カフジテイク福永騎手1番人気!フェブラリーステークス2017出走予定馬・予想オッズ(優先出走権獲得)

カフジテイク

フェブラリーステークス2017出走予定馬・予想オッズ

日程:2017.2.19 賞金順出走馬可能頭数:16頭
レコードタイム:1:34.0(モーニン)
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 馬主 生産者 前走成績
4.7 カフジテイク 福永 湯窪 プリサイスエンド 加藤守 ヒダカF 根岸S1
5.0 ノンコノユメ ルメール 加藤 トワイニング 山田和 社台F 東京大4
5.9 モーニン ムーア 石坂 ヘニーヒューズ 馬場幸 equine チャンピオ7
6.2 ベストウォーリア 戸崎 石坂 マジェスティクウォリア 馬場幸 buckpo 根岸S2
6.9 コパノリッキー 武豊 村山 ゴールドアリュール 小林祥 ヤナガワ 東京大5
18.9 ゴールドドリーム デムーロ 平田 ゴールドアリュール 吉田勝 ノーザンF チャンピオ12
19.9 レッツゴードンキ 岩田 梅田 キングカメハメハ 廣崎利 清水牧 ターコイズ2
23.3 モルトベーネ 松永 ディープスカイ 三宅正 櫛桁牧 東海S2
29.1 メイショウウタゲ 安達 プリサイスエンド 松本好 隆栄牧 東海S3
33.9 ホワイトフーガ 高木 クロフネ 西森鶴 梅田牧 TCK3
37.6 ピオネロ 松永 ネオユニヴァース キャロット ノーザンF 東海S6
44.2 カゼノコ 野中 アグネスデジタル ヌデ嶋 田中裕 東海S5
44.4 ニシケンモノノフ 横山 庄野 メイショウボーラー 西森鶴 八木常 根岸S5
44.8 デニムアンドルビー 吉田 角居 ディープインパクト 金子真 ノーザンF 有馬記9
50.0 モンドクラッセ 清水 アグネスデジタル サンコウ サンコウ 根岸S6
50.2 アスカノロマン 和田 川村 アグネスデジタル 豊田智 タガノ 東海S8
69.7 ロワジャルダン 浜中 戸田 キングカメハメハ 社台RH 社台F 東海S14
94.4 インカンテーション 藤岡康 羽月 シニスターミニスター ターフ 谷川牧 東海S12
 チャンピオンズカップ・東京大賞典が終わったばかりなので、基本的にはこれらの成績順の予想オッズとなる。東京大賞典最先着のノンコノユメを上位とした。昨年も1番人気に2着しており、昨夏に去勢したあとも末脚は健在。
 モーニン・コパノリッキーは大敗したが、フェブラリーステークスは一度制した経験がありコース適性が高く、それなりに上位に。
 4歳勢はここまであまり勢いがなく、成長が待たれていたが、遂にグレンツェントが頭角を表した。東海ステークスは着差こそ僅かだったが、横山騎手はかなり余裕があったと語る。脚質的にも安定感があり、ちょい差しで大差はつけないがきっちり勝ちきる強さがある。ただ、東京マイルではユニコーンステークスでゴールドドリーム・ストロングバローズに3馬身の差をつけられて負けている。その後の快進撃は1800でのもので、マイルでのスピードということになると若干劣る。東京マイルは芝コーススタートでもありダッシュがつきにくい可能性もあり、横山騎手がここをどうカバーした騎乗を見せるかに注目したい。
 カフジテイクは、根岸ステークスを豪脚で差し切り、前走チャンピオンズカップ4着がフロックでないことを証明した。昨秋からの充実ぶりは顕著で、ダートでは特に勢いに乗ると連勝しやすい。福永騎手にはG1制覇のチャンス。


アウォーディー・アポロケンタッキー・サウンドトゥルー回避で低レベル化も

 東京大賞典は上位3頭が以下を大きく引き離し、この3頭の強さが際立った。しかし、この3頭がいずれもフェブラリーステークスを回避するという異常事態に見舞われそうだ。
 アウォーディーの松永幹夫調教師は、ドバイワールドカップを目標とするため、フェブラリーステークスを回避したい意向を示した。武豊騎手はフェブラリーステークスに使ってほしい意向のようだが、なかなか難しそう。
 サウンドトゥルーも調教師が、芝スタートコースは合わないという考えから川崎記念を目標にしている。アポロケンタッキーはもともとマイル戦は距離が短すぎる。
 今年は4歳世代はグレンツェントやゴールドドリームがいるが、古馬の対戦で苦戦しており新興勢力もイマイチのため、少々レベルの低いG1になってしまいそうな様相だ。東海ステークス・根岸ステークスで新星の登場に期待したいところ。


フェブラリーステークスゲストプレゼンターは発表無し

 22日の日曜日に第一回東京競馬開催のイベントカレンダーが発表されたが、フェブラリーステークス2017のゲストプレゼンターに関する記載はなかった。昨年もプレゼンターはなかったので、今年もプレゼンターを設けない可能性がある。
 ただ、最近ではあとから追加して発表されるパターンもあるので、サイン予想派の方は注意しておきたい。ちなみに2年前の2015年は田丸麻紀さんがプレゼンターを務めた。競馬との繋がりは全くわからず微妙な人選だった。

 2月19日フェブラリーステークス当日は、東京競馬場のダートコースの砂を使った砂時計を100名様にプレゼントする抽選会。当日のフェブラリーステークス勝ち馬の番号を持っている人が当選という、これまでにないゲーム企画が組まれている。

タグ: ,,

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

能勢俊介元TMのカフジテイクフェブラリーステークス予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ