フィリーズレビュー2018予想:競馬ナンデ編集長走法理論から本命アマルフィコースト

走法予想は若駒戦でこそ効力を発揮するものであり、
このくらいの時期からは射程を外れる感はあります。
スカイポットさんもこの時期は既に予想を配信していない時期です。

が、私の場合研究の意味もあるので予想しておきましょう。

この春の阪神の馬場はイマイチ内伸び感がないですが、
気温が上がって芝の根付きがよくなってくると内伸び化してくるということもある。
阪神地方もここのところ温暖だったのでその可能性もあります。
やはり基本は内前だと思います。

今年のフィリーズレビューのメンバーは、
人気のデルニエオール、アンコールプリュを含め、ナディア、レッドシャーロット、リバティハイツ、イサチルルンルン、アリアと後ろからになる馬もけっこう多い。
かといって前は前でラブカンプーという速い逃げ馬、コーディエライト、マドモアゼル、アンヴァルといて速くなりそうなので、
その間で内目を回ってこれそうな馬を狙いたい。
枠が出ていないですが、今のところはアマルフィコースト。
これは走法はまずまず良いです。ダイワメジャーに似てマイラーっぽいですが、安定感があり良い走法。
新馬では逃げているので、それなりの位置につけて運べれば。
折り合いがカギになりそうなので、どういう戦法になるかは要注意になりそう。

それ以外はどんぐりの背比べなので、、
メイショウコゴミも悪くないと思う。
トビは小さいけれどそこまで硬い走法ではないので、がちがちのダート馬という感じはしません。
芝部分でもそれなりの位置をとれる馬なので、芝適性がある可能性も。

ギンコイエレジーは斤量が3キロ増えるというのはきつそう。
アルモニカはファンタジーステークスで底を見せてしまった感が。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ