天皇賞春2018デムーロ騎手トーセンバジルvsボウマン騎手シュヴァルグラン!名手揃う枠順確定前予想オッズ

第157回天皇賞春出走予定馬・予想オッズ

京都競馬場 芝3200m
日程:2018.4.29 出走馬頭数:18頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
4.1 クリンチャー 武豊 宮本 ディープスカイ 阪神大賞3
4.8 レインボーライン 岩田 浅見 ステイゴールド 阪神大賞1
4.8 ガンコ 藤岡佑 松元 ナカヤマフェスタ 日経賞1
5.3 シュヴァルグラン ボウマン 友道 ハーツクライ 大阪杯13
8.9 サトノクロニクル 川田 池江 ハーツクライ 阪神大賞2
9.3 トーセンバジル デムーロ 藤原 ハービンジャー 日経賞5
17.7 チェスナットコート 蛯名 矢作 ハーツクライ 日経賞2
25.0 アルバート アドマイヤドン 阪神大賞4
33.9 スマートレイアー 大久保 ディープインパクト 大阪杯9
70.9 ミッキーロケット 和田 音無 キングカメハメハ 京都記念7
73.9 ソールインパクト 福永 戸田 ディープインパクト 日経賞7
80.4 ロスバルバドス UAE ガリレオ rangero2
80.9 カレンミロティック 池添 平田 ハーツクライ 阪神大賞5
89.1 シホウ 小牧 笹田 キングカメハメハ 阪神大賞7
101.9 ヤマカツライデン 菱田 池添 シンボリクリスエス 大阪杯11
119.9 トミケンスラーヴァ 秋山 竹内 タイキシャトル 阪神大賞10
 シュヴァルグランはやはり昨秋一皮むけたようだ。ジャパンカップはボウマン騎手の神騎乗もあっての勝利と評価されたが、有馬記念でも不利がなければ2着だった内容。スタミナにまったく不安がないのは強みで、天皇賞春でも乗り方ひとつで十分やれる。
 ガンコは芝長距離に転じて一気に素質開花。スタミナは無尽蔵なタイプで距離に不安はない。ただ、58キロを背負って一線級と当たるのは初めてで、高速馬場への対応も未知数。ここが試金石か。
 クリンチャーはおんなじ京都の菊花賞で積極策で2着。ただ、道悪馬場に助けられた感も。春の京都の高速馬場への対応がカギになるが、そこは平成の盾男武豊騎手がうまくカバーする可能性も。
 サトノダイヤモンドは今春は大阪杯から宝塚記念の予定を表明しており回避濃厚。スワーヴリチャードも距離適性から回避が決定しており、若干手薄なメンバー構成になりそうだ。

予想を動画解説

競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ