有馬記念2016馬券戦略は本命馬から穴馬へ馬単馬連が正解?歴代優勝馬過去10年1番人気が5勝!

有馬記念2016馬券

有馬記念過去10年歴代優勝馬・騎手から馬券戦略

歴代優勝馬 勝利騎手 人気
2006年 ディープインパクト 武豊騎手 1番人気
2007年 マツリダゴッホ 蛯名騎手 9番人気
2008年 ダイワスカーレット 安藤騎手 1番人気
2009年 ドリームジャーニー 池添騎手 2番人気
2010年 ヴィクトワールピサ デムーロ騎手 2番人気
2011年 オルフェーヴル 池添騎手 1番人気
2012年 ゴールドシップ 内田騎手 1番人気
2013年 オルフェーヴル 池添騎手 1番人気
2014年 ジェンティルドンナ 戸崎騎手 4番人気
2015年 ゴールドアクター 吉田騎手 8番人気
2016年 ?? ??
 有馬記念の勝ち馬過去10年を振り返ってみると1番人気が5勝。2番人気が2勝。波乱といえるのは2回だけ。やはり人気馬が強い。競馬は長距離になるほど馬の能力が物を言ってくる、また騎手の腕も効いてくるため、実力馬が勝つのは当然といえば当然だ。
 ただ、2、3着に穴馬が突っ込み波乱を呼ぶケースも多いのが有馬記念。14番人気アドマイヤモナーク2着、10番人気エアシェイディ3着、11番人気エアシェイディ3着、14番人気トゥザグローリー3着、9番人気トゥザグローリー3着、10番人気オーシャンブルー2着、9番人気トゥザワールド2着と枚挙にいとまがない。
 馬券戦略としては馬単で人気馬キタサンブラック・サトノダイヤモンドから、穴馬へ流す馬券が正解になろうか。


有馬記念は馬連馬券がお得!配当金5%上乗せ

 JRAは、2016年の有馬記念ウィーク(23日・24日・25日)に販売する馬券の馬連配当を5%上乗せすると発表。JRA全競馬場・全レース71レースが対象で、23日には中山大障害、24日には阪神カップ、25日には有馬記念が行われます。戻ってくるお金が5%増えるというのは大きいです。ぜひこの機会に馬連馬券で勝負してみましょう!
 なお、競馬ナンデ想定班の予想オッズでは、馬連1番人気は、キタサンブラック-サトノダイヤモンドで6.3倍。馬連2番人気は、キタサンブラック-ゴールドアクターで8.4倍。馬連3番人気は、キタサンブラック-シュヴァルグランで8.8倍。


有馬記念2016馬券売上は微増・競馬場入場者は減少を予想

 有馬記念昨年の売上は416億円で前年比107%だった。2016年は競馬ブームの兆しがあるとされ、東洋経済でも特集されるに至った。この秋のG1レースの売上金もアップしたレースが多い。スプリンターズステークス104%、秋華賞前年比100.3%、菊花賞前年比106%、エリザベス女王杯101%、ジャパンカップ前年比108%、チャンピオンズカップ前年比108%。そこで2016年の有馬記念売り上げはどれくらいになるか予想してみたい。
 昨年のメンバーは、ゴールドシップというスターホースの引退レースだったこともあり売上を引き上げる要因になっていたことは間違いない。ただ、それ以外のメンバーは豪華さはなかった。その1~4着馬は今年もエントリーしている。
 今年の目玉は3歳世代の代表馬サトノダイヤモンド。ゴールドシップとサトノダイヤモンドとでどちらがインパクトが大きいかという比較になる。思うにサトノダイヤモンドは競馬通の間でこそ、この世代最強として評判の高い馬だが、ダービー馬でもなく、G1を一勝したばかりで、広く一般国民に浸透した存在ではない。となるとやはりアイドルホース・ゴールドシップの引退レースという看板と比べると弱いと言わざるをえないだろう。
 となると、昨年に比べると出走メンバー的には若干訴求力は弱まった有馬記念となってしまうだろう。よって、売上金予想としては、競馬ブームに支えられた全体の底上げがあるが、そこからメンバー弱化による若干の引き下げがあり、昨年比で微増102%の423億円ほどといったものになるのではないだろうか。
 なお有馬記念当日の中山競馬場の入場者数については減少も考えられる。というのも、昨年は入場者が大幅に増え、場内が大混雑し騒然となってしまったことから、今年は入場規制を行う可能性があるとJRAが発表しているからだ。当日にこれまで販売していた記念入場券の販売もとりやめており、競馬場の安全確保を優先していると考えられる。


タグ: ,

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

能勢俊介元TMの有馬記念馬券予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ