京都記念2018人気馬レイデオロ&ルメール騎手に鬼門!ウオッカ・ハープスターら惨敗の波乱重賞

 2018年最初の大きな注目レースは京都記念だろう。キタサンブラックが引退し、次に日本競馬界を背負っていくと目されるレイデオロがどのような競馬を見せるか注目は高まる。

 しかし、レイデオロが初戦に選んだ京都記念は、人気馬が次々と馬券圏外に吹っ飛んでしまう、名馬には鬼門のレースだ。

 2008年ウオッカ 6着
 2013年ジャスタウェイ 5着
 2014年ジェンティルドンナ 6着
 2015年ハープスター 5着
 2016年レーヴミストラル 9着
 2017年マカヒキ 4着

1番人気はここ5年で全て連対していないという恐ろしい記録だ。

京都記念がここまで波乱を呼ぶ理由はどこにあるのだろうか。ひとつは、雪が降りやすく馬場が荒れやすいということもあるだろう。冬場で馬体が絞りにくい時期というのもあるかもしれない。また、斤量が比較的メリヘリがつく計算方法で、人気馬が重い斤量を背負うこともあるかもしれない。ただ、それだけでは説明しきれない何かがありそうなのがこの京都記念。

レイデオロは当然1番人気に推されるだろうから、今年もこのジンクスが当てはまってしまうのか、、注目が集まる。


京都記念1番人気馬過去10年結果データ

京都記念 歴代勝ち馬勝利騎手人気
2008年アドマイヤオーラ安藤騎手1着
2009年サクラメガワンダー 福永騎手2着
2010年ブエナビスタ横山騎手1着
2011年トゥザグローリーリスポリ騎手 1着
2012年ダークシャドウ福永騎手2着
2013年ジャスタウェイ内田騎手5着
2014年ジェンティルドンナ福永騎手6着
2015年ハープスター川田騎手5着
2016年レーヴミストラル川田騎手12着
2017年マカヒキムーア騎手3着
2018年
 ここ5年間1番人気馬が連対できず苦しんでいる。というのも3回は雨や雪が影響しての道悪馬場で行われていることが影響している。この時期の京都地方は天気が崩れやすいため馬場には注意が必要だ。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ