弥生賞2018予想オッズ(ジェネラーレウーノ田辺騎手出走なら4番人気予想!皐月賞直行の可能性も)

弥生賞2018出走予定馬・予想オッズ

中山競馬場 芝2000m
日程:2018.3.4 出走馬頭数:18頭
予想
オッズ
馬名 騎手 厩舎 血統
(父馬)
前走結果
2.9 ダノンプレミアム 川田 中内田 ディープインパクト 朝日杯1
3.3 ワグネリアン 福永 友道 ディープインパクト 東スポ1
3.6 オブセッション ルメール 藤沢 ディープインパクト シクラメン1
7.3 ジャンダルム 武豊 池江 キトゥンズジョイ ホープフル2
10.3 ジェネラーレウーノ 田辺 矢野 スクリーンヒーロー 京成杯1
16.9 サンリヴァル 田辺 藤岡 ルーラーシップ ホープフル4
 ダノンプレミアムは朝日杯フューチュリティステークスを圧勝。ただ、マイルであそこまで強い競馬をしてしまうと、距離延長が心配になる。以前にはリオンディーズが朝日杯を勝ってしまったあと折り合い難に陥り弥生賞でも敗れている。能力は随一だが。
 ワグネリアンも東スポ杯を圧勝。世代ナンバーワンと評価するファンも多い。ただ、かなりトビが大きな馬で、中山2000mコースにどう対応するかがカギになりそう。
 オブセッションのシクラメン賞も驚愕のレース。2歳で1分45秒6というタイムはそうそう出せるものではなく、上がりのラップも優秀。ルメール騎手の評価も高い。
 ジャンダルムはビリーヴ産駒だがホープフルステークスで距離を克服。ただ、前が速く上りがかかり展開が向いたとも言われている。ここに入ってどうか。


弥生賞1番人気馬過去10年結果データ

弥生賞 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 ブラックシェル 武豊騎手 2着
2009年 ロジユニヴァース 横山騎手 1着
2010年 ヴィクトワールピサ 武豊騎手 1着
2011年 サダムパテック 岩田騎手 1着
2012年 アダムスピーク 内田騎手 8着
2013年 エピファネイア ビュイック 4着
2014年 トゥザワールド 川田騎手 1着
2015年 シャイニングレイ 川田騎手 7着
2016年 リオンディーズ デムーロ騎手 2着
2017年 カデナ 福永騎手 1着
2018年
 1番人気馬は5勝2着2回と絶大な信頼性がある。弥生賞勝ち馬は日本ダービーにも結び付きやすいと言われているくらいでレベルの高い馬が勝つ傾向にある。

弥生賞過去10年歴代優勝馬

弥生賞 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 マイネルチャールズ 松岡騎手 2番人気
2009年 ロジユニヴァース 横山騎手 1番人気
2010年 ヴィクトワールピサ 武豊騎手 1番人気
2011年 サダムパテック 岩田騎手 1番人気
2012年 コスモオオゾラ 柴田騎手 9番人気
2013年 カミノタサハラ 内田騎手 6番人気
2014年 トゥザワールド 川田騎手 1番人気
2015年 サトノクラウン 福永騎手 2番人気
2016年 マカヒキ ルメール騎手 2番人気
2017年 カデナ 福永騎手 1番人気
2018年
 2番人気までの有力馬が8勝とやはり強い馬が勝ちやすい傾向。


有力出走予定馬参考動画

東京スポーツ杯2歳S2017:12.4 - 10.9 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.0

朝日杯フューチュリティステークス2017:12.6 - 10.8 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 11.3 - 11.0 - 11.7

ホープフルステークス2017:12.5 - 10.8 - 12.5 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.6 - 12.8 - 11.9 - 12.2

デイリー杯2歳ステークス2017:12.6 - 11.0 - 12.1 - 13.0 - 12.3 - 12.4 - 11.6 - 11.3

芙蓉ステークス2017:13.0 - 11.7 - 13.3 - 12.4 - 13.5 - 12.9 - 12.5 - 11.7 - 11.1 - 11.5

京都2歳ステークス2017:12.6 - 11.5 - 12.6 - 12.4 - 12.6 - 13.0 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.7

百日草特別2017:13.2 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 12.4 - 12.7 - 12.5 - 11.4 - 11.1 - 11.6
  


前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ