東京新聞杯2018安田記念に向けマイル新星誕生なるかリスグラシュー武豊・グレーターロンドン川田に注目

 マイル路線は世代交代の時期を迎えている。昨年、長らくマイル界を引っ張ってきた6歳馬サトノアラジン・イスラボニータ、7歳馬ロゴタイプが引退。混とんとするマイル路線だが、そこへきて有力馬がこぞって集まった東京新聞杯は次のスターを探す格好の舞台になりそう。
 明けて6歳のグレーターロンドンを新星と呼ぶのはおかしいかもしれないが、大事に使われてきていて馬は若い。マイル戦では安田記念4着の一度しか負けておらず底を見せていない。東京1600の良馬場なら能力を存分に出し切れるだろう。
 武豊騎手とコンビを組むリスグラシューも実はマイルではまだ底を見せていない。これまで崩れたのは2400のオークスと2200のエリザベス女王杯だけで、1800以下では馬券圏内を外したことがない。東京マイルもアルテミスステークスを勝っていて舞台に不足なし。調教でも栗東坂路49.8-36.2-24.0-12.3の時計を出していてやはりスピード能力が高くマイラーの可能性がある。
 マイルチャンピオンシップでいきなりG1勝ちした天才ペルシアンナイトに挑戦状を叩きつけられるとしたらこの2頭しかないのではないだろうか。今後のマイル界が盛り上がるためにも2頭に注目したいレース。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ