ホープフルステークス2017G1格上げ第1回目玉有力馬ワグネリアンに回避される痛恨船出

 異論渦巻く中今年からG1に昇格したホープフルステークスだが、第一回目から早くもケチが付きそうな予感が、、。というのも2歳中距離路線でナンバーワンと目されるワグネリアンが早くも回避の方向性のようだからだ。
 それも、故障等の何らかの障害的な理由があるからではなく、敢えてホープフルステークスは使わず、G3の東京スポーツ杯2歳ステークスを選択したようなのだ。
 新馬戦で評判馬として名高いヘンリーバローズを下し、有力馬集まる野路菊Sを圧勝し、誰の目から見てもナンバーワンの存在であるワグネリアンに、ホープフルステークスは言わば目の前を素通りされるに等しい。
 たしかにホープフルステークスは年末の厳寒期に2歳馬を仕上げなければならないこと、そもそも中山2000mも多少紛れが起きやすいコースであることを考えると、ワグネリアンの選択も賢明な判断とも思えるところが何とも複雑。いっそ東京スポーツ杯2歳ステークスの方をG1にすればよかったのではと思えなくもない。
 前哨戦である東京スポーツ杯2歳ステークス、京都2歳ステークスはこれからなので、新星の登場に期待したいところだが、もしもワグネリアンが圧勝して、その馬が不在となると、G1第一回目のホープフルステークスはいかにもG2クラスのメンバーになってしまいそうだ。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

独自の予想システムで買い目を攻略

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ