ヴィクトリアマイル 2018

競馬ナンデ想定班(2018年5月12日 19:26)

第13回ヴィクトリアマイル出走予定馬

日程:2018.5.13 東京競馬場芝1600m レースレコード:1:31.5(ストレイトガール)
賞金順出走馬可能頭数:18頭 天気予報:晴れ 展開想定:S~Mペース
馬場想定:良 予想時計:1:32.1 トラックバイアス予想:Bコース4日目フラット
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)

(母馬)
馬主 生産者 前走
着順
3.5 リスグラシュー 武豊 矢作 ハーツクライ リリサイド キャロット ノーザンF 阪神牝馬3
4.5 ミスパンテール 横山典 ダイワメジャー エールドクラージュ 寺田千代 三城牧場 阪神牝馬1
4.6 アエロリット 戸崎 菊沢 クロフネ アステリックス サンデーR ノーザンF 中山記念2
7.6 レッツゴードンキ 岩田 梅田 キングカメハメハ マルトク 廣崎利洋 清水牧場 高松宮2
10.5 アドマイヤリード デムーロ 須貝 ステイゴールド ベルアリュール 近藤利一 ノーザンF 阪神牝馬4
13.3 ソウルスターリング ルメール 藤沢 フランケル スタセリタ 社台RH 社台F 阪神牝馬10
15.5 カワキタエンカ 大野 浜田 ディープインパクト カワキタラブポップ 川島良男 木田牧場 福島牝馬2
28.1 デンコウアンジュ 蛯名 荒川 メイショウサムソン デンコウラッキー 田中康弘 磯野牧場 福島牝馬3
32.9 レッドアヴァンセ 北村友 音無 ディープインパクト エリモピクシー 東京HR ノーザンF 阪神牝馬2
48.8 ラビットラン 川田 角居 tapit amelia 吉田和子 alexander 阪神牝馬9
50.1 レーヌミノル 和田 本田 ダイワメジャー ダイワエンジェル 吉岡実 フジワラF 高松宮7
55.5 ジュールポレール 西園 ディープインパクト サマーナイトシティ G1R 白老F 阪神牝馬5
60.1 デアレガーロ 池添 大竹 マンハッタンカフェ スーヴェニアギフト サンデーR ノーザンF 京都牝馬2
62.0 メイズオブオナー 福永 藤原 ハーツクライ キャサリンオブアラゴン ロードHC ケイアイF うずしお1
118.8 ワントゥワン 藤岡佑 藤岡 ディープインパクト ワンカラット 青山洋一 社台F 阪神牝馬12
126.0 リエノテソーロ 吉田隼 武井 スペイツタウン akilina 了徳寺 oakbluff 高松宮14
130.9 エテルナミノル 四位 本田 エンパイアメーカー ダイワジェラート 吉岡実 フジワラF 阪神牝馬8
171.7 クインズミラーグロ 藤岡康 和田 マンハッタンカフェ ジャストトゥートゥー クイーンズランチ 富田牧場 阪神牝馬13

ミスパンテール横山典弘騎手

 クラシック路線では結果が出なかったがその後破竹の4連勝。横山典弘騎手とも相性抜群のようだ。横山典弘騎手もG1馬で思い入れあるアエロリットよりもこちらを選んだあたり勢いは相当なものだろう。勝っても人気になりにくい馬で、今回も馬券妙味がありそう。

リスグラシュー武豊騎手

 東京新聞杯では牡馬相手に55キロを背負っての勝利。マイル適性は非常に高い。武豊騎手も騎乗停止明け最初のG1で燃えているはず。末脚は確実で崩れにくいタイプ。

アエロリット戸崎圭太騎手

 昨年牡馬混合のNHKマイルカップを制しているくらいの東京マイル巧者。秋華賞は若干距離が長く大敗したが1800以下では安定感抜群の馬。戦法も自在でどんな競馬もできる。ただ、今回はデビュー以来全て鞍上を務めてきた横山典弘騎手を失うのは大きい。

ソウルスターリングCルメール騎手

 GⅠ2勝馬だが昨年秋以降は掲示板にも乗れず勢いがない。ただ、牡馬一線級相手のG1で6着、7着というのは悪くないと捉えることもでき、得意の東京コースでなら復活の可能性も。

出走予定馬総評

 毎年荒れるG1として有名なヴィクトリアマイルだが、今年は特に上位馬も混戦。こうなってくると実績よりも適性が大事になり、昨年優勝馬アドマイヤリードも人気を落としているが、デムーロ騎手鞍上で怖くもなってくる。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。先週もケイアイノーテック・レッドヴェイロンと穴馬を見事推奨し、NHKマイルC3連複2万1840円を大的中!今ノリにノっています!
 今週も大西騎手曰く、、「衝撃の超穴馬情報を掴みました!ヴィクトリアマイルは昨年も91万馬券が出るなど荒れるレースで、今年も人気通りにはいかないはずですよとのこと。↓↓

「ここが絶好の走り頃」という超穴馬

G1ジョッキー大西直宏自信の
ヴィクトリアマイル(G1)

今年も得意の東京競馬で
万馬券連発お届け中!

先週!5/6 NHKマイルカップ
3連複2万1840円的中
------------------
先々週!4/29 晩春S
3連単1万8680円的中
------------------
3週前!4/22 東京1R
3連単3万9050円的中
------------------
2018年 2/3 箱根特別
3連単6万7690円的中
------------------
2017年 10/28 天皇賞秋
3連単5万5320円的中


今年もVマイルは人気通り決まらない

とっておきの超穴馬がいるからです

本当にこんな馬を買うの!??
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大西直宏とは ~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


ヴィクトリアマイル2018東京競馬場芝1600Mコース詳細解説:Bコース初週で内前有利

ヴィクトリアマイル開催:春開催8日目 Bコース使用2日目
 向こう正面で1.4m登り、すぐに2.3m下る。直線を向いてすぐに2m登りあとは平坦という、起伏に富んだ、単純ではないコースで、騎手も攻略は難しいという者が多い。
 かつては、極めて差し馬有利のコースとして有名で、逃げ切りはほぼ不可能とさえ言われてきた。東京コースは内回り外回りコースがなく、出走馬も多く、芝コースもよく使われるため、基本的には芝の傷み方が激しかったことも影響していた。
 しかし、近年だいぶ傾向が変わってきた。2010年にコースの使い方の順番を変えたことにより、芝の傷み方が均等になった。かつてのように外側ほど良い馬場ではなくなったため、逃げ切りは利くようになってきている。
 また、東京コースは幅員も41mと広く、馬群が外にも広がりバラけるため、Aコースで使用した内側の傷みをあまりBコースで引き継がない。単純にコース替わり初週に行われるヴィクトリアマイルは内を回った馬、逃げ先行馬有利になりやすい。高速馬場で上がりタイムも速くなりがちだ。

ヴィクトリアマイル2018予想オッズ傾向診断/武豊騎手リスグラシュー過剰人気?大穴馬デアレガーロに馬券妙味

人気 馬名 予想オッズ
1 リスグラシュー 2.7
2 アエロリット 4.2
3 ミスパンテール 5.5
4 レッツゴードンキ 7.8
5 アドマイヤリード 8.8
6 ソウルスターリング 11.5
7 カワキタエンカ 19.6
8 デンコウアンジュ 21.8
9 レッドアヴァンセ 39.9
10 レーヌミノル 46.0
11 ラビットラン 46.0
12 メイズオブオナー 61.9
13 ジュールポレール 66.5
14 ワントゥワン 92.1
15 デアレガーロ 94.5
16 クインズミラーグロ 138.1
17 リエノテソーロ 149.6
18 エテルナミノル 276.2
 ミスパンテールは今度こそ1番人気もあるのではと考えたが、これを見る限り今回も難しそうだ。横山典弘騎手が自在に操り勝ち続けており、この人気なら馬券妙味はありそう。ただ、実際には上位2頭と接近し4倍台にはなるだろう。
 リスグラシューがここまで人気となると過剰人気だろう。武豊騎手の復帰後初のG1ということもありご祝儀相場なのだろうか。東京新聞杯で久々に勝ったとはいえ善戦タイプの面は前走も顔を覗かせており、複勝や軸では売れるだろうが、単勝でここまで人気になるとは思いにくい。
 アドマイヤリードがここのところの低迷ぶりからは考えにくい上位人気。デムーロ騎手人気というのはありそうだが、実際には10倍は超えてくると予想する。
 デンコウアンジュが穴人気しているのはnetkeibaならではのオッズではないだろうか。昨年このレースで2着していて東京マイル適性の高さからくるものだろう。実際には近走の成績からもう少し人気を落とすと見る。
 意外にも全く人気がないのがデアレガーロ。まだ未知の魅力のある馬だし、前走はミスパンテールに迫っており、もう少し人気になるだろう。
 ソウルスターリングの人気は読みづらいが、競馬ナンデでも大体同じくらいに予想した。やはり人気は根強いはずで、10倍くらいまで下げる可能性も。

ヴィクトリアマイル2018予想オッズ3連単3連複馬連馬単連馬券予想(昨年勝ち馬アドマイヤリード5番人気)

ヴィクトリアマイル2018予想オッズ
馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
リスグラシュー 3.5 1.4
ミスパンテール 4.5 1.7
アエロリット 4.6 1.8
レッツゴードンキ 7.6 2.9
アドマイヤリード 10.5 3.4
ソウルスターリング 13.3 3.9
カワキタエンカ 15.5 3.9
デンコウアンジュ 28.1 5.0
レッドアヴァンセ 32.9 5.7
ラビットラン 48.8 7.9
レーヌミノル 50.1 8.1
ジュールポレール 55.5 9.0
デアレガーロ 60.1 9.8
メイズオブオナー 62.0 11.1
ワントゥワン 118.8 12.2
リエノテソーロ 126.0 16.0
エテルナミノル 130.9 16.4
クインズミラーグロ 171.7 17.7
馬連オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
ミスパンテール リスグラシュー 7.9
ミスパンテール アエロリット 8.9
リスグラシュー アエロリット 9.3
ミスパンテール レッツゴードンキ 10.9
リスグラシュー レッツゴードンキ 11.2
馬単オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
リスグラシュー ミスパンテール 14.4
ミスパンテール アエロリット 16.0
リスグラシュー ミスパンテール 16.4
リスグラシュー アエロリット 17.6
ミスパンテール レッツゴードンキ 18.3
3連複オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
ミスパンテール リスグラシュー アエロリット 19.0
ミスパンテール リスグラシュー レッツゴードンキ 22.1
リスグラシュー アエロリット レッツゴードンキ 23.5
ミスパンテール リスグラシュー アドマイヤリード 27.0
リスグラシュー アエロリット アドマイヤリード 30.1
3連単オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
ミスパンテール リスグラシュー アエロリット 28.9
ミスパンテール アエロリット リスグラシュー 31.5
リスグラシュー ミスパンテール アエロリット 34.2
アエロリット ミスパンテール リスグラシュー 38.0
リスグラシュー アエロリット ミスパンテール 39.9

ヴィクトリアマイル2018編集長予想:大穴馬ワントゥワンを狙う「振り出し走法は東京コースで変わる!」

ヴィクトリアマイルは毎年予想の仕方を決めていて、
先行馬、短距離馬を狙う
差し馬、長距離馬を嫌う
というのをやっている。

これを必勝法と称して動画をあげたりしたのだが、
今年はこの必勝法が使えない。

というのも今年の出走メンバーは特殊。
長距離タイプが見当たらない。
ディアドラ、モズカッチャン、クロコスミアがこぞってドバイに行ってしまった。
陣営も傾向を学んで回避してきたのかもしれない。

仕方なく切り替えて各馬の走法を改めてチェックしたところ大発見が。

ワントゥワンの走法が素晴らしく良く変わっていた。
雲雀ステークスでの直線の走り方を見てほしい。
今までとは別馬かと思うくらいにトビが大きくなっている。
これならこのメンバーでも十分通用しそう。

なぜこんなに走法が変わっているのかと調べてみたら、東京コースが合っているということなのではないか。
東京コースはもう一度走っているのだが、このときも5着ながら上り最速の素晴らしい脚を使っている。
このときも走法は良かった。
さらに遡って、全く同じような走法をしていた母ワンカラットの成績も調べてみた。
ヴィクトリアマイルでは7着に敗れているがタイム差0.1で内容はなかなか良かった。
NHKマイルカップでも6着に健闘している。
いずれも振り出し走法なのだが、こういう走法の馬は東京コースに合っているということなのかもしれない。
まだ仮説の段階だが、全く人気がないので気軽に狙ってみたい。

ヴィクトリアマイル2018予想:騎手型予想家アキ本命リスグラシュー「左回りならモタつかない」

◎リスグラシューは位置取りという点では後ろ過ぎなければというリスクはあるけど、最悪日曜に雨も降るかもしれないという想定の中ではこれが本命かなというとこ。左回りではパフォーマンスが高いというのが1つで、右回りでは少し追い出してからもたついていた部分を見せていない。唯一崩れたオークスにしても4F戦で後ろから立ち回るほど苦しいレースでアドマイヤミヤビとこの馬だけ外を回して突っ込んできた。距離適性ではアドマイヤミヤビに分があったしあの差も許容範囲。このメンツだと純粋な東京1600mのハイペース適性を問われる流れにはならないかな?とは見ているし、ポジショニングが極端にならなければ勝負にはなるだろうと。

○アドマイヤリードは迷うところだけど、このコンビだとリスグラシュー以上にポジションでどうなの?というところがある。前走は負けて強しの内容で、スローで位置取りは獲れたけどインで直線詰まりつつで仕掛けのタイミングも遅れたし、リスグラシューとのゴール寸前の伸びの差もない。この時は斤量2キロ差もあったし逆転は可能。ただ、左回りに替わった事で瞬時の動きでリスグラシューも改善されてくる事もあるし、今年のデムーロに関しては大阪杯はあるものの東京マイルで緩んだ中で詰めてくるイメージはあまりないんだよなあってとこ。出たなりの競馬だと去年でもちょっと足りないかなと。去年は中間の雨で馬群が外を好んで通過していて、その点コーナーで差を一気に詰めれた。今年はそういう馬場想定ではないし、そのイメージで乗るとポジション負けする可能性は十分かなと。軸としては難しいし、相手止まり。

▲レッドアヴァンセは今回何頭か狙う前受で決め手の質で出し抜ける馬という中では最上位の評価にした。前走もそうだけど最近は割とポジションをとれているし、この馬は最大瞬間的な脚は速いけどやはり前走もそうで長続きしない馬で、流れに対応して使うには位置取りの融通性が欲しかった馬。それがやっと身についてきたかなというとこ。それと左回りでもオークスを除いてしっかり脚は使ってきているし、オークスは距離はもちろんだけどあの時は体重維持とか体調面で相当気は遣っていた。今は安定して使えているし、まともなら世代でも屈指の能力の馬。今回なら十分相手に。

△ジュールポレールは前走をどう捉えるか?というとこになるかなあ。まず去年のこのレースは流れで損をしてて、1・2着馬とは中盤で馬群と流れの中で詰められてほぼ同じ位置からの決め手勝負になった分だと思うし、デンコウアンジュなんかはその流れに完全に噛み合ったと思う。もう少しまともな流れならあの2頭と逆転はできるだろうと。あとは馬自体の問題で、エリザベス女王杯が中盤から終始外目を通したとはいえ負けすぎなのが引っかかるところ。その上で前走を復調と見るべきか?流れ的にはドスローで対アドマイヤリードでもあの差は厳しかったし、坂下までは抵抗したけどしまいは甘くなった・・とは言っても寸前は詰まっていたし決定的な差ではない。ただリスグラシューとは勢いははっきり違ったし、斤量面でリスグラシューと差はなく、アドマイヤリードと2キロ差あった事を考えると冷静にここでは軸としては難しいかなというとこ。相手止まり。

□アエロリットは単純にこのコースでのタイムトライアル的な流れになればNHKマイルカップの内容からも本命視していい。ただここ2年も結局このレースは高速馬場過ぎて中盤でどうしてもやや緩んでしまうし、そこで強引に引っ張る馬が今回は個人的には見当たらない。そこで戸崎のレースメイクだと人任せにはなるし、瞬間的な脚はそこまで速くない馬なので直線の最速地点で出し抜かれて脚を余すリスクは出てくるかなと。馬自体も折り合いの不安は解消されてないと思うんだけどね。前走もマルターズアポジーが引っ張ってくれたのもあるし、秋華賞は馬体減も重なってまともに折り合いを欠いていた。一変する可能性はあるけど意外にリスクは高いかな?と見ているし、押さえまで。

□デアレガーロは市川Sがベストパフォーマンスにはなる。あの流れで33秒台の脚を使って突き抜けたインパクトは強いし、流れれば。というところになる。秋風Sと比較すると流れに関わらずあの脚までしか使えないかなというとこだし、まあ中緩みで前目にとりついてくれれば最速地点で少し劣っても坂上からの持続力でともなるけど、条件付きの狙いにはなるので今回は押さえで様子見かな。

□デンコウアンジュはやっぱり去年は嵌り過ぎたとはいえ、今回も同様に中盤緩む可能性があるなら押さえとかないとなあというとこ。東京でのそれ以降のレースは噛み合わないところが大きくて、エプソムカップは流れてのロンスパでなし崩しに脚を使ってしまった。府中牝馬Sはラップだけ見れば物足りないけど、インで立ち回っていた割に直線でクロコスミア・ヴィブロスの背後を衝かずに何故か外回して詰まりつつの仕掛けになった。勿体ない内容だったしもう少し前には来れた内容。東京新聞杯ではリスグラシューには完敗もそれなりに来ているし、東京では結局それなりに走れてしまう馬なので無視は危険だろうと。押さえには。

□リエノテソーロは大穴としての狙いならこの馬かなあ。まずコース自体は去年のマイルカップでの走りの通り。最速地点ではアエロリットより伸びを見せていたし、高速馬場での流れての1脚で高いパフォーマンスは見せたかなと。その上で近走はいい負け方はしている。ターコイズSは実質トップハンデで0.2秒差。ややタフな馬場もあったし及第点で逃げる競馬をしてきたのも今回はいいかな。オーシャンSで控える競馬がどうなのかな?となって高松宮記念は前目を意識したらオーバーペースで撃沈というとこ。今は1200mは忙しい印象だし、ここ最近のレース戦略なら意外とここで逃げてくる可能性もあるかなと。マイルでは前受でもまだ踏ん張れているし、嵌れば十分勝負にはなるかなと。押さえで。

ミスパンテールはハイペース適性が?だし、左回りもまだ経験浅い方なのでここで人気になるようなら即消し。レッツゴードンキ・ソウルスターリングも嵌りきらないかなと見て狙いは下に。

ヴィクトリアマイル2018血統予想:下彦本命リスグラシュー「どんな流れにも対応」

◎リスグラシュー
カワキタエンカやアエロリットがどう前を牽引するのかによって考えも変わるわけですが、少なくともハイ・スロー・TS持続力戦・流れての持続力消耗戦等どんな流れでも対応してきそうな堅実さという点で人気でも本命。
全12レース中10走が重賞で(3-4-3-2)、内マイルは(2-3-2-0)で複率10割。常に高いステージで残してきた結果なので信頼度は別格。
ハーツクライ×アメリカンポスト(ネイティヴダンサー系)×ミラーズメイト(ネヴァーベンド系)×リファール(ND)でリファールのクロス4×4。どう見ても距離伸ばして良さそうなイメージですがリファールのクロスもありますから、距離の融通性という点からもどちらかと言うと中距離未満に適性を示しているのかもしれません。ある程度ペースが流れた方が良い結果に繋がると思いますが。

◯レーヌミノル
検めて血統を眺めていると父はマイルG1を3勝したダイワメジャー、母父にマイルG1を4勝したタイキシャトル・・とこの上ない組み合わせ。両頭共に激流でも先行してグイグイ押し切るレースが身上の馬でした。当馬は桜花賞を勝ち不適なクラシック戦線に乗った為、中途半端な使われ方をしてきましたが、やはり生まれ持った地のスピードを生かせるスプリントからマイルで、且つハイラップ消耗戦がベストの馬かと思われます。カワキタ、アエロ或いは他がグイグイ飛ばしてくれて全体的に流れればという前提ならチャンスありで人気的にも・・。

▲ミスパンテール
4連勝といっても・・・
阪神牝馬S 37.2-33.8
京都牝馬S 36.1-34.7
ターコイズ 35.9-34.7
清水S 37.0-33.8

と、3F前後半は緩めのスローばかりで流れて果たしてどうなのかというところですが・・

血統は、ダイワメジャー×シンボリクリスエス×マルゼンスキー×シルバーシャークで母方はロベルト系×ニジンスキー系×マンノウォー系のタフネス型で、メジャーエンブレムの様なレースも出来るのではと思わせる様な構成。2代母ジョウノマチエールからは富士S、東京新聞杯、京王杯SCの府中の3重賞を制したウインラディウスがいます。ターコイズSなどはスローながら2F以降は11秒代の一貫ペースでゴール前で最後もう一伸びグイッと来ているところからも一介のスロー専門とも思えず、ダイワメジャー産駒らしからぬ追い込み、差し、逃げと多面的なレースが出来ているところからも応変に対応してきそうということで対抗。人気の未知数な馬を買うという点では妙味0ですが。

△レッドアヴァンセ
先週NHKマイルC3着のレッドヴェイロンの半姉にあたり、母エリモピクシー(ダンシングブレーヴ×テスコボーイ×ヴェイグリーノーブル)の仔は京都、府中、新潟等ロングストレートでスピードの持続性を求められた時に勝てない迄も好走してくるのが特徴。阪神牝馬Sはミスパンテール同様、ただの前残りと捉えると危険。再度積極的なレースをしてくるなら。

△ジュールポレール
前走阪神牝馬Sは久々ながら0.2差5着と好走。立ち回り上手でスパっとはキレませんが確実に伸びてくるのが良いですね。全マイルは(4-1-2-2)と堅実。ディープ×エリシオ(フェアリーキング)×ミスプロ×ホイストザフラッグ(リボー系)。半兄にマイルCSを制したサダムパテックがいます。今迄のマイルはスローばかりでしたが血統的に早くなっても良い筈で新たな強さが浮き彫りになる事も。

ヴィクトリアマイル2018データ:展開握るカワキタエンカ大野騎手の逃げ実績データ(東京競馬場で強い⁉)

 今年のヴィクトリアマイルのメンバー構成はわかりやすい。逃げ馬らしい逃げ馬はカワキタエンカ1頭で、恐らくハナは間違いないだろう。この馬は8戦前から逃げるようになり開花し、それ以来ハナを譲っていない。何が何でも行きたいだろう。
 ただ今回問題なのは鞍上だ。これまでまたがってきた池添騎手や横山典騎手に先約があり、なかなか騎手が決まらなかった。1週前になって急きょ決まったのはテン乗りの大野騎手だ。
 大野騎手に逃げ馬というのは、皆さん印象にあっただろうか。恥ずかしながら筆者はほとんど印象になかったため、データをいろいろと調べてみた。

大野拓弥騎手の重賞での逃げ デビュー以降の成績データ
9戦0勝馬券圏内無し

 たしかにこれでは印象に残らないわけだ。ただ、これだけではサンプルが少なく参考にならないので、重賞以外も含めて検索してみた。

大野拓弥騎手の芝コースでの逃げ 2015年以降の成績データ
65戦11勝2着8回
単勝回収率132% 複勝回収率103%

 するとなかなか良い成績であるとわかった。ではさらに、東京コースではどうだろうと絞り込んでみた。


大野拓弥騎手の芝コースでの逃げ(東京競馬場) 2015年以降の成績データ
25戦4勝2着3回
単勝回収率184% 複勝回収率126%

 と非常に良い成績で狙える騎手であることがわかった。さあ、カワキタエンカはどんなペースでの逃げを打つのか注目してみたい。



ヴィクトリアマイル2018息を潜めるスナイパー昨年勝ち馬アドマイヤリードがデムーロ騎手鞍上で恐ろしすぎる

 今年のヴィクトリアマイルで怖い馬というとなんといっても昨年の勝ち馬アドマイヤリードだろう。鞍上がデムーロ騎手だというのもさることながら、アドマイヤリード自身も大きいところを狙ってくるスナイパー的雰囲気を感じさせる馬だ。
 まずこの馬はデビュー戦から大仕事を成し遂げている。あの幻のダービー馬シルバーステートを負かしているのだ。シルバーステートはその後4戦を大楽勝して惜しまれながら屈腱炎のため引退しているが、唯一先着したのがこのアドマイヤリード。シルバーステートは福永騎手が今まで乗った中で一番強い馬だったと激賞するほどの馬。それを事も無げに負かすあたりがスナイパー人生の始まりだ。
 そして昨年6番人気でのヴィクトリアマイル制覇。それまで重賞も勝ったことがない馬がいきなりのG1勝ちというのもスナイパーならではだった。
 その後も府中牝馬ステークスでも素晴らしい記録を作る。やや重馬場にも関わらず32.9という驚異の末脚を披露するのだが。このときアドマイヤリードは牝馬としては酷量の56キロを背負っていたのだから、ちょっと狂気じみた切れ味だ。スナイパーだ。
 このところ大人しく息を潜めているアドマイヤリード。それが鞍上にデムーロ騎手を迎え得意のG1で人気薄の一発を狙って出走となると、これほど恐ろしいものはない。

ヴィクトリアマイル2018予想オッズ走れども人気にならないミスパンテールついに1番人気か

 走れども走れども人気にならない馬というのがたまにいる。昨年引退したキタサンブラックもそうで、G1を二つ勝ったあとの4歳の宝塚記念でもまだ2番人気で、その後の京都大賞典でやっと初めて1番人気になったくらいだった。追い続けたファンにとっては馬券的に相当美味しい思いをしただろうなというファン孝行の馬だった。
 ヴィクトリアマイルに出走するミスパンテールもこのタイプ。重賞で活躍した馬にも関わらず条件戦でも4番人気。重賞連勝中の前走でもまだ4番人気だった。
 4連勝と破竹の勢いで挑む今回のヴィクトリアマイルでは1番人気になるのだろうか。リスグラシュー、アエロリットに比べ、東京マイル実績がないということを理由にまた1番人気を外れる可能性もありそうだが、そうなるとまた美味しい思いをするファンが増えそうな予感がする。

ヴィクトリアマイル2018予想動画:回収率320%と好調の編集長がYOUTUBEで公開「大穴馬ワンカラットを抜擢」

 競馬ナンデがYOUTUBEチャンネルを開設!編集長がヴィクトリアマイル2018予想動画を公開しました。先週は見事穴馬ケイアイノーテックを本命にして単勝的中!単複1点勝負のコーナーはここまで回収率320%と絶好調です。
 ヴィクトリアマイルは人気の中心はリスグラシューやミスパンテールになりそうですが、全く人気薄の穴馬を抜擢しました。今回は馬の走法、振り出し走法というものを詳しく解説していますので、ぜひ興味がある方はご覧ください。

ヴィクトリアマイルの簡単な必勝法を動画で説明

ヴィクトリアマイル2018予想ツイキャス生放送配信!日程:前日12日20時~騎手型予想家アキ

 5月12日土曜日20時からは、騎手型予想家アキがヴィクトリアマイル2018予想ツイキャス配信!
 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相のヴィクトリアマイル2018をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。荒れるG1として有名なレース、アキさんの穴馬情報は聞き逃せません!乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部ツイキャス
日程:5月12日(土曜) 20:00~
http://twitcasting.tv/c:nandecas
ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。

ヴィクトリアマイル2018回顧生放送配信13日22時~競馬何が悪いラップ予想家垣谷昇平

 5月13日日曜日22時からは、人気ブログ「敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い~」管理人のカタストロフィ氏がヴィクトリアマイル2018を回顧ツイキャス配信!
 大混戦のヴィクトリアマイル2018をカタストロフィさんがレースラップから読み解き徹底分析。カタストロフィさんのレース回顧はラップを詳細に分析していて日本一という定評があります。このあとダービーにも繋がってくるのか、レースレベルはどうだったのか、次走狙える馬、危険な馬も導き出していただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部回顧ツイキャス
日程:5月13日(日曜) 22:00~
http://twitcasting.tv/c:nandecas
ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。

ヴィクトリアマイル2018東京競馬場指定席券購入方法(JRAカードネット予約販売と当日券発売完売時間)

 東京競馬場の指定席券を購入する方法は3つあります。ハガキ応募、インターネット予約、当日券です。
 ハガキ応募というのは日本ダービー、有馬記念といった重要G1のみのため、ヴィクトリアマイルに関しては、インターネット予約、当日券となります。
 インターネット予約については、JRAカード会員は2週前の水曜日に抽選申し込み開始。JRAカードを持たない一般会員については1週前の木曜日に抽選申し込み開始。先着順ではなく、抽選での当選が必要です。
 当日券は、Aシート、Bシート、Cシート合計2000枚程度と、他の競馬場に比べてかなり多いです。そのため、意外に当日券の完売時間も遅めになります。当日券は競馬場開門と同時に発売されますが、G1レースでは、その前に整理券が配られ、その順に販売されます。
 ヴィクトリアマイルに関しては、昨年は午前11時45分頃に完売しています。今年のヴィクトリアマイルのメンバーは例年以上の豪華メンバーと考えられるため、やや早めの時間の完売が予想されます。G1レース当日は、通常より開門を早めるケースが多いので、徹夜組もいて10時頃に完売する可能性が高いのではと予想されます。


参考:2017年ヴィクトリアマイルの当日券完売時間

ヴィクトリアマイル武豊騎手過去10年騎乗成績

Vマイル 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2008年 ウオッカ 2着 1番人気
2009年 ウオッカ 1着 1番人気
2010年 騎乗馬なし
2011年 アプリコットフィズ 17着 5番人気
2012年 エイシンハーバー 10着 16番人気
2013年 騎乗馬なし
2014年 スマートレイアー 8着 1番人気
2015年 スマートレイアー 10着 6番人気
2016年 スマートレイアー 4着 3番人気
2017年 スマートレイアー 4着 4番人気
2018年

ヴィクトリアマイル過去10年歴代優勝馬

Vマイル 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 エイジアンウインズ 藤田騎手 5番人気
2009年 ウオッカ 武豊騎手 1番人気
2010年 ブエナビスタ 横山騎手 1番人気
2011年 アパパネ 蛯名騎手 2番人気
2012年 ホエールキャプチャ 横山騎手 4番人気
2013年 ヴィルシーナ 内田騎手 1番人気
2014年 ヴィルシーナ 内田騎手 11番人気
2015年 ストレイトガール 戸崎騎手 5番人気
2016年 ストレイトガール 戸崎騎手 7番人気
2017年 アドマイヤリード ルメール騎手 6番人気
2018年

ヴィクトリアマイル1番人気馬過去10年成績

Vマイル 1番人気馬 騎手 着順
2008年 ウオッカ 武豊騎手 2着
2009年 ウオッカ 武豊騎手 1着
2010年 ブエナビスタ 横山騎手 1着
2011年 ブエナビスタ 岩田騎手 2着
2012年 アパパネ 蛯名騎手 5着
2013年 ヴィルシーナ 内田騎手 1着
2014年 スマートレイアー 武豊騎手 8着
2015年 ヌーヴォレコルト 岩田騎手 6着
2016年 ミッキークイーン 浜中騎手 2着
2017年 ミッキークイーン 浜中騎手 7着
2018年

有力出走予定馬参考動画

エリザベス女王杯2017:ミッキークイーンは直線で大外から鋭い伸び。内を回った2頭を差し切れなかったが、内容は一番強かった。クロコスミアもスンナリ行けたときの粘りは脅威。

有馬記念2017:キタサンブラックが貫禄の逃げ切り勝ち。シュヴァルグランは不利がなければ2着があった。スワーヴリチャードは右回りで内に寄れる弱点を露呈。

ターコイズステークス2017:12.5 - 11.6 - 11.8 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.2 - 11.8

ヴィクトリアマイル2018編集長予想:大穴馬ワントゥワンを狙う「振り出し走法は東京コースで変わる!」 (2018年5月12日 19:25)
ヴィクトリアマイルは毎年予想の仕方を決めていて、先行馬、短距離馬を狙う差し馬、長距離馬を嫌うというのをやっている。これを必勝法と称して動画をあげたりしたのだが、今年はこの必勝法が使えない。というのも今年の出走メンバーは特殊。長距離タイプが見当たらない。ディアドラ、モズカッチャン、クロコスミアがこぞっ…
ヴィクトリアマイル2018予想:騎手型予想家アキ本命リスグラシュー「左回りならモタつかない」 (2018年5月12日 18:21)
◎リスグラシューは位置取りという点では後ろ過ぎなければというリスクはあるけど、最悪日曜に雨も降るかもしれないという想定の中ではこれが本命かなというとこ。左回りではパフォーマンスが高いというのが1つで、右回りでは少し追い出してからもたついていた部分を見せていない。唯一崩れたオークスにしても4F戦で後ろ…
ヴィクトリアマイル2018血統予想:下彦本命リスグラシュー「どんな流れにも対応」 (2018年5月12日 17:58)
◎リスグラシュー カワキタエンカやアエロリットがどう前を牽引するのかによって考えも変わるわけですが、少なくともハイ・スロー・TS持続力戦・流れての持続力消耗戦等どんな流れでも対応してきそうな堅実さという点で人気でも本命。 全12レース中10走が重賞で(3-4-3-2)、内マイルは(2-3-2-0)で…
ヴィクトリアマイル2018予想動画:回収率320%と好調の編集長がYOUTUBEで公開「大穴馬ワンカラットを抜擢」 (2018年5月10日 17:02)
 競馬ナンデがYOUTUBEチャンネルを開設!編集長がヴィクトリアマイル2018予想動画を公開しました。先週は見事穴馬ケイアイノーテックを本命にして単勝的中!単複1点勝負のコーナーはここまで回収率320%と絶好調です。 ヴィクトリアマイルは人気の中心はリスグラシューやミスパンテールになり…
ヴィクトリアマイル2018データ:展開握るカワキタエンカ大野騎手の逃げ実績データ(東京競馬場で強い⁉) (2018年5月10日 00:41)
 今年のヴィクトリアマイルのメンバー構成はわかりやすい。逃げ馬らしい逃げ馬はカワキタエンカ1頭で、恐らくハナは間違いないだろう。この馬は8戦前から逃げるようになり開花し、それ以来ハナを譲っていない。何が何でも行きたいだろう。 ただ今回問題なのは鞍上だ。これまでまたがってきた池添騎手や横山典騎手に先約…
ヴィクトリアマイル2018東京競馬場芝1600Mコース詳細解説:Bコース初週で内前有利 (2018年5月 8日 00:18)
ヴィクトリアマイル開催:春開催8日目 Bコース使用2日目 向こう正面で1.4m登り、すぐに2.3m下る。直線を向いてすぐに2m登りあとは平坦という、起伏に富んだ、単純ではないコースで、騎手も攻略は難しいという者が多い。 かつては、極めて差し馬有利のコースとして有名で、逃げ切りはほぼ不可能と…
ヴィクトリアマイル2018息を潜めるスナイパー昨年勝ち馬アドマイヤリードがデムーロ騎手鞍上で恐ろしすぎる (2018年5月 7日 17:32)
 今年のヴィクトリアマイルで怖い馬というとなんといっても昨年の勝ち馬アドマイヤリードだろう。鞍上がデムーロ騎手だというのもさることながら、アドマイヤリード自身も大きいところを狙ってくるスナイパー的雰囲気を感じさせる馬だ。 まずこの馬はデビュー戦から大仕事を成し遂げている。あの幻のダービー馬シルバース…
ヴィクトリアマイル2018予想オッズ傾向診断/武豊騎手リスグラシュー過剰人気?大穴馬デアレガーロに馬券妙味 (2018年5月 6日 13:22)
人気 馬名 予想オッズ 1 リスグラシュー 2.7 2 アエ…
ヴィクトリアマイル2018予想オッズ3連単3連複馬連馬単連馬券予想(昨年勝ち馬アドマイヤリード5番人気) (2018年5月 4日 23:44)
ヴィクトリアマイル2018予想オッズ 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ リスグラシュー 3.5 1.4 …
ヴィクトリアマイル2018出走予定馬総評(上位人気はアエロリット・レッツゴードンキら4強予想) (2018年5月 3日 20:24)
第13回ヴィクトリアマイル出走予定馬東京競馬場 芝1600m日程:2018.5.13 出走馬頭数:18頭 予想 オッズ 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 血…
ヴィクトリアマイル2018予想オッズ走れども人気にならないミスパンテールついに1番人気か (2018年5月 3日 18:08)
 走れども走れども人気にならない馬というのがたまにいる。昨年引退したキタサンブラックもそうで、G1を二つ勝ったあとの4歳の宝塚記念でもまだ2番人気で、その後の京都大賞典でやっと初めて1番人気になったくらいだった。追い続けたファンにとっては馬券的に相当美味しい思いをしただろうなというファン孝行の馬だっ…
ヴィクトリアマイル2018回顧生放送配信13日22時~競馬何が悪いラップ予想家垣谷昇平「ダービーに繋がるのは」 (2018年5月 3日 15:09)
 5月13日日曜日22時からは、人気ブログ「敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い~」管理人のカタストロフィ氏がヴィクトリアマイル2018を回顧ツイキャス配信! 大混戦のヴィクトリアマイル2018をカタストロフィさんがレースラップから読み解き徹底分析。カタストロフィさんのレース…
ヴィクトリアマイル2018ほぼ全騎手確定版予想オッズ(カワキタエンカ以外は鞍上決定) (2018年5月 2日 12:08)
第13回ヴィクトリアマイル出走予定馬東京競馬場 芝1600m日程:2018.5.13 出走馬頭数:18頭 予想 オッズ 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 血統 …
ヴィクトリアマイル2018予想ツイキャス生放送配信!日程:前日12日20時~騎手型予想家アキ (2018年5月 1日 17:54)
 5月12日土曜日20時からは、騎手型予想家アキがヴィクトリアマイル2018予想ツイキャス配信! 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相のヴィクトリアマイル2018をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。荒れるG1として有名なレース、アキさんの穴馬情報は聞き逃せま…
ヴィクトリアマイル2018東京競馬場指定席券購入方法(JRAカードネット予約販売と当日券発売完売時間) (2018年4月25日 21:55)
 東京競馬場の指定席券を購入する方法は3つあります。ハガキ応募、インターネット予約、当日券です。 ハガキ応募というのは日本ダービー、有馬記念といった重要G1のみのため、ヴィクトリアマイルに関しては、インターネット予約、当日券となります。 インターネット予約については、JRAカード会員は2週前…
ヴィクトリアマイル2018武豊騎手リスグラシュー2番人気予想オッズ!騎乗停止明け復帰戦 (2018年4月24日 21:58)
第13回ヴィクトリアマイル出走予定馬東京競馬場 芝1600m日程:2018.5.13 出走馬頭数:18頭 予想 オッズ 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 血…

ヴィクトリアマイル 2018予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

ヴィクトリアマイル 2018前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMのヴィクトリアマイル 2018予想

カテゴリ