弥生賞2018出走予定ダノンプレミアム:出走馬少なく展開カギ「リオンディーズの悪夢」が付き纏う

 弥生賞は4強とはいえやはり1番人気はダノンプレミアム。2歳王者の春初戦、どのような競馬をするか注目が集まるが、ひとつの不安要素を投げかけておきたい。名付けて「リオンディーズの悪夢」。
 一昨年も今年同様に3強対決だったのだが、1番人気は2歳王者リオンディーズ。この馬のたどった道がダノンプレミアムに似ている。デビュー戦は2000m戦で楽勝したのだが、素質の高さを買われてマイルの朝日杯フューチュリティステークスに参戦。するとここも楽勝してしまった。しかしケチが付き始めたのはここから。マイルの速い流れにアジャストしてしまったせいか、2000mに戻った弥生賞でかなり行きたがった。4角ではデムーロ騎手が抑えきれずに先頭に立ったがマカヒキに差されて初の黒星を喫してしまった。皐月賞でもこの癖は直らず、かなりのハイペースにも関わらず引っ掛かってしまい、4角で同じように先頭に躍り出るも最後はバタバタで外に寄れて降着処分にまでなってしまった。
 ダノンプレミアムも実はデビューは1800m戦。朝日杯では距離短縮したが、持ち前のスピードで圧倒してしまった。ただ、問題はここからだ。スタートが速く、気が良いタイプでスピードもある。ましては弥生賞は初めての2000頭数もかなり少なくスローペースが確実。恐らくリオンディーズ同様に我慢しきれずにハナに立ってしまうだろう。これで押し切れるのかどうか。今年の中山は先週の競馬を見てもわかるとおり、厳寒のせいで芝の育成が進まず馬場の内側が悪い状態。ワグネリアン、オブセッションの猛追を振り切れるだろうか。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ