マイルチャンピオンシップ2017予想:KUROSHIMA本命クルーガー「重めの馬場でドイツ血統ドイツ騎手」

富士Sで直線で1頭だけ末脚が目立っていたクルーガー。過去に良馬場以外のレースを経験したことがなく道悪適性は半信半疑だったが、そこは体力と馬力に優れたキンカメ産駒らしく、馬場を苦にせず力づくで追い込んで来た印象。今の京都芝は昨月の不良馬場開催が続いた影響で、これ以上の高速化はやや考えにくく、例年以上に切れ味よりも体力を問われそうな雰囲気があり、1800~2000Mでも好走していた同馬にはむしろ望むところ。母はドイツ血統だけに、騎手もここは腕の見せ所ではなかろうか。

イスラボニータは古馬になりマイル戦で最も成績が安定している。とはいえ、皐月賞馬かつダービー2着とマイルより長い距離でも成績を出しているように、この距離で体力勝負になっても崩れる要素は少ないとみる。サトノアラジンは過去2年の同レースがイマイチだが、今年は前走で究極的な不良馬場を経験し、解放される今回は案外好走してくるような気もする。マイルが距離の限界という馬でもないし、ギリギリまで追い出しを我慢すれば却って伸びるタイプ。

3歳は対古馬の比較でちょっと劣勢な印象も、54キロで先行した時のレーヌミノルが少し怖い。積極策が上手な騎手に加え、マルターズ以外は案外先行馬の多くない組み合わせなので。

エアスピネルはクルーガーと同様キンカメ産駒だが、勝ち鞍は全てマイル戦に集中している。裏返すと2000M以上では勝ち切れないレースが多々あるのも事実。荒れて体力の要る馬場は得意だろうが、マイル戦以上の地力をレースで問われた場合、果たして好走できるか。

安田記念3着なら実質マイル戦を制したも同然のレッドファルクスも、数字上でマイルに勝ち鞍がないこと以上に、例年よりタフなコンディションが予想される今回は体力面が追い付かないような気がする。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ