しい。状態次第になる。

フィニフティ福永祐一騎手

 キャリア一戦でメンバーの揃ったクイーンカップ2着。良血馬らしくセンスと能力が高い馬で、未知の魅力十分。ステファノスの下で、器は大きい血統。

出走予定馬総評

 桜花賞は阪神ジュベナイルフィリーズと同じコースで行われるため、やはり阪神JF勝ち馬のラッキーライラックを中心に考えざるをえない。チューリップ賞も完勝し、もはや1強態勢とも囁かれるが、昨年の阪神JFは戦前からレベルがイマイチという評価があり、ライバルは他路線組みにいそう。
 その筆頭格がシンザン記念を制したアーモンドアイか。雨でかなり馬場が渋り、差しにくい馬場だったが、大外から凄まじい勢いの末脚。母のフサイチパンドラから受け継いだパワーが活きた。過去に牡馬混合のシンザン記念で上位に入った馬はジュエラー、ジェンティルドンナ、マルセリーナと桜花賞を制している。
 そこでご紹介したいのが日本ダービー騎手大西直宏「ワールド競馬WEB」桜花賞は昨年も見事"穴馬レーヌミノル"を抜擢し、8番人気1着=3連複5,020円を的中している得意なレース。
 大西騎手曰く、、「今年の桜花賞もとっておきの超穴馬がいます!ラッキーライラック相手でも馬連30倍はつくと思う」とのこと。大西騎手はG1レースに何度も騎乗して、G1特有の騎手心理などを熟知していて、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるゆえの豪語だろう。↓↓

「超穴馬」がこちら↓

日本ダービー騎手大西直宏自信の
桜花賞(G1)

いま絶好調!先週の穴馬情報も
大阪杯ペルシアンナイト6人気2着激走!

阪神2日目2R
6万6160円的中
------------------
阪神2日目10R
4万4040円的中
------------------
小倉6日目7R
3万5170円的中
------------------
小倉6日目9R
2万0080円的中
------------------
小倉8日目9R
1万9860円的中
------------------
阪神3日目3R
1万9290円的中
------------------
小倉8日目6R
1万4390円的中
------------------
小倉8日目4R
1万2920円的中
------------------
小倉7日目12R
1万2630円的中
------------------
小倉6日目11R
1万0950円的中
------------------
中山8日目5R
5万2720円的中

2013年穴馬情報アユサン7人気1着!

2016年穴馬情報アットザシーサイド6人気3着!

2017年穴馬情報レーヌミノル8人気1着!

今年はなんとこの馬!
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大西直宏とは ~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


桜花賞2018阪神競馬場芝1600Mコース詳細解説

 桜花賞は阪神芝外回り1600mで行われる。牝馬クラシック戦線の特徴的なところは、阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞、桜花賞といずれもこのコースで行われる。今年の人気上位馬ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアも3回連続でこのコースで戦うことになる。よって、このコースの特性をよく理解することは馬券攻略にも繋がることは間違いない。
 さほど複雑なコースではない。スタートしてから向こう正面を進み、3コーナーの手前の水色で示した箇所で若干登るが大したものではない。3コーナーは平たん。4コーナー途中から直線半ばまで青色で示した区間はずっと緩やかに下り続ける。ここでかなり加速がつく。そして最後の急坂(黄色部分)を迎える。高低差1.8mで、勾配は1.5%と中山競馬場の急坂に比べても遜色はない。長い直線で叩き合いをしてきて、その最後の最後に急こう配があるという意味でタフなコース。ここで急に力尽きて失速し入れ替わるというパターンもままある。ただ、全体的には癖がなく能力を出し切りやすいコースで、紛れが少なく能力を問われる。
 内回りコース、外回りコースができて、ダメージが分散されるようになったため、3~4コーナーは傷みにくく、内外の有利不利がほとんどなくなった。ただ、合流するストレート部分にはトラックバイアスができる。コースパターンがAとBしかないため、どうしても暮れの開催でのダメージも影響してBコース内側の傷みが残ってしまう。そのため、春開催はBコースに変わると直線で外を回った馬が浮上してくるケースが増える。桜花賞で1枠2枠の馬の成績が悪いのもこのあたりが影響しているだろう

桜花賞2018枠順発表:ラッキーライラック@石橋騎手最悪の内枠1番で展開を予想図解

 桜花賞2018の枠順発表だが、圧倒的人気で臨むラッキーライラックは考えうるかぎり最悪の枠を引いてしまったと思う。
 この時期の阪神Bコースは内枠不利。阪神はコースパターンがAとBしかないため、どうしても暮れの開催でのダメージも影響してBコース内側の傷みが残ってしまう。特に向こう正面と直線は内回りと外回りの両方で使うため傷みが大きい。1600コースは向こう正面部分も長いため、ここで傷んだ部分をずっと走るだけでもダメージはあるだろう。
 また、ラッキーライラック自身のことでいうと、これまで外めの枠を引くか、頭数が少ないかで、馬群の内側でプレッシャーを受ける競馬を経験していない。
 この枠なら腹をくくって前に行くべきといった議論もあるが、そう簡単ではないと思う。11番コーディエライトは今回こそは行きたいと考えていくだろうし、14番レッドレグナントも速い。これらが外に入ったのでかなり勢いをつけていくだろうから、この前に出るというのはかなり困難だろう。
 ラッキーライラックのすぐ外側がアマルフィコースト、リバティハイツ、レッドサクヤなど好位勢が多くすぐに外側に蓋をされて、密集してごちゃごちゃしそう。これを嫌う場合、考えるとしたら、思い切って後ろに下げることくらいか。いずれにしても難しい競馬を強いられることになった。
 他の有力馬が14番17番など、馬場の良いところを通れそうな好枠を引いているのも怖いところで、やすやすと無敗の桜花賞馬誕生とはいかなそうだ。

桜花賞2018をラップで予想してみた:ハイペースなら有力馬総崩れで大波乱も?

 今年の桜花賞の特徴は、有力馬ラッキーライラック、マウレア、リリーノーブルがいずれも阪神JF→チューリップ賞とステップを踏んできていること。そしてこれらいずれも阪神1600で争われ、桜花賞も阪神1600だということだ。
 そこでこの2戦がどういうレースだったかをラップで掘り下げてみた。

ラッキーライラックが経験してきたレース
チューリップ賞
12.6 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 12.0 - 11.7 - 10.7 - 11.5
阪神JF
12.4 - 11.3 - 11.6 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.0 - 11.5

 どうだろうか。いずれもかなり似たようなラップを刻んでいて、要は真ん中の2ハロンが12秒台で緩んでいて上り3ハロンの瞬発力勝負になっている。では、桜花賞本番というのはどういう流れになるものなのだろうか。過去10年分のラップを振り返ってみると、、

桜花賞過去10年のラップタイム
レーヌミノル
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

ジュエラー
12.4 - 10.7 - 11.7 - 12.3 - 12.0 - 11.4 - 11.3 - 11.6★

レッツゴードンキ
12.7 - 11.7 - 12.7 - 12.9 - 12.5 - 11.3 - 10.7 - 11.5★

ハープスター
11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

アユサン
12.4 - 11.0 - 11.4 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 12.7

ジェンティルドンナ
12.7 - 10.9 - 11.3 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.0 - 12.2
マルセリーナ
12.1 - 11.0 - 11.5 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 12.0 - 12.1

ブエナビスタ
12.4 - 10.8 - 11.7 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.6 - 11.6★

レジネッタ
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.6

ダイワスカーレット
12.7 - 11.6 - 11.4 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 10.6 - 11.7★

★印をつけてみた4つが、いわゆる上り勝負のレース。ただ、それ以外の6年では最後の1ハロンが12秒台と、スタミナを要する流れになっている。そうなったときに、上記の2つのレースで実績を収めてきた馬を信頼できるのかどうかという疑問が残る。
そうなったときには有力馬が一気に吹っ飛んで大波乱ということさえあり得るのではないだろうか。

桜花賞2018全馬券予想オッズ(ラッキーライラック崩れれば大波乱)

桜花賞2018予想オッズ
馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
ラッキーライラック 1.9 1.1
アーモンドアイ 6.3 2.5
プリモシーン 11.3 3.5
マウレア 15.1 3.9
リリーノーブル 16.1 4.0
フィニフティ 18.8 5.8
ハーレムライン 22.0 5.6
レッドレグナント 22.2 5.7
リバティハイツ 27.9 6.0
デルニエオール 29.9 6.1
アンコールプリュ 30.1 6.3
レッドサクヤ 44.6 7.9
トーセンブレス 50.0 9.0
アマルフィコースト 50.4 9.5
モルトアレグロ 69.8 10.9
アンヴァル 79.1 17.9
スカーレットカラー 80.2 20.0
ツヅミモン 178.1 29.8
コーディエライト 179.5 30.1
馬連オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
ラッキーライラック アーモンドアイ 6.0
ラッキーライラック プリモシーン 9.9
ラッキーライラック マウレア 10.8
ラッキーライラック リリーノーブル 10.9
ラッキーライラック フィニフティ 12.8
馬単オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
ラッキーライラック アーモンドアイ 9.2
ラッキーライラック プリモシーン 13.2
ラッキーライラック マウレア 14.2
アーモンドアイ ラッキーライラック 14.4
ラッキーライラック リリーノーブル 14.4
3連複オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
ラッキーライラック アーモンドアイ プリモシーン 16.5
ラッキーライラック アーモンドアイ マウレア 17.0
ラッキーライラック プリモシーン マウレア 17.4
ラッキーライラック アーモンドアイ リリーノーブル 18.9
ラッキーライラック プリモシーン リリーノーブル 19.5
3連単オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
ラッキーライラック アーモンドアイ プリモシーン 27.9
ラッキーライラック アーモンドアイ マウレア 30.8
ラッキーライラック プリモシーン アーモンドアイ 34.0
ラッキーライラック アーモンドアイ リリーノーブル 38.1
アーモンドアイ ラッキーライラック プリモシーン 44.6

桜花賞2018予想オッズ傾向診断/ラッキーライラック石橋騎手過剰人気?穴馬プリモシーンに馬券妙味

人気 netkeiba版 予想オッズ 競馬ナンデ版 予想オッズ
1 ラッキーライラック 1.7 ラッキーライラック 1.8
2 アーモンドアイ 4.1 アーモンドアイ 5.1
3 リリーノーブル 6.6 マウレア 8.9
4 マウレア 7.7 リリーノーブル 9.1
5 フィニフティ 22.8 フィニフティ 20.1
6 アンコールプリュ 30.7 プリモシーン 23.0
7 レッドレグナント 35 レッドレグナント 26.5
8 プリモシーン 38.7 アンコールプリュ 31.2
9 デルニエオール 38.9 デルニエオール 39.3
10 レッドサクヤ 61.1 リバティハイツ 48.0
11 リバティハイツ 72.3 ハーレムライン 50.6
12 トーセンブレス 77.6 レッドサクヤ 50.9
13 ハーレムライン 114.5 トーセンブレス 55.7
14 アマルフィコースト 126 アマルフィコースト 70.6
15 アンヴァル 151 モルトアレグロ 90.1
16 コーディエライト 221.6 アンヴァル 120.5
17 モルトアレグロ 254.4 スカーレットカラー 167.0
18 ツヅミモン 259.2 コーディエライト 179.5
19 サヤカチャン 280.4 ツヅミモン 190.7
20 スカーレットカラー 298.7 サヤカチャン 269.9
 上位の人気順は大体競馬ナンデでも同じように予想した。ただ、ラッキーライラックに2度完敗しているリリーノーブルとマウレアの単勝オッズはもう少し上るのではないだろうか。逆にラッキーライラックとは未対戦で底を見せていないプリモシーンはもう少し人気になるのではないかと予想する。
 レッドレグナントに関しては、先週の大阪杯でもデムーロ騎手が神騎乗でスワーヴリチャードで制していてその記憶も新しいことから場合によってはかなり人気になる可能性がある。

桜花賞2018血統・走法診断ラッキーライラック"マイラー説"(オークスも完成度で押し切れる?)

 以前からラッキーライラックを蹴るならオークスだろうと考えている。筆者は阪神ジュベナイルフィリーズでもロックディスタウンよりラッキーライラックの方が良いと評価した。というのは、こちらの方が走法がコンパクトでクッションがなくその代わり完成度が高くスピード能力が高そうに見えたからだ。
 血統からも検証しておきたい。父は言わずと知れたオルフェーヴルだが、これがファーストクロップなのでなかなか難しい。母はライラックスアンドレースという馬で遡るとフォーティナイナー→ミスタープロスペクターの血統でマイラー臭さが漂う。
 母の父のフラワーアレーという馬は1600~2000で活躍した馬。この馬の兄弟には天皇賞秋勝ち馬スピルバーグとトーセンラーがいる。いずれも距離適性は微妙だが、基本的には2000mまでを得意とした。母父父のDistorted Humorは完全にマイラーだった。姉のラルクは大体マイル~1800を得意とする馬。
 ということで母系は基本的にはマイラーであり、ラッキーライラック自身の走法と符合する。もちろん、オークスは距離適性など関係なく、マイラーが完成度で押し切ることもある。が、きっとかなりの人気を背負う馬だから、馬券的には面白くない。嫌ってみるならオークスということでラッキーライラックマイラー説を提唱したい。

馬名 走法
アマルフィコースト 中安
アンコールプリュ 4速
アーモンドアイ 5.5掻速安
コーディエライト 4.5安
スカーレットカラー 中安
デルニエオール 3.5
ツヅミモン 4
トーセンブレス 4.5後
ハーレムライン 4.5
フィニフティ 6
プリモシーン 中硬め
マウレア 4.5
モルトアレグロ 5.5良安速
ラッキーライラック 5.5安マ
リバティハイツ 中安
リリーノーブル 中安
レッドサクヤ 4掻
レッドレグナント 4首高

桜花賞2018予想動画:編集長が「ラッキーライラックの取捨」を公開(競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル)

 競馬ナンデがYOUTUBEチャンネルを開設!編集長が桜花賞2018予想を公開しました。今回は、今年一番の注目馬ラッキーライラックの取捨についてお話しています。
 恐らく1倍台の圧倒的人気ですが、粗探ししました。そして粗が見つかりました、、。詳しく説明していますのでぜひご視聴ください!

桜花賞2018阪神競馬場指定席券購入方法(JRAカードネット予約販売と当日券発売完売時間)

 阪神競馬場の指定席券を購入する方法は3つあります。ハガキ応募、インターネット予約、当日券です。
 ハガキ応募というのは日本ダービー、有馬記念といった重要G1のみのため、桜花賞に関しては、インターネット予約、当日券となります。
 インターネット予約については、JRAカード会員は2週前の水曜日に抽選申し込み開始。JRAカードを持たない一般会員については1週前の木曜日に抽選申し込み開始。先着順ではなく、抽選での当選が必要です。
 当日券は、4階席Bシート、Cシートの合計840席です。当日競馬場で開門と同時に発売されますが、G1レースでは、その前に整理券が配られ、その順に販売されます。
 桜花賞に関しては、昨年は午前7時30分頃(開門直後)に完売しています。今年の桜花賞はラッキーライラック石橋騎手が無敗で臨み、無敗の桜花賞馬誕生が期待されていることもあり、間違いなく早い時間に完売が予想されます。G1レース当日は、通常より開門を早めるケースが多いので、恐らく、徹夜行列組により7時頃に完売する可能性が高いのではと予想されます。

 参考:2017年桜花賞の当日券完売時間

桜花賞2018ゲストプレゼンター柳楽優弥JRA阪神競馬場イベント来場でサイン予想!

 JRAホームページの阪神競馬場イベントカレンダーが更新され、G1桜花賞表彰式のゲストプレゼンターが俳優の柳楽優弥さんと発表された。レース後の回顧トークイベントにも登場する。
 桜花賞は牝馬限定戦なので、なぜ男性がプレゼンター?と思われる方もいるかもしれないが、桜花賞に関しては以前から男性ゲストということがままある。藤原竜也さんや成宮寛貴さんも務めている。オークス・秋華賞・エリザベス女王杯・阪神ジュベナイルフィリーズといった牝馬限定レースは女性ゲストばかりなのだが、、。
 柳楽優弥さんは2017年から今年にかけJRAのCMに出演していて競馬を勉強中。昨年の夏には札幌競馬場で札幌記念のプレゼンターを務めている。因みにこの際は3連単20万馬券の大波乱となっており、今回の桜花賞も波乱があるのではないかとサイン予想派の間では話題になりそうだ。

チューリップ賞2018G2昇格初回!弥生賞同様少数精鋭10頭のハイレベルメンバーに

 今年からG2に昇格したチューリップ賞。やはり弥生賞同様に、本番と同じコースで開催されるということが大きいのか良いメンバーが揃い格が上がった結果だ。
 ただ今年はこちらも弥生賞同様少頭数でのレースに。阪神ジュベナイルフィリーズ1,2,3着馬が早々よここへの出走を表明したことが原因だろうか。
 ただ、こうなると頭数が少ないせいでペースが上がらない、前に壁ができず掛かってしまうなど、良い試走にならないという問題も出てきそうだ。
 逆にここを避けたせいかフィリーズレビューは多頭数で出走は抽選になりそうな勢い。陣営としてはどちらを選ぶか難しい選択になってきそうである。
 この頭数で桜花賞の優先権が3頭に付与されるのだからお得ともいえる。特に3枚目の切符争いは熾烈になりそうで、予想オッズも横一線。3着狙いという馬も出てきそうだ。

桜花賞2018予想ツイキャス生放送配信!日程:前日7日20時~騎手型予想家アキ

 4月7日土曜日20時からは、騎手型予想家アキが桜花賞2018予想ツイキャス配信!
 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相の桜花賞2018をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部ツイキャス
日程:4月7日(土曜) 20:00~
http://twitcasting.tv/c:nandecas
ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。

桜花賞2018予想:競馬ナンデ編集長「展開・ラップからラッキーライラックの粗探し」

ラッキーライラックが恐らく1倍台の圧倒的人気。
こういうときは粗探しをするのが大事だと思います。
粗探しというのはリスク評価であり、粗が見つからないような、リスクの少ない馬こそ絶対の信頼のおける本命馬ということになると思います。

まずはチューリップ賞後に石橋騎手が言っていたように、
このときは少しこれまでと違う競馬をしました。
早めに前を捉えて突き放すような競馬。
いわゆる横綱相撲で非常に強かった。
前に行ってよし、差してよしということになると無敵と考えることもできると思います。

ただ、ラップタイムを見てみると、
チューリップ賞
12.6 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 12.0 - 11.7 - 10.7 - 11.5
阪神JF
12.4 - 11.3 - 11.6 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.0 - 11.5

かなり似ていると思います。
違いとしては後ろから2つめのハロンで、これが0.3速い。
それだけ力をつけた。さらに強くなったと評価することもできると思います。

だけれど、同じようなレース経験しかしていないと見ることもできないでしょうか。
桜花賞というのは、過去には以下のようなラップのレースもあります。

レーヌミノルの年
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

ハープスターの年
11.9 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.4 - 12.8 - 12.1

こういうレースになったときは全く別の競馬になります。
こうなったときに対応できるかどうかは未知数です。


ラッキーライラックがこれまで経験したレースの中で最も上りがかかったのはアルテミスステークス
12.4 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.5 - 12.2
です。
このとき、ラッキーライラックは最も苦労したレースといえます。
かなりレベル的には下のサヤカチャンにけっこう抵抗されていました。
より強い馬が出てきた場合どうなるでしょうか?

桜花賞2018データ集:ディープ産駒馬体重451kg以上(4-1-0-1)等byカルピスサワー

<データ分析>(1着-2着-3着-着外)
過去12年のデータによるデータ分析によりなぜその結論に至ったのか根拠を示していく。

①オッズ
→当日100倍未満の馬(13-13-13)
100倍以上の馬は連対したことがない。連対条件は1~99.9倍の馬

②過去3着以内の人気傾向
(2-1-10)人気
(6-1-5)人気
(3-1-7)人気
(12-15-5)人気
(1-2-5)人気
(1-3-11)人気
(2-1-4)人気
(2-4-3)人気
(7-2-14)人気
(1-2-5)人気
(5-7-8)人気
(3-2-6)人気
(8-3-1)人気
→13年中11年 5人気以下が3着以内に入っている。
→13年中11年 3人気以内が3着以内に入っている。

③前走前々走格
・前走チューリップ賞、フィリーズ、フラワーC、エルフィンS、クイーンC、阪神JF以外は連対したことがない

・1400m以上で連対なし馬は連対したことがない 

・前走重賞以外で2着&2人気以下は連対したことがない

・前走良、稍重で10着以下は連対したことがない

・過去に10人気以下で10着経験馬は連対したことがない

・デビュー戦で4着&4人気以下は連対したことがない

・前走フィリーズレビューは7人気以内で4着以内かつ1600m戦3着以内経験馬しか連対したことがない

・過去2走での芝1600m未出走は連対したことがない

・阪神JF未出走組はチューリップ賞以外の年明けの全レースで3着以内馬しか連対したことがない

・東京、京都、阪神競馬場で行われたオープンクラスのレースで連対経験がない馬は2011年以降〔0・0・0・54〕

・1~2枠は連対したことがない

④激アツデータ

●前走1着でノーザンの当日1~2人気(3-4-1-3)

●10年連続 前走1着or前走チューリップ賞が連対中

●馬体重451kg以上馬(10-5-9)

●ディープ産駒で当日馬体重451kg以上馬(4-1-0-1)
→トーセンブレス、レッドサクヤ、プリモシーン他

桜花賞とは/過去77回の歴史を知る

 桜花賞は1939年に英1000ギニーを範として設置された中山四歳牝馬特別を前身とする。戦後に桜花賞と改称して京都1600に映り、その後ほどなくして阪神芝1600で行われるようになった。
 オールドファンにとっては、桜花賞といえば魔の桜花賞ペースで有名だったが、これは当時の阪神芝1600コースの特殊な形状が影響していた。スタート直後にきついコーナーがあったため、ここで外を回りたくない馬たちが速いペースで先行し、結果的にハイペースを生み、前崩れになるという展開が多かった。しかし、今では阪神競馬場のコースが全面改修され、スタート後のコーナーはなくなりレースの質は大きく変わった。
 牝馬の扱いがうまい騎手が得意としているとされ、勝利騎手に偏りがあり、武豊騎手が5勝、河内洋騎手が4勝、安藤勝己騎手が4勝している。調教師でも松田博資師が4勝を挙げている。
 開催時期は1973年以降4月の2週目として定着している。ただ、レース名でもある桜の花については、地球温暖化の影響もあって開花・満開日が10日ほど前倒してきている。そのため4月2週目まで持つことは現在では稀で、散り際になることが多い。

 今年はラッキーライラックが無敗の桜花賞馬に挑み話題となっているが、過去無敗の桜花賞馬は6頭。ブランドソール、ミスオンワード、ブロケード、アグネスフローラ、シスタートウショウ、ダンスインザムードだけだ。ただ、無敗の桜花賞馬の特徴として、早熟なスピード馬が多いせいなのか、その後古馬になっての活躍が見られない。
 ただ、ラッキーライラックは3歳春以降に成長したオルフェーヴルの産駒。桜花賞だけではなく今後の活躍にも期待したい。

武豊騎手桜花賞過去10年騎乗成績

桜花賞 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2008年 騎乗馬なし
2009年 アイアムカミノマゴ 6着 9番人気
2010年 騎乗馬なし
2011年 エイシンハーバー 14着 8番人気
2012年 メイショウスザンナ 5着 11番人気
2013年 クロフネサプライズ 4着 1番人気
2014年 ベルカント 10着 4番人気
2015年 レオパルディナ 11着 12番人気
2016年 レッドアヴァンセ 7着 4番人気
2017年 リスグラシュー 2着 3番人気
2018年 ??

桜花賞過去10年枠順別成績データ

枠番 成績 勝率 連対率
1枠 0- 0- 1-19/20 0.0% 0.0%
2枠 0- 0- 0-19/19 0.0% 0.0%
3枠 1- 1- 0-18/20 5.0% 10.0%
4枠 2- 2- 0-15/19 10.5% 21.1%
5枠 4- 0- 3-13/20 20.0% 20.0%
6枠 0- 2- 2-16/20 0.0% 10.0%
7枠 2- 2- 3-23/30 6.7% 13.3%
8枠 1- 3- 1-25/30 3.3% 13.3%
 春の阪神Bコースは外枠有利とされているが、データ的にも1、2枠がまったく来ていないという顕著な数字。ここまでわかりやすいと馬券は買いにくくなる。特に好成績なのは4枠5枠の中枠。マイルだけに距離ロスのある外枠よりも真ん中のあたりが一番良いようだ。

桜花賞過去10年歴代優勝馬

桜花賞 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 レジネッタ 小牧騎手 12番人気
2009年 ブエナビスタ 安藤騎手 1番人気
2010年 アパパネ 蛯名騎手 1番人気
2011年 マルセリーナ 安藤騎手 2番人気
2012年 ジェンティルドンナ 岩田騎手 2番人気
2013年 アユサン デムーロ騎手 7番人気
2014年 ハープスター 川田騎手 1番人気
2015年 レッツゴードンキ 岩田騎手 5番人気
2016年 ジュエラー デムーロ騎手 3番人気
2017年 レーヌミノル 池添騎手 8番人気
2018年 ??
 レジネッタ、アユサン、レーヌミノルと定期的に穴が開いている。まだ3歳牝馬の春だけに体調も不安定で波乱も十分。

桜花賞1番人気馬過去10年着順データ

桜花賞 1番人気馬 騎手 人気
2008年 トールポピー 池添騎手 8着
2009年 ブエナビスタ 安藤騎手 1着
2010年 アパパネ 蛯名騎手 1着
2011年 ホエールキャプチャ 池添騎手 2着
2012年 ジョワドヴィーヴル 福永騎手 6着
2013年 クロフネサプライズ 武豊騎手 4着
2014年 ハープスター 川田騎手 1着
2015年 ルージュバック 戸崎騎手 9着
2016年 メジャーエンブレム ルメール騎手 4着
2017年 ソウルスターリング ルメール騎手 3着
2018年 ??
 ここ3年は圧倒的1番人気の馬が人気を裏切り連対を逃すというケースが続いている。改修して力を出し切りやすい阪神1600コースになったとはいえ、展開が読みづらく力を出し切れないこともある。穴馬狙いも十分可能だ。

桜花賞出走馬ステップレース別成績過去17年データ

前走 成績 勝率 連対率
チューリップG2 10- 8- 7-49/74 13.5% 24.3%
フィリーズRG2 3- 1- 3-88/95 3.2% 4.2%
フラワーCG3 2- 2- 1-16/21 9.5% 19.0%
エルフィンS 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0%
アネモネS 1- 0- 2-38/41 2.4% 2.4%
クイーンSG3 0- 3- 3-24/30 0.0% 10.0%
阪神JFG1 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3%
 今年からチューリップ賞がGⅡに格上げとなり、先週も阪神JF上位馬3頭がこぞって出走し盛り上がった。やはり本番である桜花賞と同じコースで行われるという条件は大きいものがあり、過去の実績からしてもGⅡ昇格は文句がないところだろう。
 では逆にフィリーズレビューの方はどうか。昨年こそ2着馬レーヌミノルが桜花賞を制したが、例年は本番に直結しないことが多い、今年も阪神JF5着馬のモルトアレグロが1番人気なくらいで、レベルの低さは否めない。このままではG3に格下げがあっても不思議はないと思ってしまうが、重賞が格下げになった例というのはあるのだろうか。調べてみたところ、基本的にはないようだ。かつてアングロアラブが衰退した際に、アラブ大賞典などが重賞でなくなった例はあるが、サラ系ではない。
 因みにフィリーズレビューをステップとして桜花賞に出走した馬のデータを紹介しておこう。フィリーズレビューに名称変更した2001年以降17年分の桜花賞出走馬のステップレース別の成績がこちら。
 やはりチューリップ賞との差は歴然。フラワーカップにも劣ってしまっている。昨今は重賞やG1のインフレ化が懸念されているので、柔軟な運用によりG3への格下げがあってもよいと思うのだが。

有力出走予定馬参考動画

シンザン記念2018:12.2 - 11.1 - 12.4 - 13.3 - 12.8 - 12.1 - 11.7 - 11.5

フェアリーステークス2018:12.5 - 11.5 - 11.9 - 12.1 - 11.6 - 11.6 - 11.6 - 11.8

阪神ジュベナイルフィリーズ2017:12.4 - 11.3 - 11.6 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.0 - 11.5

アルテミスステークス2017:12.4 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.5 - 12.2

ファンタジーステークス2017:12.7 - 11.6 - 12.0 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8

札幌2歳ステークス2017:12.7 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 12.4
桜花賞2018予想:とりおやこ本命リリーノーブル「ラッキーライラック同様に評価」 (2018年4月 7日 21:38)
◎リリーノーブル〇マウレアラッキーライラックが人気になるのは、ここまでの結果から当然としても、 阪神JF、チューリップ賞で共に2,3着のリリーノーブルやマウレアも、 ラッキーライラックと同様に評価していいと思うんですよ。 特に、リリーノーブルの阪神JFでのレースぶりは素晴らしく、 結果的にラッキーラ…
桜花賞2018騎手型予想:「デムーロ騎手と心中」アキ本命レッドレグナント (2018年4月 7日 17:07)
◎レッドレグナントは迷うとこだけど、外枠の馬の中で最も目標を決めつけずに走れるのはこのコンビかなと。まあ出負けのリスクはある。ただ外枠はツヅミモン以外は溜め込むタイプだし、阪神外回りならリカバーしやすいかなと。その上で新馬戦では2F地点で一気に0.7秒のギアチェンジ、更にサフラン賞では超高速馬場とは…
桜花賞2018展開型予想:サニーのすけ本命マウレア「栗東滞在で結果を出す厩舎」 (2018年4月 7日 15:05)
◎マウレア ラッキーライラックとは2回対戦して完敗なので個人的には人気を落とすんじゃないかなと期待していたんですけど思ったよりも印がついているなという印象。阪神ジュベナイルフィリーズはやや仕掛け遅れの感があってまだやれていいなと思ったんですけど、クイーンカップでははそれを反省してかちょっと出して行き…
桜花賞2018血統型予想:下彦本命リリーノーブル「クロフネ×サンデー×アンバーで渋とく伸びる」 (2018年4月 7日 14:28)
◎リリーノーブル 臨戦過程、馬場を問わない(恐らく)、ポジショニング、機動力、苛烈な流れへの対応(出来そう)等から一番不安の少ないであろうこの馬が本命。今迄はスローばかりでしたがそれでも上位クラスでやれている通り自力高く、これまでよりも流れそうなここは底力で残してきそう。 マンボ系のラインなので高速…
桜花賞2018をラップで予想してみた:ハイペースなら有力馬総崩れで大波乱も? (2018年4月 6日 15:17)
 今年の桜花賞の特徴は、有力馬ラッキーライラック、マウレア、リリーノーブルがいずれも阪神JF→チューリップ賞とステップを踏んできていること。そしてこれらいずれも阪神1600で争われ、桜花賞も阪神1600だということだ。 そこでこの2戦がどういうレースだったかをラップで掘り下げてみた。 ラッキーライラ…
桜花賞2018枠順発表:ラッキーライラック@石橋騎手最悪の内枠1番で展開を予想図解 (2018年4月 5日 18:00)
 桜花賞2018の枠順発表だが、圧倒的人気で臨むラッキーライラックは考えうるかぎり最悪の枠を引いてしまったと思う。 この時期の阪神Bコースは内枠不利。阪神はコースパターンがAとBしかないため、どうしても暮れの開催でのダメージも影響してBコース内側の傷みが残ってしまう。特に向こう正面と直線は内回りと外…
桜花賞とは/過去77回の歴史を知る(武豊騎手5勝・安藤勝己騎手4勝・河内洋騎手4勝) (2018年4月 5日 14:41)
 桜花賞は1939年に英1000ギニーを範として設置された中山四歳牝馬特別を前身とする。戦後に桜花賞と改称して京都1600に映り、その後ほどなくして阪神芝1600で行われるようになった。 オールドファンにとっては、桜花賞といえば魔の桜花賞ペースで有名だったが、これは当時の阪神芝1600コースの特殊な…
桜花賞2018阪神競馬場芝1600Mコース詳細解説:春開催Bコースで枠順有利なのは...? (2018年4月 4日 11:46)
 桜花賞は阪神芝外回り1600mで行われる。牝馬クラシック戦線の特徴的なところは、阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞、桜花賞といずれもこのコースで行われる。今年の人気上位馬ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアも3回連続でこのコースで戦うことになる。よって、このコースの特性をよく理解…
桜花賞2018データ集:ディープ産駒馬体重451kg以上(4-1-0-1)等byカルピスサワー (2018年4月 3日 20:42)
<データ分析>(1着-2着-3着-着外) 過去12年のデータによるデータ分析によりなぜその結論に至ったのか根拠を示していく。 ①オッズ →当日100倍未満の馬(13-13-13) 100倍以上の馬は連対したことがない。連対条件は1~99.9倍の馬 ②過去3着以内の人気傾向 (2-1-10)人気 (6…
桜花賞2018予想オッズ傾向診断/ラッキーライラック石橋騎手過剰人気?穴馬プリモシーンに馬券妙味 (2018年4月 2日 15:12)
人気 netkeiba版 予想オッズ 競馬ナンデ版 予想オッズ 1 ラッキーライラック …
桜花賞2018血統・走法診断ラッキーライラック"マイラー説"(オークスも完成度で押し切れる?) (2018年4月 2日 14:41)
 以前からラッキーライラックを蹴るならオークスだろうと考えている。筆者は阪神ジュベナイルフィリーズでもロックディスタウンよりラッキーライラックの方が良いと評価した。というのは、こちらの方が走法がコンパクトでクッションがなくその代わり完成度が高くスピード能力が高そうに見えたからだ。 血統からも検証して…
桜花賞2018予想オッズ3連単3連複馬連馬単連馬券予想(ラッキーライラック崩れれば大波乱) (2018年4月 1日 11:27)
桜花賞2018予想オッズ 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ ラッキーライラック 1.9 1.1 …
桜花賞2018回顧生放送配信8日22時~競馬何が悪いラップ予想家垣谷昇平「オークスに繋がるのは」 (2018年4月 1日 08:22)
 4月8日日曜日22時からは、人気ブログ「敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い~」管理人のカタストロフィ氏が桜花賞2018を回顧ツイキャス配信! 大混戦の桜花賞2018をカタストロフィさんがレースラップから読み解き徹底分析。カタストロフィさんのレース回顧はラップを詳細に分析していて日…
桜花賞2018予想:競馬ナンデ編集長「展開・ラップからラッキーライラックの粗探し」 (2018年4月 1日 00:07)
ラッキーライラックが恐らく1倍台の圧倒的人気。 こういうときは粗探しをするのが大事だと思います。 粗探しというのはリスク評価であり、粗が見つからないような、リスクの少ない馬こそ絶対の信頼のおける本命馬ということになると思います。 まずはチューリップ賞後に石橋騎手が言っていたように、 このときは少しこ…
桜花賞2018予想動画:編集長が「ラッキーライラックの取捨」を公開(競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル) (2018年3月29日 23:02)
 競馬ナンデがYOUTUBEチャンネルを開設!編集長が桜花賞2018予想を公開しました。今回は、今年一番の注目馬ラッキーライラックの取捨についてお話しています。 恐らく1倍台の圧倒的人気ですが、粗探ししました。そして粗が見つかりました、、。詳しく説明していますのでぜひご視聴ください! …
桜花賞2018全騎手決定版予想オッズ(フィニフティ@福永祐一騎手・レッドサクヤ@四位洋文騎手か) (2018年3月27日 16:30)
第78回桜花賞2018出走予定馬・予想オッズ日程:2018.4.8 賞金順出走馬可能頭数:18頭場所:阪神芝1600M レコード:1:33.3(アパパネ) 予想 オッズ 馬名 騎手 厩舎…

桜花賞 2018予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

桜花賞 2018前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの桜花賞 2018予想

カテゴリ