グレーターロンドン・ネオリアリズムも出走でG1級メンバー!札幌記念2017予想オッズ・騎手想定・日程

札幌記念2017出走予定馬予想オッズ

札幌競馬場 芝2000m
日程:2017.8.20 出走馬頭数:13頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
2.7 ヤマカツエース 池添 池添 キングカメハメハ 大阪杯3
3.0 エアスピネル ルメール 笹田 キングカメハメハ 安田記5
5.0 サウンズオブアース 横山典 藤岡 ネオユニヴァース dubaisc6
8.6 マウントロブソン モレイラ ディープインパクト 福島TV1
30.1 ロードヴァンドール 太宰 ダイワメジャー 大阪杯14
31.3 タマモベストプレイ 吉田 南井 フジキセキ 函館記念2
31.7 アングライフェン 古川 安田 ステイゴールド 函館記念4
40.8 ツクバアズマオー 勝浦 尾形 ステイゴールド 函館記念10
41.5 ディサイファ 四位 小島 ディープインパクト 安田記13
59.1 ナリタハリケーン 藤岡康 中尾 キングカメハメハ 函館記念7
59.2 サクラアンプルール 蛯名 金成 キングカメハメハ 函館記念9
60.1 マイネルミラノ 丹内 相沢 ステイゴールド 函館記11
156.9 サングラス スタチューオブリバティ 上総S1
 ネオリアリズムは香港遠征でG1制覇した後はここに絞ってきた。モレイラ騎手を招聘し必勝態勢で臨む。昨年はこのレースを勝って一気にブレイクした馬で、コース適性は抜群。
 ヤマカツエースもツーターン2000mコースの鬼。有馬記念、大阪杯と堅実に上位にきており安定感が抜群。脚質的にも自在で操縦性が高く崩れにくい。軸にはこれか。
 エアスピネルは武豊騎手からルメール騎手に変わって参戦。ここまでデビュー以来ずっと武豊騎手が跨ってきたため、むしろ新味に期待できる。マイルでも活躍したが、ベストは中距離という可能性もある。どんな条件でも力は発揮する馬で、ここでも怖い。
 マウントロブソンは長期休養明けの前走を快勝し、格の違いを見せつけた。上積みは十分あるはずで、このメンバーでも面白い存在。
 予想オッズからはどこから買おうか悩ましい札幌記念になった。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にサニーブライアンであっと驚く逃げで皐月賞を制するなど、2000m一周コースの勝ち方を熟知している。曰く、、「ネオリアリズム不在なら、勝つのは、まずアノ馬」と言い切る!↓↓


エアスピネルの取捨も

包み隠さず教えます↓

第53回札幌記念(G2)
『勝つのはまずアノ馬』

◆先週も独占スクープで10万馬券的中!
土曜新潟11R 新潟日報賞
◎アポロノシンザン
10万2190円【的中】

日曜小倉12R
◎ミヤジヴィジェ
5万342円【的中】

土曜小倉12R
◎ブライティアレディ
1万8840円【的中】

土曜札幌11R STV賞
◎ツーエムマイスター
1万5430円【的中】

土曜新潟7R
◎マッタナシ
1万1020円【的中】

土曜新潟4R
◎トーアディラン
1万0880円【的中】

※その他的中多数!

今週も絞りに絞った勝負馬券教えます!

        ↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。







札幌記念2017メンバー低レベル化!11年ぶりG1馬出走なし...G1昇格は当分先送りに

 ネオリアリズムの回避により今年の札幌記念はG1馬出走がなくなった。これは11年前にアドマイヤムーンが制した2006年以来のことで、近年豪華メンバー化していたところから一歩後退した。
 以前は大阪杯よりも札幌記念の方をG1昇格すべきという議論が強いほどだったが、先にG1昇格した大阪杯は豪華メンバーとなったのに比べこのあり様。やはりG1格上げの効果が如実に出た形だ。この分だと札幌記念のG1昇格も当分先送りになるだろう。

 因みにG1馬出走のなかった2006年も今年同様に人気が割れて4強対決になった点で類似している。そして勝ったのは一番人気アドマイヤムーンで、同馬はその後ドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップとG1を3勝する大活躍を遂げている。今年のヤマカツエース、エアスピネルにも同様の飛躍を期待したいところだ。



札幌記念2017ゲストプレゼンター柳楽優弥JRA札幌競馬場表彰式イベント来場!

 札幌競馬場のイベントカレンダーが更新され、札幌記念のゲストプレゼンターとして俳優の柳楽優弥さんが発表された。ご存知のとおり、柳楽優弥さんはJRAのCMに出演中。

 その他の札幌競馬場ゲストも豪華。札幌記念前日には岡部幸雄元騎手が札幌記念展望トークを開催。8.27は田中理恵、9.2には札幌記念にも出走経験のあるゴールドシップ号、9.3には武田玲奈が札幌競馬場に来場。



札幌記念2017netkeiba予想オッズ雑感/マウントロブソンモレイラ騎手4.2倍過剰人気!4強人気を予想

人気 馬名 予想オッズ
1 ヤマカツエース 2.7
2 エアスピネル 3.3
3 マウントロブソン 4.2
4 サウンズオブアース 7.4
5 ロードヴァンドール 15.2
6 ツクバアズマオー 17.8
7 マイネルミラノ 18.0
8 タマモベストプレイ 24.4
9 ディサイファ 35.0
10 サクラアンプルール 43.6
11 アングライフェン 44.3
12 ナリタハリケーン 314.3
13 サングラス 812.8
 ヤマカツエースとエアスピネルは順当な評価だろう。今年の実績からしてここでは抜けている。2000mへの距離適性も問題ない。
 マウントロブソンはモレイラ騎手の評価がかなり強く出た感がある。前走長期休養明けで勝利したとはいえメンバーレベルはだいぶ低い。3歳時の実績という意味でも一線級相手では掲示板に乗れないレベル。騎手の腕でどこまでカバーできるかだが、過剰人気の感は否めない。実績からすればサウンズオブアースと人気が入れ変わって不思議ない。
 ロードヴァンドール・ツクバアズマオーあたりが穴人気しているが、これは以前の実績が評価されてのもの。実際には近走の着順が悪く、嫌われてもっと人気を落とすのではないか。
 実際にはもっと4強に人気が集中すると予想する。



札幌記念2017騎手:エアスピネル武豊からルメール乗り替わりはキタサンブラック天皇賞秋出走が決定したから?

 札幌記念ではエアスピネルは武豊騎手ではなく、ルメール騎手とコンビを組むことが発表された。
 武豊騎手にはキタサンブラックという不動のパートナーがいるが、当初はキタサンブラックは凱旋門賞遠征とも見られていたため、天皇賞秋はエアスピネルということも考えられた。それくらいエアスピネルも武豊騎手には大事な存在の馬で、デビュー以来すべてまたがってきた。
 しかし、この段階でエアスピネルとのコンビが解消されたのは、キタサンブラックの天皇賞秋参戦がすでに本決まりになったということも考えられる。
 とはいえルメール騎手にも天皇賞秋のパートナーとして、ソウルスターリング、マカヒキ、シャケトラ、(レイデオロ)などがいるため、それに加えてエアスピネルもということになる。
 エアスピネルとしてはコンビの継続ということではなく、1戦必勝態勢で臨むことになりそうだ。エアスピネルは武豊騎手が、本当ならダービー馬になっていても不思議のないくらいのレベルと評した素質馬だけに、この秋はひとつG1タイトルがほしいところ。
 



天皇賞秋2017エアスピネル・シャケトラら有力馬鞍上が大問題!外国人短期免許大量招聘?若手騎手にチャンス?

 2017年は天皇賞秋がドリームレース級に豪華出走メンバーが揃いそうで話題になっているが、各馬に跨る騎手がどうなるかも注目が集まるところだ。
 まず一番の問題はルメール騎手がどの馬に乗るかという点。サトノダイヤモンドは凱旋門賞遠征で不在とはいえ、それ以外にもお手馬がずらり。ソウルスターリング、レイデオロ、マカヒキ、シャケトラ、エアスピネル。ただ、前哨戦毎日王冠ではソウルスターリングとのコンビがすでに発表されているので、よもやの惨敗というようなことがない限り、ソウルスターリングと予想しておく。

 ソウルスターリング→ルメール騎手

 そうするとルメール騎手に乗ってもらえない馬たちのパートナーがどうなるかという問題が大発生する。
 その前に、他で確定的なコンビについてはおさらいしておこう。

 キタサンブラック→武豊騎手

 ヤマカツエース→池添騎手

 サトノアラジン→川田騎手

 シルバーステート→福永騎手

 ディーマジェスティ→蛯名騎手

 サトノクラウン→デムーロ騎手

 グレーターロンドン→田辺騎手

 ダッシングブレイズ→浜中騎手

 ルージュバック→戸崎騎手

 このあたりは確定的だろう。

 となると、空いている有力騎手は、内田騎手、和田騎手、吉田隼人騎手、北村騎手、岩田騎手、松山騎手あたりになる。

 ただ、マカヒキ、シャケトラ、エアスピネルの鞍上ということになると、ピンとこない。他にもステファノス、ネオリアリズム、リアルスティールの鞍上も空いているのだ。
 やはり外国人騎手を招聘する可能性はかなりあるだろう。マカヒキ、ネオリアリズム、リアルスティールはいずれもライアンムーア騎手が騎乗した経験がある。欧州は比較的シーズンオフの時期のため、ライアンムーア騎手は昨年も来日し、モーリスで天皇賞秋を制覇しているから、連覇をかけてくる可能性は十分。
 ただ、それだけでも人手は足りないだろう。ネオリアリズムは札幌記念でモレイラ騎手が騎乗するが、再度の来日ということは考えにくい。さあ誰を連れてくるのか?シュタルケ騎手?ウィリアムズ騎手?アッゼニ騎手?クリスチャンデムーロ騎手?


 マカヒキ→???

 エアスピネル→???

 シャケトラ→???

 ネオリアリズム→???

 リアルスティール→???

 ステファノス→???

 結局こうなってしまいました。秋まで話題は尽きなそうだ。


天皇賞秋2017出走予定馬・予想オッズ

東京競馬場 芝2000m
日程:2017.10.29 出走馬頭数:18頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
5.2 キタサンブラック 武豊 清水 ブラックタイド 宝塚記念9
6.4 サトノクラウン デムーロ マルジュー 宝塚記念1
7.0 マカヒキ ルメール 友道 ディープインパクト 大阪杯4
7.2 ソウルスターリング ルメール 安田 フランケル オークス1
8.4 シルバーステート 福永 藤原 ディープインパクト 垂水S1
8.5 サトノアラジン 川田 池江 ディープインパクト 安田記1
10.2 ネオリアリズム ネオユニヴァース QE1
12.2 ステファノス 藤原 ディープインパクト 安田記念7
13.6 リアルスティール 角居 ディープインパクト ジャパン5
18.0 ヤマカツエース 池添 池添 キングカメハメハ 札幌記念
23.1 アンビシャス 横山 音無 ディープインパクト 安田記念15
25.5 シャケトラ 田辺 角居 マンハッタンカフェ 宝塚記念4
36.6 ヴォルシェーブ 戸崎 友道 ネオユニヴァース 目黒記2
37.1 エアスピネル 武豊 笹田 キングカメハメハ 安田記念5
60.2 ディーマジェスティ 蛯名 二宮 ディープインパクト 天皇賞春6
62.2 ルージュバック 戸崎 大竹 マンハッタンカフェ Vマイル10
72.1 レインボーライン 浅見 ステイゴールド 宝塚記念5
78.0 マルターズアポジー 堀井 ゴスホークケン 大阪杯12
86.8 ダッシングブレイズ 浜中 吉村 kittens joy エプソム1
89.9 ミッキーロケット 和田 音無 キングカメハメハ 宝塚記念6



札幌記念過去10年歴代優勝馬データ

札幌記念 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2007年 フサイチパンドラ 藤田騎手 5番人気
2008年 タスカータソルテ 横山騎手 5番人気
2009年 ヤマニンキングリー 柴山騎手 7番人気
2010年 アーネストリー 佐藤騎手 1番人気
2011年 トーセンジョーダン 福永騎手 1番人気
2012年 フミノイマージン 太宰騎手 4番人気
2013年 トウケイヘイロー 武豊騎手 2番人気
2014年 ハープスター 川田騎手 2番人気
2015年 ディサイファ 四位騎手 5番人気
2016年 ネオリアリズム ムーア騎手 5番人気
2017年 ??


武豊騎手札幌記念過去20年騎乗結果

札幌記念 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2003年 サクラプレジデント 1着 2番人気
2004年 ファインモーション 1着 1番人気
2006年 アドマイヤムーン 1着 1番人気
2010年 ヤマニンキングリー 14着 9番人気
2013年 トウケイヘイロー 1着 2番人気




前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

能勢俊介元TMの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ