スワーヴリチャード不出走なら史上最弱メンバー?菊花賞2017は2008年同様に回避馬相次ぐ

 菊花賞トライアル神戸新聞杯に日本ダービー2着スワーヴリチャードの登録がなく波紋を呼んでいる。菊花賞はすでにレイデオロが回避を表明しており、ダービー3着のアドミラブルは故障で戦線離脱。さらには皐月賞2着馬ペルシアンナイトも回避を表明しており、かなり手薄。
 もしもスワーヴリチャードまでもが菊花賞を回避するとなると史上最弱レベルのメンバーになる可能性がある。
 これまでも菊花賞は距離の問題からメンバーが集まらないという問題が時折発生しているがこれまでで最低レベルのメンバーだったときはいつだったかと探ってみるに、2008年だろうか。
 この年はオウケンブルースリが制しているが、出走メンバー全員が、その先にも後にもG1を1勝もしていない。この年はダービー馬ディープスカイ、3着馬ブラックシェルが不出走。皐月賞馬キャプテントゥーレ、2着馬タケミカヅチもマイル路線に転じて回避している。


菊花賞2017出走予定馬・予想オッズ

京都競馬場 日程:2017.10.22 出走馬可能頭数:18頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
5.5 アルアイン ルメール 池江 ディープインパクト セントライト2
6.0 スワーヴリチャード 四位 庄野 ハーツクライ ダービー2
6.0 ミッキースワロー 横山典 菊沢 トーセンホマレボシ セントライト1
7.0 セダブリランテス 石川 手塚 ディープブリランテ ラジオ1
7.5 サトノアーサー 川田 池江 ディープインパクト ダービー10
9.9 ダンビュライト 武豊 音無 ルーラーシップ ダービー6
10.5 サトノクロニクル デムーロ 池江 ハーツクライ セントライト3
19.6 キセキ 角居 ルーラーシップ 信濃川1
20.1 ブレスジャーニー 柴田善 佐々木 バトルプラン 東スポ1
25.1 ウインガナドル 津村 上原 ステイゴールド 新潟記念4
35.5 プラチナヴォイス 内田 鮫島 エンパイアメーカー セントライト5
36.0 クリンチャー 藤岡佑 宮本 ディープスカイ セントライト9
40.1 マイスタイル 横山典 ハーツクライ ダービー4
41.1 カデナ 福永 中竹 ディープインパクト ダービー11
44.8 ベストアプローチ 岩田 藤原英 ニューアプローチ ダービー9
67.9 トリコロールブルー 友道 ステイゴールド 日高特1
97.0 トラスト 丹内 中村 スクリーンヒーロー ダービー8
176.9 マイネルスフェーン 柴田大 手塚 ステイゴールド ラジオ5
 今年は春のクラシック組からレイデオロ、ペルシアンナイト、ダイワキャグニーが菊花賞を回避して他路線に進むことを表明。さらには最有力とみられていたダービー3着馬アドミラブルも脚部不安により回避が決定。少々寂しいメンバー構成になりそうだ。
 アルアイン、スワーヴリチャードあたりも、コース適性・距離適性から、天皇賞秋路線へ行くのではという噂が絶えず、動向に注意が必要だ。
 ただ、あまりにも天皇賞秋に出走馬が集中しており、賞金的に足りない馬は菊花賞に回らざるをえなくなるだろう。
 注目の新星はセダブリランテス。ラジオNIKKEI賞を勝ち3戦無敗の土つかずだ。ただ一線級相手は経験がなく、セントライト記念でアルアインとあたるのが試金石となる。


前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

能勢俊介元TMの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ