ゴールドアクター横山典騎手騎乗で天皇賞春2017出走決定!競馬ファン困惑...吉田隼人騎手降板の原因は?

 有馬記念馬ゴールドアクターの天皇賞春2017での騎手が横山典騎手に決定した。ゴールドアクターは一昨年の有馬記念を制するなど、吉田隼人騎手とのコンビで13戦連続出走していて、遂にこのコンビが解消された。
 吉田隼人騎手も初めてのG1勝ちに導いてくれたパートナーを、ゴールドアクターは競馬の先生と公言するなど、この馬を大事にしてきた。大事なレースでこの馬を他の騎手に渡すわけにはいかないと、2015年有馬記念は負傷をおして騎乗し勝ち取った。
 それくらい人馬一体のコンビと誰もが認識していただけに、競馬ファンも驚きを隠せない。

 横山典騎手好きからも、このコンビには違和感を感じているようだ。

 吉田隼人騎手が降ろされたことの原因を探る動きもある。
 ただ、吉田隼人騎手は今年は既に20勝して全国リーディング13位と調子自体は良い。日経賞での騎乗ぶりも、いつも通りに好位につける競馬で、落ち度はなかったように見える。

敗因は斤量の重さや馬の衰えに求める見解が多かった。陣営も、吉田隼人騎手を責めるというよりは、乗り替わりを起爆剤をしたい考えなのだろうか。

 ゴールドアクターに吉田隼人騎手以外の騎手が騎乗するのは3年前の青葉賞で石橋脩騎手が騎乗して以来で、横山典騎手が乗るのは初めてとなる。
 昨年の天皇賞春は1番人気で出走したものの12着惨敗。これは京都の高速馬場が合わなかったことが原因とされる。横山典騎手がどのような乗り方で京都3200mを克服するのか注目がかかる。
 横山典騎手といえば、同じように有馬記念馬で、天皇賞春を苦手として2年連続大敗していたゴールドシップに騎乗し、早めのまくりで見事勝利に導いたことが記憶に新しい。再度同じような状況にあるゴールドアクターもやはり早めの競馬をするのか。キタサンブラック陣営も気になるところだろう。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

能勢俊介元TMの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ