日本ダービー2014を最速予想!(ラングレー・キミノナハセンター等)競馬ナンデ編集長が走法診断

キミノナハセンター

不肖おくりばんとが競馬ナンデ編集長の分際でハッキリ診断します。
フットワークは見る目があると思っているので多少は自信があります。

昨年は新馬後にエピファネイアが勝つと予想し、結果は2着でしたが、今でも潜在能力はキズナよりずっと上だと思っています。
ディープブリランテは新馬後に、これだろうとわかりました。
その前の年は、サダムパテックかなと思いました。オルフェーヴルに関しては2歳時はフットワークが小さくて、全くノーマークでした。
これらは競馬ナンデの過去ログを辿ってみてください!

なんでも「いい馬ですね」と褒めるようなことはしません。
よくないと思うものはよくないと言い切ります。
日本ダービーを勝つだろうと予想した馬が、条件クラスで終わったりとか赤っ恥を掻く可能性は十分ですが、
こういうものは口幅ったいことを言っていても面白くないでしょう。大恥覚悟で言い切ります。


トーセンスターダム

首が高い。硬い。
こういうのは簡単に変わらないと思う。
全然大したレベルではない。
日本ダービーはまず無理。

バンドワゴン

首が高い高い。キングヘイローくらい高い。
スピードタイプ、逃げ向きの馬でしょうし、日本ダービーを逃げ切るのはまず無理のレベルでしょう。

トレクァルティスタ

兄コディーノ同様に硬め。首も高め。
コディーノに似ている。
同じくらいの活躍はするかもしれないが、日本ダービーは勝ちきれない。
因みにですが、私はコディーノに関しては、去年から、走りが硬いからレベルが低いと一貫して主張して、これに関しては的中していました。自信があります。同じくらいでしょう。

テスタメント

これは体をよく使えていて面白い存在。
母のブラックエンブレムはちょこまかした走法だったが、こちらは本格派で、
父がよく補った模様。

キミノナハセンター

まとまりがある走りだけれど、小ぢんまり。
日本ダービーを勝ち切るというのはまず無理でしょう。
手堅く、オープンや重賞くらいまでならいけそうなタイプ。2200くらいまでの方が良い感じがする。
クラシックディスタンスというイメージは湧かない。

ラングレー

見つけた!これだ!
フットワークは完璧。大きく柔らかく伸びもある。
サラブレッドとして理想的。
若干だけ首が短めの感じもするけれど、、
いや気にならない。間違いない!
仮に東京スポーツ杯2歳Sで負けたとしても、日本ダービー2013私の本命はラングレーに決定。

 

タグ: ,

能勢俊介元TMの日本ダービー2014予想

大西直宏元Jの日本ダービー2014予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ