日本ダービー馬ワンアンドオンリー異例のマイルG3中京記念2017出走!大川慶次郎氏も草葉の陰でお怒り?

 日本ダービー馬ワンアンドオンリーが夏のマイル重賞中京記念に出走することになり、話題になっている。天下のG1馬には庶民的で似つかわしくないレースという印象はたしかにある。
 そこで過去20年分の日本ダービー馬を調べてみたところ、まず意外なことに、G3に出走した馬というのがいなかった。やはり天下のダービー馬ともなると、斤量の関係もあってか、G2・G1しか使わないのである。
 そして、短い距離への出走を調べると、安田記念にはウオッカとディープスカイが出走し結果も出していた。しかし、それ以外のレースには出走がない。マイルCSさえない。
 かつてはナリタブライアンがスプリント戦の高松宮記念に出走し話題になったが、どれほど異例のことだったのかがわかる。筆者も、子供ながらに大川慶次郎氏が激怒していたのを憶えている。「ダービー馬というのは神聖なものなのだ。スプリント戦などに出走するのはその名を汚すことになる」といった論だったと記憶している。高松宮記念さんの立場は、、とも思うが、それくらいに日本ダービー馬の誇りというのは高いものなのだ。
 となれば、ワンアンドオンリーのこの出走も、大川慶次郎先生がご健在であったなら悲しむことだろう。そして今回さらに問題なのは、ナリタブライアンのときほど話題にもならず、人気にもならなそうな点だ。
 過去最弱のダービー馬といえばオペックホースが有名だが、ワンアンドオンリーもそれに迫る存在になってしまうのだろうか。ダービー馬の意地に期待したい。


中京記念2017出走予定馬・予想オッズ

日程:2017.7.23 賞金順出走馬可能頭数:18頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走
着順
7.2 ブラックムーン 西浦 アドマイヤムーン 米子S1
7.3 ブラックスピネル 松山 音無 タニノギムレット 安田記18
7.3 グランシルク 福永 戸田 ステイゴールド パラダイ2
7.9 ダノンリバティ 音無 キングカメハメハ 谷川岳2
9.0 マイネルアウラート 柴田大 高橋 ステイゴールド ダ卿4
9.1 アスカビレン 浜中 中尾 ブラックタイド Vマイル13
12.2 ワンアンドオンリー 内田 橋口 ハーツクライ 目黒記10
13.8 ウインガニオン 西園 ステイゴールド パラダイ1
14.4 グァンチャーレ 北出 スクリーンヒーロー 米子S3
17.6 サンライズメジャー 池添 浜田 ダイワメジャー 安田記12
19.9 トウショウピスト 角田 ヨハネスブルグ 安土城2
20.1 ピークトラム 武豊 橋口 チチカステナンゴ 谷川岳8
21.1 ケントオー 西橋 ダンスインザダーク 六甲S3
38.7 エイシンブルズアイ 吉田隼 野中 Belgravia 函館SS6
46.8 ラングレー 矢作 ディープインパクト 米子S7
55.1 ピンポン 寺島 ハーツクライ 米子S5
72.1 ムーンクレスト 本田 アドマイヤムーン 米子S9
83.6 レッドレイヴン 内田 藤沢 スマートストライク エプソム16
92.2 スーサンジョイ 岩元 エンパイアメーカー 天王山4
 ワンアンドオンリーはダービー馬ながらその後連敗街道。遂にマイル路線に活路を求めてきた。4年ぶりのマイル戦だが、G3戦なら面白い存在。
 アスカビレンはヴィクトリアマイルでは力及ばず大敗だったが、オープンでは安定して走れている。中京コースに実績はないが、力は足りる。
 ダノンリバティは昨年の中京記念5着。前走の谷川岳ステークスでは良い末脚を使い僅差2着の強い競馬。左回りマイルは得意。
 予想オッズからはどこから買おうか悩ましい中京記念になった。



中京記念過去10年歴代優勝馬データ

中京記念 歴代勝ち馬 勝利騎手 単勝人気
2007年 ローゼンクロイツ 藤岡騎手 4番人気
2008年 タスカータソルテ 中館騎手 6番人気
2009年 サクラオリオン 秋山騎手 15番人気
2010年 シャドウゲイト 田中騎手 4番人気
2011年 ナリタクリスタル 武豊騎手 2番人気
2012年 フラガラッハ 高倉騎手 5番人気
2013年 フラガラッハ 高倉騎手 5番人気
2014年 サダムパテック 田中騎手 7番人気
2015年 スマートオリオン デムーロ騎手 6番人気
2016年 ガリバルディ 福永騎手 7番人気
2017年 ??


前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

能勢俊介元TMの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ